地 球 情 報 局

珍事件・仰天NEWS・世界各国のNEWS・政治・衝撃映像など

2016年06月

UFOはプラズマ兵器!?光速のマイクロ波が生み出す「プラズマバブル」は壁をすり抜ける

壁をすり抜ける「火の玉」の謎がついに解明! UFOは「プラズマバブル」だった!?

2016.06.28

謎の「空中発光物体」の正体が明らかになった! 今までにも、さまざまな理論が合理的な説明を試みてきたが、今回の発見により「UFO」解明に向けて大きく前進したとみられている。

UFOの形状は、さまざまあるが、「火の玉」型の目撃は特に多いことで有名だ。日本においても、類似の現象が「人魂」として昔より知られているが、長年の謎に終止符が打たれそうだと、6月24日付の英紙「Mirror」が報じている。

2016-06-30_001524

■光速のマイクロ波が生み出す「プラズマバブル」

これまで科学者の間で研究されてきた火の玉には、いくつかの特徴(嵐の最中に発生、空間移動、壁のすり抜け、不快な臭い)があり、余りにも非常識な存在に多くの科学者が頭を抱えてきた。人類が未だ到達していない未知の超科学技術によるものや、UFOの可能性を主張する人々も現れたほどだ。

これまでにも多くの科学者が、「火の玉」を科学的に説明しようと試みてきたが、中国人科学者H・C・ウー氏は、「火の玉にまつわる多くの特徴の解明に成功した」と自信たっぷりだ。火の玉の正体は一体何だったのか?

2016-06-30_001618

ウー氏によると、稲妻によって、光速に近いスピードで加速された電子が、高密度のマイクロ波を放出し、その放射エネルギーが「球体のプラズマバブル」となって現れるという。

火の玉は、嵐の真只中や、雷をともなう天候時に集中的に目撃されていることから、今回のウー博士の主張も一貫しているといえるだろう。

■プラズマの壁のすり抜けは実験でも確認

さらに、火の玉の持つもっとも奇妙な特徴である「壁のすり抜け」に関しても、ウー博士は、あり得ることだと主張する。その証拠に、ウー博士らが作成した人工ファイヤーボールは、3ミリメートルのセラミック板を通過したそうである。板の厚さが、マイクロ波の波長より十分に薄ければ、再現可能な実験であるという。

2016-06-30_003207

火の玉発生に伴う不快臭についても、ウー博士の説明はシンプルだ。イオン化された空気は、オゾンと二酸化窒素を発生させるため、独特の酸性臭を発するとのことだ。

■UFOはやっぱりプラズマ兵器?

博士は他にも、形状、音、スパーク、人体への危険性など、火の玉にまつわる多くの特徴を解明し、その正体がプラズマであることを暴いてしまった。

やはり、UFOは、ただの自然現象だったのか…?

ちょっと待って欲しい。UFOの動力源は、そもそもプラズマでは無かっただろうか? それに、UFOプラズマ兵器説は、様々な憶測が飛び交っているが、いまだ否定されていない。

2016-06-30_003308

UFOの定番、アダムスキー型UFOでは、3点交差法により機体底部にプラズマを発生させていると言われているが、いまだこの説は否定されていない。つまり、一部の火の玉の正体がプラズマだとしても、UFOの存在を完全に否定することはできないということだ。

UFO映像の中には単なるプラズマと、本物のUFOが混在しているとトカナでは考えているが、あなたはどう思われるだろうか?

参考: 「Mirror」、「Nature」、ほか

参照元 : TOCANA


UFO mystery solved? Weird 'ball lightning' phenomenon could explain origin of ghostly lights in the sky

17:09, 24 JUN 2016 UPDATED 18:55, 24 JUN 2016

BY THEODORE WILSON

New "ball lightning" theory sheds light on strange properties of glowing spheres that are often mistaken for UFOs, claims scientist

2016-06-30_005424

Seen strange lights in the sky or in your living room?

The rare atmospheric phenomenon known as "ball lightning" is often used to explain away UFO sightings.

Ball lightning appears as mysterious floating, luminous spheres - often during lightning storms.

Now a Chinese scientist has come up with a new theory that could solve the riddle of how ball lightning actually forms, and why it has some STRANGE ghostly properties, like the ability to float through walls.

Other theories exist, but the paper's authors say their theory "successfully explains many properties of ball lightning".

Rather than being related to alien UFOs, they claim that ball lightning is formed when lightning strikes generate a "plasma bubble".

READ MORE
Shiny 'UFO' spotted observing giant lightning storm before disappearing inside cloud The researcher, H.C. Wu, writes that, as a lightning bolt reaches the ground, it accelerates electrons close to the speed of light, causing them to release intense microwave radiation.

This radiation charges the air, causing a "spherical plasma bubble" to form, trapping the radiation.

READ MORE
Incredible video of lightning storm recorded at 7,000 frames per second shows nature in slow motion There at least 5,000 recorded probable sightings of ball lightning. Witnesses report seeing the strange luminous balls suddenly appearing, often during storms.

The balls of light sometimes radiate sparks and can move erratically. They are also often reported to emit a strange, unpleasant odour.

2016-06-30_005545

The balls can be pea-sized or even metres in diameter and can dissipate gradually, or even explode loudly, sometimes causing damage.

More weirdly, some accounts describe the balls passing through wood, glass and metal as if they weren't even there.

READ MORE
Light fluctuations on nearby dwarf planet 'evidence of alien colonies' claim conspiracy theorists Wu states that the new theory could explain ball lightning's ability to pass through metal, and that "ball lightning can be formed even inside aircraft".

When lightning strikes a plane, the electrons are moving so fast that they are able to pass through the skin of the aircraft and generate a plasma bubble inside.

2016-06-30_005637

The theory accounts for many of ball lightning's weird properties, including its sound, motion and destructive properties.

Wu can even explain why ball lighting has its characteristic smell. This is due to radiation that produces certain ionized chemicals with acrid smells.

Wu admits that the theory needs to be validated by experiments, but also warns that ball lightning is "an alarm signal of the existence of ultrastrong microwaves and abundantly hazardous electrons near the ground or aircraft." So beware!

参照元 : mirror

ロシアが世界を仰天させるプランを打ち出す!「今後20年以内にテレポーテーション技術を確立する」

ロシア「2035年までに“200兆円”つぎ込んでテレポーテーションを実現する」→国営メディアが急遽全否定する異常事態に発展!

2016.06.26

177631

環境汚染や資源の枯渇が危惧される現代において、国家が未来に向かって持続的発展を遂げるためには「科学・技術立国」以外の選択肢はありえない。世界中の国々が、科学技術の振興を競争力向上の決定的要素と位置づけており、その成否によって将来の明暗がわかれることは間違いないだろう。

そのような中、ロシアが世界を仰天させるプランを打ち出した。なんと、「今後20年以内にテレポーテーション技術を確立する」というのだ。早速詳細についてお伝えしよう。

■テレポーテーション技術は夢物語ではない

今月22日、英紙「The Telegraph」が報じたところによると、“テレポーテーション計画”はロシアの国立科学研究機関が打ち出した科学・技術立国プラン「国家技術イニシアティブ」に含まれているという。
 
2016-06-29_205844

空間を物理的に動くことなく、一点から一点へと瞬時に移動するテレポーテーション技術など、SF作品だけの夢物語だと考えている読者がいるかもしれない。しかし、これまでトカナが何度も報じているように、世界中の研究機関が“本気で”テレポーテーションの実験を行っている。

2014年5月には、デルフト工科大学(オランダ)の研究チームが「量子もつれ」を利用して“100%の精度で”瞬時に情報を転送することに成功した。さらに米中の共同チームは、この「量子テレポーテーション」の技術を応用して微生物を瞬間移動させることを試みている。まだまだ物質を転送することの課題は山積みだが、テレポーテーションは決して夢物語などではなく、実現すべき目標として日夜研究が行われているのだ。

そして、クレムリン肝いりの「国家技術イニシアティブ」では、2035年までにテレポーテーション技術を確立するため、総額200兆円もの予算がつぎ込まれる予定だ。計画の責任者であるアレクサンダー・ガレツキー博士は、ビジネス紙「Kommersant」(22日付)のインタビューに次のように答えている。
 
359409

「現代の私たちを取り巻くテクノロジーのほとんどは、20年前のSF映画からの引用のようなものですよ。テレポーテーションだって、今後20年で達成される」

近年、ロシアの科学技術は国家による戦略的支援のもと目覚ましい向上を遂げており、今後数十年のうちに量子コンピュータや神経インターフェイス(人体とコンピュータを直接繋ぐ技術)の分野において、同国がトッププレイヤーの地位に上り詰めることも十分に考えられるとのことだ。

■ロシア国営メディアが即座に否定!

もしも人類がテレポーテーション技術を手にしたら、日常生活が一変するのみならず、安全保障の分野にも相当なインパクトがもたらされることになるだろう。そして、まるでそれを物語るような事態が進行中だ。今回の「国家技術イニシアティブ」が西側メディアによって報道されると、その直後に、ロシア側がテレポーテーション計画を否定しはじめたのだ。

101386

ロシアメディア「スプートニク」(旧:「ロシアの声」)は、英紙「Telegraph」の記事が配信されると、計画筋の話として「それは量子情報通信の話であって、量子テレポーテーションのことを指しているわけではない」と報じている。

まさに、テレポーテーション技術の開発競争に拍車がかかることを防ごうとしているような印象を受けないだろうか? 実質的なロシア国営メディアが、これほど早いタイミングで否定記事を配信すること自体、裏で何らかの意図が働いている可能性が高い。

数十年前、世界各国が他国より1日でも早く原子爆弾完成を完成させようと水面下でしのぎを削っていた構図が、再現されることになるのか? テレポーテーション技術をめぐる各国の“駆け引き”からも目が離せない。

(編集部)

参考:「The Telegraph」、「The Daily Mail」、「Sputnik」、ほか

参照元 : TOCANA




リアル・メン・イン・ブラック(MIB)の存在がますます真実味を帯びてきた!米アイオワ州の道路に黒衣集団が頻出

不気味な「黒づくめの集団(MIB)」が米国の道路に頻出! 警察「本気で調査する」

2016.06.27

MIB

メン・イン・ブラック(MIB)といえば、映画「メン・イン・ブラック」を思い浮かべる読者も多いのではないだろうか。黒いスーツに身を包んだエージェント“K”と“J”の印象的な姿は人気を博し、現在3作目まで上映されている。

しかし、メン・イン・ブラック(黒衣の男)は映画の中だけの存在ではなかったのだ! 6月22日付の「Daily Mail」は、”リアル”・メン・イン・ブラックの目撃情報が米国で急増していると伝えている。TwitterやFacebook上で多くの情報が飛び交い、今現在も新しい目撃情報が報告されている。ことの重大さを鑑みて、地元警察も本気で調査に乗り出しそうだ。

■道路に飛び出す黒い物体、白衣の集団も?

黒衣の男が最初に目撃されたのは、アイオワ州東部マスカティン郡の道路上である。目撃者の一人、ストロング氏はFacebook上で当時の様子を報告している。氏は6月12日深夜2時ごろ、イリノイ川に平行する道路オギルビー・アヴェニューを車で走行していたところ、黒づくめの“何か”を目撃したそうである。氏によると、単体ではなく複数人であったという。

さらに翌日、別の場所でも、同様の集団を目撃しているというのだから、「たまたま黒い服を着た人が道路上を歩いていた」という以上の何かがあることは間違いないだろう。

黒づくめ集団は、道路の真ん中に立っていて、車に近づいてきたそうだ。車が通り過ぎたあとも、その場に立ち続けていたという。別の目撃情報では、道路に飛び込んできたり、道路脇でただ立っているだけだったりと、行動パターンは様々だ。

ストロング氏は、黒づくめ集団と遭遇する数日前から噂を耳にしていたというが、なぜなら同様の目撃情報が3、4週間以内に続々と報告されていたからだ。その中でもトラヴィス・ライルズ氏が遭遇した黒ならぬ「白衣の男」は更に奇妙だ。

358D685A00000578-3654400-image-a-51_1466605211677

ライルズ氏は、6月15日午後10時30分頃、妻と義理の母を乗せて同じくマスカティン郡内の高速道路を利用し家路を急いでいた。

「白塗りのメイクか、薄くて白いマスクをした全身白装束の誰かが立っていました。道路脇に寝転がり、親指をつき立てていました」

ライルズ氏は、「最初はマネキンかと思った」が、後で気になって戻ってみると、そこには何も無かったそうである。黒衣の集団との関連性は分からないが、静かな都市は突如現れた奇妙な集団に動揺を隠せないでいる。

■保安局の意外な対応

しかし、未だ目立った被害もないため、プランク(いたずら)と断定する住民も多くいる。ただし、郡保安局はそうは思っていないようだ。保安局はFacebook上で情報提供を呼びかけており、今回の騒動を「真剣に受け止めて」いるという。

一見したところお騒がせなだけの黒衣集団をなぜ保安局は真剣に受け止めるのだろうか? 彼らはまだ何の犯罪も起こしていないのだから、本気になる必要もないように思うが…

■リアル・メン・イン・ブラックは存在するか?

