北朝鮮、食べ残しの人肉を市場で“羊肉”として販売

2011年06月20日08時50分

北朝鮮の司法当局が、ドルのわいろ、韓国文化流入など体制に脅威を与える犯罪を防ぐための内部指針を全国の人民保安部署(警察署に相当)に伝えたことが19までに把握された。脱北者支援と対北朝鮮布教活動をしているカレブ宣教会が入手した「法闘争部門従事者のための参考書」によると、北朝鮮の人民保安省(現人民保安部)は2009年6月に791枚の秘密文書を作成して配布した。

文書は刑法・民法・刑事訴訟法の3法と関連した721件の不法事件内容を具体的に例示し処罰指針を明らかにした。文書にはこれまでうわさとして飛び交っていた人肉と関連した事件も言及されている。文書は「労働災害で身体障害者になり工場合宿所で生活しながら警備員として勤めるイ・マンソンは、同宿生のハン・ナムホが眠りに就いた時に警備室の斧で殺害した後、一部を食用として食べ、残りは市場で羊肉とだまして売りさばき摘発されたと書いている。

文書はまた、薬学大学教員が自分の家に設備をそろえ麻薬生産の原料を購入し、麻薬500グラムを製造・密売して摘発されたと明らかにした。特殊機関の労働者が8000ドルを与えて麻薬1キログラムを購入した後、北部国境地帯に入り1万2000ドルで売り差益を得た事件も指摘した。北朝鮮の司法当局で麻薬密売を摘発したことを示すものだ。 

このほかコンピューター専門家や画家が偽造通貨を製作し使用したり、教職員がわいろを受け取り入学不正を犯した事件、韓国から持ってきたCDをコピーして販売し摘発された事例も掲載されている。 

特にこの文書は罪を犯した人物の所属と職責などが具体的に言及されている。事件の転末も詳しく描写されており、北朝鮮の司法当局が実際の事件を土台にこの文書を作成した可能性が高いという評価だ。 

ある北朝鮮専門家は、「このように膨大な内部資料が公開されたのは初めて。北朝鮮社会の深刻な経済難にともない猟奇的な生計型犯罪が発生し、韓国と西欧文化の浸透が思ったより広範囲に起きていることを見せてくれる」と話した。この文書の真偽に対してはもう少し調べる必要があるという指摘も出る。

ソース : 中央日報
http://japanese.joins.com/article/937/140937.html?servcode=500%C2%A7code=500




人気ブログランキングへ