日本の景気はもう「下り坂」? 消費増税、本当に大丈夫なのか

2014/2/14 10:30
 
news196722_pho01

2014年4月の消費税率の引き上げを前に、日本の景気はすでに「下り坂」ではないのか――。
国際収支や企業の設備投資の先行きをみる機械受注、生活実感としての景況感を調査する景気ウオッチャー調査(街角景気)などの経済指標をみても、景気の先行きを懸念するものばかりだ。

強まる経常赤字への転落危機、高まる「日本売り」のリスク?
2013年の国際収支状況(速報)によると、経常収支の黒字は前年比31.5%減の3兆3061億円で、黒字額は比較可能な1985年以降で最も少なかった。原因は過去最大、10兆6399億円もの貿易赤字。円安を背景に原油などの燃料コストが高止まりしていることに加えて、日本企業の現地生産が進んだことや中国など新興国の製品との競争が激しくなったことで、輸出数量が伸び悩んでいる。
 
「円安になれば輸出が増える」というシナリオは、もはや過去のことのようで、いまでは円安が進むほど、むしろ「貿易赤字が膨らむ」構造に変容しつつある。ここでアベノミクスの「計算」が狂いはじめているわけだ。
 
経常赤字への転落危機が高まり、しかも財政赤字との「双子の赤字」が意識されることになれば、金利の急騰など金融市場が不安定になる恐れがある。株式だけでなく、債券に円と「日本売り」のリスクが高まる可能性が出てくる。

内閣府が2014年2月12日に発表した13年12月の機械受注統計では、民間設備投資の先行指標である「船舶、電力を除く民需」の受注額(季節調整済み)が前月比15.7%減の7441億円だった。3か月ぶりのマイナスだが、下げ幅はリーマン・ショック直後の2009年1月の11.9%減を上回り、比較可能な05年4月以降では過去最大だった。
 
消費増税を控えた駆け込み需要の反動や景気減速への懸念が、設備投資への意欲を後退させていることが顕著に表れた。
 
13年10〜12月期の受注額は、前期比1.5%増の2兆4339億円。甘利明経済財政・再生相は「(10〜12月期でみれば)悪くない」と強調したものの、伸び率は4〜6月期の6.8%、7〜9月期の4.3%と、ジワジワと縮小している。
 
企業収益は改善、いまの円安は「悪い円安ではない」
2014年1月の街角景気もさえない。足もとの景気の実感を示す現状判断指数は、前月比1.0ポイント低下の54.7で、3か月ぶりに悪化。2〜3か月先の景気を占う先行き判断指数は5.7ポイント低下の49.0。これは東日本大震災が起こった11年3月以来の大きさで、14か月ぶりに50を下回った。
 
モノの値段は上がっている。最近は4月以降に消費増税分の上乗せが難しくなると判断する企業が増え、生活必需品は前倒しの、いわば「駆け込み」値上げの様相。消費者の増税とともに、値上げラッシュによる家計へのしわ寄せは見逃せない。
 
消費増税を前に、多くのエコノミストらが景気後退は「一時的」とみているが、こうしてよくない経済指標が並ぶと、「一時的」ではすまないのではないかとも思わせる。
 
第一生命経済研究所経済調査部のエコノミスト、大塚崇広氏は「海外経済の先行きが不透明なことや株価が軟調なこと、消費増税への不安などによって消費マインドが下がっていることは否定しませんが、1997年(消費税の5%引き上げ)のような、大きな腰折れリスクはないと考えています。円安も経常赤字を招くほどの急激ではありませんし、なにより輸出企業を中心に企業収益は(円安効果で)大きく改善しています。『悪い円安』の心配はないと考えています」と話している。