メン・イン・ブラックは映画作品として有名であるが、その元となっているのは現実世界に存在するとされる黒衣の男である。
 
2016-06-29_193910

最初にMIBと出会ったとされるのはUFO研究家のアルバート・ベンダーである。1953年ベンダーは、UFO情報を調査していたところ3人の黒づくめの男らに調査を妨害されたと著書で暴露している。

また、数年前のカナダにも、UFOを目撃したホテル従業員を探しに黒づくめの男ら2人が現れている。男らの姿がホテルの監視カメラにおさめられていたことから、MIBの存在がますます真実味を帯びてきていたといわれている。

2016-06-29_194020

今回の黒衣の集団もこれまでの男らと関係があるのだろうか? 気になるのは、郡保安局の態度だ。人気テレビシリーズ「X-ファイル」などでよく見られるように、国家組織と地方警察は犬猿の仲である。

郡保安局が「真剣に」受け止めているのも、ある国家組織の活動を好ましく思っていないことが背後にあるのではないだろうか? 今後の有力情報に期待したい。住民たちの記憶が消されて真相が闇に葬られないことを願うばかりだ。

参考: 「Daily Mail」、ほか

参照元 : TOCANA


The Man Who First Saw "The Men in Black" Dies

Thursday, April 14, 2016

The man who brought the ufo silencers, the men in dark clothing, into modern consciousness, Albert K. Bender, 94, died on March 29, 2016, in California.

2016-06-29_203115

"Men in Black" (MIBs) are what appear to be male humans dressed in black suits who claim to be government or paramilitary (or even alien) agents and who harass or threaten UFO witnesses to keep them quiet about what they have seen.

2016-06-29_203241

From portrayals in The X-Files, appearances in movies, references in popular culture and points of debate in UFO conspiracy theories, the MIBs have become part of our 21st Century culture. In April 1952, Albert K. Bender, a factory worker from Bridgeport, Connecticut, announced the formation of International Flying Saucer Bureau (IFSB), whose purpose was to "gather flying saucer information" and to "get all Flying Saucer minded people acquainted with each other...." At the time he established the IFSB, Bender was a 31-year-old bachelor who lived with his stepfather. He was obsessed not only with UFOs but with occultism, horror movies, and science fiction. Bender transformed his part of the house into what he called a "chamber of horrors." Jerome Clark, The Emergence of a Phenomenon: UFOs from the Beginning through 1959 ~ The UFO Encyclopedia - Volume 2 (Chicago: Omnigraphics, 1992: 73) Ufology historian Jerry Clark told of how Bender took "out-of-body trips into deep space," but also worked hard on the IFSB's publication, Space Review. Bender built up the 1952-1953 membership to 1500 people from around the world. "One of the most active was a West Virginia man named Gray Barker."

2016-06-29_203328

In early September 1953, Bender, who is acknowledged as one of the first pioneers of UFO research, was visited at his home in Bridgeport, Connecticut, by three men dressed in black who warned him in threatening terms to cease his investigations or else.

2016-06-29_203412

The "silencers," as he called them, scared Bender to the point where he did not publish a report he said was going to answer all the mysteries of the UFO question. Instead, Bender left a warning: "We advise those engaged in saucer work to please be very cautious." Bender's organization - the IFSB - closed down.

2016-06-29_203457

2016-06-29_203507

2016-06-29_203517

After pressing Bender for more details about the "whys" behind the shutdown, Barker wrote his first book, They Knew Too Much About Flying Saucers, which was published by University Books in 1956. The book was the first to describe the Men in Black (MIBs). Barker recounted Bender's own alleged encounters with the MIBs, who were said to travel in groups of three, wear black suits, and drive large black automobiles. In 1962, Barker and Bender collaborated on a second book on the topic, called Flying Saucers and the Three Men. Published under Barker's own imprint, Saucerian Books, this book proposed that the MIBs were, themselves, extraterrestrials.

These "ufo silencer" experiences of this one individual, Albert K. Bender, promoted in later years by Gray Barker (May 2, 1925–December 6, 1984), created an enduring legacy beginning over 60 years ago - the MIBs.

2016-06-29_203619

Besides Bender and Barker, Men in Black researchers and writers have included the late John A. Keel, Jerome Clark, the late Jim Keith, and Nick Redfern. Nick Redfern, who passed on the news of Bender's passing to me, has written many books on MIBs, including his 2006 book, On the Trail of the Saucer Spies: UFOs and Government Surveillance (which contains information on Bender).

2016-06-29_203706

Now Albert K. Bender has passed away.

2016-06-29_203757

2016-06-29_203807

2016-06-29_203817

Bender was born on June 16, 1921, and served in the United States Air Force during World War II. In Bridgeport, Connecticut, he was a supervisor at the Acme shear factory.

After Bender's 1962 book was published, and before Bender moved to Los Angeles, in 1965, while in Bridgeport, Bender started the Max Steiner Music Society, which was later renamed the Max Steiner Memorial Society, dedicated to the famed music composer of theater and film hits.

Steiner (May 10, 1888 – December 28, 1971) composed over 300 film scores, and was nominated for 24 Academy Awards, winning three: The Informer (1935), Now, Voyager (1942), and Since You Went Away (1944). Steiner's popular works include King Kong (1933), Little Women (1933), Jezebel (1938), Casablanca (1942), The Searchers (1956), A Summer Place (1959), and Gone with the Wind (1939), the film score for which Steiner is best known.

Thanks to Albert Bender's Max Steiner Memorial Society, collections of Steiner's music have been preserved, discussed, and disseminated. Bender's Society was responsible for obtaining a Hollywood Walk of Fame Star for Max Steiner, as well as Steiner's name being written in the Golden Book of the State of Israel. Bender's Steiner collection was donated to the Brigham Young University manuscript collection.

This little known part of Albert K. Bender's life, beginning in 1965, is noted in Max Steiner: Composing, Casablanca, and the Golden Age of Film Music by Peter Wegele (2014):

2016-06-29_203944

2016-06-29_203954

Albert K. Bender and Max Steiner.

2016-06-29_204044

Albert K. Bender at the announcement of the Max Steiner commemorative stamp, 1999.

At the time of his death, Bender was residing in Los Angeles, and his funeral was held in Manhattan Beach, California, on April 9, 2016. His known sibling survivors are Fred Bender, Shirley Audugar, and Joseph Kevlin.

2016-06-29_204131

Albert K. Bender and his wife.

The only known recording of Albert K. Bender can be found here. He also wrote a volume of recollections, Five Slices of Life: A Collection of Short Stories.

(Confirmation: Besides the Wikipedia page that was apparently written by a source close to Bender, the death is verified by the page on his funeral arrangements.)

参照元 : Twilight Language



メキシコ・チワワ州北部で、この世の物とは思えない奇怪な生物のミイラが発見される

人間とも動物とも違う! 完全に正体不明な「立ったままのミイラ」が発見される=メキシコ

2016.04.05

トカナはこれまでミイラ化遺体の話題を数多くお届けしてきた。人為的に加工されたものであれ、自然現象による偶然の産物であれ、それらは一目で正体を判別できるものがほとんどだ。しかし、今回メキシコで発見されたミイラは、人間か動物か、はたまたUMA(未確認動物)かエイリアンなのか、まったく正体がわからない不思議な姿をしているのだった。

2016-06-29_191804

■正体は? 立っていた? 謎だらけのミイラ

先月27日、アメリカと国境を接するメキシコ・チワワ州北部、バエ・デ・サラゴサの砂漠地帯。現地の新聞紙「El Diario」によると、地元の漁師ゴンサロ・ガルデアさんが、この世のものとは思えない奇怪な生物の遺骸を偶然発見してしまった。

2016-06-29_192015

細長い手足、曲がった胴体、そして小さな頭部――人間のような骨格だが、私たちとは何かが違う。かと言って、動物のミイラにも見えない。しかも、頭部には大きな目と牙があるのだという。すぐに警察が駆けつけてミイラの正体を突き止めようとするも、誰にも特定することができない。

謎多きミイラの噂は即座に地元住民の間へと広まり、とあるフェイスブックユーザーによって撮影・投稿されたことで、世界中の人々へと伝えられた。ちなみに、ミイラは立ち上がった状態で写真に収められているが、謎の生物が絶妙なバランスを保ったままミイラ化したとすれば、前代未聞の恐るべき現象であるとして驚嘆の声も上がっている。

現在警察が押収し、ミイラの分析が続けられているというが、結果についての公式発表はゼロ。そのことがさらなる憶測を呼び、吸血UMA「チュパカブラ」のミイラではないかと周辺住民は恐怖で夜も眠れぬ日々を送っているようだ。ちなみに第1発見者のガルデアさんは、このミイラ化遺体は付近のラ・ボキージャ湖から這い出てきた未知の生物ではないかと考えている模様。

2016-06-29_191734

果たして、人間とも動物とも異なる謎のミイラの正体とは何か? そして、本当に2本足で立ち、腰を屈めた姿勢でミイラ化したのか? 謎は深まるばかりだが、警察による公式見解が発表され次第、続報をお伝えしよう。

(編集部)

参考:「El Diario」、「codigooculto.com」、「Hoy Chihuahua」、ほか

参照元 : TOCANA


Localizan extrano cadaver en Valle de Zaragoza

El Diario | Miercoles 30 Marzo 2016 | 14:28 hrs

2016-06-29_192534

Valle de Zaragoza.- Un extrano cadaver de un ser no identificado, fue localizado por habitantes del vecino municipio de Valle de Zaragoza, en la parte seca del Lago Toronto, vaso contenedor de la presa Boquilla, en aquel territorio, al cual se denomina “El Rebalse”.

Sin mayor datos que una fotografia publicada en redes sociales el pasado 27 de marzo por un habitante de Valle de Zaragoza, identificado como Jaime Antonio Adame Pando, se presentan los restos momificados de un ser extrano. El responsable de la publicacion pregunta ¿y esto que es?.

La imagen ilustra un ser con un craneo extrano, columna ondulada y extremidades traseras ligeramente mas grandes que las delanteras, rematando en lo que parece ser una cola. Sin mayores datos para contactar con el propietario de la fotografia, queda el reporte desde Valle de Zaragoza, localizado en la red social Facebook.

参照元 : EI Diario

2016-06-29_192742

2016-06-29_192756

【衝撃映像】米オハイオ州クリーブランド上空に突如現れたハイパー円盤型UFO

【動画】米オハイオ州で「ハイパー円盤型UFO」が複数の住民に目撃される! 反重力秘密航空兵器か!?

2016.06.24

最近何かとお騒がせなアメリカ・オハイオ州の空だが、先日またしても謎の飛行物体が複数の人々によって目撃されていた。UFOの外形にもさまざまなバリエーションがあることがわかっているが、今回のUFOは我々のイメージ通りの、美しいとさえ言えるフォルムの“空飛ぶ円盤”、まさにハイパーな円盤型UFOだったのだ。

■オハイオ州クリーブランド上空に突如現れたUFO

6月10日の米・オハイオ州クリーブランド上空、ちょうど日没に向かう午後9時45分(サマータイム)頃にミステリアスな飛行物体が突如出現した。幾人かがとっさにスマホなどで動画や画像におさめたのだが、そのうちの2つがUFO研究組織である「SecureTeam10」に届けられた。

ひとつはカップルが偶然に撮影したと思われる空に浮かぶUFOをとらえた動画だ。日没が近い空に、黒くて丸い物体がフワフワと浮かび、空の彼方へと静かにゆっくりと姿を消すまでの一部始終が収録されている。カップルの声も収録されているのだが、女性の声がひどく怯えているのが気になる。動画ではあまりわからないが、この物体と空の雰囲気が相まってきわめて不気味な様相を呈していたようだ。女性の声で「回っているわ!」という発言もあって興味深い。

2016-06-29_180731

オハイオ州クリーブランド上空のUFO「secureteam10」より



「SecureTeam10」の動画でUFOを解説しているタイラー・グロッグナー氏は「風船ではない」と断言している。円盤型の硬い物体で、上方の表面はフラットな構造だが、底面には突き出た部分があるという。また機体全体がフリスビーのように回転しているのではなく、機体の周縁部にリング状の構造物があってその部分だけが回転していると考えられるということだ。

そしてフラットな表面には模様のようなものが確認できるが、これは飛行をコントロールするための回路基板ではないかという。機体にはヘリコプターやドローンのようなプロペラもなければ、ジェットエンジンらしきものも見当たらないので、おそらく反重力技術で飛行しているものと考えられるということだ。もちろん、現在の我々の技術では反重力装置はまだ実現していないことから、このUFOは人類よりも数段上の技術レベルをもつ宇宙人のものであることが濃厚だ。あるいは世間に知らされていない秘匿された技術による秘密の最新鋭機であることも考えられるのだが……。

2016-06-29_181024

■UFO出現直前にドス黒い雲が付近の空を覆う

もうひとつ「SecureTeam10」に提供された情報は、同じUFOを別の場所から撮影したスマホ画像である。

2016-06-29_181112

撮影者は付近の大学病院で看護を学んでいる女子学生ということだが、この奇妙な飛行物体を目撃するが、直ちにスマホを取り出し、最初は動画を撮影しようとしたらしい。しかし、運が悪いことにスマホのメモリが残り少なくなっており、動画だと5秒しか録れない状態にあったという。そこで女子学生は、スナップショットを撮れるだけ撮ることにした。そしてUFOがハッキリと写った2枚の画像が「SecureTeam10」へ届けられたのだ。

最初の動画と比べてみると、背景の空の色が違うことが一目瞭然である。撮影した時間が異なっていることもその理由のひとつだが、こちらの地点での撮影ではこのUFOが出現する前にドス黒い雲が付近の空を覆ったのだという。日中は晴天だったということだが、この時だけはおどろおどろしい雲が現れて竜巻のように渦を巻き、とても不気味だったいうことだ。

2016-06-29_181211

前回、トカナで紹介したオハイオ州上空の“ひし形UFO”のケースと同じように、グロッグナー氏は近隣にあるライト・パターソン空軍基地がこのUFOに深く関係しているのではないかとコメントしている。前回の件の文脈から具体的に言うならば、宇宙人の技術である反重力装置を使った米空軍の秘密の航空兵器、あるいはその試作機ということになる。

もし新型航空兵器だとすれば、“ひし型”と“円盤型”の少なくとも2種類の航空機が開発されていることになる。もはや試作機でなくすでに完成して“実戦投入”されているのかどうか、あるいはもっと別のタイプもあるのか、今後さらにこのエリアで目撃情報が続くようなら、いよいよライト・パターソン空軍基地がアヤしいということになるだろう。

(文=仲田しんじ)

参考:「Daily Mail」ほか

参照元 : TOCANA


'Oh my God... it's spinning!' Panicked residents film mysterious UFO that appeared over Ohio after 'dark clouds'

・Residents who shot video can be heard screaming in disbelief in the clip
・Footage purportedly shows UFO moving slowly and silently through sky
・Witness claims sky went dark and 'swirling clouds' emerged before 'craft'
・UFO enthusiast described object as a 'solid craft' with 'circuitry' on its top

By JAKE POLDEN FOR MAILONLINE

PUBLISHED: 14:41 GMT, 14 June 2016 | UPDATED: 17:22 GMT, 14 June 2016

Mysterious footage purporting to show a UFO moving slowly and silently through the sky over America has 'shocked' the witnesses who filmed it. The bizarre clip was captured in Cleveland, Ohio, by two people who can be heard reacting in disbelief as the black disk-shaped object 'spins' above them. The video was shot at 9.45pm and the 'craft' was purportedly captured in a series of photographs taken by another witness in the area at the same time.



