地 球 情 報 局

珍事件・仰天NEWS・世界各国のNEWS・政治・衝撃映像など

2016年07月

【相模原殺傷事件】植村容疑者は危険ドラッグを常用していた!犯行前に顏を整形手術

相模原殺傷 容疑者は危険ドラッグ常用 措置入院後も使う?

2016年7月30日(土)7時55分配信

e-thumd7729

相模原市緑区の障害者施設「津久井やまゆり園」で19人が刺殺された事件で、元職員の植松聖(さとし)容疑者(26)=殺人容疑で送検=が、数年前から日常的に危険ドラッグを使用していたことが29日、関係者への取材で分かった。今年2月に措置入院した際に尿検査で大麻の陽性反応が出ていたが、関係者によると、退院後も大麻や危険ドラッグを使用していたもようだ。

植松容疑者の複数の知人らによると、植松容疑者は数年前から危険ドラッグを始めており、大麻を吸っていても「きかない」といってさらに危険ドラッグを吸うこともあった。また、措置入院後も大麻や危険ドラッグを使用していたという。

知人の20代男性は、産経新聞の取材に「危険ドラッグを吸って車を運転した結果、(意識喪失状態となり)コンビニの駐車場のど真ん中に止まったことがあった。夜中にドラッグを使って、朝にそのまま出勤したこともあった」と証言。別の20代の知人男性は「みんなでバーベキューしたときは(ドラッグの影響で)実際にはない『滑走路が見える』とも言っていた」と話している。

事件後の神奈川県警津久井署捜査本部の家宅捜索では植松容疑者の自宅から大麻が押収されている。

相模原市などによると、植松容疑者は措置入院した際、「大麻精神病」「薬物性精神病性障害」などと診断されていた。これは大麻や薬物に起因して妄想や異常行動を起こす可能性があるとされる。このほかにも、人格の偏りがあるなどと診断されていた。

薬物問題に詳しい小森栄弁護士は「措置入院での診断は今回の事件に結びつくほど特異なものではない」としながらも、「薬物の大量摂取や継続使用、複数の薬物を併用することなどで、もともとの疾患が悪化していった可能性がある」と指摘している。

参照元 : 産経新聞


植松聖容疑者 犯行直前の美容整形手術費用は80万円

2016.08.03 16:00

2016-08-04_104414

障害者福祉施設「津久井やまゆり園」(神奈川県相模原市)に侵入して入所者19人を殺害、26人に重軽傷を負わせた同施設元職員の植松聖容疑者(26才)。犯行後、一連の過激な言動や全身の刺青などが注目されるなか、ある“疑問”が持ち上がった。ツイッターやフェイスブックにアップされた彼の写真を見て、「昔の顔と違う」との声が多く上がったのだ。

実は植松容疑者は犯行前に都内にある有名美容整形クリニックを訪れ、整形手術を受けていたという。

「最近『オレは美しくなければならないんだ』とか言うようになっていて。今年の初めにあごのラインが妙にほっそりとしていたので、やせたのかと思ったら美容整形をしたと自慢していました」(友人)

この時、植松容疑者が受けたのは、あごの周りの脂肪を取る「脂肪溶解注射」というもので、費用は5万円程度だという。

それから植松容疑者はだんだんと大胆な行動に出る。2月半ばに衆議院議長公邸を訪れ、「私の目標は重複障害者が安楽死できる世界」「作戦内容」などと手書きした殺人予告文書を職員に手渡した。

続けて勤務中に「重度の障害者は安楽死させたほうがいい」と発言し、施設からとがめられても撤回しなかった。危機感を抱いた施設や警察の通報により、相模原市は植松容疑者を措置入院させた。

この入院中、植松容疑者は「ヒトラーの思想が2週間前におりてきた」と病院の担当者に話していたが、医師は「他人を傷つける恐れがなくなった」と判断して、わずか12日間で退院となった。 直後の3月にも再び美容整形手術を受けていた。今度は鼻。およそ50万円をかけて鼻の形を整えたという。

さらに犯行直前となる6月、植松容疑者はクリニックを訪れ、目の美容整形を行った。目を大きくし、二重まぶたにする切開手術で約25万円かかったという。

「結局、半年で別人のように顔が変わりました。あご、鼻、目を手術して80万円かかったとか。彼の中で理想の顔へと整形が“完了”したのは事件の直前だったんです。金髪にしたのも1か月前。今にして思えば、それが引き金になってしまったのか…」(前出・友人)

犯行直前に行った整形手術は何を物語るのか。こころぎふ臨床心理センター長の長谷川博一氏が解説する。

「植松容疑者が整形を行ったのは、非常に自己愛が強いことの表れでしょう。障害を持つ人と対比して、自分は優れた人間だと認識することで自己愛を満たし、心のバランスを保っていた。事件を起こして世間から注目されることを想定した上で、外見的にも“ただの普通の人”だと思われないよう整形をした。整形が済み“結構イケてる男”だと評価される準備が整った段階で、犯行に及んだのだと思います」

整形を重ねるたび、植松容疑者の思想は大きく歪んでいった。身勝手な思想を社会が整える術はなかったのか。

※女性セブン2016年8月18・25日号

参照元 : NEWSポストセブン


45人殺傷の植松容疑者 英雄になるため整形 相模原障害者施設の植松聖容疑者

2016.7.28

神奈川県相模原の障害者施設で重複障害者ら45人を殺傷して逮捕された植松聖容疑者(26)が、犯行の動機をヒーローになれるなどと知人に話していたことが明らかになった。

植松容疑者は障害者に偏見を持ち、1月に犯行を記した直筆の手紙を大島理森衆院議長に宛てた。その同時期に手紙の内容を知人に報告していて、制止を聞かずに「UFOのお告げ。何を言われても関係ない」などと自己陶酔していた様子だったという。

また、犯行の動機を「ヒーローになれるから」などとも話していたといい、衆院議長に宛てた手紙に記した報酬を受け取る際に「(容姿が)かっこいい方が良い」と美容整形を決意。昨年10月に鼻を高くする整形を施し、今春にはまぶたを二重にする整形を施した。

2016-08-04_105748

鼻を整形後の植松容疑者

植松容疑者が大島衆院議長に宛てた手紙の一部「外見はとても大切なことに気づき、容姿に自身が無い為、美容整形を行います。進化の先にある大きい瞳、小さい顔、宇宙人が代表するイメージそれらを実現しております。私はUFOを2回見たことがあります。」

1

植松容疑者が大島衆院議長に宛てた手紙の一部

植松聖容疑者は都立高校調理科を卒業後、大学に入学して教師を目指すも挫折し、在学中に刺青を入れている。2012年には飲料関係の会社に就職するも半年で退職、2013年4月に犯行に及んだ施設の常勤職員に採用された。今年2月には「他人に危害を加える可能性がある」として措置入院し、大麻の陽性反応があったものの3月には退院。

退院後は「障害者の気持ちが分かった」などと知人に話していたというが、7月26日に犯行に及んだ。前日の25日には、最後の晩餐かのように、女性と焼肉店で食事していたことが明らかになっている。

参照元 : ソーシャル


植松容疑者は、顔にコンプレックスを持っていたのか?一重だった目を二重に整形していた。犯行前、知人の話では、植松容疑者は金に困っていたと証言しているが、この整形手術費用80万円は誰が出したのか?

▼こちらが整形前の顏

312acea25d601eb14427d121b8b90cca

87f5d6fd

6d4f1ef5c0416bcb0c276088d209eac8

▼整形後の顏、目を二重にし、鼻を高くしている模様。

e-thumd7746



空き家が増え続けている 老朽化した空き家は誰が処分するのか?その費用は誰が負担するのか?

増える空き家、「スラム化」する老朽マンション 撤去費用を支払うのは誰か

2016年7月29日(金)11時44分配信

空き家が増え続けている。マンション・アパートの空き部屋も含めた空き家総数は、およそ20年後に全国で2000万戸を超えるとみられる。少子高齢化と人口減少が進む中、戸建てもマンションも、今人気のタワマンさえも、空き家となるリスクとは無縁ではない。さらにその先には、空き家の老朽化という問題も控えている。老朽化した空き家は誰が処分するのか。その費用は誰が負担するのか。人と家の高齢化の先にある未来のシナリオとは。(ライター・庄司里紗/Yahoo! ニュース編集部)

築46年の木造アパート、解体費用500万円也
羽田空港にほど近い住宅街の一角。いまにも倒壊しそうな築46年の木造2階建てアパートは、まるで「幽霊屋敷」のようだった。

その老朽アパートが大田区によって強制撤去されたのは2014年5月。東京23区内では初の事例だった。

_1469757674_1469757660_IMG_4422

大田区まちづくり推進部の粟飯原勉係長が言う。「このアパートは、10年ほど前から『強風で剥がれたトタン屋根が飛んできて危ない』など、近隣住民から苦情が寄せられていました」。 所有者は高齢の男性だったが、区の指導にまったく耳を貸さなかったという。だが、こんな状態の空き家でも民法上は立派な私有財産だ。強制撤去すれば、財産権の侵害にあたるため、区は所有者との面談、文書による改善依頼などの対応しかできなかった。

こうした事例の増加に対応して、大田区は2012年、「空き家の適正管理に関する条例」を制定。条件を満たせば強制解体・撤去が可能になった。初の適用となったこのアパートの解体費用は500万円。所有者に請求したが支払われなかったため、土地と預貯金を差し押さえて費用を回収した。粟飯原係長が言う。

「この件では所有者に支払い能力があったから回収できました。ですが、危険な空き家の所有者は金銭的な余裕がない場合もあるかと思います」

では、所有者が支払えないとき、誰がその費用を負担するのか──。

_1469757742_1469757719_jisshi1

全国の空き家数はこの20年間で倍増
日本中に空き家が広がっている。2013年に総務省が実施した「住宅・土地統計調査」によると、空き家の数は全国で約820万戸。この20年間でほぼ2倍に増え、空き家率(総住宅数に占める空き家数の率)も13.5%と過去最高を記録した。

_1469757826_1469757820_0725-akiya-1-01

総務省が5年ごとに発表するこの統計では、「空き家」を「賃貸用」「売却用」「二次的住宅(別荘)」「その他」に分類している。そのうち、とくに問題視されるのは、「その他」の空き家だ。冒頭の老朽アパートのように長期間放置され、倒壊などが懸念される危険な状態の空き家も含まれており、その数は約318万戸に達している。

_1469757920_1469757914_0725-akiya-2-06

空き家が及ぼす悪影響は倒壊や崩落のみならず、不審者の立ち入りや放火などの犯罪の誘発、樹木の繁茂や不法投棄、景観悪化など多岐にわたる。

そのため各自治体では、こうした空き家に立ち入り調査し、強制撤去できる独自の管理条例の制定を進めている。2015年4月時点で、条例を施行済みの自治体は431を数える。この流れを受けて国も、自治体の取り組みを支援する「空家等対策の推進に関する特別措置法」(以下、特措法)を制定、2015年5月から全面施行に踏み切った。

一方、気になるのは、発生した費用を実際に「誰が」負担するかだ。冒頭の大田区のケースでは所有者が支払えたが、公費を検討せざるをえないケースも十分ありうる。例えば、国の特措法を初めて適用した神奈川県横須賀市のケース(2015年10月)では、倒壊の危険のあった空き家の撤去費用の全額、約150万円を市が公費=税金で負担している。

空き家の数が右肩上がりで増え続ける以上、このように公費で解体するしかない空き家の数も、増えていくだろう。

実は過疎化地域より都市部が深刻
そもそも、空き家はなぜ増えるのか? そこには日本の社会背景がある。終戦から1960年代半ばにかけて、人口の急増による住宅不足が深刻化。その結果、宅地開発が郊外に広がるとともに、「質より量」の論理で寿命の短い住宅が次々と建設された。そう指摘するのは、富士通総研の米山秀隆主席研究員だ。

「今、日本は人口減少のフェーズに入っているのに、住宅数は増え続けている。住む人が減って家が増えれば、不便で条件の悪い住宅に人が住まなくなり、空き家が増える。つまり、無秩序に住宅を大量供給する日本の現状が空き家増加の構造的要因なのです」

_1469758077_1469758061_mansion_shioda_055

国土交通省の「空家実態調査」(2014年)によると、空き家が発生するのは、多くが家主(居住者)が亡くなった後の相続のタイミングだ。相続人が遠方にいて居住できないといった理由に加え、家は売るにも壊すにもお金がかかる。それが嫌われ、結果的に「放置」される。

地価が安い郊外や地方都市では、空き家の処分にかかるコストが資産価値を上回るケースが少なくない。そのため、過疎化や高齢化が進む地域ほど空き家化も進む。各自治体では「空き家バンク」の設置や独自の移住支援策など、空き家を利活用するための取り組みが本格化しているが、「事態がより深刻なのは東京をはじめとする都市部だ」と米山氏は言う。

「空き家『数』で見ると、都市部が圧倒的に多い。最多の東京は約81.7万戸、2位の大阪が約67.9万戸で、その大部分は『賃貸用』の共同住宅です。今は一時的な空室も多くありますが、10〜20年後には、将来にわたり借り手のつかない老朽物件が、膨大な数、都市部に溢れる。戸建てと違って簡単には壊せない老朽マンションの増加は、都市が直面する大きな課題です」

とりわけ深刻なのは、都市部で多くの人が「終の住処」として購入する分譲マンションの老朽化である。

_1469758163_1469758145_mansion_shioda_056

都市部の問題は「マンション老朽化」にあり
分譲マンションの問題は、建物と所有者が同時に年老いる「2つの老化」だ。まず、購入時には若かった所有者も次第に年を取る。高齢となって老人ホームに入居したり、亡くなった後に相続人が賃貸に出したりすれば、空室化・賃貸化が進む。一方、建物自体も時間の経過とともに老朽化が進み、修繕や建て替えが必要になる。

_1469758246_1469758229_mansion_shioda_036

分譲マンションの場合、修繕や建て替えには所有者の合意形成が欠かせない。だが、空室化・賃貸化の進んだマンションでは居住者・所有者が多様化するため、合意形成はスムーズに進まない。「こうして打つ手がないまま時間だけが過ぎ、極限まで老朽化したマンションは、人がまともに住めない空き家となり、管理もされずに放置される。いわゆるスラム化のリスクが高まるのです」(米山氏)。

