地 球 情 報 局

珍事件・仰天NEWS・世界各国のNEWS・政治・衝撃映像など

2019年08月

【動画】中国で道路が崩壊、空に巨大な煙が噴出

中国で道路が崩壊し、空に巨大な煙が噴出

2019-08-31_213514

道路が崩壊した後、杭州の上のスカイラインに巨大な煙が上がります。

水曜日(8月28日)にZ江省杭州市で撮影されたビデオでは、道路の一部が崩壊した後、建国北路から煙が上がります。

別のクリップは、崩壊した道路と住宅の建物の亀裂を示しています。

通行人によると、煙には強いガス臭があり、崩壊した道路がガス管を損傷した可能性があります。

近くの店舗やひびの入った住宅の人々が避難しました。道路は封鎖されており、死傷者は報告されていません。






みんなのFXは、初めてのFXを徹底的にサポート。今なら口座開設で最大50,000円キャッシュバック実施中! - 口座開設

【衝撃映像】アマゾンの熱帯雨林に火をばら撒くヘリコプター

一瞬、ヘリが消火にあたっているのかと思いきや、アマゾンの熱帯雨林に火を撒いている!

ここに住む人達の命、動物の命、木の命を何だと思っているのか?目的は?

悪魔に魂を売り、人間の心を捨ててしまったのか・・・


アマゾン森林火災 大統領支持者が放火か 検察が捜査

2019年8月29日 13時03分

2019-08-31_031816

南米ブラジルで、アマゾンの森林火災が記録的なペースで広がる中、8月、ボルソナロ大統領を支持する農家のグループが、アマゾンの森林に違法に火をつけた疑いがあることがわかり、検察が捜査を始めました。

ブラジルのアマゾンでは、記録的なペースで森林火災が発生していて、ブラジルの国立宇宙研究所によりますと、ことし1月から今月27日までに起きた森林火災の数は、8万3000件余りと去年の同じ時期の2倍近くに上っています。

こうした中、ブラジルの検察は、北部パラー州で、農家のグループが、アマゾンの森林に違法に火をつけた疑いがあるとして、捜査していることを明らかにしました。

調べによりますと、今月10日、およそ60人がSNSで連絡を取りながら一斉に火をつけたということで、メンバーたちは理由について、「アマゾンの開発を進めるボルソナロ大統領への支持を表明するためだった」と話しているということです。

ブラジル政府によりますと、ボルソナロ大統領は、この放火について、厳しく対応するよう関係機関に指示したということです。

アマゾンの森林火災をめぐっては、開発を重視するボルソナロ大統領の姿勢が火災を拡大させているとして、アマゾンの保護を訴えるデモがブラジル国内でも連日行われるなど、大統領に対する批判が高まっています。

参照元 : NHKニュース



みんなのFXは、初めてのFXを徹底的にサポート。今なら口座開設で最大50,000円キャッシュバック実施中! - 口座開設

【香港デモ】警棒 vs 金属バット【動画】

デモ隊と警察官のバトル。

警察官(警棒) vs デモ隊(金属バット、木刀)




みんなのFXは、初めてのFXを徹底的にサポート。今なら口座開設で最大50,000円キャッシュバック実施中! - 口座開設

【衝撃映像】不思議な現象!墓参りで宙に浮く謎の白い石

お地蔵さんの前で「宙に浮く謎の白い石」映像がSNSで公開され超話題!6つの要因を考察…超常現象か、科学か?

2019.08.18

お盆とはこの世に戻ってきたご先祖様の霊魂を供養する日本の伝統行事である。今年は少し長めに連休を取って、故郷のお墓参りをしたという方も多いだろう。そんな時期だからなのだろうか、お墓参りに行って奇妙な現象に出くわした……という話は後を絶たない。

そして今年は、石が宙に浮くという不思議な現象を捉えた動画がSNSにアップされ、大きな話題になっている。

■お墓参り中に現れた宙に浮く石

今年8月15日午前、Twitterに一本の不思議な動画が投稿された。投稿者がお墓参りに行った際に撮影したもので、お地蔵さんが立ち並ぶ広場で、小さな白い石がふわふわと浮き上がり、まるで羽虫のように宙を飛び回るという奇妙な現象を捉えた動画である。

側にいる男性が手を出したり軽く扇いで風を送ったりしても、軽快な小石の動きが影響を受けた様子はない。投稿者によれば、この近くには倒れた石碑があり、それを直したところ、小石は地面に落ちて動かなくなったとのことである。


2分ほどの動画の中には、男性が問題の石を手に乗せて指でつまんでいるシーンもある。手のひらの上で動きを止めた石はどう見てもただの小石にしか見えないが、再び地面に戻すと、またふわふわと宙に浮いて活発に動き回る。動画内では実に不思議な光景が繰り広げられている。

この投稿はたちまち大きな反響を呼び、ツイートは19日時点で8000回以上リツイートされ、2万件以上「いいね」されている。コメント欄ではこの謎めいた現象の謎をめぐって様々な意見が寄せられている。

2019-08-21_141521

■正体は?