3544877500000578-3641080-image-a-57_1465913952979

The truth is out there: The 'craft' was purportedly captured in a series of photographs taken by another witness in the area at the same time

The mysterious footage was sent to UFO enthusiast Tyler Glockner, who presents the popular YouTube channel SecureTeam10. Tyler said he was keen on posting the clip because the sighting was sent to him from two sources, who both claimed to have seen the same black object.

He also purports that one source told him it had been sunny prior to the sighting before 'these very strange swirling dark clouds appeared out of nowhere'.
The 'menacing' clouds allegedly appeared near to where the UFO was spotted before the source grabbed a camera and started taking snaps.
Speaking over the images, Tyler said: 'As you are seeing, this thing is no balloon. This thing is something else.

2016-06-29_184646

Odd: The bizarre clip was captured by two people who can be heard reacting in disbelief as the black disk-shaped object 'spins' above them

'We have the classic disc or saucer shape to it, it's definitely a three dimensional structure.
'It looks like a hard structure, flat on top, it's got sort of a ridged outer ring, and we can see some of the bottom of the object poking out here.'
He adds that he was particularly interested by the top, which apparently shows some sort of 'circuitry' - the kind you may see on a 'circuit board'.
The video concludes with Tyler stating that it looks like a 'solid craft', without engines or blades. He also discredits the notion that it could be a drone.

3544877500000578-3641080-image-a-57_1465913952979

Tyler Glockner, who presents the popular YouTube channel SecureTeam10, said his source who captured photographs of the 'craft' claimed swirling clouds emerged in the sky beforehand

The clip emerges on the back of an astronomer capturing mysterious footage purporting to show a massive UFO hurtling past Jupiter.
The presenter of YouTube channel TakeBackSpace TV was using a Nexstar telescope with a Sony a6000 camera to film a full moon from his house in Tampa, Florida when he spotted the 'craft'. The video, which is more than four hours long in total, was posted to the UFO Sightings Daily website, where UFO enthusiast Chris Waring commented on it.
He described the footage as 'amazing' and claimed that the UFO looked to be about the same size as the biggest moons that orbit Jupiter - around 25 per cent of the size of earth.



353D41

The clip emerges on the back of an astronomer capturing mysterious footage purporting to show a massive UFO hurtling through space and flying past Jupiter

Read more:STRANGE Skies! Silent Disc UFO Seen By Multiple Cleveland Residents 6/13/16 - YouTube

参照元 : dailymail

かつてニュージーランドに生息し、絶滅した恐鳥「モア」の生々しい手が発見される!

モア

2016-06-29_133745

モア(Moa)は、ニュージーランドにかつて生息していた鳥類で、ダチョウ目モア科に属する構成種の総称。現在ではすべてが絶滅した。恐鳥とも言う。

哺乳類が生息していなかったニュージーランド島において、6属10種以上に進化して独自の繁栄を遂げていた。草食性で、天敵はハルパゴルニスワシ以外には存在していなかったが、マオリ族のニュージーランドへの上陸後、生息地の森林の減少や乱獲により急速に生息数が減少した。

最大の種では 3メートル近い体高に成長する最大の鳥類であった。ダチョウやヒクイドリのように脚力が発達し、飛ぶことはできない。

2016-06-29_133921

分子生物学による系統関係
モアの化石からDNAを調べたところ、モアは現生のシギダチョウに最も近縁であることが判明したという。

参照元 : wiki/モア


The Mount Owen Moa

This claw is from a Moa, a flightless bird which has not been in existence for nearly 500 years, so this claw is in unbelievable shape.

2016-06-29_133311

参照元 : amazingviralpics

【閲覧注意】トルコ・イスタンブールのアタチュルク空港で爆破テロ!少なくとも32人が死亡、88人が負傷(R18指定)

トルコ・イスタンブールの国際空港で自爆テロ、多数死亡 その爆発の瞬間(動画・画像)

2016年06月29日 08時32分 JST

トルコ最大の都市イスタンブールのアタチュルク国際空港で6月28日、3人の自爆テロ犯が爆弾を爆発させ、少なくとも32人が死亡、88人が負傷した。AFPなどが報じた。

トルコのボズダ―法相は「3人の容疑者のうちの1人は自動小銃を乱射させた」と述べた。トルコの政府高官はワールドポストの取材に「警察は空港の保安検査ゲートの外側で容疑者たちに発砲した」と述べている。また、容疑者はゲート前で爆発物を爆発させたという。



「警察は国際線ターミナルの入り口でセキュリティチェックの前に容疑者に発砲し、容疑者を制圧しようとした」と政府高官は述べた。



SNSに投稿された現場の映像では、流血した負傷者がイスタンブール市内へのタクシー乗り場ターミナルの外で横たわっている。

現場の目撃者はトルコのメディア「Haberturk」に、「襲撃が起きた時、私は母親が飛行機に搭乗する付き添いで来ていました」と述べた。「私はすぐに駐車場に行き、みんなちりぢりになって逃げていきました」

トルコ最大のアタチュルク国際空港は、イスタンブールに繋がる主要国際空港だ。地元メディアによると、襲撃事件が発生した時すべてのフライトが中断し、Facebook社は周辺地域の安全確認情報を流した。

ターミナルにいた女性の話によると、国内線ターミナルの旅行者たちは親族などに電話をかけ、インフォメーションセンターに待機していた。その女性は事件発生当時、空港職員や警備が誰もいなくなったため、ニュースで最新の状況を把握していたという。

トルコはこの数カ月、観光客と警察を狙った攻撃にさらされ続けている。これまでの攻撃については’自称IS(イスラム国)の戦闘員が犯行声明を出している一方で、トルコ南部で政府と戦闘を続けるクルド人武装勢力は、他に犯行グループがいると主張している。

▼救急医療隊員が負傷者をストレッチャーで搬送する。

slide_494888_6843970_free

▼爆発が発生した後のアタチュルク国際空港入り口

slide_494888_6843972_free

▼アタチュルク国際空港の床に置かれた自動小銃

slide_494888_6843980_free

▼ターミナル内を歩く警備部隊 REUTERS/Osman Orsal

slide_494888_6843974_free

▼ターミナルから避難する乗客。

slide_494888_6843978_free

▼警察が現場を封鎖し、空港の外で待つ乗客の関係者立ち。

slide_494888_6843976_free

参照元 : The Huffington Post


Turkey: At least 10 killed in attack on Istanbul's Ataturk Airport - reports *GRAPHIC*

2016-06-29_124301

slide_494890_6843998_compressed

slide_494890_6844006_compressed

slide_494890_6844012_compressed

slide_494890_6844026_compressed

Explosions and gunfire rocked Istanbul's Ataturk Airport on Tuesday evening, with the country's justice minister reportedly saying that at least 10 people were killed in the attack. Multiple injuries have also been reported.

▼閲覧注意(R18指定)



ロシアで中世の武器が発見される

ロシアにあるバイカル湖のスポットに中世の武器が発掘されました。イルクーツク国立研究工科大学の教授アルトゥールKharinskyは、"我々がこれを発見したことは幸運です。

我々は破壊から古代冶金のこれらの異常な遺跡を発見し、保存することができた。 第二に、我々は約1000ADにさかのぼる高度な冶金技術の証拠を発見しました。

Medieval Weapons Forge Found In Russia

2016年6月27日

Archeologists walking to a beauty spot on Lake Baikal chanced across the 'unique' ancient furnaces after noticing slag and clay coating on a rough road used by tourists to access the shoreline. Tests with geophysical equipment confirmed the presence of underground structures. Two furnaces made of stone were unearthed, believed to have been used to smelt iron ore for weapons such as knives, arrowheads and quiver hooks as well as parts for harnesses, stirrups, sickles, and belt buckles. Professor Artur Kharinsky, of Irkutsk National Research Technical University, said: 'We are lucky to find this. Firstly, we managed to find and save these unusual remains of ancient metallurgy from destruction.

2016-06-29_122503

2016-06-29_122518

2016-06-29_122529

2016-06-29_122541

2016-06-29_122552

2016-06-29_122603

2016-06-29_122622

2016-06-29_122636

Secondly, we found evidence of advanced metallurgical technology dating back to around 1000 AD. We will get a more precise age of the finds after radiocarbon analysis.' The furnaces may have belonged to the Kurykan people, known as skilled blacksmiths. 'Apart from the furnaces, we found the slacks, pieces of ore and parts of a clay cover which also prove the existence of a metallurgical workshop.' The site is located on a hill several dozen metres from the lake. It seems to have been chosen for optimum wind need for the combustion process. Had the excavation not gone ahead, tourist traffic could have destroyed the site.

参照元 : liveleak

トラックを無理やり停車させ、エアガン突きつけ土下座を強要 韓国籍の不動産・土木建築業の男(55)を逮捕

“エアガン”突きつけ「土下座せえ」韓国籍の男を強要容疑で逮捕 滋賀県警

2016.6.27 22:18
 
IT_0304TMJ00085

前を走っていたトラックを無理やり停車させ、銃のようなものをつきつけ土下座を強要したとして、滋賀県警大津署は27日、強要容疑で、韓国籍の不動産・土木建築業の男(55)を緊急逮捕した。「腹が立ったので土下座させた」と容疑を認めているという。

逮捕容疑は、同日午後0時55分ごろ、滋賀県大津市稲津の路上で、京都府南丹市のトラック運転手の男性(37)が運転するトラックを停止させ、運転席に銃のようのものを突きつけ、男性に土下座を強要したとしている。銃のようなものは「エアガン」と供述しているという。

同署によると、男性がトラックで走行中、後方からあおるように車が近づいてきた。このため、男性がトラックを道路脇に寄せると、後方の車は前に回り込んで停車。男性は運転席から110番していたところ、銃のようなものを持った男が降りて近づき、「降りてこい。謝れ、土下座せえ」などと大声をあげたという。

男性は運転席から降り、要求通り土下座。男は現場から立ち去った。その後、通報で駆けつけた大津署員が周辺で、車を運転する男を発見。職務質問をしたところ、容疑を認めたため逮捕したという。

参照元 : 産経新聞




中2女子に乱暴した容疑で海上自衛隊の自衛官の男(36)を再逮捕

女子中学生を“乱暴” 海上自衛官を再逮捕

2016/06/28 00:22

2016-06-29_104557

神奈川県藤沢市の駐車場に止めた車の中で、当時中学2年の女子生徒に乱暴したとして、海上自衛隊の自衛官の男が再逮捕されました。

海上自衛隊厚木航空基地所属の三等海曹・山本伸裕容疑者(36)は去年10月、藤沢市内の駐車場に止めた車の中で、中学2年(当時13)だった女子生徒に乱暴した疑いが持たれています。警察によりますと、山本容疑者は1人で歩いていた女子生徒に言葉巧みに声を掛けて車に誘い入れたということです。

山本容疑者は去年10月、横浜市内の路上で女子大学生に乱暴したとして逮捕・起訴されています。2つの事件の手口のほか、女子生徒の話と山本容疑者の特徴が似ていることなどから逮捕に至ったということです。取り調べに対し、山本容疑者は黙秘しています。横浜市内では同様の被害が他にもあり、警察が余罪を調べています。

参照元 : テレ朝ニュース



2016-06-29_104625

2016-06-29_104701



中国・江蘇省で竜巻が発生!98人が死亡、約850人がけが

竜巻が家屋を次々に…死傷者約900人 救助活動続く

2016/06/24 17:58

2016-06-26_071819

中国で発生した巨大竜巻は家屋を次々となぎ倒し、辺りは一瞬にしてがれきの山となりました。中国・江蘇省の現場から報告です。

(登島貴之記者報告)
江蘇省の塩城市のなかの竜巻の被害が最も大きかったエリアにいます。この辺りは23日まで激しい雨やひょうが降っていたということですが、現在はやんでいます。この辺りの住宅は8000世帯以上が倒壊していて、がれきが散乱しています。竜巻の威力がかなり大きかったことが分かります。一部エリアでは停電や断水も続いています。中国メディアなどによりますと、もともとこの辺りは竜巻が発生することが多いということです。

