監視カメラが冬季オリンピック開催地のロシアのホテルに設置されていることが暴露される

2014年02月07日 11時11分34秒

top

第22回オリンピック冬季競技大会の開幕を間近に控えたロシアのソチには、世界各国から多くの報道陣や観客が詰めかけており、冬季オリンピックのためにソチに訪れた人は専用に建設されたホテルに宿泊するわけですが、そのホテルのシャワールームに特殊な装置が仕掛けられていることをロシアオリンピック委員会のドミトリー・コザック副首相が記者発表会で暴露しました。


Russian Officials Fire Back at Olympic Critics - WSJ.com

ウォール・ストリート・ジャーナルによると、ロシアオリンピック委員会のコザック副首相は「ホテルには宿泊客がシャワーをつけっぱなしにして放置するような行為を監視するカメラが設置されている」と発言。コザック副首相は記者発表会が終わるとすぐにメディアセンターの案内を始め、報道陣には監視カメラについて質問する時間が与えられませんでした。

12348800603_7282f3a6c8_b

コザック副首相のスポークスマンは同日、報道陣に対して「ホテルの部屋や浴室に監視カメラが仕掛けられている、という事実は一切ありません」と監視カメラの存在を否定するコメントを発表し、「ホテルの建設中に監視カメラが仕掛けられていたのは事実であり、副首相はそのことを意味していた」とコザック副首相の発言を釈明しました。また、ホテルの建設を担当した企業の幹部も監視カメラの存在を否定しています。

ソチでは一部ホテルの開業が延期されるなど、冬季オリンピック開幕の直前になって問題が浮き彫りになりました。なお、第22回オリンピック冬季競技大会は2014年2月7日、日本時間の2月8日に開会式を迎えます。

参照元 :
Gigazin