当然気になるのはその正体であるが、実は同様の現象は過去にも報告されており、その正体について次のような可能性が挙げられている。

(1) 糸のようなもので石を吊って動かしている。
(2) 動画編集により、吊っている糸を見えなくする細工を施している。
(3) クモが糸で石を吊っている。
(4) 心霊による一種のポルターガイスト現象。
(5) 目撃者の中に念力を使える者がいる。
(6) 未知の生物や妖精の可能性。

トリックを使った動画ではない場合、最も疑われるのは(3)クモが糸で石を吊っているという可能性だろう。空中の巣から地面まで伸ばした糸が小石にくっついてしまい、巣の動きに合わせて石が宙を舞うように動くという事例は過去にも観察されているという。石碑を直したら地面に落ちたという証言から、クモの巣はその石碑から伸びていたのかもしれない。

ただ前述したように、動画の小石は人間の手につままれた後も、地面に戻ったとたんに再び動き始めている。また、1:28秒ごろにも問題の石とは別の石(画面中央の丸い大きな石の左下あたり)が動いているのも確認できる。クモの巣を原因とするには謎が多いのである。

ツイッターでは「ケサランパサラン」と呼ばれる白い毛玉のような妖精という意見が出ている他、近くにいる思春期の少年少女が念力で飛ばしている可能性(ポルターガイスト説)などが考えられる。しかし、未知の超常現象という可能性も捨てきれない。お盆という時期に撮影されたことを合わせても実に不思議で、非常に興味深い動画である。

参考:「Twitter」「Happism」ほか

参照元 : TOCANA


宙に浮く石(フライング・ストーン)

石を浮かせているのは「クモの糸」だといいます。石がクモの糸に絡まって宙に浮いているように見えるのだそうです。

とはいえクモの糸はかなり細いイメージがありますから、そんなもので石が浮かせられるのかと思ってしまいます。ですが調べてみると実は意外と強度があるようなのです。

「鋼鉄超える強度とナイロン顔負けの伸縮性 世界初『クモの糸』量産化」

念のため、クモの糸の研究で有名な奈良県立医科大学の名誉教授、大崎茂芳さんにも今回の件についてご意見を伺ってみました。すると現象自体はそれほど不思議ではないとのことでした。どうやらクモの糸で石を浮かせることは可能なようです。







みんなのFXは、初めてのFXを徹底的にサポート。今なら口座開設で最大50,000円キャッシュバック実施中! - 口座開設

【衝撃映像】(バール vs 包丁 )神奈川県川崎市で朝からオジさん同士の喧嘩が勃発

神奈川県川崎市では朝からキチガイなオジさん同士の喧嘩が勃発する事がある。

バール vs 包丁

日本のストレス社会が産んだ闇。

この後、バールを持ったオジさんは血だらけになり警察沙汰になったにも関わらず、ニュースにはならなかった。




みんなのFXは、初めてのFXを徹底的にサポート。今なら口座開設で最大50,000円キャッシュバック実施中! - 口座開設

福島第1原発の上空に複数の謎の発光体が出現!前日に5号機と6号機から白煙

福島第1原発の上空に謎の発光体 光が現れた前日には5号機と6号機から白煙

2019年08月20日 08時05分

2019-08-20_110042

福島第一原発上空に謎の光が現れて、数時間とどまって消えた――。6月下旬、動画サイトにアップされたその映像を見てみると、確かに原子炉上空を複数の光が飛び交っていた。これはヘリなのか? それともドローン? 謎の光の正体を突き止めるべく、追跡取材を試みた!