被害状況は、これまでの死者は98人、けが人は800人以上だということです。地元の人に話を聞きましたが、「とにかく今まで経験したことのない激しい竜巻だった」と話していました。取材中に3歳の女の子が倒壊した住宅の下敷きになって亡くなったという家族に出会いました。

家族の皆さんは「がれきの中に女の子の写真が残っているんだ」ということで、必死に写真を探していました。消防は現在も懸命な救助活動を行っていますが、がれきの量が多く、難航しています。今後、死者やけが人の数が増える可能性もあります。

参照元 : テレ朝ニュース



2016-06-26_071846

2016-06-26_071855

2016-06-26_071904

2016-06-26_071914


中国・竜巻98人死亡 救助物資届かず“孤立”も

2016/06/25 17:40

2016-06-26_071427

竜巻で98人が死亡した中国の被災地では、インフラの供給が止まったまま、今も救助の手が行き届かず、孤立している地域が出ています。

中国・江蘇省で23日に発生した竜巻で、これまでに少なくとも98人が死亡、約850人がけがをし、倒壊した住宅は8000戸以上に上りました。当局は救助を急いでいますが、難航しています。

被災者:「当局の人間は誰も来てくれない。テントが欲しいが、配ってくれない」

被害が広い範囲に及んでいることから、今も停電や断水が続いているにもかかわらず、避難所の確保や救援物資が十分に行き届いていない地域もあり、住民からは不満の声が上がっています。

参照元 : テレ朝ニュース



2016-06-26_071442

2016-06-26_071450

2016-06-26_071500

2016-06-26_071514

2016-06-26_071523

2016-06-26_071533


米国のバイデン副大統領「日本は事実上、一晩あれば核兵器を製造する能力を持っている」

米副大統領「日本は一晩で核兵器を製造できる」

2016年6月23日(木)9時45分配信

20150207-04

米国のバイデン副大統領は中国の習近平・国家主席に対し「北朝鮮の核開発をこのまま放置し、その結果日本が核武装したらどうするのか」などとして北朝鮮に圧力をかけるよう求めていることが分かった。

バイデン副大統領は20日(現地時間)、米国のPBS放送に出演した際、中国側に上記のような論理を突き付けている事実を明らかにした。バイデン副大統領は「われわれは習主席に対し、北朝鮮がハワイやアラスカはもちろん、米本土まで攻撃できる核兵器の開発を進めている事実をはっきり認識するよう求めた」「それに対してわれわれが防衛システムのレベルを上げようとすれば、習主席はそれに反対し、米国が中国を包囲していると考えるようだ」などとも話した。バイデン副大統領が語る防衛システムとは、韓国と米国が韓国国内に配備を検討している高高度防衛ミサイル(THAAD)のことだ。

バイデン副大統領はさらに「われわれは中国に対し、日本が明日にでも核武装をすれば、どのようなことが起こるか理解しているのか問い詰めている」とした上で「日本は事実上、一晩あれば核兵器を製造する能力を持っている」との見方を示した。

参照元 : 朝鮮日報日本語版


中学2年の少女に売春斡旋した中国人の男(20)を逮捕「知らない男の人を相手にすることで、体も精神もボロボロになった」

中2少女に売春斡旋、中国籍の男逮捕 横浜

2016年6月22日 21:30

2016-06-23_051330

中学2年生だった少女に複数の男性との売春を斡旋(あっせん)したとして、神奈川県横浜市に住む中国籍の男が逮捕された。

児童買春などの疑いで逮捕されたのは、横浜市に住む20歳の無職の男。警察によると、男は去年2月から3月にかけて、インターネット上で知り合った当時14歳の中学2年生だった少女に、横浜市内のホテルで男性客3人と、それぞれ現金2〜3万円で売春させた疑いなどがもたれている。少女が「お金が欲しい」と男に相談し、売春の斡旋が始まったという。

報酬の大半は男が受け取っていたということで、少女は警察に補導された際、「知らない男の人を相手にすることで、体も精神もボロボロになった」と話していたという。

警察の調べに対し、男は「お金が欲しかった」と話し、容疑を認めているという。

参照元 : 日テレNEWS24



2016-06-23_051340

2016-06-23_051350

2016-06-23_051407

2016-06-23_051416

2016-06-23_051423

2016-06-23_051432



イスラム国が世界各国4000人以上の氏名や住所が書かれた名簿を公開し、名簿にある人達を殺害するよう呼びかけ!リストに69人分の日本人の情報も

リストに邦人も「イスラム国」殺害呼びかけ

2016年6月23日(木)0時15分配信

2016-06-23_045943

過激派組織「イスラム国」を名乗る組織が21日までに、世界各国4000人以上の氏名や住所など、個人情報が書かれた名簿を公開し、支持者らに対し、名簿にある人たちを殺害するよう呼びかけた。

名簿には、少なくとも69人分の日本人の情報が含まれているが、なぜ選ばれたのかなどは分かっていない。

参照元 : 日本テレビ系(NNN)

2016-06-23_045951

2016-06-23_045959




鳩山邦夫衆院議員(67)、十二指腸潰瘍で死去

鳩山邦夫衆院議員が死去 総務相や法相を歴任

2016年6月22日 11時03分

K10010565971_1606221102_1606221103_01_02

総務大臣や法務大臣などを歴任した自民党の鳩山邦夫衆議院議員が21日、東京都内の病院で十二指腸潰瘍のため、亡くなりました。67歳でした。

鳩山邦夫氏は東京都出身で、衆議院福岡6区選出の当選13回。祖父は鳩山一郎元総理大臣、父は鳩山威一郎元外務大臣、兄は鳩山由紀夫元総理大臣です。

田中角栄元総理大臣の秘書を経て、昭和51年の衆議院選挙に旧東京8区から立候補し、初当選しました。宮沢内閣で文部大臣として初入閣したあと、平成5年に自民党を離党し、旧新進党を経て、平成8年には兄の鳩山由紀夫元総理大臣らと旧民主党の結党に参加し、副代表も務めました。

その後、平成12年に自民党に復党してからは衆議院議院運営委員長や法務大臣、総務大臣などを歴任しました。

鳩山氏の言動は数々の論争を巻き起こし、法務大臣の当時には死刑を執行した死刑囚の名前の発表に踏み切りました。

一方、総務大臣を務めた際には「かんぽの宿」などの施設の売却や、東京中央郵便局の建て替えなどを巡って、日本郵政と対立し、社長人事は政府・与党を巻き込む問題に発展し、最終的に辞任に追い込まれました。 また、鳩山氏は、ちょうの収集家としても知られていました。

鳩山氏は自民党内で、みずからが会長を務める派閥横断の議員グループを作るなどして活動を続けていましたが、21日昼、東京都内の病院で十二指腸潰瘍のため、亡くなりました。

鳩山氏の死去に伴って、衆議院福岡6区では公職選挙法の規定に基づき、ことし10月23日に補欠選挙が行われる見通しです。

兄の鳩山元首相「残念でならない」

鳩山邦夫衆議院議員の兄の鳩山由紀夫元総理大臣は「突然の訃報を聞いて、大変に驚いています。2週間ほど前に、東京都知事選挙に弟の立候補を期待している人がいたので打診したが、『今はその気はないよ』との返事だった。それが弟との最後の会話になってしまった。

弟は、私にとって政治家の先輩であり、運命のいたずらで、時には意見を異にすることがあったが、常に目標であり自慢の存在だった。主要閣僚を歴任し、蝶を愛し、自然を愛する弟が、より高い立場から日本の将来や環境問題などに真剣に取り組んでくれることを期待していただけに、残念でならない。政治一筋に生きてきた弟が、政治という責任から身も心も解放され、安らかに永眠することを祈っています」というコメントを発表しました。

参照元 : NHKニュース


鳩山邦夫氏、げっそりと痩せ…死因は十二指腸潰瘍

2016/06/22 16:50

2016-06-23_014707

げっそりと痩せ細った姿に永田町でも驚きが広がっていました。「政界のサラブレッド」とも呼ばれた自民党の鳩山邦夫衆議院議員が亡くなりました。67歳でした。

参照元 : テレ朝ニュース



2016-06-23_014720

2016-06-23_014732

2016-06-23_014742

2016-06-23_014753

2016-06-23_014807

2016-06-23_014822

2016-06-23_014830

2016-06-23_014840

2016-06-23_014902

2016-06-23_015002

2016-06-23_015018

2016-06-23_015027

2016-06-23_015041

2016-06-23_015049

2016-06-23_015058

2016-06-23_015105


IS戦闘員が母親の目の前で4歳娘の首を切断!泣き叫ぶ母親に命じられたのは「娘の血に手を浸せ」という容赦ない言葉

4歳少女を斬首したIS戦闘員 母親に「娘の血に手を浸せ」と命令(シリア)

2016/6/21 18:17

aeef3bf24266a2f8468fef7fe0db5f4b

IS(イスラム国)が「首都」と称するシリア北部ラッカで、IS戦闘員が母親の目の前で4歳娘の首を切断した。IS支配地から逃げることに成功したシリア出身の母親が重い口を開いた。

「遊ぶのをやめて家に帰りなさい。神に誓うわ。もし帰らないのならあなたの首を切断するってね。」

母親が4歳の娘に発したそんな言葉を、偶然近くにいたIS戦闘員が耳にした。娘が母親の言葉に耳を貸さず遊び続けたのを見たその男は「神に誓ったのであれば、娘の首を切断しなければならない」と強要。

母親は断固として拒否したが、娘はラッカの処刑場“Al-Naeem square”に連れて行かれ、母親の目の前で斬首されたという。泣き叫ぶ母親に命じられたのは「娘の血に手を浸せ」という容赦ない言葉だった。

母親はラッカの様子をこう語る。

「“Al-Naeem square”処刑場から続く“Tal Abyaz”ストリートまでは見せしめとして人間の頭部が置かれ、手足を切断された遺体などであふれていました。人々に恐怖を植え付け統治するのが目的です。」

「女性はレイプされ、子どもは戦闘員として連れて行かれる。ISに参加するのを拒否した若者やIS戦闘員と結婚するのを拒否した娘は殺され、その家族の首は切断されるのです。」

昨年にはイラク北部の都市モースルで息子を捕虜にされた母親が、IS戦闘員に息子を切り刻んで料理した肉を振舞われたとしてISの残虐さを訴えていた。

イギリスに拠点を置く非政府組織「シリア人権監視団(Syrian Observatory for Human Rights)」は今年3月、2014年以来2100人以上のシリア人がISによって処刑されたと報告している。

出典:alalam

(TechinsightJapan編集部 A.C.)

参照元 : Techinsight



日本は超重税!世界第2位!福祉超充実国家のスウェーデンよりも税負担が大きい国

日本は2位にランクイン!世界で最も「税金が高い国」トップ10

2015.08.11

shutterstock_120173980

再来年の4月には、消費税が10%に上がります。日本に消費税が導入された当初の3%という数字にくらべると、だいぶ高く感じますね。

ご存知のとおり、税金には消費税以外にもさまざまな種類があり、税率も世界各国によって大きく違うもの。

そこで『ABC News Point』が明らかにした、2015年現在において世界でもっとも税金が高い上位10ヶ国をご紹介しましょう。

なお、ここでは法人税、給与税(源泉徴収税など)、個人所得税、売上税(消費税)といった4種類を基準にランキングをつくっており、税金と国の豊かさについても述べられています。

■10位:オーストリア

オーストリアは中央ヨーロッパにある内陸国で、人口は850万人以上。ヨーロッパの大国の間に位置する連邦共和国です。

1人あたりのGDPが44,475ドルと高い生活基準を有する国であり、世界でもっとも豊かな国のひとつ。しかし税率は25%と、世界でもトップクラスの高さです。

■9位:ベルギー

ベルギーは1,100万人以上の人口を持つ西ヨーロッパの主権国家。連邦立憲君主国家であるこの国は、世界でもっとも高税率な先進国のひとつです。

法人税で33.99%、連邦税は55%、地方税は9%。そしてこれらを含む所得税は最大で64%、さらに給与税が37.84%で消費税は21%と、非常に高税率となっているのです。

ベルギーはここ数年でめざましく成長し、産業部門を含むすべての部門で大規模な発展がみられます。

■8位:オランダ

西ヨーロッパに位置するオランダは、オランダ王国の主要構成国として考えられています。人口密度の高いこの国は、食品と農産物において世界で2番目に大きい輸出国であり、選出議会を初めて持った国でもあります。

国民の幸福度が世界第4位のオランダは、法人税25%、最大所得税52%、消費税21%(ただし生鮮食品は6%)と、世界でもっとも税金が高い国でもあります。

■7位:デンマーク

ペニンシュラやユトランドなどを含む443個もの半島と、さらにその他の群島から構成され、560万人以上の人口を有するデンマーク。

教育、健康、繁栄、生活水準、人間開発などのすべての分野において成長している先進国のひとつですが、非常に税金が高い国でもあります。

法人税23.5%、最小所得税46.03%、給与税8%に売上税25%、さらに最大所得税は61.03%と高い税率になっています。

■6位:スウェーデン

北欧スウェーデンは、スカンジナビア半島の3国のうちのひとつ。人口は970万人近くに及び、EUのなかで3番目に大きい国です。近年、世界的に見ても税金が高く、法人税22%、最大所得税59.7%、給与税32.42%、そして売上税は25%。