東京城南地区に物件を所有する竹田裕也氏(仮名・52歳)は、まさにそんな危機に直面した一人だ。

竹田氏は2000年頃、投資目的で5階建てマンション内の数室を購入。1970年代半ばの建設と築年は古いものの、JRの主要駅から徒歩圏内という立地の良さと、広めの1LDKという使いやすい間取りで、借り手はすぐについた。問題はその数年後、築30年を過ぎた頃に起きた。

「建物全体で漏水事故が頻発したんです。共用部の給排水管に問題が見つかり、修理が必要でした」。ところが、修理の発注者となる管理組合(各室の所有者全員の団体。マンション全体の持ち主と見なされる)自体が機能していなかったのだ。

_1469758336_1469758317_mansion_shioda_028

当時、居住者の大半は賃借人。又貸しによる事務所利用やウィークリーマンションとして使われているケースもあった。大規模修繕は1990年頃に行われたきりで、その後の長期修繕計画もなかった。

そこで竹田氏は自ら管理組合の理事となり、マンション管理業者に運営を委託。この業者とともに長期修繕計画の策定や管理体制の見直し・修繕費の積み増しなどを行った。

その結果、2012年にようやく「外壁の塗り直し」や「屋上の防水工事」を中心とした2回目の大規模修繕が実現。マンション内に秩序が戻り、「スラム化という最悪の事態は免れた」という。現在管理組合では耐震化工事に向けた話し合いが続けられている。

「耐震化工事には修繕積立金だけでは足りないので、2000万円ほど金融機関から借入をしなければならない。所有者の合意形成は簡単ではありませんが、みなさんに理解を求めていくつもりです」

_1469758398_1469758382_mansion_shioda_004

建て替えできるのは好条件のマンションだけ
老朽マンションに対する解決策は、修繕で「延命」するか、建て替えて「再生」するかしかないが、建て替えられるケースは限定的だ。

これまで20件以上のマンション再生に携わった旭化成不動産レジデンスの大木祐悟主任研究員は、建て替え事業の難しさをこう語る。

「現行法では、所有者の5分の4以上の賛成で建て替えできるようになっています。ただ、築年数の古いマンションは高さ制限や容積率(敷地面積に対する総床面積の割合。場所ごとに上限が決まっている)などが現在の法律に不適格のものが多数あります。こうしたマンションを現行法に合わせて建て替えると、建て替え前の部屋の広さを維持できない場合がある。さらに、所有者が建て替え費用を負担する可能性も高く、合意が得られないケースが多いんです」

大木氏が再建に携わった「同潤会江戸川アパートメント」(1934年築、新宿区)は、まさにその典型例だった。建物の傾きが確認された1970年代以降、何度も建て替えが検討されたが、所有者間で条件が折り合わず、計画はそのたびに頓挫。建物の老朽化は加速度的に進み、壁の落剥や雨漏り、ガス漏れなどが常態化する有り様だった。

_1469758478_1469758468_dojunkai_2gokansouth

_1469758540_1469758494_dojunkai_after

最終的には、築後71年(2005年)にしてようやく建て替えが実現したが、建て替え後に所有者が得られた専有面積は平均で建て替え前の半分程度にとどまった。

「立地が良く、敷地や容積率に十分な余裕がある場合を除き、マンションの建て替えは非常に難しい。管理組合から相談を受けて実際に建て替えられるのは10件に1件以下というのが実情です」。つまり、ほぼ9割の分譲マンションは建て替えできず、老朽マンションとしてこの世に残り続けることになる。

建て替えが難しいのは老朽物件だけではなく、容積率を上限まで使って建てられていれば同様の問題が起こる。もちろん、近年人気のタワーマンションも例外ではない。

_1469758640_1469758629_dojunkai_nokishita

タワーマンション、スラム化の恐怖
タワーマンションは眺望の良さや共用施設の豪華さが人気を呼び、都市部を中心に2000年前後から急激に増加。高さ60mまたは20階建て以上のものがこれまでに約1000棟(約30万戸)建っている。こうしたタワーマンションが老朽化した場合はどうなるのか。前出の米山氏は「建て替えは難しい」と首を振る。

「容積率に余裕がある場合は、建て替え時に床面積を増やせるため、その分を販売して費用を賄う方法があります。しかし、ほとんどのタワーマンションは容積率を目一杯に使って建てているため、この方法は使えません。

建て替えないとしても、建物規模や戸数が桁違いのタワーマンションは維持修繕のコストも高い。適正に維持管理されなかった場合、スラム化のリスクがあるのは、タワーマンションも例外ではありません」

このようなリスクを前に、対策に乗り出した自治体がある。全国最多のマンション戸数を抱える東京都だ。東京都では、2014年末時点で約168万戸ものマンションがあるにもかかわらず、さらに毎年4万戸前後のマンションが新規に供給されている。そのため東京都都市整備局は今年3月、「良質なマンションストックの形成促進計画」を策定。「マンションの適正な管理の促進」「老朽マンション等の再生の促進」を柱とする今後10年間の目標と施策を定めた。

東京都都市整備局の小林秀行課長は「今後は行政がマンションの管理に関与する必要がある」と説明する。「この状況が続くと、所在地などにもよりますが、築年の古いものから空室化が進み、管理組合活動が低下して管理不全に陥ることも心配されます。今回の取り組みは、こうしたマンションの管理不全を予防する仕組みづくりに向けた第一歩です」

_1469758710_1469758694_mansion_shioda_050

巨額の費用負担、行き着くところは税金
マンションのスラム化を防ぐには、修繕を含む適切な維持管理が最も有効な対策だ。しかし、修繕を繰り返したマンションも、いつかは寿命を迎える。そうなれば建物を解体し土地は売却という「看取り」が必要になるが、そこにはハードルがある。所有者全員の同意を得なければならない点だ(耐震強度不足のマンションなどの例外はある)。

もう一つのハードルは、費用の問題だ。マンションの解体費用は、現在の相場で1戸当たり約200万円。50戸のマンションなら1億円がかかる。敷地の売却で処分費用を賄えるケースを除き、高齢化や賃貸化が進む老朽マンションの住民が費用を捻出できる可能性は限りなく低い。

こうして所有者たちが「看取り」を放棄したマンションは、スラム化・廃墟化した後、最終的に行政が公費で取り壊すしかなくなる。

バブル期に大量供給されたマンションが軒並み「築40年」を迎える2030年代半ば、老朽化の目安となる築40年超えのマンションは全国で約277万戸まで膨れ上がる。もし、そのうちの5%(約13.9万戸)でも行政が解体することになれば、1戸当たり200万円をかけ算しておよそ2780億円の公費が投入される計算だ。この巨額の撤去費用を賄うのは、マンションが立地する自治体の住民の税金だ。

つまり、老朽マンション問題の行く手には、何万棟という膨大な数のマンションの解体コストを、所有者とは無関係の市民が税金で肩代わりさせられる未来が待っているのだ。

_1469758787_1469758771_mansion_shioda_044

前出の富士通総研・米山氏は今すぐはじめるべき対策として、所有者の負担において建物を解体するための「解体積立金」の制度化を提言する。

「マンションの寿命が尽きたら解体する前提で、あらかじめ所有権には建物の耐用年数に見合った有効期限を設定して、購入者が解体積立金を積み立てる制度をつくる。そうすれば、修繕でも建て替えでもない第三の道として『解体』をスムーズに選べるようになります。建物の寿命とともに所有権も期限切れとなり、建物は積立金で解体する。現実として、ほとんどのマンションが建て替えできない以上、その方が合理的でしょう」

米山氏の試算では2033年、全国の空き家率は28.5%。およそ3軒に1軒が空き家となる数字だ。

隣人のどちらかは空き家が当たり前という未来は、わずか十数年後に迫っている。だが、そんな未来など永遠にやって来ないかのように、今日も日本のどこかで家が建てられている。

_1469758872_1469758843_mansion_shioda_062

庄司里紗(しょうじ・りさ)
1974年神奈川県生まれ。大学卒業後、ライターとしてインタビューを中心に雑誌、Web、書籍等で執筆。2012〜2015年までの3年間、フィリピン・セブ島に滞在し、親子留学事業を立ち上げる。現在はライター業の傍ら、早期英語教育プログラムの開発・研究にも携わる。明治大学サービス創新研究所・客員研究員。

連載「土地」が日本を悩ませる
日本において長らく土地は資産と同義だった。だが少子高齢化が進む現在、もはや土地は「価値ある」「頼れる」「守るべき」ものではない。被災地、限界集落から地方都市、東京都心まで、「土地」はさまざまな形で日本を停滞させている。この連載では、現場の事例を取り上げ、日本の土地問題の正体に迫る。第1回「地権者は「ゴースト」所有者不明地という日本の難題

参照元 : Yahoo ニュース:大田区まちづくり推進部




2016年7月27日、23時47分頃、茨城県北部で震度5弱、マグニチュード5.3の地震発生

【速報】茨城県北部で震度5弱

2016/07/27 23:50

2016-07-28_001106

午後11時47分ごろに茨城県北部で震度5弱の地震がありました。
震源地は茨城県北部で、地震の規模(マグニチュード)は5.3と推定されます。
この地震による津波の心配はありません。

参照元 : テレ朝ニュース

20160727234725-20160727235213-large

2016-07-28_002345

2016-07-28_012951

2016-07-28_013030



【相模原市・障害者殺傷事件】植松容疑者、、「そう病、妄想性障害、大麻精神病、非社会性パーソナリティー障害」など複数の診断名

妄想性障害など複数の診断名 植松容疑者

2016/7/27 11:51

AS20160727000572_commL

相模原市によると、今年2月19日、神奈川県警津久井署からの通報を受けて植松聖容疑者に対して緊急措置審査をしたところ、精神保健指定医が「そう病」と診断。指定医は「自傷他害の恐れがある」と判断し、市は緊急措置入院させた。同署は津久井やまゆり園の職員から「障害者を殺す意向がある人間がいる」と相談されていたという。

入院中の尿検査で大麻の陽性反応を確認。22日に改めて別の精神保健指定医2人が診察し、1人の指定医は「大麻精神病」「非社会性パーソナリティー障害」、もう1人は「妄想性障害」「薬物性精神病性障害」と診断。市は措置入院の継続を決めた。

国立精神・神経医療研究センター薬物依存研究部の松本俊彦部長によると、「大麻精神病」は大麻摂取後、短期間に妄想や幻覚といった症状が出た状態で、「非社会性パーソナリティー障害」は生来的に反社会的な考えや行動をする性格を指す。「妄想性障害」は強固で周囲が理解できない思い込みを修正できない障害で、「薬物性精神病性障害」は何らかの薬物で引き起こされる幻覚や妄想があるという。

参照元 : 日本経済新聞

uematutaima3-1

46412842001_955000917002_---19-----------samne

2016-07-28_000802

96958A

20160727-OYT1I50020-N


【関連記事】
相模原市緑区の障害者施設で、刃物を持った男が侵入し、多数の人が刺され19人死亡、26人負傷、そのうち20人重傷

子宮頸がんワクチン被害者が全国で一斉提訴

子宮頸がん“ワクチン被害” 全国で一斉提訴

2016/07/27 17:25

000080078_640

子宮頸がんワクチンの副作用を訴え、全国で一斉提訴です。

27日に訴えを起こしたのは15歳から22歳の女性63人で、国と製薬会社2社に対し、一人あたり1500万円の損害賠償を求めています。女性らは、ワクチンの副作用によって身体の痛みや記憶障害などの症状が現れたとして、「国は副作用の危険性を予測できていたのに対応しなかった」と主張しています。

原告・酒井七海さん(21):「私はこの裁判を通じて私たちが将来、自立した生活を送れるような支援体制が作られることを望みます」

厚生労働省は「訴訟についてはコメントを差し控えたい」としています。

参照元 : テレ朝ニュース

2016-03-18_184510


子宮頸がんワクチン被害 問われる公明党と自民議員の責任

2016年4月 8日 09:30

公明党 看板-thumb-240x192-16985

先月末、子宮頸がんワクチンによる健康被害を訴えた女性4人が東京都内で記者会見し、国とワクチン製造メーカー2社を相手に損害賠償を求める方針であることを発表した。今後、同じような被害を受けた女性の参加を募り、6月以降、全国4地裁で一斉提訴するという。

子宮頸がんワクチンの副反応をめぐっては、新聞、テレビの報道が増えている状況。重篤な症状となった被害者の事例も明らかとなっており、「薬害」を指摘する声が高まっている。

ワクチン接種による重い健康被害が、初めて報じられてから約3年。この間、子宮頸がんワクチンの普及を推し進め、接種を国の助成事業にまでした公明党や自民党の三原じゅん子参院議員は、被害を訴える声を過小評価し、責任逃れともとれる姿勢に終始している。(写真は公明党HPより)

子宮頸がんワクチン問題の経緯
「子宮頸がん」とは、女性の子宮頸部にできるがん。発生には、ヒトパピローマウイルス(HPV)と呼ばれるウイルスが関わっており、感染を防ぐとされているのが「子宮頸がん予防ワクチン」だ。2009年9月に厚生労働省が同ワクチンを承認し、12月から販売開始。10年にワクチン接種が国の助成事業となり、13年4月からは小学6年〜高校1年までを対象にした定期接種になっていた。健康被害の報告が相次ぐようになったのは、その直後から。このため厚労省は、同年6月から積極的に接種を勧めることを差し控えている。

厚生労働省の調査結果によれば、子宮頸がんワクチンの販売開始から2014年11月までに、ワクチンを接種した女性は約338万人。このうち、健康被害の報告があったのは2,584人で、未回復が186人、死亡に至ったケースが3件あった(昨年9月の公表資料より)。

実際の症状としては頭痛、倦怠感、関節痛、筋力低下など。全身のけいれんや歩行障害、脳の障害といった重症例も少なくないとされる。明らかな「薬害」だが、毎度のことで国は責任回避の姿勢。厚労省が公表した「副反応追跡調査結果」には、≪接種した約338万人(約890万回接種)のうち、副反応疑い報告があったのは2,584人(被接種者約338万人の0.08%【のべ接種回数約890万人の0.03 %】)などと、被害を過小に見せかけるための記述ばかりが列記されている。