■深夜に突如現れ、夜明けとともに消えた
発端は、ジャーナリストで福島第一原発(以下、第一原発)ウオッチャーの大沼安史氏が観察していた6月26日深夜のJNNライブカメラだった。この定置カメラは24時間、第一原発の様子をインターネット中継している。大沼氏が次のように説明する。

「原発構内は夜中ライトアップしているため、私は夜間帯でもよくこの映像を見ています。この日は午前2時過ぎ、左側上空から突如として白っぽい光が複数現れたのです。

横に並んだ4つの発光体は、ゆっくりとした速度で右へ移動していきました。少し距離を置いて現れた5つ目の光は、空気を採取する装置でしょうか。何かをぶら下げているようでした。最大で7つの光が現れ、原子炉1号機から6号機の上空でとどまると、時々左右に動いたり強い光を発していました」

大沼氏はそのときの映像を録画し、YouTubeにアップした。取材班がその映像を確認すると、確かに光の集団は午前2時13分頃に画面上に現れ、映像が終わる2時43分になっても第一原発上空にいた。その後も明け方まで居座っていたという。

「午前3時50分頃までは上空で光っていました。それ以降は夜が明けてきたのと、辺り一面に出てきた霧に紛れて見えなくなったのです。翌日にも同様の光が現れ、深夜2時過ぎに6つか8つ現れました」(大沼氏)

いったい、この光はなんなのか? 在日米軍の動向を監視する市民団体で軍用機の運用に詳しい「リムピース」編集長の頼和太郎(らいわ・たろう)氏は「見たことがない光だ」と話す。

「着陸に備えた固定翼機がこのように着陸灯を出すことがあります。ですが、30分間もそのままということは考えられない。ヘリコプターならもっと複雑な動きをするし、民間機ならこんなに暗い所を一斉に飛びません。

米軍は福島第一原発上空であろうと勝手に低空飛行できますが、普通ならこんなに多くの機体を夜間に飛ばさないでしょう。カメラのレンズに別の何かが映り込んだ可能性も考えたほうがいいかもしれません」

確かに光の反射などで、あたかも上空に光があるように映っている可能性も捨てきれない。そこで取材班は実態を確かめるべく、7月上旬に現地へ向かった。

高台で第一原発が遠くから見通せる富岡町の滝川(たきかわ)ダム近くでカメラを構えていると午後7時半過ぎ、左手の山の切れ目から2つの光が現れた。排気筒の中間ほどの高さを6号機方向から1号機方向へ移動。すると新たなふたつの光がまた左から現れ、合計4つの光は20分ほどで右手の山影に消えた。

その後も数分おきに左から1、2個の光が現れては右側へ消えていく。移動速度は一定ではなく、たまに停止したり光度が増したりする。時折ピタッと出なくなる時間帯もあるが、しばらくすると現れるの繰り返しだ。ただ、6月26日の映像のような大量の光ではなく、第一原発上空でとどまることもしない。

この高台から第一原発までの距離は約11km。超望遠レンズで見ても光がなんなのかわからない。そこで第一原発に近づけるところまで近づいて確認することにした。

原子炉まで直線距離で約2.5kmの場所にある双葉町の国道6号線沿いで待ち受けていると、高台で待機しているカメラマンから「今飛んでいる」との連絡が入る。

だが、排気筒を見上げても光らしきものは何も見えない。ひょっとして、カメラマンのいる高台から見えるのは原子炉の裏手にある海上の船の明かりではないか? そんな疑問が浮かんだため、第一原発から最も近い漁港の請戸(うけど)漁港(福島県浪江町)に向かう。

そこから海面を見渡すと遠くに船らしき赤い光はいくつか見えるが、動く光は何もない。不思議だ。カメラマンがいるのは高台のため、漁港にいる取材班より見通せる海面距離は計算上40kmほど奥に広い。ということは、かなり沖合を航行している船の明かりなのかもしれない。

結局この日は、深夜3時過ぎまで光を断続的に確認することはできたが、その正体はますますわからなくなった。

■東電も海保も「確認していない」
東京へ戻り、まず第一原発の廃炉作業を進める東京電力に謎の発光体について聞いた。「6月26日は深夜1時頃まで野外でタンクの除去工事をしていましたが、上空を飛ぶ発光体は認識していません」(広報室)

次に、第一原発沖に巡視船を常駐させている海上保安庁の福島海上保安部に尋ねると、こちらも「6月26日とその前後で、福島第一原発上空での発光体は確認していません」との回答だった。

なんと、第一原発を最も近くで監視しているはずの東電も海保も、映像の光を一切確認していないという。

では、この時間帯に民間機は飛んでいたのだろうか。国土交通省の東京航空局仙台空港事務所はこう答えた。

「フライトプランを調べましたが、この時間帯に福島第一原発の低い上空を飛んでいる飛行機は該当がありません。夜間帯に高高度を飛ぶ国際線もありますが、位置的に福島上空はあまり飛ばない。有視界ぐらいの低さなら、なおさら第一原発の上は飛ばないでしょう」