1人あたりの国民所得は、世界で第8位。生活と教育において高い水準を保っており、さらに平等と繁栄を両立しています。

■5位:アイルランド

アイルランドはイギリス領の北アイルランドを縁取るように位置する北西ヨーロッパの主権国家。1人当たりのGDPが1年間で48,787ドルという高い水準から、世界でもっとも豊かな国のひとつとして格づけされています。

法人税12.5%、最大所得税40%、サービス税9%〜13.5%、消費税23%、そして給与税は0%〜11%と、厳しい税制を導入していることでも有名。

なお、アイルランドの一連の自由主義経済政策は、急速に経済成長を支えました。

■4位:フィンランド

フィンランド共和国は北ヨーロッパに位置するスカンジナビア諸国のひとつで、人口はおよそ550万人と、ヨーロッパ連合で8番目に大きい国でありながら人口密度が低い国でもあります。

税率は法人税が20%、最小所得税7.71%に最大所得税61.96%、給与税は平均で20.64%、また14%の消費税と10%の宿泊税を含む売上税は24%となっています。

1人当たりの国民所得が高い国でもあるフィンランドは、世界でもトップクラスの人間開発指数を誇り、もっとも発展した先進諸国のなかにランク入りしています。

■3位:イギリス

イギリスは欧州本土の北西海岸を区分しているヨーロッパの主権国家で、人口は6400万人以上、世界で22番目の人口密度を有する国です。その実り多い経済政策に伴う名目GDPで、世界でトップ5の経済大国でもあります。

法人税40%、給与税15.3%〜3.8%、売上税0%〜11.725%がかかりながら、連邦税と地方税を含む最大所得税は55.9%と、世界トップクラスに税金が高い国に名を連ねています。

■2位:日本

東アジア諸国のひとつで太平洋に位置し、技術大国としても知られる日本。名目GDPで世界第3位の経済大国であり、輸出国としては第5位、国家ブランド指数においては世界1位を誇ります。

法人税は38.01%、最小所得税15%、最大所得税50%、給与税は25.63%で消費税は8%と世界で税率がもっとも高い国のひとつです。

■1位:アルバ

アルバは西インド諸島の南端部、南米ベネズエラの北西沖に位置する島で、オランダ王国の構成国です。

法人税28%、最小所得税7%、売上げ税は総売上高の1.5%がかかりながら最大所得税58.95%という税率です。生活水準はカリブ海地域のなかでも最高で、観光客の1番の旅行先となっています。


日本が2位にランクインしていることに驚いた方も多いのではないでしょうか?

税金が高い国にはメリットもデメリットもありますし、国の豊かさと暮らしやすさが比例していると一概にはいえません。しかし自国だけでなく世界中の国々に目を向けることで、税金に対する考え方も変わってくるはずです。

(文/スケルトンワークス)

【参考】※Top 10 Highest Tax Paying Countries 2015−ABC News Point

参照元 : suzie

2016-06-21_204921

2016-06-21_204936

2016-06-21_204950


実は日本は超重税、福祉超充実国家のスウェーデンよりも税負担が大きい!

租税・社会保障負担率

日本 28.8%
スウェーデン 51.6%

この数字だけ見るからスウェーデンは重税国家と言われるが、ここから社会保障給付費や公財政支出教育費を差し引いた修正国民純負担率は、

日本 14.0%
スウェーデン 11.9%

逆に日本の方が大きくなる。つまり払った額から返ってくる分を引くと、日本の方が負担が大きいのである。

つまり、

北欧の 高福祉 高負担
欧米の 低福祉 低負担

日本はその悪いところだけを合わせた低福祉 高負担

日本の不況の原因は消費税増税、社会保障増負担で中流以下底辺で購買力が削がれているのが根本原因。

日本の低福祉 高負担は非正規、零細自営で全額負担で更に強まっている。

日本の社会保障は終身雇用とかで会社が担って来た。昔からそれ以外が手薄だった。それが非正規の増加で大きく表面化した。

★そしてタックスヘイブンに大企業・富裕層の金が年55兆円も流出している。

★大企業は法人税率や所得税の累進課税のアップをすればシンガポール等のタックスヘイブンに大企業や富裕層が逃れると脅し今の歪んだ徴税や社会保障負担にに変わっていった。

税金が安い国
10 Luxembourg21.0
14 Hong Kong SAR 24.2
18 Singapore 27.9
22 Switzerland 28.9
35 Korea, Rep33.7
47 United Kingdom35.3
48 New Zealand 35.6
58 Netherlands39.1
66 Norway41.6 ⇒ このあたりが中央値
67 United States42.3

税金が高い国
75 Canada 45.4
81 Greece 47.4
87 Russian Federation 48.7
89 Australia 50.3
90 Germany .50.5
99 Sweden.54.5(老後は天国)
101 日本55.4(老後は地獄)

img_0_m (1)



米・マサチューセッツ州の高校生がアサガオの種を飲んで失神!アサガオの種にLSDと同じ幻覚成分

アサガオの種にLSDと同じ幻覚成分!? 米国ティーンエイジャーが興じるヤバすぎる遊戯とは?

2016.06.18

英紙「Daily Mail」(5月5日付)によると、現在アメリカのティーンの間では、思いもよらない品物が新たなパーティードラッグとして注目を集めているという。

■アサガオのタネを飲み込んで失神

夏の朝、庭先を涼やかに彩る大輪の花――アサガオ。だが、そんな瑞々しい姿形とは裏腹に、そのタネに毒が潜んでいることを知る人は少ないのではないだろうか。といっても、すべてのアサガオが危険なわけではなく、オオバアサガオ、ソライロアサガオといった、いわゆる西洋朝顔やスリーピーグラス(眠り草)に注意が必要とのことだ。

先月、マサチューセッツ州で地元の高校生が意識不明のまま病院に担ぎ込まれるという事件が起きた。彼らはパーティーでハイになろうとして、自宅の庭に咲いていたオオバアサガオのタネを飲み込んだところ、強烈な拒絶反応を引き起こし、失神してしまったのだ。若さゆえとはいえ、一歩間違えれば命も落としかねない愚行といえよう。

実は、オオバアサガオのタネには「リゼルグ酸アミド(LSA)」というLSDに似た成分が含まれ、幻覚症状を引き起こすことで知られている。そのような作用があることが最初に発見されたのは1960年代で、当時からアサガオのタネでトリップする若者は後を絶たなかったといわれている。

2016-06-21_034923

タネを丸ごと飲みくだしたり、潰してコーヒーやお茶に混ぜたりすると幻覚剤になるという。空間を歪ませ、現実と仮想の見分けがつかなくなり、時間の感覚もなくす――。効果が発現すれば、摂取後30分から長ければ12時間のトリップが継続する。また極度の多幸感、反対に疲労感を感じることもあるということだ。

疲れるくらいならまだいいが、多量に摂取すると吐き気や腹痛、下痢をもよおし、最悪の場合にはフラッシュバックや奇行のパラノイア状態に陥るといわれている。ちなみに、LSAの幻覚成分はLSDの効力の1割弱にすぎない。

■ホームセンターでは植物のタネの販売自粛も

事態を重視した地元警察が市内の中学、高校を一斉に捜索したところ、生徒のロッカーから、これらの植物のタネがいくつも発見されたと報告されている。

「風変わりなものを利用して、ハイになろうとするのは初めてのケースではありません。一部の人々は、観賞用植物さえトリップするための小道具に使いたがるのです」(マサチューセッツ州シーコンクの警察署長クレーグ・メイス氏)

実際、アサガオのタネを取り締まるのは一苦労だ。気軽なパーティードラッグとして出回る背景には、自宅の花壇で栽培できたり、園芸店で購入する際も怪しまれないというのが大きく影響しているだろう。そのため、今回の警察発表を受け、現地のホームセンター「ホーム・デポ」ではガーデニング用の植物のタネを店の棚から撤去するという自粛騒ぎにまで発展している。

もちろん、アサガオのタネを購入すること自体は合法だ。だが、トリップするためにLSAを抽出しようとすれば違法となる。残念ながら、日本のウェブサイトでもLSAの抽出方法について話題になることがあるようだ。すべて自己責任とはいえ、自らの健康を危険にさらす行為は、怖いもの見たさでは済まされないはずだ。

2016-06-21_035038

■ホームセンターでは植物のタネの販売自粛も

事態を重視した地元警察が市内の中学、高校を一斉に捜索したところ、生徒のロッカーから、これらの植物のタネがいくつも発見されたと報告されている。

「風変わりなものを利用して、ハイになろうとするのは初めてのケースではありません。一部の人々は、観賞用植物さえトリップするための小道具に使いたがるのです」(マサチューセッツ州シーコンクの警察署長クレーグ・メイス氏)

実際、アサガオのタネを取り締まるのは一苦労だ。気軽なパーティードラッグとして出回る背景には、自宅の花壇で栽培できたり、園芸店で購入する際も怪しまれないというのが大きく影響しているだろう。そのため、今回の警察発表を受け、現地のホームセンター「ホーム・デポ」ではガーデニング用の植物のタネを店の棚から撤去するという自粛騒ぎにまで発展している。

もちろん、アサガオのタネを購入すること自体は合法だ。だが、トリップするためにLSAを抽出しようとすれば違法となる。残念ながら、日本のウェブサイトでもLSAの抽出方法について話題になることがあるようだ。すべて自己責任とはいえ、自らの健康を危険にさらす行為は、怖いもの見たさでは済まされないはずだ。

アサガオのタネでトリップ――。これは周期的に若者を中心として流行する類いのアブナイ遊びなのかもしれない。こんなことでアサガオのタネが買いにくくなると、まっとうな園芸家には大きな迷惑だろう。そのうち日本でも花のタネを買うのにIDが必要になる日が来るとしたら、なんとも面倒な話だ。

(文=佐藤Kay)



参考:「Daily Mail」、「Oddity Central」、ほか

参照元 : TOCANA


アサガオの種にLSDと同じ幻覚成分があった!アメリカでは問題化し始めたその実態。

2016年06月18日

アサガオのタネを飲み込んで失神

2016-06-21_035857

マサチューセッツ州で地元の高校生が意識不明のまま病院に担ぎ込まれるという事件が起きた。

彼らはパーティーでハイになろうとして、自宅の庭に咲いていたオオバアサガオのタネを飲み込んだところ、強烈な拒絶反応を引き起こし、失神してしまったのだ。

何故アサガオの種で失神?

2016-06-21_040029

オオバアサガオのタネには「リゼルグ酸アミド(LSA)」というLSDに似た成分が含まれ、幻覚症状を引き起こす

幻覚成分を含むアサガオの種類

2016-06-21_040114

オオバアサガオ、ソライロアサガオといった、いわゆる西洋朝顔やスリーピーグラス(眠り草)

服用方法

2016-06-21_040147

タネを丸ごと飲みくだしたり、潰してコーヒーやお茶に混ぜたりすると幻覚剤になる

「リゼルグ酸アミド(LSA)」の効果

空間を歪ませ、現実と仮想の見分けがつかなくなり、時間の感覚もなくす

極度の多幸感、反対に疲労感を感じることもある

持続時間

2016-06-21_040259

摂取後30分から長ければ12時間のトリップが継続する

副作用

2016-06-21_040339

多量に摂取すると吐き気や腹痛、下痢をもよおし、最悪の場合にはフラッシュバックや奇行のパラノイア状態に陥る

含有幻覚成分の比率

LSAの幻覚成分はLSDの効力の1割弱

アメリカでの対応

現地のホームセンター「ホーム・デポ」ではガーデニング用の植物のタネを店の棚から撤去するという自粛騒ぎにまで発展している。

日本では

日本のウェブサイトでもLSAの抽出方法について話題になることがある

アサガオの種にLSDと同じ幻覚成分!? 米国ティーンエイジャーが興じるヤバすぎる遊戯とは?

got stoned?: リゼルグ酸アミド抽出法 リゼルグ酸アミド(LSA)はLSD類似体であり、幻覚剤である。

参照元 : NAVER

33DF661000000578-3575339-image-a-9_1462463830508

秘密結社イルミナティ13人最高評議会No.2の柴田政人氏とは何者なのか?

秘密結社イルミナティ13人最高評議会No.2の柴田政人って一体誰?

2030a336cecbb07426c4d62380021570

宇宙への旅 立ちより【転載】

wantonさんのブログに下記の内容のものをコピペして記事にしたら、パソコンが急におかしくなってしまったという記事があった。

今年の8月27日14時に秘密結社イルミナティ13人

最高評議会No.2であり極東左翼組織No.1の柴田政人氏と、警察庁長官、公安調査庁長官、警察庁長官官房統括審議官が、柴田政人氏の呼び出しにより、新宿駅地下のとある場所で密談をしていた模様。その他、自由民主党の幹部達が入れ代わり、最後に現れたのが最高裁判所長官だった。

柴田政人氏が世界各国のマフィアを束ねる極東左翼組織の副会長達は、日本国の警察庁長官、公安調査庁長官、最高裁判所長官、警察庁長官官房統括審議官、法務省政務次官が極東左翼組織No.1の柴田政人氏が会長を務める副会長達であった。

柴田政人氏は、天皇家の後継者と噂がある秋篠宮殿下を呼び出しており、秋篠宮殿下は極東左翼組織の副会長11名に属していた。柴田氏の情報は他にも・・・。今現在、日本国の全ての銀行を握っているのは、この柴田氏だという。

(転載終わり)

秘密結社イルミナティ13人最高評議会No.2って、あのユダヤのトップのサンヘドリンの13人の長老の事?

