違法マッサージ店経営 中国人の女ら逮捕

2013年6月24日 13:01

東京・池袋で違法に風俗店を営業していたとして、警視庁は、風俗店を摘発し、経営者の中国人の女らを逮捕した。風営法違反の疑いで逮捕されたのは、豊島区西池袋にある個室マッサージ店「IKB25」の経営者で、中国籍の周蓉容疑者(40)と店長の呉建華容疑者(42)。

警視庁によると、周容疑者らは今月22日の夜から翌日にかけて、風俗営業が禁止されている場所であるにもかかわらず、店内で、20代の中国人の女に、男性客に対する性的サービスを行わせた疑いが持たれている。
周容疑者は、2年前の6月にも同様の店を経営していて摘発されたが、その翌月には店を開き、これまでに1億1000万円余りを売り上げたと見られている。



人気ブログランキングへ