ヘリコプターやドローンの可能性はどうか。福島でヘリコプターの運航を行なうジャパンフライトサービスは、「民間のヘリコプターはこの時間帯に飛びません。ドローンは以前、検査のために福島第一原発上空を飛ぶと通知が来たことがあるが、夜間はやらないでしょう」と話す。

小型機やヘリコプターを運航するアルファーアビエィションにも聞いてみたが、「映像を見る限り、あの角度でヘリが飛ぶのは難しいし、ヘリなら青いライトが光るはず」とこちらも否定する。

防災ヘリやドクターヘリの可能性がないのか福島県庁にも聞いたが、やはり夜間には飛ばないという。

となると、自衛隊や在日米軍の線はどうか。だが、陸上、海上、航空の幕僚監部に尋ねても、「その日のその時間帯は、福島上空で訓練はしていない」といずれも否定した。在日米軍司令部も、「本件には米軍は無関係」という回答だった。

船の可能性も捨てきれない。望遠レンズでは離れた被写体の距離感が少なくなり、海上の船があたかも上空を飛んでいるように見えるかもしれないからだ。特に漁船の明かりは強く、「サンマ漁船になると10kWの強力な明かりをつける」(三信船舶電具)という。

しかし、福島県のいわき市漁業協同組合は「この時間帯の操業は確認できないし、漁船だとしてもこれだけ多くの光が並ぶことはありません」と話す。同県の相馬双葉漁業協同組合も、「第一原発の20km圏内では漁はしないので漁船の可能性は薄い」とのことだった。

■光が現れた前日には原発から白煙が上がった
なんらかの天文現象も疑ったが、「火球や流星とも違う。天文現象ではありません」(国立天文台天文情報センター)

結局、謎の発光体がなんなのかはわからずじまい。前出のアルファーアビエィションの運航部長で、飛行時間3万時間を誇るベテランパイロットの青山満男氏も、目にしたことがない光だという。

「米軍だとすると飛行編隊を組みます。映像ではそれぞれが勝手に飛んでいるので、動きとしてはありえない。何かの調査にしても1、2機もあれば十分です。報道機関のヘリなら7機が一度に飛ぶこともあるが、お互いにぶつからないよう円を描きながら飛行するはず。仮にUFOだとしても、こんなに目立つ光を発するでしょうか......」

最後に、前出のジャーナリスト、大沼氏はこんな推測をする。

「発光体が現れた6月26日の前日には、5号機と6号機から白煙が上がりました。これを東電は非常用発電機のテストだと言っていますが、何か異常事態が起きたのかもしれない。ちょうどこのときはG20大阪サミット開催前で、数日後に各国首脳が来日するタイミングでした。米軍が第一原発の状況を調べに来たのではないでしょうか」

ミステリアスな謎の光。何か真相への手がかりがつかめたら、またお伝えしたい!

参照元 : 週プレNEWS




▼こちらの映像は2019年3月30日 3:16過ぎ、福島第一原発ライブカメラの謎現象



▼こちらの映像は2015年6月30日深夜、福島第一原子力発電所上空に、謎の黄色く光る飛行物体



▼こちらの映像は、2011年4月、福島上空の映像。謎の発行体が大量に出現。



▼動画11分38秒から、福島第一原発の上空を飛ぶUFO





みんなのFXは、初めてのFXを徹底的にサポート。今なら口座開設で最大50,000円キャッシュバック実施中! - 口座開設

【悲報】ロシア国防省イゴーリ・トカレフ大佐がメディアで爆弾発言「日本は、数十年にわたり、地震を偽装した地下核実験を繰り返している」

ロシア国防省イゴーリ・トカレフ大佐「日本は地震を偽装した核実験を止めよ」

2019-08-11_090013

ロシア国防省で各国の核実験の監査に当たっているイゴーリ・トカレフ大佐が、最近ロシアのメディアで爆弾発言をしたらしい。

彼は「東アジアの地震の多い某国は数十年にわたり、地震を偽装した地下核実験を繰り返している」と発言したというのだ。

トカレフ大佐は名指しこそしていないものの、東アジアの地震多発国と言えば日本であることはすぐにわかる。

彼は続けて「気づかれていないとおもったら大間違いだ。ロシアはすでに証拠を握っている。おそらく他の国も気づいている」と指摘した。

彼によれば、大気圏内核実験は禁止されているが、禁止条約を潜り抜けるために地震を偽装した地下核実験が実施されているという。

また、核実験と気づかれないように偽装する手段は洗練されているものの、データを分析すれば核実験と特定することができるとのこと。

恐ろしい話だが、もしかして日本で発生しているのは人工地震というより、地震を偽装した新型核兵器の実験と販促展示会なのカネ。

野崎晃市(43)