で、この柴田政人ってユダヤ人なわけ?または世界中の爬虫類人ランクの中でNo.2って事?

まあ、この日本も立派なユダヤ国家という事ですな。日本人の国なんて思ったら大間違いだよ。日ユ同祖論なんて流行っているけど、日本のトップの皇族貴族だけがユダヤの血(または爬虫類人の血)を持っているだけで、一般人はゴイム(人間家畜)なわけさ。

で、この柴田政人って何者なのか?と、まずは画像をグーグルしてみたが、まったく見つからなかった。こいつの存在は、相当極秘な事らしい。一般市民に、日本はユダヤのトップの13長老に操られていた!なんて知られたらユダヤとしては堪らないもんね。

次は、一般のサーチをしてみた。そしたら結構おもしろい記事を見つけた。内閣府という名前でインサイダーしか知りえない情報を載せていたのだ。以下にそのサイトのアドレスを載せておく。wantonさんの様に、コンピューターがおかしくなってしまっても、私は一切、責任を持ちませんから、あしからず。

秘密結社イルミナティ13人最高評議会最高責任者,柴田政人氏48歳の権力と素顔の暗黒組織bbs

秘密結社イルミナティ最高血族13人最高評議会No.2極東左翼組織No.1の柴田政人氏48は、この世界最高峰の秘密結社の中でもルシファーに魂を提供した危険な悪魔そのもの。今現在では、No.1のロスチャイルド血統一族最高筆頭ダビッド・ロスチャイルド氏も恐れる存在に。

他のNo.持ち、世界1の商船王オナシス氏、世界1の不動産王のジョン・トッド氏彼らも、この秘密組織の13人最高血族最高評議会のNo.持ちなのです。個人個人があらゆる組織を配下に持っている中で極東左翼組織No.1の柴田政人氏48は、この世界最高峰の秘密結社の中で1番年齢が若い。ロスチャイルド血統一族に認められ、この若さで世界最高峰の秘密結社のNo.2の権力を保有している。

今現在の世界の大統領のトップはロシアのプーチン大統領、そのプーチン大統領がモスクワに於いて、現在のイルミナティの悪魔がルシファーに最も近い存在と言葉を吐いている。今、地中海近郊での鍵を握っているのは極東左翼組織、上部組織のイルミナティでも極東左翼組織を停める事は出来ない。

現在は地中海近郊での戦争も、オリンピック招致が日本に決まれば、アジアでの戦争が始まるとプーチン大統領、オバマ大統領が言葉を濁す。極東左翼組織は第三次世界大戦を視野に日本を解体する様に秘密結社イルミナティ神聖会パリサイ派ラビ集団13人最高血族最高評議会よりのNo.1ダビッド・ロスチャイルド氏からの命令を実行している。この地球上でロスチャイルド血統一族を敵に回す人物は存在しない。ロスチャイルド血統一族の中にロックフェラー家が存在している。

アメリカのマイクロソフト社も現在では、ロスチャイルド血統一族のアメリカ支店に過ぎない。あのリーマンと同様、日本国にもロスチャイルド血統一族の支配下に在るのが((株))日本銀行である。

日本経済の日本政府の動きそのものは秘密結社イルミナティ神聖会パリサイ派ラビ集団最高血族最高評議会No.1からNo.13迄の支配下にある33評議会、その傘下組織300委員会(現在のフリーメーソングランドマスター)の指示の基に国連が動いている。日本国の天皇家でも300委員会のメンバーに過ぎない。日本が国連の常任理事国に昇らない限り33評議会に日本の今上天皇が昇格する事は無い。

アメリカのオバマ大統領は、この秘密結社には未だに入る事も許されていない。大統領だからと言って、この秘密結社に入れるとは限らない。日本人でイルミナティの13名の中に、それもNo.2として君臨している日本人はイルミナティ創設以来存在していない。

どの様な経路で柴田政人氏48歳が秘密結社イルミナティ神聖会パリサイ派ラビ集団最高血族最高評議会No.2に抜擢されたかは未だに謎である。

(転載終わり)

参照元 : 生きる力 " ゲンマイ "


秘密結社イルミナティ神聖会13人最高評議会No.2極東左翼組織最高責任者柴田政人氏の動きが日本政府の驚異的

極東左翼組織最高責任者柴田政人氏48歳は、既に、自由民主党、日本政府を飲み込んでいる。それは自由民主党本部その物が極東左翼組織最高責任者柴田政人氏の配下組織として、所謂、日本政府の裏組織として君臨しはじめた。理由としては、秘密結社イルミナティ13人最高評議会No.1〜No.6迄は秘密のベールに包まれている。

No.7〜No.13迄のメンバーは日本国天皇家に一目置いた動きをしているが、No.1〜No.6にかけて、特に日本人としてNo.2に君臨する極東左翼組織最高責任者柴田政人氏48歳に天皇家が口出しすら出来ない。何故なら秘密結社イルミナティ13人最高評議会No.1がダビッド・ロスチャイルド氏が次期No.1にはNo.2極東左翼組織最高責任者柴田政人氏に最高権力を与えると組織全体に命令した。

秘密結社イルミナティ13人最高評議会パリサイ派ラビ集団配下組織として飲み込まれた、フリーメーソングランドマスター達からみても、秘密結社イルミナティ13人最高評議会No.2極東左翼組織最高責任者柴田政人氏48は、この最高峰の秘密結社の中でも別格と言葉を吐く人達が全てと言える。柴田政人氏の日本での動きを観ても別格と言える。

日本政府は勿論の事、日本国の中枢である霞ヶ関の上席官僚を陰で操り、その上席官僚の中でも日本国最高峰、最高裁判所長官、警察庁長官、公安調査庁長官、以下、全ての省官庁の統括審議官、統括参事官を手駒扱いと言える。

我々内閣府も同様である。内閣府の頂点と言えば、内閣総理大臣が当たり前なのですが、その内閣総理大臣ですら柴田政人氏48歳、秘密結社イルミナティ13人最高評議会No.2極東左翼組織最高責任者に対して、口を出した瞬間に内閣総理大臣の椅子を剥奪されてしまう。

それは現実なのです。柴田政人氏が秘密結社イルミナティ13人最高評議会No.4時代に日本国は福田政権時代、あっさり柴田政人氏の福田は終わりとの一言で内閣総理大臣のポストを明け渡す結果になってしまいました。今現在では日本国の天皇家皇居内部にアポ無しで素通りする人物は柴田政人氏以外存在しない。

柴田氏の一言で日本政府、或いは日本経済の行方に大きな影響を及ぼす事は当たり前なのですが、最近、日本政府の代表、安倍内閣総理大臣が秘密結社イルミナティ13人最高評議会No.2極東左翼組織最高責任者に対して、日本経済の為に、日本政府の立て直しに必用な資金、30兆円の貸付に参議院議員選挙戦前に動いたが、日本国に出すつもりは無いと拒絶されてしまった。

現在、日本政府の金庫番でもある、株式会社日本銀行の借金の返済が出来ない、日本国に資金を投入する理由が無いと、株式会社日本銀行の筆頭株主は秘密結社イルミナティ13人最高評議会パリサイ派ラビ集団のはずと、日本政府には2%の株式しか存在しない。

残りの株式の98%は秘密結社イルミナティ13人最高評議会パリサイ派ラビ集団のものと、No.2の柴田政人氏に言い切られた。まず日本国は借金を返還するべきと内閣総理大臣、内閣官房長官が追い払われた。

現在、日本国天皇家が秘密結社イルミナティ13人最高評議会パリサイ派ラビ集団に話し合いを持ち掛けたとの情報が有りましたが、秘密結社イルミナティ神聖会13人最高評議会No.2極東左翼組織最高責任者柴田政人氏に天皇制の廃止が条件付きと内閣府にも話が伝わって来た。

柴田氏は今後、自由民主党本部その物を、どの様に扱うのかが内閣府としても観察して行きたい所なのですが、柴田政人氏と言えば、もうひとつの顔が在りますが、壊し屋との声が永田町でも代議士、国会議員、日本経団連の中でも有名な話です。

過去、日本人が秘密結社イルミナティ神聖会13人最高評議会のNo.持ちに成ったのは柴田政人氏48歳、本籍地を永田町に持ち千代田区神田小川町に住所を持ち、日本人で有りながら日本人の声を聞かない。何故なのでしょう。

以前から話して言える事は、日本人は自分が良ければとか、真実に向き合わないとはなされていた事を思い出しましたが、日本ではマスメディアの行き過ぎた、中華人民共和国や大韓民国、北朝鮮に対しての良い面の報道をしないなどを指摘されても日本が変わろうとしない限り、柴田政人氏は日本を解体すると話されていた事が内閣府としても同様に思えます。

参照元 : 秘密結社イルミナティ神聖会13人最高評議会No.2極東左翼組織最高責任者柴田政人氏の動きが日本政府の驚異的bbs


イルミナティが天皇中心の世界統一政府を樹立しようとしていることを裏付ける幾つかの客観的事実。

昨日は、ネット上に流れている「イルミナティ」に関する情報と、RAPT理論との奇妙な符合について簡単にご説明しました。

イルミナティという悪魔崇拝組織が、現実に存在しているという確固たる証拠。

このブログを長く読んでくださっている方であれば、私が特に「イルミナティ」について調べようと思ってこのブログを書いてきたわけではなく、ただ単にこの世のカラクリを詳しく調べ上げてきたに過ぎないことをお分かりいただけるはずです。

にもかかわらず、ネット上で溢れている「イルミナティ」に関する情報と、私の調べてきたこととが余りにもぴたりと一致している……という事実に、私自身も驚きを禁じ得ませんでした。

ということで、今日もまた「イルミナティ」についてのお話をしたいと思います。

私が生まれて初めて「イルミナティ」の存在を知るきっかけとなったのは、「フリッツ・スプリングマイヤー」という人の書いた「イルミナティ悪魔の13血流」という本でした。その本が以下になります。

イルミナティ 悪魔の13血流―世界を収奪支配する巨大名家の素顔

この本には、どんな人物たちが「イルミナティ」に中心的に関わっているのか、かなり具体的に書かれています。

−−−−−−−−−−−−−−−−(以下、こちらから転載)

『イルミナティ悪魔の13血流』の著者フリッツ・スプリングマイヤーによれば、イルミナティの中枢は特定のファミリーによって構成されているという。

このファミリーは黒魔術を実践することで、そのパワーを得ている。彼らの思想は基本的にグノーシスであり、バビロニア的カバラ(古代神秘思想)である。

(註: カバラというと、一般的にはユダヤ思想と考えられていますが、実は日本の「密教」とも類似性のあることが指摘されています。なぜ類似しているのか、今さら説明するまでもないと思いますが、詳細を知りたい方はこちら)

グノーシスは、すでにいろいろなサイトで紹介されているので、それを参考にしてもらいたい。簡潔にいえば、グノーシスは古代神秘思想全般を指し、その多くがオカルト魔術である。

(註: グノーシスについては後に重要なお話をします。)

例えば、カバラ、ミトラ教、マニ教、錬金術、スーフィ、ヘルメス哲学、ドゥルイド魔術、ルーン魔術などがあるが、西欧キリスト教思想からすれば、これらは異端の部類に入り、すべてグノーシスとして扱われる。ちなみにルシファー信仰もグノーシスの範疇である。

イルミナティに君臨する特定のファミリーの系譜を遡ると中世イタリアのベニスに辿りつく。ベニスはフェニキア人の町であり、彼らはベニスで「黒い貴族」として栄えた。

(註: フェニキア人とはアルファベットの原型をつくった民族であり、旧約聖書の民・カナン人の子孫です。詳しくはこちら)

以後、彼らはベニスからスイス、ロシア、ロンドン、アムステルダムへと移っていった。ベニスの黒い貴族たちはいくつも枝分れしていき、無数のファミリーを形成した。一部が現在の英国王室にも繋がっている。

(註:「ベニスの黒い貴族」が何者なのかは諸説紛々としていますが、結局のところ、昨日の記事にも書きました通り、「ドルイド教」を信じるカルト集団ということになるでしょう。一応、表向きには以下のリンクような解釈がされています。)

ベネチアの黒い貴族とは誰なのか? – るいネット

1776年にはドイツのアダム・ヴァイスハウプトが、ロスチャイルドの支援を受けてババリア・イルミナティを結成した。このババリア・イルミナティであるが、彼らはNWO=新世界秩序を目指した。

(アダム・ヴァイスハウプト)
「教団の真の目的は世界を支配することである。これを達成するため、教団はあらゆる宗教を破壊し、すべての政府を打倒し、私有財産制を撤廃しなければならない。」

(註: 「アダム・ヴァイスハウプト」についての詳細は以下のリンクをご覧ください。)

イルミナティに関する幾つかの考察。

ババリア・イルミナティは結成後間もなく、彼らの秘密計画がババリア政府にバレてしまい、弾圧を受けた。そのため、イルミニストは追われる身となったが、ヨーロッパのファミリーの庇護を受け、その後、地下に潜り、活動を続ける。

イルミナティは今でも存在しており、その会員は各国の要人、富豪、貴族、学者などによって構成されているという。イルミナティは9位階に分類され、その最高位階「王」(king)であり、この「王」の位には特定のファミリーが君臨している。

(ウィンストン・チャーチル)
「ヴァイスハウプトの時代からカール・マルクスその他まで・・・・この世界的な陰謀(文明を破壊し、発達の抑圧と悪意の妬み、実現不可能な平等を基礎に社会を再構築しようとする陰謀)は着実に大きくなっている」