このワクチンのお蔭でどれくらいの女性が助かったのか分からない状況だが、死亡例も含めて重篤な健康被害が出ているのは確か。接種の打ち切りを検討すべきだが、国の腰は重い。ワクチン普及の背景に、与党の力があったからだ。

ワクチン普及、公明党が推進
子宮頸がんワクチンを広め、国の助成事業にまで発展させたのは、与党「公明党」だ。平和と福祉の党を標榜してきた同党は、党をあげて臍帯血(さいたいけつ)治療や子宮頸がんワクチンの普及に取り組んできた。同党のホームページには、子宮頚がんワクチンに関する特集が組まれており、当初からの経過が分かる(以下、抜粋)。

【2007年】
・09月 神奈川県平塚市の公明議員が松あきら女性委員長に、ワクチンの早期承認を約束(注:原文のママ。「要望」の間違いと思われる)
・10月 公明党・浜四津敏子代表代行(当時)の国会質問に厚労省がワクチンの早期承認を約束

【2008年】
・02月 厚労省にワクチンの早期承認と接種への公費助成を要望
・10月 公明党・松あきら議員が国会質問で、ワクチン早期承認を要望
・11月 麻生首相(当時)に、早期承認と公費助成を申し入れ

【2009年】
・05月 子宮頸がん・乳がん無料検診クーポンが盛り込まれた09年度第1次補正予算案が成立
・09月 厚生労働省がワクチンを承認
・10月 党女性委員会が無料クーポンでの検診を呼びかける、お知らせ運動を全国展開
・12月 日本で初めてワクチンの販売始まる。ワクチン接種への公費助成を表明する自治体相次ぐ

【2010年】
・05月 公明党が「子宮頸がん予防法案」を参院に提出
・08月 参院予算委員会で松議員が質問に立ち、菅首相(当時)から「(法案については)できるだけ前向きな形で取り組むべき」という答弁がある

・11月 公明党と自民、新党改革で「子宮頸がん予防法案」を再提出 10年度補正予算にワクチン接種の公費助成を支援

【2011年】
・04月 公費助成を予定する自治体が99.9%に

健康被害を過小評価し責任逃れ
この後、13年4月からの定期接種へとつながり健康被害が続出することになるのだが、公明党は、事態が悪化してもワクチン普及の方針を転換する姿勢を見せていない。それどころか、健康被害に関する報道がある度に、事例の過小評価を繰り返すありさま。被害者に寄り添う姿勢は、皆無と言っても過言ではない。子宮頸がんワクチンについて、公明党がホームページ上で発信してきた内容を一覧表にしてみたが、見出しと副見出しを拾っただけでも、この無責任政党の実像がよく分かる。

(2)-1-thumb-600x301-16977

ワクチン接種への公費助成が決まった翌年の2011年から12年までは、子宮頸がんワクチンの普及や「子宮頸がん予防法案」の成立めがけて全力。中心になっていたのは、当時の同党副代表松あきら元参院議員だった。

ところが、前述の通り13年4月以降になってワクチンをめぐる状況が一変。公明党は、醜い守りに入る。同年4月、東京の女子中学生に重い副反応が出たことに関する一連の報道について、「WHOも接種呼び掛け 各国で有効性・安全性は実証済み」と題して、事実上の反論。大学教授に、『今回の件(副反応)も子宮頸がんワクチンの成分によるものではありません』『死亡例については、因果関係が認められた事例は国内外で一つもありません』などと語らせていた。

懸命の強弁も効果なく、その後も健康被害を伝える報道が――。分が悪くなった15年には、「子宮頸がんワクチン 救済を速やかに」というタイトルで情報発信。だがその内容は、厚労省の見解を伝えただけのもの。同党には、事態を深刻に受け止め、方針転換を図る意思が見えない。下は、同党ホームページの一場面。相変わらず、子宮頸がんワクチンを推奨している。

公明-thumb-550x397-16980

国会質問繰り返した自民・三原じゅん子氏

三原

自民党にも重い責任を負った議員がいる。元女優の参議院議員三原じゅん子氏。初当選した2010年の10月、参議院厚生労働員会で子宮頸がんワクチンの普及と公費助成の拡大を訴えたのを皮切りに、度々国会でワクチン普及の重要性を説いていた。

議事録で確認したところ、三原氏は以下8回の会議で、子宮頸がんワクチンの普及状況などについて質問。公明党と歩調を合わせ、ワクチン普及に尽力していた。(右は三原氏のHPの画面)

・2010年10月21日 参議院厚生労働委員会

・2011年12月01日 厚生労働委員会

・2012年02月07日 予算委員会

・2012年03月28日 厚生労働委員会

・2012年07月31日 社会保障と税の一体改革に関する特別委員会

・2013年03月21日 厚生労働委員会

・2014年05月15日 厚生労働委員会

・2015年05月12日 厚生労働委員会

健康被害報道に対しては、公明党のとってきた態度と同じ。被害者に同情する発言をしながら、被害とワクチンとの間に因果関係を見出すことは難しいとする姿勢を露わにし、被害実態の矮小化を図っていた。自身のがん体験を政治活動に生かしてきた三原氏。「がん対策」を公約のトップに掲げるのはよいが、薬害の怖さを知っているとは思えない。

サリドマイド、薬害エイズ、薬害肝炎――国や政治が責任を認めなかったことで、どれほどの人が苦しんできたことか。公明党と三原氏は、子宮頸がんワクチンによる健康被害の問題を深刻に受け止めるべきだ。“大勢が助かるなら、何人か死んでも仕方がない”――そう考えているのなら、政治を語る資格などない。

参照元 : ニュースサイト ハンター

あの1万円札の聖徳太子は存在しなかった!?

歴史の教科書が「習った内容と違う」 そもそも聖徳太子は存在しなかった!?

2016.07.19

最近の教科書を見ると、習った内容と違う!という箇所がチラホラ。多摩大学客員教授の河合敦氏に話を聞いた。

BKR_160412_05-160x160

「有名なのが、源頼朝や足利尊氏の肖像画。『伝・源頼朝像』というあいまいな表記になり、約10年前に日本史の教科書から消えました。頼朝とされていた肖像画は、所蔵する京都の神護寺の伝承で頼朝といわれていたもの。しかしある美術史家が、目や耳などのパーツの描き方がずっと後の室町時代に流行したものと主張。ちょうど足利直義が、兄の尊氏と自分の肖像画を神護寺に収めたという文書があり、描き方も直義の時代と合致することから、この肖像画は直義というのが定説になってきています」

あの一万円札の聖徳太子もそもそも存在しなかったという説も。

「当時皇太子という制度はなく、また、二十歳そこそこの青年が十七条憲法を作ったり遣隋使を派遣したりできたのか、摂政という制度の存在も疑問です。聖徳太子の記載があった『日本書紀』を作らせたのが、蘇我氏を滅ぼした中臣鎌足の息子・藤原不比等。『日本書紀』自体が、蘇我氏の業績を消すためにねつ造された可能性があり、蘇我馬子の業績を聖徳太子に移したのでは、と考える学者もいます」

Series_C_10K_Yen_Bank_of_Japan_note_-_front-e1467726051896

一万円札の聖徳太子

ほかにも、教科書の記載が変わる理由がある。鎌倉幕府成立の年号は、1192年ではなく1185年説が浮上している。

「源頼朝が征夷大将軍に任命されたのが1192年。でも頼朝が平氏を滅ぼし、全国に守護・地頭を置いた1185年が武家政権としての幕府の成立とする説が近年は有力です。私が大学のときには、1221年、幕府が朝廷を圧倒した承久の乱が鎌倉幕府の成立と教える先生もいました。いろんな説を唱える学者がいるため、確定できないんです。教科書では、多くの学者が認めているものが採用されます」

後になって付けられた言葉が誤解を生んだ例もある。江戸時代前期には鎖国という言葉はなかった。

「これは志筑忠雄という学者が1801年にケンペルというドイツ人の本を翻訳する際に、海外に国民を出さない政策をあらわすために創った言葉。こうした政策は東アジア全体で行われており、世界史では海禁制度と呼ばれています」

外交や貿易を完全に閉ざしたわけではないし、言葉自体が当時なかったことから、学者たちはこの言い方をやめるべきと批判。教科書は“いわゆる鎖国”などとあいまいに表記されるようになった。

がっつり変わったのが原始時代。

「旧石器ねつ造事件のあと、教科書からは明石原人や三ケ日人などの原人・旧人がすべて消えました。今は分析機器が発達し、弥生時代が500年早まる可能性も浮上。ただ、その分析機器が正確かどうかも微妙で、まだ論争中です」

【河合 敦氏】
多摩大学客員教授。歴史作家・歴史研究家として200冊弱の著書がある。大学での講義のほか、全国で講演も。『世界一受けたい授業』などにも出演。難しい歴史をわかりやすく伝える解説力に定評がある

参照元 : 日刊SPA


聖徳太子とイエスキリストの謎

syoutokutaishi-thumbnail2

イエスは馬小屋で生まれたが、聖徳太子も馬小屋で生まれている。イエスは大工の息子として生まれて家業を手伝っていたが、聖徳太子は日本の建築の祖といわれている。つまり、イエス・キリスト(絶対神ヤハウェ)がフリーメーソンの始祖であるのに対して、聖徳太子は日本のフリーメーソンの始祖なのだ。

イエスは様々な奇跡を行なった預言者だったが、聖徳太子も様々な超能力を発揮し、壮大な預言書を遺している。イエスはダビデの血を引くユダヤの王だが、聖徳太子は摂政として天皇代理を務めた。イエスは槍で処刑されたが、聖徳太子も暗殺されたという伝説があり、共に他殺で死んでいる。

イエスを「聖」という漢字で表現するが、聖徳太子の名はイエスを意味する「聖」を冠している。聖徳太子は謎に包まれた人物で、「聖徳太子は実在しなかった」という説や、「イエス・キリスト伝説が聖徳太子という架空の人物を生み出した」という説があるが、どうせ言うなら、聖徳太子の正体は、古代日本に再臨した「イエス・キリスト」だった可能性すらある。

裏の日本(アルザル)を統治する天皇(イエス)が、表の日本(我々の住む日本)の天皇制を確立する為に、表の天皇の代理人として一時的に再臨し、再びアルザルに帰って姿を消したことが、暗殺伝説となったとも言える。

それは空想だとしても、聖徳太子が実在した事は疑う余地がない。少なくとも、モデルとなった人物がいた。

「秦河勝」である。

彼は秦氏の族長で、聖徳太子の影武者的な存在として活躍したと言われている。この秦河勝こそが、聖徳太子の正体だと私は睨んでいる。通説では、秦氏は景教徒だとされているが、飛鳥昭雄氏によると「原始キリスト教徒」の子孫だという。

私はその説を支持するが、聖徳太子が仏教を広めたのは何故だろう。神社神道を成立したのは秦氏である。

「神社神道=原始キリスト教」をカモフラージュする為だったのだろうか。

だが、もし「聖徳太子=イエス」で、聖徳太子が仏教を広めたとしても不思議なことではない。仏教とキリスト教は宗教としては別物だが、釈迦はイスラエルのガド族の末裔で、『旧約聖書』の預言者の系譜に属するからだ。

更に言えば、シャンバラ伝説では、シャンバラ王「カルキ」が釈迦の教えを聞いて感動し、シャンバラに持ち帰って広めたとされている。カルキはシャンバラ王、即ち「アルザルの天皇陛下=イエス・キリストの預言者」である。

しかし、釈迦の時代にイエスは生まれていなかった。という事は、カルキとは、釈迦の時代にアルザルを治めていた王(ヤハウェの預言者)ということになる。従って、カルキも絶対神ヤハウェの受肉であり、カッバーラ的に「イエス・キリスト」と同一存在となる。

イエスは「私はアルファでありオメガである」と語っているが、それはイエスが絶対神ヤハウェの受肉だからである。従って、ナザレのイエスを含めて、ヤハウェの受肉は全て「キリスト」であり、歴代のシャンバラ王は全てフリーメーソンのグランドマスター「キリスト」ということができる。

更に、『旧約聖書』の預言者たちも全て「キリスト」であり、釈迦も「キリスト」だと考えて良い。その意味では、聖徳太子も「キリスト」となる。であれば、聖徳太子が神道に仏教を導入したのも不思議ではない。

だが、真相は恐らくこうだ。仏教にはユダヤ教の奥義が秘められていた。何故なら、大陸経由の大乗仏教には、ユダヤ人が一枚絡んでいるからだ。また、聖徳太子が賞賛した「法華経」には、イエスの使徒トマスの布教の影響が色濃く混入していると言われている。

しかも、当時、秦氏一族も「ヨハネの黙示録」の存在を知らなかったが、「法華経」は「ヨハネの黙示録」と一致する予言書となっている。そして仏教には、ユダヤ教や原始キリスト教にはない哲学的・道徳的な要素が含まれている。

そう考えると、聖徳太子が仏教を盛んに激賞した理由も納得できる。日本の最高紙幣である旧壱萬圓札には、長らく聖徳太子が描かれていた。

何故、聖徳太子なのか。

実際、聖徳太子は秦氏の実権を握っていた人物であり、イエスの末裔である。その秦氏一族に、絶対神ヤハウェの受肉が起きて生まれたのが、聖徳太子であろう。事実、聖徳太子も火星・木星・土星のトリプル・コンジャンクションの時期に生まれているのだ。

3次元的には別人だが、霊的に「聖徳太子=イエス・キリスト』であるなら、「聖徳太子=天照大神」ということになり、聖徳太子を皇祖神と同一視できる。

そもそも飛鳥説では、「天皇」自体が「イエス・キリスト」を表す文字だという。「天」は古来より「工・人」と書くが、工人は大工を意味し、「天皇」は「大工の白い王」という意味になる。

イエスは自らを「世の光」だと語っており、白は光の色を表す。つまり、「天皇=大工の白い王」とは「イエス・キリスト」を意味し、天皇陛下は「イエス・キリストの預言者」ということになる。

