「LINE」、秋からインターネット通販事業に参入すると発表

2013/08/22 01:28

acplvjmn

無料通話アプリを提供する「LINE」は、秋からインターネット通販事業に参入すると発表した。 国内の加入者が4,700万人を超え、急成長するLINEの参入で、今後、ネット通販業界での競争が激しさを増すとみられる。 利用者数が全世界で2億3,000万人を突破し、急成長を遂げているLINE。

その次なる新サービスの発表となった会場には、海外メディアを含めた、およそ1,200人が詰めかけた。 LINE株式会社の舛田 淳執行役員は「新サービスはLINE MALLです。これは、われわれのLINEを通じた、新しいショッピング体系になると思います」と話した。

LINEは、インターネット通販事業を、2013年秋にも国内限定で開始すると発表した。 その内容について、舛田執行役員は「いつでもどこでも、誰もが売り手と買い手になれる、そういうサービスです」と話した。 LINEがアプリを通し、いわゆる仮想商業施設を作り、そこへ企業が商品を提供する。スマートフォンを通し、ユーザーは、いつでもどこでも商品を購入でき、出品もできるという。

LINE株式会社の森川 亮社長は「世界でNo.1のサービスを目指して、純粋にユーザーの皆様の価値を新しく提供していきたい」と話した。 LINEの強みは、なんといっても、国内利用者およそ4,700万のユーザー。 女性ユーザーは「利用してみたいかもしれないです。

いっぱいいろんな人が使っているので、これからもっと増えると思います、使う人が」、「気軽に買えるようになったら、便利だと思います。心配な面は、(通販だと)お金を使い過ぎることです」などと話した。 現在、インターネット通販市場は、シンクタンクによると、およそ11兆円。 大手のアマゾンや楽天が先行する中、LINEの参入で、ネット通販市場の勢力図は、大きく変わる可能性があると専門家は指摘する。

第一生命経済研究所主席エコノミスト・永濱利廣氏は「(LINEは)若年層は情報発信量が非常に多いですから。口コミなんかで、いい情報を流したりすると、爆発的に売れる商品が出てくるとか、そういった影響ももたらしやすくなると思いますね」と話した。

FNNニュース

http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00252302.html

【関連記事】
【LINEの危険性まとめ】電話番号の登録もしくはフェイスブック連携が必須に! 個人情報抜き取られます
完全匿名でLINEを登録する裏技
LINEで中学3年の女子生徒が中3男子に交際を断られたことに腹を立て、仲間を呼んで集団暴行!女子中学生ら6人を逮捕
http://blog.livedoor.jp/charosuke0127/archives/51937338.html
LINEのやりとり無視された事に腹を立て、知人の少年を暴行し、現金を奪って逮捕された16歳の少年4人、少年の足首をロープで縛って川に突き落とし、ライターで火炙り ⇒ 殺人未遂で再逮捕
http://blog.livedoor.jp/charosuke0127/archives/51926691.html
すぐにカッとなり殺人にまで発展 抑制力のない人が増加した理由とは?
http://blog.livedoor.jp/charosuke0127/archives/51927587.html
LINEで知人女性についての書き込みを巡り、呼び出した男性に集団暴行を加え、大けがを負わせた高市尚幸容疑者(20)と少年4人の計5人を傷害と監禁致傷の両容疑で逮捕
http://blog.livedoor.jp/charosuke0127/archives/51920379.html
狙われる少女達!アプリ「LINE」で女子中学生に「俺は暴力団組員だ」と嘘をついて会うように迫り、車でみだらな行為した無職と会社員の男2人を逮捕
http://blog.livedoor.jp/charosuke0127/archives/51906343.html
LINEの友達を募集するネット掲示板に、覚醒剤を販売する広告を書き込んだとして自称アルバイト、浅井龍容疑者(28)を逮捕
http://blog.livedoor.jp/charosuke0127/archives/51916472.html

人気ブログランキングへ