共産主義はイルミナティが作ったものであるが、チャーチルは、イルミナティが作った共産主義が文明を破壊する危険な思想であることを警告している。

共産主義はイルミナティの思想を具現化したものであり、決して我々が知る「平等で安心して暮らせる社会=共産主義」ではない。イルミナティが目指す共産主義とは、平等という名の「奴隷社会」である。

(註: 共産主義を作ったのは「天皇派」の悪魔崇拝者たちです。詳しくは以下のリンクをご覧下さい。)

東西冷戦とはバチカンと天皇の権力闘争でした。

そもそも左翼の本源が何処から来ているのか。それはイルミナティの思想から来ているわけで、イルミナティ結成日が、どんな日なのかを考えればすぐにわかる。イルミナティ結成日は5月1日であり、この日は現在、メーデーであり、労働運動の日である。

(註: 5月1日は、古代ケルト人のベルテーンの祝祭日です。この祝祭日に、彼らは「バアル」に栄光を捧げました。詳しくは以下のリンクをご覧下さい。)

ハロウィンももともと悪魔崇拝者たちの行う生贄儀式でした。ハロウィンとバアルと秦氏と大正天皇との奇妙なつながり。

さて、話を元に戻す。スプリングマイヤーによればイルミナティの頂点に君臨しているファミリーは、イルミナティ13血流と呼ばれており、13家族存在する。

13家族の各ファミリーは、アスター家、バンディ家、コリンズ家、デュポン家、フリーマン家、ケネディ家、李家、オナシス家、ロックフェラー家、ロスチャイルド家、ラッセル家、ファン・ダイン家、ダビデ血流である。

この13家族がイルミナティの頂点に君臨している。さらに13家族に従属する形で、影の世界政府が存在しており、影の世界政府は、行政、司法、立法に分類できるという。

(影の世界政府)
行政部門:13人評議会(新世界秩序を指揮)
司法部門:サンヘドリン(古代ユダヤ最高会議、70名が在籍)
立法部門:300人委員会(13人評議会のすぐ下に位置、13人評議会を助ける機関)

これら3部門の下に、ビルダーバーグ会議、円卓会議、王立国際問題研究所、ローマクラブ、外交問題評議会、三極委員会といった数々の国際機関が存在している。

次にイルミナティ13血流に関して、『イルミナティ悪魔の13血流』から転載する。

(アスター家)
南ドイツで特異な魔術能力者の一族として知られていた同家は、18世紀に渡米し、300人委員会の命を受けたジェファーソン大統領ら政府中枢から、海上輸送・毛皮取引・麻薬取引の独占的特権を授与され、突如として全米一の富豪にのしあがる。 フェビアン協会や共産主義の育成、禁酒運動の肩入れ、ヒトラーへの支援、ローズ奨学金への関与、ピルグリム・ソサエティ創設など精力的にイルミナティ活動をこなしてきた。チェース・マンハッタン銀行を核に、H・G・ウェルズ、オールダス・ハスクリー、バーナード・ショー、フランシス・ベーコン、ベンジャミン・フランクリンなど秘密結社のイデオローグたちの関連も深い。アスター家を一躍巨大財閥にしたのが、悪名高きジョン・ジェイコブ・アスターである。

(バンディ家)
アメリカ東部のエスタブリッシュメント。「本当の権力の在処を知りたければ横から助言している者を見ること」・・・グラント、ガーフィールド、チェスター・A・アーサー、ルーズベルト、ケネディ、ジョンソン・・・各大統領府の要職を占めてきたのが、バンディ家のメンバー。そして、スカル&ボーンズ、MJ12、薔薇十字会などの重鎮も兼ねてきた。

(コリンズ家)
知名度は低いが、オカルト界では最高峰に位置する血族であり、イルミナティ13家族の中でも危険なファミリー。コリンズ家から代々「闇のグランドマザー」が出ている。不気味な黒魔術の家系である。ただし、コリンズ家の中から裏切り者が出て、その者がスプリングマイヤーに情報を提供。これがイルミナティ13家族の正体を暴く重要なソースとなった。

(註: この裏切り者とは、昨日の記事に出てきた「ジョン・トッド」のことですね。昨日の記事はこちら)

(デュポン家)
アメリカでは有名な一族。フランス革命時のフランスにおいて、デュポン家はイルミナティの仲間入りし、スイスの寡頭ファミリーに気に入られる。彼らの支援もあってアメリカへ移住。火薬産業で成功する。以後、同家はGMを傘下に収め、化学業界も独占した。

(フリーマン家)
フリーマンの一族からは、シオン修道会のトップ、OTOの共同創設者、スカル&ボーンズのメンバー、ADLの有力メンバー、悪魔派魔女集団のメンバーなどがおり、オカルトと非常に関係が深い。

(ケネディ家)
アイルランド出自のケネディ家は優秀なイルミナティ一族と見なされている。麻薬や禁酒法時代に酒密輸入などマフィア犯罪で財を成す。英国王室とも深く関与し、歴代大統領の私設顧問も勤めて世界統一計画を推進してきた。ケネディ家にはアメリカ大統領ジョン・F・ケネディがいる。ケネディはホワイトハウスで不特定多数の魔女たちとプールでのヌード・パーティーなどを催し、情事・密会を重ねていた。ケネディ家の先祖を辿ると初代はブライアン・ケネディ(スコットランド貴族)である。

(李家)
億万長者で香港を仕切る李嘉誠、中国前首相の李鵬、元首相の李先念、シンガポール元首相の李光耀など。李一族はイルミナティと密接な連携のもと、世界最強の犯罪同盟である秘密結社「三合会」を従え、新世界秩序構築に貢献している。孫文や毛沢東の中国革命や共産中国経営も、権力中枢部に巣食う李一族の協力なしではありえなかった。ちなみに李家は日本の最大の敵として位置づけられる家族である。

(オナシス家)
海運王やケネディ未亡人ジャクリーヌとの再婚で知られているアリストテレス・ソクラテス・オナシスとは、「イルミナティの王」とされ、麻薬・ポルノ・政治・事業経営部の担当だった。「秘教のメッカ」トルコのユダヤ人の影濃厚なスミルナ、サロニカに出てニクソンを陰で操った成金王ハワード・ヒューズ謀殺、JFK暗殺、身内の殺人事件などオナシス家には血なまぐささがつきまとっている。

(ロックフェラー家)
初代石油王ジョン・D・ロックフェラー1世により、瞬く間に財を成したアメリカ・ドリームを体現した一族。現当主のデビット・ロックフェラーは、アメリカの影の政府といわれる「CFR」のトップに君臨している。また、多数の名家がロックフェラーと手を組んでおり、ロックフェラーに仕えることで富を得ている。その中には、ジョン・D・アーチボルト、ハークネス家、ベッドフォード家、チーズブロー家、カトラー家、フラグラー家、フォルジャー家、ペイン家、ピアス家、ロジャース家などがある。ところで、ロックフェラー家の中からは多数の上院議員も輩出している。特に有名なのが元副大統領のネルソン・ロックフェラーである。

(ロスチャイルド家)
イルミナティの中でも最強の一族。「世界の富を半分支配している」「ユダヤの王」など、いろいろな噂が飛び交っている。ロスチャイルド財閥の傘下には、シフ家、オッペンハイマー家、モルガン家など巨大財閥がいる。政治、経済、マスコミとあらゆる分野を牛耳るユダヤ巨大財閥。

(ラッセル家)
エノク魔術やピラミッド学、プレアデス崇拝、薔薇十字思想などを盛り込んだオカルト教団「ものみの塔」の創始者が、同家のチャールズ・ティズ・ラッセルである。また、ウィリアム・ハンティントン・ラッセルはスカル&ボーンズを創設。ラッセル家の出自は、ドイツから始まり、スコットランドを経てアメリカへ渡っている。ラッセル家はユダヤ財閥とも深い交流があり、ブナイブリスを通して国際金融資本から膨大な資金援助をされてきた。熱烈なシオニスト一家でもある。また、モルモン教とも繋がっている。

(ファン・ダイン家)
15世紀半ばにオランダからニューヨークに移り住んだオランダ代表のイルミナティ一族。しかし、謎に包まれており、情報も少ない。この家族の中に米国家族計画連盟創設者、大地主、秘密情報将校がいることが判明している。中でもエドワード・S・ファン・ダインは1933年「米国家族計画連盟」を発足しており、この連盟は、イルミナティ系各種財団から多額の寄付金を得ながら、出生率の調整管理を行うことを目的に、避妊、妊娠中絶、断種、不妊化などを推進している。

(ダビデの血流)
イエスと堕天使ルシファーの血が流れていると自称するのが、13番目の「聖なる」ダビデの血流である(イルミナティのリーダーたちは、ルシファーとキリストは兄弟と考えている)。ユダヤのダン族を源流とするバビロン的カラバ魔術とドルイドに行き着く「全てを見通す目」のエジプト魔術を駆使する。英国王室を中心にすべてのヨーロッパ王室に貫流するオカルトの血筋メロビング王朝(ハップスブルグ家)の系譜でもある。この血族から、ワシントン、クリントン、ブッシュなど幾人かの歴代米大統領を輩出している。

以上がイルミナティ13血流であるが、13血流以外にも、その周辺血族として2家存在する。

(レイノルズ家)
レイノルズ家は婚戚のデューク家とともに全米資産トップ13に入り、煙草・麻薬コネクションとオカルトを介し、他の13血流と結ぶ。

(クルップ家)
ドイツ最大の工業帝国をもってヒトラーを支援し、第1次・第2次両大戦の陰の主役として世界を動乱させた。

(補足)
スプリングマイヤーはイルミナティ13血流に関して興味深いことを述べている。

「13血流のならわしとして、重要な子は派手な祝いなどせず、秘密裏に目立たぬように産み落とされて、別の家へ養子に出される。こうしてその子は別の姓を名乗り、血流を隠す。

他方、オカルト儀式では実の親が進み出る。例えば、闇のマザーになろうとする娘を実の父親が孕ませなければならない。

彼女の最初の子は実の父親の子でなければならず、彼女自身の手で、その子を悪魔の生贄として捧げなければならないのである。

イルミナティの子は、その多くが養子に出される(事実、合衆国のクリントン大統領もそうである)。

イルミナティの系図をたどろうとすることほど難しいことはない。

つまり私が何をいいたいかというと、さまざまな理由により、多くの人物が私のあげてきた上位十二姓(および私がイルミナティ13血流としてあげたいくつもの姓)とは違う姓を持ってはいるが、彼らもまたイルミナティ13血流に属している、ということなのである。」

−−−−−−−−−−−−−−−−(転載ここまで)

この記事の冒頭に、「イルミナティ」の根底には「グノーシス」の思想が流れている、と書かれてありますが、この「グノーシス」を表すシンボルマークは以下になります。(出典はこちら)

svg_

このマークはまさに「ケルト十字」ですが、このマークを「太陽十字」と呼んだりもします。

18932570033e8645c9fcdc08b2c2546b

彼らが「太陽神」を崇めているため「太陽十字」と呼ぶわけですが、ちなみに「十字」には「二匹の蛇」や「男女の性交」を意味するそうです。(詳細は以下のリンクをご覧下さい。)

FIFA幹部の逮捕劇は、「教皇派」から「天皇派」への反撃である可能性大。

で、この日本にはこの「太陽十字」を家紋としている家系があります。

その家系とは、「秦氏」の末裔である「島津氏(椎宗氏)」です。詳しくは以下のリンクをご覧下さい。

武将の家紋-鎌倉編●6-

「イルミナティ悪魔の13血流」を読むと、まるで「イルミナティ」が西洋の組織であり、日本とは関係のない組織であるかのような錯覚を受けてしまいますが、決してそんなことはありません。

なぜなら、「イルミナティ」を組織したのはロスチャイルドであり、日本の「秦氏」もまたロスチャイルドの一派だからです。

だからこそ「秦氏」の末裔が、「イルミナティ」の思想を表す「グノーシス」のシンボルマークを家紋としていたりするわけです。

秦氏の正体はロスチャイルドでした。

天皇もロスチャイルドも日本の歴代首相もみんな実はゾロアスター教徒です。

「聖徳太子」も「平清盛」もゾロアスター教徒であり、ロスチャイルドの先祖です。

さらに、現在のネット上にはこんな怪情報が流れています。

−−−−−−−−−−−−−−−−(以下、こちらから転載)

◆秘密結社イルミナティ13人最高評議会最高責任者にして、極東左翼組織世界最高責任者の柴田政人氏は安倍一族か?

頻繁に「内閣府」と名乗る者が書いてるのだが、柴田氏とは、いったい何者なのだろう?

●「竹内文書は極東左翼組織世界最高責任者にして秘密結社illuminati13人最高長老会議最高責任者、柴田政人氏の生まれ故郷 」から引用

●この二つが重なり合う事は偶然なのか?