また、イエスが復活した時、「我は蘇り」と語ったが、聖徳太子と共に物部守屋を滅ぼした「蘇我馬子」も、「我は蘇った馬小屋の子=イエス・キリスト」という意味を持つ。そして「守屋」は、イエスが磔刑にされた「ゴルゴタの丘」の旧名「モリヤ」と同じ名前なのだ。

更に、秦氏が根付いた京都の太秦(うずまさ)の語源は、イエス・キリストのアラム語「イシュ・メシャ」で、インド北部で「ユズ・マサ」に転訛し、日本で「ウズマサ」と呼ばれるようになったらしい。

つまり、秦氏は自ら「イエス・キリスト」を名乗っている事になる。秦氏の中から「再臨のイエス・キリスト」が現れるのだろうか……。それとも、秦氏は「イエス・キリスト」を名乗って人々を惑わす「反キリスト」なのだろうか……。

いずれにしても、「イエス・キリストの再臨」の鍵を握る重要な一族である事は間違いない。

余談だが、今の壱萬圓札のモデルが福沢諭吉なのは何故だろうか。現在、日銀はユダヤ資本に牛耳られている。つまり、何らかの意図の下に、福沢諭吉が選ばれたのだろう。

福沢諭吉が近代フリーメーソンの結社員だったことは有名だが、勝手な推理をすると…… 福沢諭吉といえば『学問のススメ』である。偏見的な見方をすれば、通常の学問は左脳教育であり、学問を奨めることで左脳偏重となり、崇高な日本精神を発動する右脳の働きがセーブされる。

諭吉は刀を捨て、ちょんまげを切り、慶応義塾を創設した。武士は武士道という崇高な大和魂・日本神道に通じるが、シークレット・ガバメントが最も恐れているのが、日本人の大和魂である。

その為、特に戦後から、日本人の骨抜き政策が徹底的に行われてきた。その政策の一環が「教育」であり、学歴社会のなれの果てが現在の日本である。そして、諭吉は英語の重要性を知り、英語を教えた。

別に英語が悪いというのではないが、英語を広めることでアメリカ主導の風潮が生まれ、日本をアメリカの属国にしようという計画に合致する。そして、「自由」「平等」の思想を、初めて日本に紹介したのも福沢諭吉である。

「自由」「平等」はフリーメーソンの素晴らしいスローガンだが、捉え方をはき違えた「自由」と「平等」の思想が、アメリカや日本を堕落させてきたのは事実である。福沢諭吉が悪人や陰謀家というつもりは毛頭ないが、日本を支配しようとする勢力にとって、福沢諭吉は壱萬圓札のモデルに相応しかったのではないだろうか。

通説では、壱萬圓札のモデルが福沢諭吉に変わったのは保守勢力の巻き返しがあった為で、それ故、バブルが崩壊したとされている。日銀もユダヤ資本の支配下にあり、『日銀券は悪魔の騙し絵(武田了円)第一企画出版』という本が面白い。

ちなみに、日本の通貨である1円、5円、10円、50円、100円、500円を合計すると『666円』となり、ユダヤ財閥が聖なるす数字として崇める『獣の数字』となっている。また、坂本龍馬は長崎の貿易商のトーマス・グラバー(フリーメーソン)と提携し、福沢諭吉の勧めでフリーメーソンに入会したが、メーソンの日本侵略に気付き、大政奉還によって日本を救ったという。

そして、グラバーに離脱を表明して暗殺されたのだ。日本のメシアであり、暗殺された坂本龍馬も「イエス・キリスト」的な人生を辿ったと言えるだろう。

少しこじつけだが、龍馬とは文字通り「龍」と「馬」だが、聖書で龍は年老いた「蛇」で、蛇は「イエス・キリスト」を象徴し、「馬」も馬小屋で生まれた「イエス・キリスト」を暗示している。

参照元 : 神仙組機撻魯襯泪殴疋麒圈杆と闇の黙示録


【やりすぎ都市伝説 2013 春】
主題:間違いだらけの日本史
語り:秋山竜次(ロバート)





【閲覧注意】シリア反体制派の男が11歳の少年の首を手違いで斬首(R18指定)

【超・閲覧注意】“手違い”で斬首された11歳の少年 ― 怯えきった少年の首を切るシリア反体制派ヌルディン・アルザンキ

2016.07.25

2016-07-26_111305

今月20日、シリア北部の都市アレッポの反体制派武装組織“ヌルディン・アルザンキ”が11歳の少年の斬首動画を公開したと、イギリス大衆紙「The Sun」などの海外メディアが一斉に報じた。

公開された映像は二つあり、一つ目は少年を捕らえた男たちの自撮り映像。その映像では捕らえた少年の髪を掴むようすや、怯え切った少年の表情、「神は偉大である」という意味の「アッラーフ・アクバル!」と叫ぶ様子が映し出されている。

もうひとつの動画は少年が斬首されるようすを映しているのだが、首にナイフが入り、鮮血が大量に飛び散っている間も男たちは「アッラーフ・アクバル!」と叫んでいる。

この少年が殺害された理由は、シリア政権寄りのパレスチナ人組織“アルクッズ旅団”の構成員だからだ、とヌルディン・アルザンキは主張。少年をアレッポ北部での戦闘中に捕虜として拘束したのだという。

■斬首は手違いだった!?


この動画が公開され世界的に話題となると、アルクッズ旅団は「この殺害された少年は組織の構成員ではなく、家族と一緒に暮らしていたパレスチナ難民である」との声明を発表した。これを受け、なんとヌルディン・アルザンキは少年の殺害を組織とは無関係の“個人的なミス”と弁解する声明を発表した。さらに、少年の殺害を違反行為として、事件に関与した男たちを非難。斬首に関わった男たちは拘束され、捜査のために設置した司法委員会に引き渡された。

国際人権団体のアムネスティ・インターナショナルは「捕虜が即座に殺害されていると改めて実証された。これは戦争犯罪に当たる」と強く非難。また、アレッポのモスクの集会でイスラム教指導者は「この事件は犯罪行為であり、イスラム教で禁じられている行為だ」と語った。人違いだったで済まされるわけの無い今回の事件。斬首に関与した男たちを強く非難するとともに、重い罪が下ることを願うばかりだ。

(文=北原大悟)

■トラックの荷台で斬首される11歳の少年



2016-07-26_111716

2016-07-26_111730

2016-07-26_111741

参考:「Best Gore」、「The Sun」、ほか

参照元 : TOCANA


桜島で爆発的噴火があり、噴煙が5000メートルの高さまで上がる

桜島で爆発的な噴火 上空5000メートルまで噴煙

2016/07/26 05:51

2016-07-26_104610

26日未明、鹿児島県の桜島で爆発的噴火があり、噴煙は5000メートルの高さまで上がりました。

午前0時すぎ、桜島の昭和火口で今年47回目の爆発的噴火があり、噴煙は火口から5000メートルの高さまで上がりました。鹿児島県の地方気象台によりますと、噴煙が5000メートルまで上がったのは2013年8月以来で、昭和火口の爆発としては観測開始以来、最も高い記録だということです。

この爆発で大きな噴石が5合目まで飛び、鹿児島市では火山灰が降りました。これまでのところ、被害の報告は入っていません。気象台は「火山活動に大きな変化は見られない」としていますが、風下では小さな噴石などに注意するよう呼び掛けています。桜島の噴火警戒レベルは「3」の入山規制が続いています。

参照元 : テレ朝ニュース



2016-07-26_104618

2016-07-26_104626

2016-07-26_104637

2016-07-26_104655

2016-07-26_104703

2016-07-26_104714


【衝撃映像】米ニュージャージー州で伝説のUMA「ジャージー・デビル」が出現

伝説のUMA「ジャージー・デビル」出現!! 200年間追い求めてきた衝撃の姿がそこに!

2015.10.20

米国では、各地に未確認動物「UMA」の目撃情報が存在する。ビッグフット(ロッキー山脈一帯)、リザードマン(サウスカロライナ州)、チュパカブラ(テキサス州など南部諸州)が特に有名だが、それらと並び忘れてはならない存在が「ジャージー・デビル」だ。

2016-07-26_102808

ニュージャージー州で、実に200年以上前から存在が囁かれているUMA、ジャージー・デビル。胴体は馬や鹿にソックリだが、目は赤く、背中にコウモリのような巨大な翼を持つとされる。1735年、同州南部のパインバレンズに住んでいたリーズ家で、嵐の夜に誕生した13番目の子どもが母親に抱かれながら突然バケモノに姿を変えたという伝説が最もポピュラーだが、ほかにもリーズ家の子どもたちが森で見つけた不思議な卵が孵化したもの、などさまざまなストーリーが今に伝わっている。

そして今回、ついに空を飛ぶジャージー・デビルの姿を捉えたと思しき写真が公開され、「FOXニュース」をはじめとする全米のメディアが大いに沸き立っているようだ。早速問題の写真をご覧いただこう。

18935715-mmmain

茶色の毛皮に包まれた胴体と短いツノ、そして大きな翼とヒズメ――あらゆる特徴が伝説と一致する! これはまさに、ジャージー・デビルが空へと飛び去る決定的瞬間ではないか!! 撮影に成功したのは、ニュージャージー州リトル・エッグ・ハーバー・タウンシップに暮らすデイブ・ブラックさんだ。

今月6日、同州アトランティックシティで警備員として働くブラックさんは、仕事を終えて自宅へと車を走らせていた。するとゴルフ場近くに差し掛かった時、並木道を走る不思議な動物の姿が目に飛び込んできたのだという。

「何度も振り返って確かめたのですが、最初はラマのようにしか見えませんでした」(ブラックさん)

しかし次の瞬間、彼のド肝を抜く事態が発生する。なんと、そのラマと思しき動物が、翼を広げて空へと飛び去ったのだ。気が動転しながらも、ブラックさんはとっさに携帯電話を取り出し、その驚くべき瞬間を写真に収めることに成功した。

「それはまるで皮のような翼を広げて、ゴルフ場の向こうに飛んで行ってしまったのです」(ブラックさん)

帰宅後、何度写真を見直してみても、ブラックさんには動物の正体がさっぱりわからない。困り果てた彼は、地元ニュースサイトの「NJ.com」に相談し、読者から意見を求めることに決めたのだった。

「みんながフォトショップで加工した写真ではないかと疑いますが、誓ってそのようなことはありません」
「(吊るし上げるための)ワイヤーのようなものも見えませんでした」
「何らかの動物が、フクロウに捕まっただけではないかと言う友人もいますが……誰かにハッキリとさせて欲しい、ただそれだけなのです」

記者からの質問に、このように答えたブラックさん。しかし、話はこれで終わらなかった。なんとブラックさんと時を同じくして、同州のエミリー・マーティンという女性が、夜空を飛ぶジャージー・デビルの映像を撮影していたことが判明したのだ。彼女は撮影時の状況について詳しく明かしていないが、出現場所は、あのリーズ家が暮らしていたとされる地点から、そう遠くないという。



果たして、ついに伝説のUMAがカメラの前に姿を現したのか? ジャージー・デビルを200年間追いかけてきた地元の人々にとって、これほど心躍るニュースはほかにないだろう。今後さらに目撃談が続くことになるのか、期待しつつ事の成り行きを見守ろう。

(編集部)

参考:「NJ.com」、「FOX News」、ほか

参照元 : TOCANA


ジャージー・デビル

Jersey-Devil-3

ジャージー・デビル(英語:Jersey Devil)は、米国ニュージャージー州一帯で古くから報告されているUMA。リーズ・ポイントの悪魔またはリーズ家の悪魔とも呼ばれる。

概要
体長1 - 1.8mほど、馬、羊または鹿に似た顔で、真っ赤な目を持つ。胴体は黒っぽい毛で覆われており、背中にはコウモリを思わせる翼が生えており、空を飛ぶ。尻には細長い尾がある。路上や建物の屋根に馬のひづめのような足跡を残す。

伝説によれば、1735年、同州南部のパインバレンズ(松類荒原)に住んでいたリーズ家の母親が13番目の子を出産する際に大変な難産であったため、「こんなに苦しませる子なら悪魔が生まれてくればいい」と冗談で言った所、ようやく生まれた13番目の子供は母親の腕の中で、突如怪物へと変身し、そのまま天井を突き破り飛び去ったという。これ以外にも、多くの異説が存在する。この「リーズ家の母親」はジャネット・リーズという実在の人物で、少なくとも12人の子供がいた記録が残っている。

目撃情報
1778年、スティーヴン・ディケーター海軍代将が砲弾テストを行うためハノーバー鉄工所を訪問している際遭遇。発砲したところ、弾は翼膜を貫通したがそのままどこかへ消えたという。

1820年代に元スペイン国王ジョゼフ・ボナパルトがニュージャージーの地所で目撃した。

1909年1月16日から1月23日の8日間には目撃事件が集中発生し、出没地域は30以上にも上った。このときは都市部でも目撃され、フィラデルフィアなどでも大騒ぎになった。21日には、市街電車が襲撃されたため武装した警備員が出動する事態となった。また、この騒動に際して目撃証言が西海岸側のカリフォルニア州にまで及んだり、カンガルーに細工を施し見世物として公表した例もある。

1980年ニュージャージー州南部に現れ、家畜を襲い、この際にも馬のひづめに似た足跡を残した。

1993年12月にはニュージャージー州の自然公園管理者ジョン・アーウィンが、森のパトロール中に二本足で立つ怪物に遭遇した。

最近では2007年、2008年にも目撃情報がある。

41793943

伝説に関して
「リーズ家の母親」の伝説には後世脚色が加えられたと思われる。すなわち、当時12人の兄弟のうち下から3番目の子供が森で奇妙な卵を見つけ、家に持ち帰った。子供達は卵を孵化させようと家の暖炉で暖め始めたが、数ヵ月後卵から孵化したのは見たことが無い動物だった。

親はすぐ、森に雛を捨てるよう子供に命じるが、情が移ったのか子供達は地下室で密かに育てることにした。しかし、ある日とうとう親に見つかってしまう。兄弟の内、一番下の妹が動物にかまれたのだ。既にこの頃には雛も子犬ぐらいの大きさになり、凶暴化していた。子供達も手に負えなくなり、親や近所の住民がその夜、その動物を処分しようとしたところ、突如その動物は奇声を発しながら飛び上がり、夜の闇へと消えてしまったという。

