組員であることを隠し、生活保護不正受給 暴力団員の男と妻逮捕

2013/05/29 12:39

暴力団組員の男とその妻が、組員であることを隠して生活保護を申請し、およそ110万円をだまし取った疑いで、警視庁に逮捕された。 指定暴力団住吉会系組員・葛生富夫(くずう・とみお)容疑者(64)と、妻・眞弓容疑者(55)は、葛生容疑者が組員であることを隠して、2012年11月、台東区に、夫婦で生活保護を申請し、生活保護費およそ110万円をだまし取った疑いが持たれている。 調べに対して、葛生容疑者は「すでに暴力団から脱退していて、だまし取ったわけではない」と、容疑を否認している。

ソース :
FNNニュース



人気ブログランキングへ