1% −やっぱり!アベノミクスで「実質賃金」下落

2013年12月2日号
 
img_70c45ab00edea3b9aa269f1e37f6d32b23624

春闘に向け経団連が加盟企業に賃上げを促し、連合は5年ぶりに1%以上のベースアップを要求。個別企業では、日本電産がベアを表明、トヨタ自動車や日立製作所も前向きと報道された。アベノミクスによる好況ムードと政府からの要請に経営側が配慮して、社員への成果還元につながったと見ていい。

ただし、動きそのものは限定的。三菱UFJリサーチ&コンサルティング研究員の尾畠未輝さんは「一部大手企業ではベアも可能だが、それには売上高だけでなく経常利益の増加も必要。いまは円高効果を享受できる自動車、電機などの輸出型製造業にとどまっている。業績が十分に回復しないなか、賃上げが優先されると、雇用に悪影響が生じかねない」と懸念する。

1990年代後半の金融システム危機以来、日本の賃金は右肩下がりが続いた。それだけに今回の賃上げは、ビジネスマンにとって久々の明るいニュースである。とはいえ、多くの中小・零細企業には景気回復の実感は薄く、台所事情は依然苦しい。賃上げの裾野が拡大するためには、他業種での業績向上と消費の持続が不可欠だ。

今後、企業が定期昇給だけでなくベアにまで踏み込むには、4月の消費税率引き上げや輸入コスト増など不安材料も少なくない。尾畠さんも「企業がすぐに人件費抑制姿勢を和らげるとは考えにくい」と話す。

そうなると、全業種平均の名目賃金は横ばいで推移。物価は上昇が見込まれるので、実質賃金は押し下げられる結果を招くことになってしまう。

参照元 : PRESIDENTオンライン
http://president.jp/articles/-/11575

【関連記事】
法人税減税で給料が上がるというのは真っ赤なウソ
民主党の海江田代表が消費税増税に備えて法人税を減税する安倍首相の方針を批判 「黒字企業にしかメリットない」
http://blog.livedoor.jp/charosuke0127/archives/51924813.html
経済アナリスト・森永卓郎氏「アベノミクスで格差拡大、年収100万円時代の到来を予想」
まさかの「残業代ゼロ法案」 まずは年収1千万円超の労働者に限り試験導入提案へ
http://blog.livedoor.jp/charosuke0127/archives/51936350.html
安倍政権が検討指示の「法人税減税」は絶対許されない!庶民には消費増税、大企業には法人減税
安倍政権が推進する残業代ゼロ法案 = 過労死促進策 導入されれば残業代も休日・深夜割り増しもゼロ
http://blog.livedoor.jp/charosuke0127/archives/51924533.html
1%の人間が企む世界支配の計画を暴く 『これは架空の物語ではありません』
「ブラック企業」の疑いがある企業、全体の82%に当たる4189の企業・事業所で違法な時間外労働など労働基準関係法令の違反
http://blog.livedoor.jp/charosuke0127/archives/51937258.html