もう一つの伝説は、ある日、ジャージー家に奇怪な子供が産まれた。その子供は馬のような頭、コウモリのような翼、蛇のしっぽのついた子供だったという。その子供は産まれてすぐに家を飛び出して行方不明になったという。その子供は時々子供を食べるとされ、「ジャージー家の悪魔」、「リーズ家の悪魔」とも言われている。 この一件が、大袈裟に伝えられている内に、上記のような悪魔誕生話へと成長したのが真相ではないかと言われている。

2016-07-26_104118

正体
その正体としては、

・中生代に棲息した翼竜の生き残り説。
・アフリカに生息するウマヅラコウモリ説。
・ミミズク(アメリカワシミミズク)やクマの誤認説。

などが挙げられている。

参照元 : wiki/ジャージー・デビル

相模原市緑区の障害者施設で、刃物を持った男が侵入し、多数の人が刺され19人死亡、26人負傷、そのうち20人重傷

相模原の障害者施設、刺され19人死亡 「元職員」と話す26歳の男逮捕

2016年7月26日(火)6時29分配信

2016-07-26_092506

26日午前2時半すぎ、相模原市緑区の障害者施設「津久井やまゆり園」から「刃物を持った男が施設に侵入した」と110番通報があった。神奈川県警によると、少なくとも15人の死亡を確認。相模原市消防局によると、医師が心肺停止状態だった4人の死亡を確認し、死者は計19人に拡大した。ほかに26人が負傷し、うち20人は重傷だという。

県警によると、施設から約2キロ離れた津久井署に午前3時ごろ、男が「私がやった」と出頭してきた。県警は、男を殺人未遂と建造物侵入容疑で逮捕した。男は、植松聖(さとし)容疑者(26)で、施設の「元職員」と話しているという。県警は今後、容疑を殺人に切り替えて調べる方針。

「津久井やまゆり園」は相模原市の北にあり、施設は、相模湖と津久井湖を結ぶ相模川に面している。JR相模湖駅からは東に約2キロ。近くには民家や公民館、市立小学校などがある。同園のホームページなどによると、神奈川県が設置し、社会福祉法人「かながわ共同会」が運営しており、定員は150人、敷地面積は約3万平方メートル。東西に分かれた居住棟のほか、作業棟もある。

参照元 : 産経新聞




逮捕の元職員「辞めさせられて恨んでいた」

2016年7月26日(火)7時55分配信

2016-07-26_092731

26日未明、神奈川県相模原市の障害者福祉施設に男が侵入し、入居者数十人が刺された。19人が心肺停止、20人が重傷、その他ケガ人が多数いるという。男は施設の元職員とみられ「辞めさせられて恨みがあった」と話しているという。

警察によると、26日午前2時45分頃、相模原市千木良にある障害者福祉施設「津久井やまゆり園」から「刃物を持った男が侵入している」と110番通報があった。

消防などによると刺されたとみられる複数のけが人が出ていて、入居者など19人が心肺停止、20人が重傷で、その他にも多数のけが人が搬送されているという。

事件後、警察に元職員と名乗る植松聖容疑者(26)が出頭したということで、その後、植松容疑者が容疑を認めたため、警察は植松容疑者を殺人未遂と建造物侵入容疑で緊急逮捕した。出頭時、植松容疑者は黒のTシャツ、ズボン姿で刃物は持っておらず、「やつをやった」と話し、逮捕される際には「わかりました」と話したという。

また、捜査関係者への取材で植松容疑者は窓ガラスをハンマーで割って施設に侵入し、入居者を刃物で刺したということで止めに入った職員を縛って部屋の鍵を奪って、その後も次々と入居者を刺したという。

植松容疑者は逮捕後の調べに対し「施設を辞めさせられて恨んでいた」と話しているという。警察は、現在この男を現場に立ち会わせ、当時の状況を詳しく調べている。

「津久井やまゆり園」は社会福祉法人が運営している知的障害のある人が住む障害者福祉施設で、園のホームページによると定員は160人だという。

参照元 : 日本テレビ系(NNN)

2016-07-26_092749

2016-07-26_092802

2016-07-26_092810

2016-07-26_092819

2016-07-26_092831

2016-07-26_092840

2016-07-26_092916

2016-07-26_092929

▼植松 聖 容疑者(26)

ulA27sa

0GkWuvH

CoP91OSUAAEWYkG

CoQBmBnUIAADsOP

mfc2dmA



まとめ

・現場は重度障害者施設のやまゆり園(相模原市緑区)
・容疑者はやまゆり園の元職員、植松聖(26歳)
・刃物による犯行
・心肺停止19名、重軽傷者45名(重症者20名)
・犯行後に2km離れた津久井署に自ら出頭
・出頭時「やつをやった」と話す←特定の入所者に怨み?
・「障害者なんて居なくなればいい」と供述
・やまゆり園は強度行動障害者の受け入れ施設

・強度行動障害(者)とは“直接的な他害”(噛みつき、頭突き、など)や“間接的他害”(睡眠の乱れ、同一性の保持例えば場所・プログラム・人へのこだわり、多動、うなり、飛び出し、器物損壊など)や“自傷行為”などが通常考えられない頻度と形式で出現し、通常の環境下では対応が非常に困難な特性を持つ人を指す

・やまゆり園は、160人の入所者に対し職員800人(当該施設での勤務は200人?)
・夜間は入所者160人に対し職員8人
・搬送先の病院で患者が暴れるので処置が困難との情報も

植松容疑者の衆議院議長公邸宛て手紙の全文 障害者抹殺作戦を犯行予告

2016/7/26 15:52

神奈川県相模原市緑区千木良の障害者施設「津久井やまゆり園」で45人を殺傷した連続殺人・殺人未遂事件で、逮捕された元職員の植松聖容疑者(26)が、衆議院議長公邸に「障害者が安楽死できる世界を」とする手紙を渡していたことがわかりました。

発表によると植松容疑者は今年2月14日、東京都千代田区永田町にある衆議院議長公邸を訪れ、手紙を渡そうとしたということです。

しかし受付で手紙を受け取ってもらうことはできず、翌2月15日になって再度訪れたとのこと。そこで座り込みを行ったことなどもあり、警備にあたっていた警察官が衆議院事務局に確認したうえで、しかたなく手紙を受け取っていました。

渡した手紙はA4サイズのリポート用紙複数枚(合計で10枚にもわたるという情報もあり)で、手書きで書かれていたといいます。

そのなかには犯行予告ともとれる内容が含まれていたことなどから、管轄する警視庁麹町署はその日のうちに、神奈川県警津久井署に情報提供していました。

以下、植松容疑者が衆議院議長公邸に渡した手紙のうち3枚の全文です。

植松容疑者が書いた手紙(全文)

以下は1枚目の内容。

衆議院議長大島理森様(1枚目)

この手紙を手にとって頂き本当にありがとうございます。 私は障害者総勢470名を抹殺することができます。 常軌を逸する発言であることは重々理解しております。しかし、保護者の疲れきった表情、施設で働いている職員の生気の欠けた瞳、日本国と世界の為と思い居ても立っても居られずに本日行動に移した次第であります。

理由は世界経済の活性化、本格的な第三次世界大戦を未然に防ぐことができるかもしれないと考えたからです。障害者は人間としてではなく、動物として生活を過しております。車イスに一生縛られている気の毒な利用者も多く存在し、保護者が絶縁状態にあることも珍しくありません。

私の目標は重複障害者の方が家庭内での生活、及び社会的活動が極めて困難な場合、保護者の同意を得て安楽死できる世界です。重複障害者に対する命のあり方は未だに答えが見つかっていない所だと考えました。障害者は不幸を作ることしかできません。

フリーメイソンからなる●●●●が作られた●●●●●●●●を勉強させて頂きました。戦争で未来ある人間が殺されるのはとても悲しく、多くの憎しみを生みますが、障害者を殺すことは不幸を最大まで抑えることができます。 今こそ革命を行い、全人類の為に必要不可欠である辛い決断をする時だと考えます。日本国が大きな第一歩を踏み出すのです。

世界を担う大島理森様のお力で世界をより良い方向に進めて頂けないでしょうか。是非、安倍晋三様のお耳に伝えて頂ければと思います。

私が人類の為にできることを真剣に考えた答えでございます。衆議院議長大島理森様、どうか愛する日本国、全人類の為にお力添え頂けないでしょうか。何卒よろしくお願い致します。

160726_kanagawa4

以下は2枚目。

植松聖の実態

私は大量殺人をしたいという狂気に満ちた発想で今回の作戦を、提案を上げる訳ではありません。全人類が心の隅に隠した想いを声に出し、実行する決意を持って行動しました。

今までの人生設計では、大学で取得した小学校教諭免許と現在勤務している障害者施設での経験を生かし、特別支援学校の教員を目指していました。それまでは運送業で働きながら●●●●●●が叔父である立派な先生の元で3年間修行させて頂きました。

9月車で事故に遭い目に後遺障害が残り、300万円程頂ける予定です。そのお金で●●●●の株を購入する予定でした。●●●●はフリーメイソンだと考え(●●●●にも記載)今後も更なる発展を信じております。

外見はとても大切なことに気づき、容姿に自信が無い為、美容整形を行います。進化の先にある大きい瞳、小さい顔、宇宙人が代表するイメージ

それらを実現しております。私はUFOを2回見たことがあります。未来人なのかも知れません。本当は後2つお願いがございます。今回の話とは別件ですが、耳を傾けて頂ければ幸いです。何卒宜しくお願い致します。

医療大麻の導入
精神薬を服用する人は確実に頭がマイナス思考になり、人生に絶望しております。心を壊す毒に頼らずに、地球の奇跡が生んだ大麻の力は必要不可欠だと考えます。何卒宜しくお願い致します。私は信頼できる仲間とカジノの建設、過すことを目的として歩いています。

日本には既に多くの賭事が存在しています。パチンコは人生を蝕みます。街を歩けば違法な賭事も数多くあります。裏の事情が有り、脅されているのかも知れません。それらは皆様の熱意で決行することができます。恐い人達には国が新しいシノギの模索、提供することで協調できればと考えました。日本軍の設立。刺青を認め、簡単な筆記試験にする。

出過ぎた発言をしてしまし、本当に申し訳ありません。今回の革命で日本国が生まれ変わればと考えております。

160726_kanagawa5

以下は3枚目。

作戦内容

職員の少ない夜勤に決行致します。重複障害者が多く在籍している2つの園【津久井やまゆり、●●●●)を標的とします。見守り職員は結束バンドで身動き、外部との連絡をとれなくします。職員は絶対に傷つけず、速やかに作戦を実行します。

2つの園260名を抹殺した後は自首します。

作戦を実行するに私からはいくつかのご要望がございます。逮捕後の監禁は最長で2年までとし、その後は自由な人生を送らせて下さい。心神喪失による無罪。新しい名前(●●●●)、本籍、運転免許証等の生活に必要な書類、美容整形による一般社会への擬態。

金銭的支援5億円。これらを確約して頂ければと考えております。

ご決断頂ければ、いつでも作戦を実行致します。日本国と世界平和の為に何卒よろしくお願い致します。想像を絶する激務の中大変恐縮ではございますが、安倍晋三様にご相談頂けることを切に願っております。

植松聖(うえまつ さとし)

444

内容に一貫性がなく支離滅裂な内容になっているものの、標的を名指ししたうえで具体的な犯行計画が記載されていることなどから、国民からは「どうにかして防ぐことはできなかったのか」といった悔やむ声が多数みられました。

また、手紙には植松聖容疑者の名前や住所などの連絡先も記載されていたということです。

参照元 : ニュース速報JAPN

介護の実態

とんでもない安月給の割に地獄のような労働環境、介護士に人権は無い。

2016-07-26_095300

3XQr22Q

こういう施設職員って普通に神奈川の最低時給なんだよねえ〜〜

・やまゆり園は強度行動障害者の受け入れ施設

・強度行動障害(者)とは“直接的な他害”(噛みつき、頭突き、など)や“間接的他害”(睡眠の乱れ、同一性の保持例えば場所・プログラム・人へのこだわり、多動、うなり、飛び出し、器物損壊など)や“自傷行為”などが通常考えられない頻度と形式で出現し、通常の環境下では対応が非常に困難な特性を持つ人を指す。

・やまゆり園は、160人の入所者、夜間は入所者160人に対し職員8人

・搬送先の病院で患者が暴れるので処置が困難との情報も

利用者に噛み付かれて痣でき(腕以外にも肩も噛まれた)たけど休みなんてなかったから病院にすらいけなかった。職場からのフォローもなにも無かった。

介護士辞めたの私だ、のツイート-223x300

認知症、精神疾患で半狂乱になった利用者に傘で顔を切られ、包丁まで振り回され命の危険に晒される介護士。事件にならない、謝罪もない、金も出ない。

介護職辞めたの私だのツイート-178x300



2016-08-04_102652


フェイスブックは植松容疑者の逮捕後、アカウントを削除?ツイッター社は植松容疑者のアカウントを凍結。すぐに閲覧できなくしている。これは明らかに不自然です。

ユニコーン(一角獣)は実在した!かつてシベリアに生息していた!?

やはり伝説のユニコーンは実在していた! 2万6千年前の人類と「エラスモテリウム」の出会いで判明か!?

2016.03.23

2016-07-26_082041

ユニコーン(一角獣)――それは額の中央に一本のまっすぐなツノが生えている伝説上の生物である。ウマに似た体つきで気性は極めて荒いが、処女の懐では従順になるという。古代ギリシアや中世ヨーロッパ、さらにインドの文献などにも登場する、未確認動物(UMA)の先駆け的存在といってよいだろう。そんなユニコーンが、かつて実際にシベリアに生息していたという驚きのニュースが飛び込んできた。

■“シベリアのユニコーン”は、ユニコーンそのまんまだった!