参照元 :
J-CASTニュース

【関連記事】
4月からの消費増税に伴い、電気代や電話料金、鉄道運賃など公共料金が軒並み値上げ

ねじれ解消が招いた自民党・安倍政権の”増税”独裁政治

安倍政権が検討指示の「法人税減税」は絶対許されない!庶民には消費増税、大企業には法人減税

【全国世論調査】来年4月から消費税率が8%に引き上げられた場合、家計の支出を今よりも「減らそうと思う」と答えた人は56%で、「そうは思わない」の40%を上回る

タクシー運転手 『消費増税で初乗運賃710円が730円になり、利用者、売り上げが減って困る。増税が決まれば、お客さんが離れていっちゃうよ』

【世論調査】国民の6割近くが「消費増税」に反対!TPPの真実と消費税の罠

朝日新聞OB「朝日新聞の近年の消費税報道には失望を通り越して怒りすら覚えた。消費増税論じる社説の読後感は不快そのものだ!」

軽自動車の増税は2015年4月以降に購入した新車が対象 増税額は結論持ち越し

燃費の悪い車や高級車、軽自動車を増税するのは妥当か!?消費税増税でとばっちり!日本の自動車関連税制について

消費税増税する前に無駄をなくせ「12年度決算で検査院が4900億円のムダを指摘」

消費税増税=社会保障は大ウソ 「巨大公共事業の利権を求めて暴走する自民党」 安倍首相の地元で第2の関門橋建設計画 総事業費は2000億円以上

法人税減税で給料が上がるというのは真っ赤なウソ

自民党・谷垣禎一法相「8%だけで終わるわけではない。10%(への引き上げ)も見据え、それができるようなレールを敷いていくことが大事だ」

日本共産党 志位和夫代表「国民に大増税、大企業に減税 道理のかけらもない!安倍首相の消費税増税表明に強く抗議し、撤回を求める」

消費税増税で大企業には大盤振る舞い、庶民には8兆円の負担を押し付ける増税に、業者は怒りの声「経営努力消える」「消費税は不平等な税金」「国民に目が向いてない」

経済アナリスト・森永卓郎氏「アベノミクスで格差拡大、年収100万円時代の到来を予想」

安倍政権の暴走予算で国民の生活が破壊 「消費税増税、大企業に減税、軍事費2.8%増、社会保障切り捨て」

経済専門家「14年の夏前から消費増税による業績不振が原因で倒産する企業が出てくる。倒産の増加が報道されることで、さらに消費マインドが下がるという悪循環」

安倍政権で庶民の家計直撃!恐怖の負担増フルコース 「ゼネコン見返りにメディア買収」過去最大のベラボーな予算96兆円のデタラメ使途

アホノミクスで実質賃金(給料)は下落する

麻生財務相「社会保障と税の一体改革は5%の消費税増税が前提で作られている。そこに到達しなければ本来の目的は達成できない」

日本コカコーラ株式会社が、4月に実施される消費税率引き上げを受け、グループの自動販売機で売られる飲料の一部価格を値上げ

増税しか脳がない自民党 1人1万円以上の飲食に対して課税する「高額飲食税」を検討

アベノミクス最初のエラー 消費税の増税に海外紙から厳しい声 「日本は消費増税すべきではなかった」

消費税増税でATMの手数料、初の値上げへ

共産党・志位委員長「安倍政権という車にはブレーキが付いていません。アクセルだけが2つある。ハンドルは右にしか曲がらない。文字通りの暴走車」

安倍政権が国民にトドメを刺す!消費税増税・物価上昇の次は「従業員首切り法案」「ブラック企業特区法案」

安倍総理の地元、山口県で進む「安倍道路」建設は”税金のムダ” 下関市中心部と人工島を結ぶ巨大道路、建設費は1kmあたり105億円

消費税増税で”逆に儲かる”企業とは?飲料メーカーや「戻し税」がある輸出企業はウハウハ

甘利経済再生相「消費税10%への増税判断は12月に出来るのがベスト」

病院や診療所に支払う初診料120円、再診料30円引き上げへ

【悲報】2014年4月1日から消費税増税に伴い、日本たばこ産業の扱う107銘柄のタバコが一斉に値上げ

安倍政権が「軽自動車税」の増税法案を決定 自家用車は年7200円から1万800円に、自家用貨物車は4千円から5千円に バイクの軽自動車税は新車、既存車を問わず1・5〜2倍に上がる