TPP「聖域」検証終える 自民・西川対策委員長

2013/10/31 14:00
 
mqdefault (4)

TPP=環太平洋経済連携協定の年内決着に向け、自民党の西川TPP対策委員長は、米など農産品5項目について関税撤廃の是非の検証作業を終えたことを明らかにしました。

自民党・西川TPP対策委員長:「私なりに検証を、まあ終わったといえば終わったけどね。検証はやりましたよ。できる限り多く守って、公約を守りきると」

西川氏は今月6日、自民党が「聖域」とする5つの項目の農産品について、「抜けるか抜けないか検証する」と述べ、党内や農業団体からは強い反発が出ていました。その検証について、西川氏は「ほぼ終わった」と述べ、今後の判断は政府側に委ねる考えを示しました。

関係者によりますと、西川氏は今週、政府側に農産品5項目に加え、合板などの木材やマグロ、雑豆などの関税も維持するよう求めたということです。西川氏は、反発が根強いことから絞り込みは事実上、見送った模様です。

参照元 : テレ朝ニュース


<反TPPデモのお知らせ>

平成25年11月24日(日)午後1時30分 大阪・中之島公園の女神像前集合

【11/24(日)デモ告知】TPP増税反対戦後体制を打ち壊せ/反TPP関西連合


【関連記事】
【TPP】石破幹事長 『あと20年で農業をやる人はいなくなる。政策が正しかったらこんな事にはならない。だから本当のことを言うのは辞めよう、というのは自己保身だ』


安倍総理:「日本にとってTPP、また地域にとっても国家百年の計、地域百年の計だと思う。積極的に日本も貢献していきたい」

ダイハツの三井社長がTPP絡みで”激おこぷんぷん丸” 米国の自動車業界が軽自動車規格は日本市場の参入障壁だと指摘し、廃止を求めている事に「全くの言い掛かりだ!」と反発

TPPの首席交渉官会合が18日から米国・ワシントンで開始 来月の首脳会合での大筋合意に向け、詰めの作業

TPP売国交渉 日本郵政がアフラックとの業務提携を強化し、全国2万カ所の販売網を米国に差し出すのに続き、今度は現代人の「生活の足」として欠かせない軽自動車を米国に献上

【世論調査】国民の6割近くが「消費増税」に反対!TPPの真実と消費税の罠

日本のTPP参加で国民皆保険が形骸化

日本政府は、TPP後発参加国に不利な条件が極秘で提示されていた事を6月に把握していたのに公表しなかった