今月22日、英紙「The Daily Mail」が報じたところによると、現在は絶滅してしまった“シベリアのユニコーン”とは、その名も「エラスモテリウム・シビリカム(Elasmotheriusm sibiricum)」。今から約260万年前、シベリア南西部に出現し、現在のロシア・ヴォロネジ周辺からカザフスタン東部にかけて生息域を広げた。

2016-07-26_081838


出土した化石から、シベリアのユニコーンはサイの仲間であることが判明しているが、その姿形はずいぶんと異なるものだ。成体で体長4.6m、体重5トンにもなる超巨体は、マンモス同様に毛皮で覆われていた。そして脚は長く、まるでウマのように走ることができたと考えられている。しかし、何よりも特徴的なのは、頭部からニョキッとまっすぐに伸びた長いツノなのだ。

2016-07-26_082002

ツノそれ自体の化石は出土していないが、骨格の分析から、“シベリアのユニコーン”の頭からはケラチンなどの物質からなる巨大なツノが生えていたことがわかっている。その周囲は1m近くに及び、長さはその何倍にもなるというのだから、これはとてつもないサイズだ。しかもこのツノは、現在のサイのように鼻の上部ではなく、もっと頭の後部、額付近から突き出していた。ちなみに、ツノは身を守ったりライバルを倒すだけではなく、冬には草の上に積もった雪を振り払うためにも使われていた可能性があるようだ。

まさに、伝説上の生物であるユニコーンそのものとしか喩えようがない動物だが、過去の研究では、約35万年前にシベリアの気候変動が原因で絶滅してしまったと考えられてきた。アフリカを出発した人類が、アジアへと至ったのが約5万年前、そこからシベリアに到着したのは約3万5000年前である。そのため、残念ながら人類がこの「エラスモテリウム・シビリカム」と出会っていた可能性はゼロ――と思いきや、今年、定説を覆す大発見があったのだ!

2016-07-26_082121

■人類はユニコーンと出会っていた!

このたび、ロシア・トムスク大学の古生物学者であるアンドレイ・シュパンスキー博士が学術誌「American Journal of Applied Science」上で発表したのは、カザフスタン北東部パヴロダル州から出土した“シベリアのユニコーン”の化石が、放射性炭素年代測定法による分析の結果、なんと2万6038年前のものであることが判明したという衝撃の事実だ。

2016-07-26_082252

これが事実ならば、人類がシベリアの大地で「エラスモテリウム・シビリカム」と対面を果たして可能性は極めて高く、後のユニコーン伝説誕生のきっかけにもなったのではないか? そう考えた博士が、シベリアに暮らすタタール族の伝説を調査すると、なんと実際に一角獣のエピソードが残されていたのだとか。

「私たちの研究は、各時代における地球環境の変化を知る手がかりにもなるのです」
「過去を知ることで、近未来に起きる気候変動などをより正確に予測できるようになります」

2016-07-26_082349

もっとも、このように語っているシュパンスキー博士の関心は、ユニコーン伝説の発祥よりも過去と未来の地球環境にあるようだ。いずれにしても、人類文化学や古生物学など、多方面にわたる学問領域からの注目を集める発見であることは間違いないだろう。

(編集部)

参考:「American Journal of Applied Science」、「The Daily Mail」、ほか

参照元 : TOCANA



3274BE1900000578-3504408-image-a-1_1458657849895

32745AE100000578-3504408-image-m-27_1458654735875

327449B800000578-0-image-a-10_1458653896587

▼ロスチャイルド家の紋章にユニコーン

CUJJVBmU8AEg310

米国カリフォルニア州で、地球上の生物とは思えないバケモノの死骸が発見される

エイリアンか!? 地球上の生物とは思えない「異型のバケモノ」が死骸で発見される!!

2015.11.10

過去トカナでは、正体不明の不思議な生物の話題を多数お伝えしてきた。しかしそれらは、体の一部が何らかの動物に似ているなど、少なくとも“この世のもの”であることだけは確かだった。ところが今回、米国カリフォルニア州で発見された謎の死骸は、他に類を見ない摩訶不思議な姿形で人々を驚かせている。

Alien-Creature

まん丸い頭部と長い首、人間にも似た目と口、まるでスライムのような肌、そして2本の触手(?)が生えた胴体――地球上に生息するどんな動物にも似つかない、おどろおどろしい“バケモノ感”を漂わせている。今月9日、英紙「EXPRESS」をはじめとする複数の海外メディアが報じたところによると、発見者のジアンナ・ペポニスさんは自宅裏庭で偶然この死骸に気づき、すぐさま写真に収めたのちフェイスブック上にアップした。

2016-07-26_072403

「本当は投稿する気なんてなかったけど、正体がどうしても知りたくて」
「見つけた時、すでに息はなかったわ。友達にどんどんシェアして(一緒に考えて)ほしい」(ペポニスさん)

写真がインターネット上に広まると、海外掲示板サイト「reddit」などではユーザーたちによる熱い議論が巻き起こった。「完全にエイリアン」「まちがいなくフェイスハガー(映画『エイリアン』に登場する凶暴な小型エイリアン)だ」という意見のほか、「有蹄動物(鹿や馬など蹄をもつ動物)の胎児だと思う。体を半分喰われてしまったのだろう」と冷静に分析する声、さらには「まったく何だかわからない。でも、これを庭から撤去するなら、その場所には塩を撒いておいたほうがいいと思う」と怯えきった反応も寄せられているようだ。

果たして、死骸の正体が白日の下にさらされる日は訪れるのか……? 謎はますます深まるばかりだが、ペポニスさんには、これをぜひとも遺伝子検査にかけることをお願いしたい。

(編集部)

参考:「The Daily Mirror」、「The Daily Mail」、「EXPRESS」、「METRO」、ほか

参照元 : TOCANA

▼イメージ画像:「Thinkstock」より

2016-07-26_080554

米ケンタッキー州のUMA「ヒツジ男」を追っていたカップルの彼女が貨物列車に撥ねられ死亡

UMA「ヒツジ男」を追っていた女が死亡!! 鉄道高架橋下に潜む悪魔=アメリカ

2016.04.28

トカナが何度も指摘してきたように、米国にはそれぞれの州で独自のUMA(未確認動物)伝説がある。オハイオ州の「グラスマン」、ウェストバージニア州の「モスマン」、ニュージャージー州の「ジャージー・デビル」、サウスカロライナ州の「トカゲ男」、ロッキー山脈一帯の「ビッグフット」……。そして今、ケンタッキー州ではUMA「ヒツジ男」が絡むと思しき奇妙な死亡事件が発生し、住民は恐怖に怯える日々を送っているという。早速、詳細をお届けしよう。

2016-07-26_002149

■あまりにも悲惨な事件の経緯

今月23日、深夜のことだった。地元放送局「KLTV」によると、ケンタッキー州の工業都市ルイビス郊外、フィッシャーヴィルを走る古い鉄道高架橋で、観光客の女性が貨物列車と激突し25〜30m落下、全身を強打して死亡した。女性はオハイオ州デイトン出身のロキ・ベインさん(26)。事故現場にボーイフレンドも居合わせたが、彼は無傷で生還している。

ボーイフレンドが明かした事件のいきさつはこうだ。事故当時、カップルはともに鉄道高架橋の線路を徒歩で渡っていたが、ちょうど真ん中に差しかかったところで、後ろから列車が迫っていることに気づいた。古い鉄道高架橋は、線路ぎりぎりの幅しかないほど細い。走って渡り切ることを断念した彼らは、高架橋の縁にぶら下がることで助かろうとした。ところがロキさんは、恐怖のあまり手間取ってしまい列車と激突。弾き飛ばされて死亡したという。

2016-07-26_002248

それにしても彼らは、なぜ高架橋を渡るという愚かな行為に及んだというのか? 地元住民が恐怖に怯えているのは、まさにその理由にあった。そう、ボーイフレンドの口からケンタッキー州のUMA「ヒツジ男」の名が飛び出したのだ!

2016-07-26_003304

■鉄道高架橋の下に棲むUMA!?

話を続ける前に、このUMAの概要について解説しよう。UMA「ヒツジ男(Pope Lick Monster、Goatman)」とは、ケンタッキー州の高架橋の下に棲むと考えられている、頭部がヒツジ(ヤギ)、体が人間のハイブリッドUMAである。

「ヒツジ男」は、縄張りに進入してきた人間に催眠術をかけることができる。そして高架橋を歩いて渡るように仕向け、事故死へといざなう恐ろしい存在だ。特に10代の若者やカップルが標的になることが多いとされる。

2016-07-26_003347

■「ヒツジ男」に殺られてしまったのか?

そして今回、事故から生還したボーイフレンドが語った“鉄道高架橋を渡った理由”こそ、「『ヒツジ男』に会うため」。つまりカップルは、旅行中に偶然「ヒツジ男」の伝説を耳にして、このUMAを探すために高架橋を歩いたというのだ。しかし、当然ながら地元の人々は「ヒツジ男」の狡猾さを知っている。実は催眠術にかけられ、意識の朦朧とするなかで事故に遭ってしまったのではないかと囁く声も上がっているのだ。

2016-07-26_003427

事故現場となった鉄道高架橋は確かに古く、一見するともう使われていないようにも見えるが、近隣住民によると今でも30分毎に列車が通過しているという。

「橋の真ん中で電車が来たら、飛び降りるか走るしかありませんね。さもなければ、激突は免れないでしょう」(近隣住民)

ちなみに、カップルの旅行の本当の目的は、ケンタッキー州の廃病院で催される心霊ツアーに参加することだったうえ超常現象探知機まで携行していたというから、相当なオカルト好きだった可能性があるだろう。なお検死官代理は、事故当時のカップルが酒を飲んでいたり、ドラッグを摂取していた可能性を否定している。



現在、ルイビル鉄道警察は事件の調査を継続中だ。列車の運行会社であるノーフォーク・サザン鉄道とともに「絶対に鉄道高架橋を渡らないように」と呼びかけている。果たしてカップルは、単にUMAに会いたい一心で危険な行為に及んだのか、それともまんまと「ヒツジ男」の魔の手にかかってしまったのか? いずれにしても、UMAの怪しい魅力によって今回の事故が起きたことだけは紛れもない事実である。

(編集部)

参考:「The Daily Mirror」、「The Daily Mail」、「courier-journal」、「KLTV」、ほか

参照元 : TOCANA


ヒツジ男

original

ヒツジ男(ヒツジおとこ、Goat man)とはUMAの一種。アメリカ合衆国で目撃されている。

訳名
ゴートマン(Goatman)を直訳すればヤギ男となる。しかし、目撃情報には「ヒツジのような角を生やしていた」というものもあり、またヤギとヒツジは混同視されがちであるため、日本ではヒツジ男と訳される傾向が強い。本項もそれに倣う。

外見
多くの目撃者によると、「ヒツジのような顔を持つ怪物」とされる。体長は2mほど、筋骨質の体格をしており、体全体は「ヒツジのようにカールした灰色の毛」で覆われているという。

ピッグマンやワニ男のように体は人間に似ているといわれており、二足歩行をすることから、一種の獣人と考えられる。モンキーマン、アスワング、ピッグマン(ブタ男)、カエル男、モスマン(蛾男)、フクロウ男(オウルマン、アウルマン)、ワニ男、トカゲ男、と同様の半獣半人タイプ。

しかし、「顔が人間で体がヒツジ」、という目撃例もある(つまり人面羊)。

概要
目撃例の多くが、カリフォルニア州のサンタ・ポーラに集中している。サンタ・ポーラには、かつてビリワック・デリー(Billiwack Dairy)という酪農工場があった。工場が倒産した後、この工場を中心に目撃が相次いだため「ビリワック・モンスター(billiwack monster)」とも呼ばれる。

軍の遺伝子実験説
倒産後、この工場は「軍の秘密工場」として使用され、そこで「極秘に行われていたの産物として、ビリワック・モンスターが誕生した」というエピソードを持つ。そのため、獣人型UMAの中でも、ピッグマンと並んで都市伝説色が特に強く、そのネーミングもあって非常にユーモア溢れる「愛すべき」存在として親しまれている。

見間違い説
黒魔術の儀式で、羊のマスクを被った人間を見て、怪物と勘違いしたのでは?という説もある。

仮説
ヒツジ男については、以下のような仮説がある。

・未発見の生物
・地球外生命
・人間(もしくは動物)の突然変異
・人間(もしくは動物)の奇形
・ピッグマンと同種、あるいは近似種
・モンキーマンと同種、あるいは近似種
・宇宙人のペット説
・体毛が濃い不審者

参照元 : wiki/ヒツジ男



中国・北京にあるサファリパークで車内で口論になった2人の女性が車を降り、トラに襲われ1人死亡、1人負傷(映像アリ)

サファリパークでトラに襲われ女性1人死亡 中国

2016年7月25日 15時35分

2016-07-25_235209

【AFP=時事】(写真追加)中国・北京(Beijing)にあるサファリパークで23日、車内で口論になった2人の女性が車を降り、トラに襲われ1人死亡、もう1人が負傷する事故が起きた。中国メディアが24日、報じた。

中国の国営通信社・中国新聞社(China News Service)の電子版によると、事故が起きたのは八達嶺野生動物世界(Badaling Wildlife World)。

トラは車から降りた女性に襲い掛かり、それを見たもう1人の女性も襲われた女性を助けようと、車から降りた。だが、別のトラに襲われ女性は死亡し、トラは遺体を運び去ったという。

車には女性たちの他に男性1人、小さな子ども1人も同乗していて、男性は女性たちを救出しようとしたという。2人にけがは無かった。この動物公園は「是正」のため閉鎖命令を受けた。

ニュースポータルサイト「捜狐(Sohu)」が報じたところによると、まもなく動物園の職員らが駆け付けたが、1人しか助けられなかった。負傷した女性は病院で治療中で、快方に向かっているという。

この野生動物園は、園内を自家用車で見て回ることのできるサファリパークスタイルを取っているが、車から降りないよう来園者に注意を促していた。

【翻訳編集】AFPBB News

参照元 : AFPBB News


Yesterday afternoon, several visitors from driving into as Beijing Badaling Wildlife Park, a woman got out and was towed behind a tiger, then, the two with the car, to catch to save a woman, they are also a tiger attack.

Incident caused 1 dead, 1 injured.

It is understood that the relevant parties had signed letters of responsibility for visitors, which explicitly states that self-driving into the park, to lock car doors and windows, non-stop.

