米軍、5年以内に機械化歩兵を投入へ…将来的には自立行動も

2013/10/20

robot-527x500

米誌の報道によれば、米軍は5年以内に武装ロボットをフィールドに投入する予定であると言います。先日行われたフォートベニングでのデモでは、150m先から標的を排除できる”機械化歩兵”が公開されました。 

米軍のウィリー・スミス中佐はロボット兵のは性能に満足していると答えています。 

「技術的にはもう実現できる水準に達している。」 

このロボットはノースロップ・グラマン、HDTロボット、iRobot、キネティックの4社によって製造されました。グレネードランチャー、機関銃やミサイルなど複数の武装を搭載することが可能で、作戦域に展開された後はGPS誘導や遠隔操作によって偵察、ターゲットの排除などの作戦を行います。 

プロトタイプでは操作にゲームコントローラが使われていました。必要に応じてラップトップPCやタブレット端末でも操作することができます。最大で3.5kmほどの距離から操作できるとの事です。現在は自立的に行動し、自立的に発砲を行うモードはオフにされています。

プロジェクトリーダーのトリー・ストロードJr.は言います。 

「5年、10年先には自ら情報を取得し、判断するロボットを開発できるでしょう。」 

「しかし、もし自立行動が可能となったとしても、我々人間はまず、その機能をオンにすべきかどうか良く考えなければなりません。」

参照元 : SLASH GEAR