柴田政人氏が幼き日の杉の子幼稚園の隣が竹内文書の発祥地なのである。

柴田政人氏の手元には竹内文書の闇の文書と呼ばれるものが存在している。

場所は茨城県北茨城市磯原町磯原が竹内文書の発祥地で茨城県北茨城市磯原町木皿1123番地が柴田政人氏が育った場所なのです。

偶然にしては竹内文書の裏の裏まで柴田政人氏が知り過ぎていると言う点で有る。

柴田政人氏は茨城県勝田市の出世で、その後、幼稚園から中学2年生迄は茨城県北茨城市磯原町で過ごして。

●茨城県北茨城市磯原町の初代町長が柴田政人氏の祖祖父、貴族院議員、そして戦後の初代参議院議長を歴任している。

●現在の極東左翼組織世界最高責任者にして秘密結社illuminati13人最高長老会議最高責任者、柴田政人氏が日本の極道社会を何の傷一つ無く永田町の政財界の裏のドンとまで呼ばれる。

●現在の衆議院議長公邸、参議院議長公邸、現在の帝国ホテル、日比谷公園は柴田政人氏の祖祖父が日本国に寄贈された物なのです。

●その真実は永田町の国会図書館で閲覧出来ます。

昨日(註: 2014年9月21日)から大韓民国との局長クラスの会談に日本国政府は真剣に取り組んでいるが、大韓民国・朴大統領は、相変わらず、

●極東左翼組織世界最高責任者の柴田政人氏の同席無しに首脳会議は無いと大韓民国大使館にも伝えられている。

●その極東左翼組織世界最高責任者の柴田政人氏は日本国に興味が無いと話されてマレーシア王室からの招待に出向き、東南アジア諸国連合の日本介入に対しても、考える時間を持って検討された方が良いとの言葉でした。

その言葉の結果は既に出ていると柴田政人氏は話す。

戦後からの首相が馬鹿ばかりだと話されたとマレーシア王室報道陣の言葉でした。

日本国に於いて、内閣総理大臣という者が、真面目な言葉で国民を誘導していると柴田政人氏は話されています。

現在の日本のマスメディアも馬鹿な政治家と一緒と、

●良かったのは田中角栄内閣総理大臣ただ1人だけと話されました。

自分でも金を使ったが国民に対して、その何百倍物資金が流れ景気が安定していたと言葉を濁していたと言う。

●アベノミクスは崩壊しているとも東南アジア諸国連合王室に対して話されたと報道があった。

来年度の消費税アップ前には、イギリス・フランスのロスチャイルド一族からの日本銀行買収もささやかれている。

●現在の日本銀行は株式会社日本銀行で全株の97%をロスチャイルド一族と秘密結社illuminati13人最高長老会議が全てを握っており、資金の全回収をilluminatiの最高長老会議最高責任者、柴田政人氏が口にした。

日本国民はilluminatiとフリーメーソンが同等の立場に存在すると誤解されていると最高長老会議の全てが話す。

フリーメーソンの最高位では13人の中には入れないという。

illuminati13人最高長老会議の下に33評議会があり、また、その下に300委員会が実在する中、フリーメーソンの最高位では100番以下のNOしかフリーメーソン・グランドマスターには与えられないと伝えられている。

●33評議会以上に名前が存在する方々の総資産額は最低でも3000億円を超える。

13人最高長老会議では最低でも50兆円を遥かに上回る。次元が違う。

柴田政人氏は写真を掲載していない理由に、必要な者が現れたら、東京都千代田区内を普段着の茶髪姿の柴田政人氏を発見出来るはずだから必要は無いと話されています。

(註: グーグルなどで「柴田政人」と検索すると、騎手の「柴田政人」が出てきますが、この二人は全く関係のない人物だと思われます。)

柴田政人氏は最近は短髪が多いと感じます。昨年度はかなりロングヘアでした。

変わらない所は茶髪か金髪かと言った所です。

話は変わりますが最近、2週間前と記憶に有りますが、柴田政人氏は喧嘩が強いです。

●というより凶暴ということの方が似合っていると私は思います。

それは暴力団に対してのみですが、7.8人の暴力団を経った2分程で下半身不随にしていたのを霞ヶ関の方々は比較的に見学していたと思います。

空手四段、柔道初段、合気道二段、それ以外は喧嘩慣れだと思います。

私達の仲間も柴田政人氏に暴力団から助けて頂いた事が有ると話していた事が有りますが、警視庁の肉体派中堅クラスでは7.8人居ても同じ結果と思われますが、柴田氏は決して自分から先に手を出すことは無いとも噂されている。

◆秘密結社イルミナティ13人最高評議会最高責任者,柴田政人氏48歳の権力と素顔の暗黒組織666 (彼の現在の年齢は不明!)

秘密結社イルミナティ13人最高評議会最高責任者,柴田政人氏48歳は日本国現在の天皇家は在日韓国人の天皇であると漏らした。

日本人の天皇に在らずと。明治天皇の影武者の血統一族が現在の日本国天皇家であると漏らした。

(註: 要するに現在の天皇が「田布施一族」だということでしょうね。詳しくはこちら)

●この内容は国際連合に対しても伝えられている。即ち、日本人とは馬鹿な国民と言う事なのです。

●日本国政府,そして全ての政治家に騙されているという事なのです。

●柴田政人氏48歳は、もう一度日本が潰れても構わないと報じた。

日本国民の意識レベルが非常に引く、海外から己自身で日本国を見ると日本人程、手のひらを返す民族は存在しないと見たらしい。言われてみれば、内閣府としても同然と言葉が出ない。

●現在、日本国には特定秘密保護法が在りますが、敢えて日本国政府が極秘情報を流した者には10年以上の懲役に処すると在りますが、秘密結社イルミナティ13人最高評議会最高責任者に対しては、この日本国の法律では柴田政人氏48歳を裁く事は出来ない。

この書き込みに対しての内閣府に対しても柴田政人氏48歳の権力に守られている。

−−−−−−−−−−−−−−−−(転載ここまで)

一見すると、眉に唾をつけたくなるような内容ですが、私はこの記事にかなり強い信憑性を感じました。

単なるデタラメを書くような人が、「イルミナティ」と「竹内文書」とに何らかの関連性があることを指摘できるわけがないからです。

そこに関連性があると分かるような人物は、この世の裏側にかなり精通している人物だとしか言いようがありません。

で、もしこの怪情報が真実であるなら、イルミナティの最高幹部のポストに「竹内文書」と深い縁のある人物が在任していることになります。

そして、この「竹内文書」は有史以前に天皇中心のNWO(世界統一政府)があったということを書いた古文書でしたよね。

「竹内文書」は悪魔崇拝者によって書かれた天皇礼賛に導くための古代プロパガンダの書です。

ということは、世界支配を目論む「イルミナティ」のトップに、天皇中心のNWOを樹立しようと目論んでいる人物が就いているということになります。

なので、このブログでさんざん書いてきました通り、悪魔崇拝者たちが今でも天皇中心のNWOを樹立しようと計画していることは間違いない事実だと言えるでしょう。

さらに補足するなら、「竹内文書」を伝承してきた「竹内家」も、実は「秦氏」であるとのこと。詳しくは以下のリンクをご覧下さい。

秘密結社「竹内神道」と出雲族のエイリアン・クラフトの謎: 神仙組機撻魯襯泪殴疋麒圈杆と闇の黙示録

ということは、「竹内文書」と縁の深い「柴田政人」も、「秦氏」である可能性が高いということになります。

で、その「秦氏」が「イルミナティ」のトップに就いているということは、「イルミナティ」がロスチャイルドによって結成され、ロスチャイルドを頂点とするカルト集団である、という昨日の記事もやはり正しかった、ということになります。

逆に言うと、「秦氏はロスチャイルドである」という私の説も、これではっきりとその正しさが立証されたことになります。

この世のカラクリがますます明確になってきました。

参照元 : rapt



グーグルアースに体長120mの巨大怪物イカが写っていた!

巨大怪物イカ「クラーケン」出現か!? グーグルアースが体長120mの巨体をハッキリ捉えていた!

2016.06.17

デジタル地球儀「グーグルアース」は、いまや世界中の探検家やトレジャーハンター、オカルト評論家たちにとって欠かせないツールだ。衛星画像に目を凝らすことで、行方不明となっているMH370便の機影、古代遺跡、そしてUFOまでもが発見される時代に突入しているのだ。もちろん歴史的資料の分析も必要ではあるが、信ぴょう性の面において地球全体をカバーする高解像度画像に勝るものはないだろう。

2016-06-18_013428

■南極海に現れた巨大イカの怪物

そして今、このグーグルアースが、伝説的生物の実在さえ証明しつつあるようだ。なんと、北欧で語り継がれてきた海の怪物「クラーケン」の姿が、クッキリと衛星画像に写り込んでいることが判明したのだ。何はともあれ、まずは解説動画をご覧いただこう。



南アメリカ大陸最南端であるアルゼンチンの「ホーン岬」からさらに南方、南極海に浮かぶ「サウス・シェトランド諸島」――。問題の怪物は、この氷河に覆われた島々の近くで発見された。捕鯨会社の基地などが建つ円形の島「デセプション島」の南西海上(座標:63° 2'56.73"S 60°57'32.38"W)に、巨大なイカの“えんぺら(みみ)”部分が顔を出していたのだ。周囲に広がった波紋も加味すると、ただならぬ巨体である可能性が高い。

2016-06-18_013731

これに気づいた世界的UFO研究家のスコット・ウェアリング氏によると、超巨大イカの全長は海面下の“あし(げそ)”部分も含めて120m以上になると推測されるという。近年は日本でもダイオウイカの水揚げが相次いでいるが、その体長は最大でも20m程度と考えられている。そのためウェアリング氏は、衛星画像に写り込んだイカが、伝説の巨大イカ「クラーケン」であると確信しているようだ。

2016-06-18_013812

■島や岩の見間違えではない!

2016-06-18_013852

海の怪物「クラーケン」は、かつてノルウェー近海やアイスランド沖で頻繁に出現し、長い触手で数多くの船を沈没させたという。しかし、歴史上の文献を紐解けば、19世紀にアフリカ南部アンゴラ沖に出現したとの記録もあるため、北海と同じく海水温の低い南極海で密かに生息していた可能性も捨て切れないだろう。なお、今回の衛星画像は2013年12月4日に撮影されたものだが、その前後の衛星画像は存在しない。これは、該当海域に撮影対象が存在するタイミングが一度しかなかった、つまり「島や岩の見間違え」ではないことを示している。

驚くべき発見に、世界のネットユーザーの間では「化け物クジラだ」「絶滅した首長竜かもしれない」「何らかの人工物ではないか」「海底から飛び出してきたUFOの可能性もある」など、さまざまな憶測が飛び交っている状況だ。果たして人工衛星は、古代から中世・近世を通じて漁師たちを震え上がらせてきた伝説の巨大イカ「クラーケン」を、世界で初めて捉えることに成功したのか? いずれにしても、衛星画像が撮影された時、その場所に“何か”がいたことだけは確かである。

(編集部)

参考:「UFO Sightings Daily」、「The Daily Mail」、ほか

参照元 : TOCANA

mo

monst


コロッサルスクイッドは、世界最大級の無脊椎動物として知られている

コロッサルスクイッドはダイオウイカ以上に巨大なイカ(伝説のクラーケン並み)である-可能性を持ち、体長は約12- 14mとされる(比較資料:1 E1 m)。

また、2003年に南極海で幼体が捕獲され、更に2007年2月に捕獲された未-成熟の個体でも、外套膜だけで、250cm、体重450kgにも達しており、成熟個体では触腕を含めた-全長が20mに達することがあるのではないかとも言われてもいる。

南極海周辺の深度2,000mの深海域に棲息している。ダイオウイカと同じく、深海棲-の大型のイカや魚を餌にしていると考えられている。

頭足類の寿命を考慮すると、数年の短い一生の間で巨体に成長することは大きな謎に包ま-れている。これまで捕獲されてきた個体の全てはメスであり、オスの個体はいまだに発見されたこと-がないが、その理由についても未解明のままである。



最新記事
Amazon




楽天トラベル


人気ブログランキングへ

【注目記事】
★裏天皇とは一体誰なのか?「前田ゴロウ(ユダヤ名:オクラディッシュ・ハーマン)、小野寺 直、伏見博明」明治以降の皇室を牛耳ってきた傍流勢力

★3.11東日本大震災は人工地震だった!元アメリカ国家安全保証局が内部告発 「米国とイスラエルの裏権力が核兵器を使った」

★【神道の闇】天皇一族は悪魔崇拝者 神道=日本版キリスト教・ユダヤ教

★日本や世界各地にある「鳥居」の謎 宇宙人との関連性

★【日航機123便墜落テロ事件】事後処理の為の特殊部隊の編成、情報撹乱、毒ガス攻撃、火炎放射器で焼き殺す!まさに地獄以下の有様

★日航機123便墜落テロ事件の不可解な点!米軍は事故後20分で墜落地点を特定!助かるべき多くの生存者が殺された

★自民党・安倍政権は民主党を上回るスピードで売国(公約違反)を進めている

★関東連合OBで元暴力団の石元太一被告と海老蔵事件の伊藤リオンがセキュリティの黒人とガチ喧嘩してる映像が流出

★シリアの化学兵器攻撃は911やボストンテロ同様、アメリカの自作自演 【決定的証拠 まとめ】

★1%の人間が企む世界支配の計画を暴く『これは架空の物語ではありません』

★チャンネル桜事務局の壁に十字架 そして新興宗教『キリストの幕屋』『統一教会』との関係とは?

★911同時多発テロ 世界貿易センタービルの嘘を暴く

★【閲覧注意】VIEWER WARNING テロリストがアサド政権に協力した2人の男を処刑!生きたまま首を切断(R15指定)

★【閲覧注意】<シリア>SAFヘリコプターによる空爆の余波 首が吹き飛んだ死体

★【閲覧注意】<シリア>カメラの目の前で兵士の頭が吹っ飛ぶ瞬間映像(グロ注意)R18指定

★【閲覧注意】シリアにて戦車の砲撃を受けた反体制派メンバーが粉々にふっ飛ぶ瞬間映像

★【閲覧注意】タリバンのメンバーが、断頭した男性の生首でサッカー(R18指定)
記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