Tiger kills one and injures one in park



米南東部フロリダ州のナイトクラブで銃撃テロ 死者2人 負傷14人

米フロリダ州のナイトクラブで銃撃、死者2人 負傷14人

2016年7月25日(月)18時10分配信

2016-07-25_231047

【AFP=時事】(更新)米南東部フロリダ(Florida)州で現地時間25日午前0時(日本時間25日午後1時)すぎ、若者たちを対象としたパーティーが開かれていたナイトクラブが銃撃され、少なくとも2人が死亡、14人が負傷した。

米NBCテレビによると、事件が起きたのは同州フォートマイヤーズ(Fort Myers)にあるナイトクラブ「クラブ・ブルー(Club Blu)」。容疑者はすでに別の場所で拘束された。

フォートマイヤーズ警察によると、致命傷を負って死亡したのは2人。また少なくとも14〜16人が、軽傷から命に関わる程度までのけがを負った。

さらにCBSニュースによれば、現場近くの住宅と車両1台もそれぞれ銃撃され、1人が軽傷を負った。警察は「この事件に関わった可能性のある別の人物を探して、周辺地域の住宅をまわっている」という。

同州ではわずか6週間前にオーランド(Orlando)にある同性愛者向けのナイトクラブで、49人が死亡した銃撃事件が起きたばかりで、米国における銃規制法の見直しに関する議論が再燃していた。【翻訳編集】 AFPBB News

参照元 : AFP=時事


「30発近くの銃声が…」米ナイトクラブで2人死亡

2016/07/25 18:45

アメリカ・フロリダ州のナイトクラブで、また銃撃事件です。

フロリダ州フォートマイヤーズにあるナイトクラブで25日未明、何者かが銃を発砲しました。地元警察によりますと、これまでに2人が死亡し、少なくとも13人がけがをしたということです。

地元メディアによりますと、ナイトクラブでは当時、若者らが集まってパーティーが開かれていて、目撃者は「突然、30発近くの銃声が響いた」と話しています。

警察は少なくとも2人の男が銃を発砲し、うち1人の身柄を拘束したとしています。フロリダ州では、先月にもナイトクラブで49人が死亡する乱射事件が起きたばかりでした。

参照元 : テレ朝ニュース

宇宙ステーションのライブカメラに、相次いで映りこむUFO!ISSが突然ライブ配信を中断

UFO出現→ISSが突然ライブ配信中断→NASAが不可解な公式見解発表! 地球大気圏付近で一体何が?

2016.07.23

宇宙ステーションのライブカメラに、相次いで映りこむUFOの数々――。予告なく中断される配信は、果たしてNASAの陰謀なのか?

■加工も編集もなし、理想的なUFO発見ツール

2011年から運用が開始された国際宇宙ステーション(ISS)は、人類史上最大かつ最先端の宇宙ステーションだ。日本、アメリカ、ロシアなど各国の機関が共同で運用するISSには、その外壁に複数のカメラが設置されている。これらを用いて、ステーションから見える地球や宇宙の景色がリアルタイムで配信されているが、そこにはかなりの頻度で“不可解なもの”が映り込んでしまう。

こうした理解は、いまやUFOに強い関心をもつ人たちの間では常識だ。ライブカメラであるが故、映像は常に人目に触れることになり、加工や編集も不可能。したがって信頼性が高く、隠ぺいしようとする圧力にも影響されないUFOの貴重な姿を見ることができるというわけだ。そう、世界中のUFOハンターたちが注目し、こぞって分析しているのが、ISSのライブカメラ映像なのである。

2016-07-25_223427

■大気に突入する謎の物体の正体は?

そして今月9日、その貴重な姿のひとつが、動画共有サイト「YouTube」上で公開された。ISSのカメラは、地球の大気に突入するような謎の巨大物体を捉えていた。



公開に踏み切ったのは、多数のUFO関連の動画を投稿するアカウント“Streetcap1”だ。動画の内容を巡っては、公開直後からUFO愛好家の間で活発な議論が交わされている。その中には、もちろんUFOだという意見もあれば、他国の宇宙ステーションではないかとの意見もある。

「6年もの間、宇宙ステーションを観察し続けている私としては、これは月や流れ星ではないと断定できます。もしかすると中国の宇宙ステーションかもしれません。天宮1号と呼ばれていますね」(映像に寄せられたコメントより)

■肝心なところで途切れてしまう映像、NASAは関与を否定

一方で、動画の投稿者は少し気になるコメントを残している。

「これは流星のようなものなのでしょうか。しかしUFOが静止したように見えた瞬間、カメラが切られてしまったのは興味深いですね」

今回の出来事を捉えたカメラは、アメリカ航空宇宙局(NASA)が管理するものであった。実のところ、NASAが管理するカメラの映像が不審な中断を繰り返す点については、以前からUFOハンターたちの非難の的となっていた。この疑惑に対しNASAの広報担当者は、次のような声明を発表している。

「NASAはUFOの存在を隠すため、意図的にライブ配信を中断することはありえません。映像の中断は、通常ISSからの信号が失われたことによって引き起こされます」

数々の陰謀論に結びつけられているNASAの発表であるだけに、あっさりと信用できないという意見もあるだろうが、いずれにせよ映像が途切れてしまうことは避けられないようだ。

2016-07-25_223615

とはいえ、ISSに設置されたカメラの有用性は疑いようがない。今後もUFOハンターたちの活躍により、世間をあっといわせる発見が続くことを期待したい。

(文=Forest)

参考:「Mirror」、ほか

参照元 : TOCANA


NASA shuts down live International Space Station feed as 'mysterious UFO enters Earth's atmosphere'

22:16, 12 JUL 2016

The incident caused speculation online - and is not the first time NASA have been accused of tampering with the feed



UFO spotters have raised the alarm after the International Space Station live feed cut out just as a large mysterious object appeared to enter Earth's atmosphere.

The incident occurred on July 9 and was first reported by prolific UFO hunter Streetcap1 in a video uploaded the same day.

The enthusiast did not directly imply that the object was an alien spacecraft saying: “This could well be a meteor or the like.

But he implied that the camera being turned off was slightly sinister: "What made it interesting was that the camera cut off when the UFO seemed to stop.”

Other enthusiasts put forward theories including one who suggested in could be the Chinese space cargo ship Tiangong-1.

apparent-UFO-ISS-footage

This is the apparent UFO spotted in the atmosphere

“I have watched the International Space Station a lot over the last 6 years and I can tell you that this is not the moon, nor a meteor,” he wrote.

“It may be the Chinese space station cargo ship, called Tiangong-1, or the other one Tangong-2.”

Have your say in the comments below

apparent-UFO-ISS-footage (1)

Conspiracy theorists have gone into overdrive



This is not the first time that UFO hunters have accused NASA of cutting transmission after a mysterious UFO appeared on the live ISS stream.

A NASA spokesperson made a statement earlier in April denying allegations that NASA technicians deliberately shut down transmission when UFOs appear on the live video.

apparent-UFO-ISS-footage (2)

This was part of the feed before it was cut off

According to the spokesperson, NASA never intentionally shuts down live transmission to hide UFOs. Loss of video is usually due to loss of signals from the ISS.



参照元 : mirror

ポケモンGOで遊んでいた路上の女性に「おれを撮っただろ。写真を消せ」千葉県の男(27)を暴行容疑で現行犯逮捕

ポケモン中の女性を暴行容疑 男を現行犯逮捕

2016年7月25日12時05分

2016-07-25_190741

スマートフォン用ゲーム「ポケモンGO」で遊んでいた路上の女性の腕をつかんだとして、警視庁が、千葉県の男(27)を暴行容疑で現行犯逮捕していたことがわかった。男は「やっていない」と容疑を否認しているという。

渋谷署によると、男の逮捕容疑は、23日午後9時半ごろ、渋谷区道玄坂2丁目の路上で都内の20代女性の右腕をつかんだというもの。ポケモンGOで遊んでいた女性が路上の画面を記録していたところ、「おれを撮っただろ。写真を消せ」と迫ったという。

2人に面識はなく、女性と付近の通行人が110番通報し、署員が駆けつけたという。女性は「珍しいポケモンが出たので、写真を撮っただけ」と話しているという。

参照元 : 朝日新聞


日本各地で、ポケモンGoパンデミック、集団での公園不法占拠、交通事故、暴行事件発生あいつぐ。ああ、ポケモンGoのせいで、日本の治安が崩壊し始めた!

以下の近未来予測ノベルの、リアル化か!

2016年の夏以降ポケモンGOの配信は全世界で終了します。

1. ポケモンGOによる交通事故が世界中で多発し続けている。

2. ポケモンGOによる他人の住居敷地内への不法侵入が多発し続けている。

3. ポケモンGOによる高速道路や立ち入り禁止区域や世界遺産建造物への集団侵入が多発。

4. ポケモンGOによる殺人、恐喝、盗難、傷害事件が世界中で多発し続けている。

以上の案件だけでも数兆円規模のN天堂に対しての集団訴訟が発生する見込みです。

N天堂の株価は大暴落、セミのように短い夏だったな・・・







Pokemon GOの偽アプリが40種以上出回る!遠隔操作で情報抜き取られる

「Pokemon GO」の偽アプリ、すでに40種以上確認--遠隔操作するマルウェアも

2016/07/22 08:00

poke_0721_1

トレンドマイクロは7月21日、公式ブログにて「Pokemon GO」を悪用した攻撃者への注意喚起を実施した。

同社のセキュリティ技術基盤「Smart Protection Network(SPN)」の統計によれば、「Pokemon GO」のアプリ名が付いたAndroidアプリの検体(APKファイル)は、Google Playで配信されている正規版アプリを除き、43種(7月20日時点)入手しているという。

43種類のうち、19種の検体が不正・迷惑アプリであることを確認。これらの不正アプリはすべて「Google Play」以外のサードパーティマーケットやインターネット上のダウンロードサイトなどで頒布されているもので、その多くが正規のPokemon GOでは不要の「デバイスの管理者権限」をインストール時に要求するという。

その結果、不要な広告を表示するアドウェア、他の不正アプリをインストールするものや、ユーザーの承諾なしに不要アプリをインストールすることで、アフィリエイト収入を得ようとするアプリまであるとしている。また、最も悪質なものとしては、感染端末を遠隔操作できるようにするバックドアを持ったアプリも確認されている。

不正・迷惑アプリではない、残りの24種の検体は、正規の「Pokemon GO」のAPKファイルに正規の広告表示機能を追加した「パックアプリ」と呼ばれるもの。これらの検体自体は、不正な活動をすることはないが、Pokemon GOの話題性に便乗して、不適切な人物が広告収入を得ようとする手口にあたる。

Pokemon GOが公開されていない日本でも、詐欺的なウェブ経由の誘導事例も確認されている。掲示板のまとめサイト風に似せた表示から、偽のキャンペーン情報へユーザーを誘導。キャンペーンのURLは、一瞬オフィシャルサイトに見えるものの、実際のリンク先はポイントサイト(お小遣いサイト)に誘導されてしまう。

2016-07-24_202406

不審な掲示板風サイト上での「Pokemon GO」関連の表示例
オフィシャルサイト上には該当の URL のページは存在しない

このような表示内容とは異なるリンク先への誘導手口は、ウェブ上では日常茶飯事だ。しかし、モバイル端末の場合、PCとは異なり、リンク先が確認しづらかったり、そもそも利用者の注意意識が薄いなどの理由から、不審なURLへ簡単にアクセスしてしまうことが多いとトレンドマイクロでは指摘している。

同社では、被害に遭わないためにも、正規のアプリマーケットである「Google Play」や、携帯電話事業者といった“信頼できる”サードパーティマーケットからのみ、アプリをインストールするように呼びかけている。

また、Androidでは「提供元不明のアプリのインストールを許可する」の設定を無効にするよう推奨している。信頼できるサードパーティマーケットを利用する場合のみ、「提供元不明のアプリのインストールを許可する」を有効にしてほしいとしている。

参照元 : cnet


偽『ポケモンGO』アプリによる情報流出や「おびき出し強盗」発生も。マカフィーが海外事例を交え注意喚起

2016年07月23日 14時00分

2016-07-24_202821

セキュリティソフトメーカーのマカフィーが、日本でも22日にサービスを開始したポケモンGO(Pokemon GO)に関する注意喚起をしています。

ARを利用したポケモンGOアプリには「ゲーマーを外に連れ出し活動的にさせる素晴らしい」効果があるものの、集中しすぎて衆位が見えなくなることで起こる複数の問題もあるとのこと。

マカフィーはこうした問題点に付け加える格好で、海外で発生した事例を幾つか紹介しています。たとえばゲーム内に置かれたビーコン(ルアーモジュール)におびき寄せられたプレイヤーが銃をつきつけられ強盗された例や、ユーザーのスマートフォンからあらゆる個人情報を流出させるマルウェアを仕込んだクローンアプリが配布された例など。

そしてポケモンGOをプレイする上で必要注意点として、周囲に注意を払うこと、騙されて偽アプリ(パチモンGO?)をインストールしないこと、正規のものでない不正アプリやサービスを利用しないこと、さらにセキュリティソフトウェアをインストールすることを勧めています。

sub003

マルウェア入り偽アプリの例。Controllerという、本来は存在しないサービスが走っている

マカフィーの警告は、どちらかと言えばAndroidユーザーのほうが注意すべき点が多いかもしれません。たとえば偽アプリはアプリ二次配布サイトAPKMirrorなどで配布されていたことがわかっています。このマルウェア入りのPokemon GOはDroidJackと呼ばれる遠隔操作ツールが埋め込まれており、メール・SMSや通話履歴、住所録、ブラウザ履歴、位置情報、使用アプリリストを流出させ、さらに遠隔からのカメラ操作、通話録音、メッセージ送信に至るまで、スマートフォンをほぼフル操作できる凶悪なものでした。

とはいえ、アプリのインストールに関しては、正規のストアから入手すれば間違えることはほとんどありません。むしろプレイヤーにとってリアルに危険なのは、プレイにのめり込み過ぎて周囲が見えなくなることです。そのまま歩いて電柱にぶつかったり犬のウンコを踏むぐらいなら笑って済ませられるものの、先にサービスインした外国では画面に集中するあまり車道に飛び出して事故に遭ったり、地雷原への進入、さらには何も考えず住居に進入して射殺されるといった、まったく洒落にもならない事例も発生しています。

