身分隠し生活保護“詐取” 暴力団組員の男を逮捕

2014/04/12 11:54
 
mqdefault (1)

暴力団組員であることを隠して千葉県の松戸市役所から生活保護費約460万円をだまし取ったとして、67歳の組員の男が逮捕されました。

指定暴力団山口組系の組員・猪敏昭容疑者は2011年から3年間、松戸市役所から生活保護費約463万円をだまし取った疑いが持たれています。暴力団組員は生活保護を受給出来ませんが、警視庁によりますと、猪容疑者は組員の身分を隠して申請を続けていました。

猪容疑者は「組長が大阪の事務所に行く際の交通費として上納した」などと話し、容疑を認めています。警視庁は11日に大阪の組事務所を捜索し、金の一部が暴力団の活動資金になっていたとみて余罪を調べています。

参照元 : テレ朝ニュース


生活保護費だまし取った疑い、暴力団組員を逮捕

2014年4月12日10:39

mqdefault (2)

暴力団の組員であることを隠して生活保護費463万円を不正に受給したとして、67歳の組員が警視庁に逮捕されました。

詐欺の疑いで逮捕されたのは、千葉県松戸市に住む山口組系暴力団の組員、猪敏昭容疑者(67)です。

警視庁によりますと、猪容疑者は暴力団組員であることを隠して松戸市の福祉事務所に生活保護を申請したうえ、2011年2月から今年の1月にかけて463万円の生活保護費をだまし取った疑いが持たれています。

取り調べに対し、猪容疑者は容疑を認めたうえで「組長の交通費として上納していたことがある」と供述しているということで、警視庁は暴力団の資金源になっていたとみて裏付け捜査を進めています。

参照元 :
TBSニュース