参照元 : 『文殊菩薩』



核保有国はどうやって核爆弾の実験を隠しているか 露国防省が明かす

2018年05月11日 21:58

核実験の管理に詳しいロシアの軍事専門家が、海外では核爆発を隠す開発が洗練されていっていると指摘した。これを受けて、ロシアではこうした出来事の監視メソッドが発展している。ロシア国防省特別管理局の局長、イーゴリ・トカレフ大佐がスプートニクのインタビューで語った。

トカレフ氏は、大気圏内、宇宙空間及び水中における核兵器実験を禁止する条約(部分的核実験禁止条約)に則り、核保有国は地下核実験のみを行うようになり、そうした実験は地震モニタリング機器によってしか発見できないと述べた。

「隠れてこうした実験を行うほうが技術的には容易で、この方向での開発は行われており、洗練されていっている」とトカレフ氏は指摘した。

トカレフ氏は、特に核爆弾の威力を最大限に抑え、爆弾をより深く埋め込み、地震波形成の強度を下げる場所での実験実施などの可能性が用いられていると説明する。

トカレフ氏は「自然なテクトニックなプロセス(地震、火山噴火)を背景に地震発生源の性質の識別が、唯一無二の知識と経験を有する機関の専門家によって解決される科学的ないし実践的な非常に困難な課題となるような地震活動の活発な地域でも実験が行われる可能性がある」と指摘する。

参照元 : スプートニク日本




関連記事 → 3.11東日本大震災は人工地震だった!元アメリカ国家安全保証局が内部告発 「米国とイスラエルの裏権力が核兵器を使った」



みんなのFXは、初めてのFXを徹底的にサポート。今なら口座開設で最大50,000円キャッシュバック実施中! - 口座開設

【おそロシア】キツネを肩に乗せて地下鉄を待つ女性

キツネを肩に載せて地下鉄を待ってるのに、周りのみんなが平然としてる。

おそロシア!!!




みんなのFXは、初めてのFXを徹底的にサポート。今なら口座開設で最大50,000円キャッシュバック実施中! - 口座開設
最新記事






楽天トラベル




人気ブログランキング

【注目記事】
★裏天皇とは一体誰なのか?「前田ゴロウ(ユダヤ名:オクラディッシュ・ハーマン)、小野寺 直、伏見博明」明治以降の皇室を牛耳ってきた傍流勢力

★3.11東日本大震災は人工地震だった!元アメリカ国家安全保証局が内部告発 「米国とイスラエルの裏権力が核兵器を使った」

★【神道の闇】天皇一族は悪魔崇拝者 神道=日本版キリスト教・ユダヤ教

★日本や世界各地にある「鳥居」の謎 宇宙人との関連性

★【日航機123便墜落テロ事件】事後処理の為の特殊部隊の編成、情報撹乱、毒ガス攻撃、火炎放射器で焼き殺す!まさに地獄以下の有様

★日航機123便墜落テロ事件の不可解な点!米軍は事故後20分で墜落地点を特定!助かるべき多くの生存者が殺された

★自民党・安倍政権は民主党を上回るスピードで売国(公約違反)を進めている

★関東連合OBで元暴力団の石元太一被告と海老蔵事件の伊藤リオンがセキュリティの黒人とガチ喧嘩してる映像が流出

★シリアの化学兵器攻撃は911やボストンテロ同様、アメリカの自作自演 【決定的証拠 まとめ】

★1%の人間が企む世界支配の計画を暴く『これは架空の物語ではありません』

★チャンネル桜事務局の壁に十字架 そして新興宗教『キリストの幕屋』『統一教会』との関係とは?

★911同時多発テロ 世界貿易センタービルの嘘を暴く

★【閲覧注意】VIEWER WARNING テロリストがアサド政権に協力した2人の男を処刑!生きたまま首を切断(R15指定)

★【閲覧注意】<シリア>SAFヘリコプターによる空爆の余波 首が吹き飛んだ死体

★【閲覧注意】<シリア>カメラの目の前で兵士の頭が吹っ飛ぶ瞬間映像(グロ注意)R18指定

★【閲覧注意】シリアにて戦車の砲撃を受けた反体制派メンバーが粉々にふっ飛ぶ瞬間映像

★【閲覧注意】タリバンのメンバーが、断頭した男性の生首でサッカー(R18指定)
記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