ちなみに、ポケモンGOに関しての注意喚起は内閣サイバーセキュリティセンターも「ポケモントレーナーのみんなへおねがい♪」と題したPDF文書を配布していますので、こちらもひと通り読んで頭に入れておくと良さそうです。

参照元 : engadget


偽アプリ、43種確認 遠隔操作で情報抜き取り

2016.7.22 19:26

2016-07-24_203614

情報セキュリティー大手のトレンドマイクロ(東京)は21日、スマートフォン向けゲーム「ポケモンGO(ゴー)」の偽アプリを20日までに43種類確認したと明らかにした。22日に日本での配信が始まり、日本を対象にした偽アプリが今後出てくる可能性もあり、注意を呼び掛けている。

同社によると、最も悪質な偽アプリは、ダウンロードすると外部から遠隔操作し、端末情報を抜き取る機能があった。勝手に別のアプリをインストールさせたり、不要な広告が表示されたりするものもあった。

アンドロイド機種向けの正規アプリマーケット「グーグルプレイ」で入手できる不正アプリも1種類あった。

不正アプリは、米国などで配信が始まった7月上旬ごろから確認。43種類は英語で表示されるなど海外を対象にしたものだったが、同社広報グループの鰆目順介さんは「日本を狙った不正アプリが出てくる可能性もある」と警戒を促している。

参照元 : 産経新聞




ポケモンGOに偽アプリ 「極悪」なワナにハマる人々

2016年7月21日(木)18時33分配信

2016-07-26_133236

日本でのリリースへの期待が高まっている人気アプリ「ポケモンGO」をめぐり、早くも「偽アプリ」が登場し始めた。

その一部は、ひそかに遠隔操作ツールを起動させて個人情報を抜き取る、というロケット団もビックリの「極悪」さ。インターネットセキュリティー会社は、そうしたリスクを減らすため、非公式サイトからのダウンロードを控えるよう呼びかけている。

■「通話履歴」が盗まれ、遠隔操作で写真撮影


世界の一部でしか公開されていないにも関わらず、全世界から注目を集めている「ポケモンGO」。オーストラリアやニュージーランド、米国で初めて公開された2016年7月6日以降、ファンは「いつどこでリリースされるか」という動向を逐一追っている。一方、サイバー犯罪者もまた、新たな獲物を狙って目を光らせる。

それを象徴する出来事が、「偽アプリ」の出現だ。セキュリティソフトを販売するマカフィー(東京都渋谷区)は11日、「ポケモンGO」にそっくりのマルウェア(不正で有害な動作をするソフトウェア)が見つかったと公式ブログで発表した。

そのマルウェアは、インストールして実行する際、SMSメッセージの送信や閲覧といったゲームに関係のないアクセス権限を要求するという。

また環境によっては、SMSメッセージや通話履歴、電話帳、ブラウザ閲覧履歴、位置情報、インストールアプリの一覧といった個人情報を盗んだり、遠隔操作で写真撮影やビデオ録画、通話録音をしたりする遠隔操作ツールが動くかもしれないという。

そのうえで、「人気アプリになりすましユーザーを騙す行為は、マルウェアをインストールさせるための常套手段」と指摘。非公式なサイトやファイル共有サイトからアプリをダウンロードするのを控えるよう呼びかけている。

非公式サイトからのDLを他人に勧める中高生
ウイルス対策ソフト「ノートン」を販売するシマンテックも16年7月14日、公式ブログで注意喚起を促した。そこでは、「ポケモンGO」に偽装させたマルウェアをインストールすると、端末のアクセス権を「完全に掌握」されてしまうと指摘している。

しかし、そうした注意喚起に気付いているのか、いないのか。非公式のサイトへアクセスする日本のネットユーザーは少なくない。ツイッターを見る限り、非公式サイトからのダウンロードを報告するユーザーの年齢は比較的若く、中高生も多い。

自分でダウンロードするだけならまだしも、親切心から

「ふつーにたくさんポケモン捕まえられた!」
「やってみて!」

などとフォロワーに勧める声も。「全然正規アプリかと思った」と消去を報告するユーザーもいるが、一体、正式リリース後はどんなトラブルが起きるのか...。

参照元 : J-CASTニュース

ドゥームズデイ(最後の審判)、なんとその日は今月末の7月29日?ポールシフトと“最後の審判”が同時に起こる

【悲報】7月29日に人類滅亡! 元NASA科学者も懸念「ポールシフトと最後の審判」で無数の星が地球に落下?

2016.07.21

時折ネット上を駆けめぐっては憶測が膨れ上がり、世間を騒がせるのが――ドゥームズデイ(最後の審判)――の具体的な日時だ。そしてまた最近、地球を破滅に追い込むドゥームズデイが新たに設定された。なんとその日は今月末の7月29日である。

■ポールシフトと“最後の審判”が同時に起こる

この件について、英紙「Metro」などでは、今年のクリスマスはプレゼントの出費を気にしなくていいと、EU離脱を前に倹約ムードのイギリス人の財布の紐を緩ませるようなメッセージを発している。なぜクリスマスの出費を気にしなくていいのか? それはもう、今年の年末はクリスマスどころの話ではないからだという。

2016-07-24_184206

どんな年末を迎えるというのか? そして何が原因なのか? それは、7月29日に地球の北極と南極がグルリと入れ替わる究極のポールシフトである“地磁気逆転”が起こるからなのだ。

今年1月にトカナの記事で紹介したように元NASAの科学者を中心にして、今年の6月から8月の間にポールシフトが発生する可能性が示唆されている。地球の長い歴史の中ではこの地磁気逆転はたびたび起きており、今回起こるとすれば44万年ぶりのことになるということだ。

ひとたび地磁気が逆転すれば、地球環境と気象の激変により地球上の生物の70%が死滅するともいわれている。一説によればすでに今年に入ってから軽微なポールシフトははじまっているという。それが近々、一気に完遂する日が訪れるというのである。

そして先ごろ、YouTubeチャンネル「End Times Prophecies」から、その日がこの7月29日であるという主張がなされたのである。同チャンネルは預言者ダニエルが記したとされる『ダニエル書』の解釈で、今年7月29日がその日であることを導き出したということだ。しかし『旧約聖書』の中のひとつである『ダニエル書』とポールシフトに何の関係があるのか? 実はポールシフトとは聖書における“最後の審判”のことであるというのだ。

2016-07-24_184255

『ダニエル書』に登場する4匹の獣

■アルマゲドンが勃発して人類は滅亡へ

実はこの話には元ネタがあったようだ。同じくYouTubeチャンネルの「Armageddon News」が2013年にアップした動画で、「ポールシフト=最後の審判」説が展開されていたのである。



「最後の審判のためにキリストが再び現れることと同時に、ポールシフトと地球規模の大地震が発生することについて検証する動画です」という冒頭の解説からはじまるこの動画は、コンピュータグラフィクスで“その日”がどういう日になるのか、順を追って説明している。事のはじまりはドラマチックだ。

「キリストが再臨したその日、ポールシフトが起こる。その結果、破滅的な地震が地球規模で発生し、太陽は黒い幕で覆われたように真っ黒になり、月は血のような赤に染まる。木の実が落ちるように無数の星が地球に落ちてきて、大地震で山と島がズレて移動する」

まさにこの世の終わりを演出するに相応しい幕開けではじまるのだが、その後は世界各地の火山が一斉に噴火を起こし火山ガスが地球全体を包むという。

そしていよいよキリストが空に姿を現し、敬虔なクリスチャンたちを天に救い上げる(携挙、Rapture)のである。こうしてクリスチャンを救った後に世界最終戦争、アルマゲドンが勃発して人類は滅亡へ向けて突き進むのだ。

ここから先は基本的に“キリスト教原理主義”の終末論が説明されていくのだが、特徴的なのはイスラム諸国を誇張し過ぎるくらい明確に反キリスト勢力に据えている点かもしれない。

2016-07-24_184402

はたしてこの地球は本当にあと数日でポールシフトに端を発する“世界の終わり”に突入していくのか。ポールシフトには対処のしようもないが、せめて地震に対する備えだけでも今一度確認しておきたいところだ。 (文=仲田しんじ)

参考:「Mirror」、「Metro」ほか

参照元 : TOCANA




メキシコでレプティリアン顔の「妖精の死体」が発見される!ハイブリッド知的生命体の可能性も

「妖精の死体」がメキシコで発見される! DNA検査、X線撮影実施へ

2016.07.21

妖精や天使は精神的な存在に近いとされ、地球上の動植物のような物質的な肉体は持たないと考えられることが多い。しかし、なんと今月18日付の「Daily Express」が、「妖精の死体標本」がDNAテストにかけられたと報じている。まずは「妖精の死体」写真をご覧頂こう。

2016-07-24_181706

■レプティリアン顔の妖精の死体

この「妖精の死体」と噂される物体は、体つきは人間にそっくりだが、羽を持ち、その顔は爬虫類系宇宙人レプティリアンを想起させる。これらの“ありがちな”特徴から、「手の凝ったイタズラ」だと非難の声もあがっているが……。

たしかに、以前トカナで報じた「妖精のガイコツ」との共通点が多いことは一目瞭然。これは後に、アレックスCFというアーティストが作成したフェイクだったことが暴露されている。それでは今回の「妖精(宇宙人?)の死体」もただのイタズラに過ぎないのだろうか?

インカ文明研究家であり作家でもあるブライアン・フォースター氏は、メキシコで標本にされていたこの「死体」を見つけたそうだ。

「2016年、私はこの奇妙な生き物をメキシコシティのオフィスで見つけました」
「生物学の素養がある者として、これがフェイクだと考えるのは難しいと思います」

2016-07-24_181739

フォースター氏によると、この「死体」は生物学的に本物である可能性が高いとのこと。その証拠にX線撮影やDNAテストまでされているという。さらに、これらの検査を実際に行ったとされる白衣の人物は、次のように語っている。

「X線写真から、この生物の骨構造がはっきりと確認できます」
「これはでっち上げのハリボテではありません。本物なんです」

■ハイブリッド知的生命体の可能性も

2016-07-24_181815

本当にそのような証拠があるなら、ぜひとも見たいところだが、YouTubeに公開されている動画ではX線写真はおろか、DNA検査の結果も出てこない。それというのも、この動画は調査の全貌を記録したドキュメンタリー映像の一部抜粋に過ぎないからだ。全編を見るには、公式ウェブサイトからそのドキュメンタリー映像を購入しなければならないという。

つまり、YouTubeに公開されているこの動画は「宣伝動画(トレイラー)」というわけだ。このことから単なる金儲けの嘘話と見る人もいるが、UMA研究家からは「貴重な映像が有料なのは当然」との声もあがっている。たとえば、「ロズウェルの宇宙人解剖動画」は、映像の真偽は置いておくとして、放送権が非常に高額なことで知られている。

こういった事実を踏まえると、ただ単に有料動画であることから、作り話だと簡単に結論することはできない。むしろ、それだけ価値がある映像だと考えるべきではないだろうか。

さらに、今回の調査にはメキシコUFO研究の権威でありジャーナリストでもあるハイメ・マウサン氏も参加していることから、信憑性は折り紙付きだとする声もある。

そのマウサン氏は、この死体を「未知のハイブリッド生物」だと考えているようだ。

「このハイブリッド生物が、具体的に何であるかはまだ分かりません。しかし、我々には調査可能な標本があります。この標本を分析することによって、未知の知的生命体の存在を証明することだって可能です」(マウサン氏)

と語るように、ただのハイブリッド生物ではなく「未知の知的生命体」である可能性も示唆している。

様々な憶測はあるが、調査結果の全貌が明かされている本編映像を観ないことには、確かなことは何も言えないのが現状だ。

関心のある読者は、ぜひご自分の目で「真実」を見極めて頂きたい。

(編集部)



参考:「Daily Express」、ほか

参照元 : TOCANA



Winged-Creature-690568


最新記事
Amazon




楽天トラベル


人気ブログランキングへ

【注目記事】
★裏天皇とは一体誰なのか?「前田ゴロウ(ユダヤ名:オクラディッシュ・ハーマン)、小野寺 直、伏見博明」明治以降の皇室を牛耳ってきた傍流勢力

★3.11東日本大震災は人工地震だった!元アメリカ国家安全保証局が内部告発 「米国とイスラエルの裏権力が核兵器を使った」

★【神道の闇】天皇一族は悪魔崇拝者 神道=日本版キリスト教・ユダヤ教

★日本や世界各地にある「鳥居」の謎 宇宙人との関連性

★【日航機123便墜落テロ事件】事後処理の為の特殊部隊の編成、情報撹乱、毒ガス攻撃、火炎放射器で焼き殺す!まさに地獄以下の有様

★日航機123便墜落テロ事件の不可解な点!米軍は事故後20分で墜落地点を特定!助かるべき多くの生存者が殺された

★自民党・安倍政権は民主党を上回るスピードで売国(公約違反)を進めている

★関東連合OBで元暴力団の石元太一被告と海老蔵事件の伊藤リオンがセキュリティの黒人とガチ喧嘩してる映像が流出

★シリアの化学兵器攻撃は911やボストンテロ同様、アメリカの自作自演 【決定的証拠 まとめ】

★1%の人間が企む世界支配の計画を暴く『これは架空の物語ではありません』

★チャンネル桜事務局の壁に十字架 そして新興宗教『キリストの幕屋』『統一教会』との関係とは?

★911同時多発テロ 世界貿易センタービルの嘘を暴く

★【閲覧注意】VIEWER WARNING テロリストがアサド政権に協力した2人の男を処刑!生きたまま首を切断(R15指定)

★【閲覧注意】<シリア>SAFヘリコプターによる空爆の余波 首が吹き飛んだ死体

★【閲覧注意】<シリア>カメラの目の前で兵士の頭が吹っ飛ぶ瞬間映像(グロ注意)R18指定

★【閲覧注意】シリアにて戦車の砲撃を受けた反体制派メンバーが粉々にふっ飛ぶ瞬間映像

★【閲覧注意】タリバンのメンバーが、断頭した男性の生首でサッカー(R18指定)
記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