地 球 情 報 局

珍事件・仰天NEWS・世界各国のNEWS・政治・衝撃映像など

2016年01月

男性客にワインを飲ませて酩酊状態にさせたうえでおよそ30万円の飲食代金を支払わせた中国籍の張潤霞容疑者(36)ら2人逮捕

客酔わせ30万円払わせた疑い、飲食店従業員ら逮捕

2016年1月30日(土) 4時32分

2016-01-30_162043

東京・足立区の飲食店で、男性客にワインを飲ませて酩酊状態にさせたうえでおよそ30万円の飲食代金を支払わせたとして、従業員の女らが警視庁に逮捕されました。

逮捕されたのは、足立区の飲食店従業員で中国籍の張潤霞容疑者(36)ら2人です。張容疑者らは去年10月、男性客(41)にワインを飲ませて酩酊状態にし、正常な判断能力を損なわせたうえで、クレジットカードでおよそ30万円の飲食代金を支払わせた疑いが持たれています。

取り調べに対し、張容疑者は「酒を飲ませたのは間違いないが、支払いは経営者がやっていたので知らない」と容疑を否認しています。

現場近くでは去年1年間で同様の被害が10件相次ぎ、被害総額は300万円に上っているということで、警視庁が詳しく調べています。

参照元 : TBSニュース

2016-01-30_161959

2016-01-30_162011

2016-01-30_162127

【甘利大臣辞任】NYタイムズ「安倍総理にとって厄介なつまずきだ」

安倍政権に打撃…永田町は 甘利大臣が辞意表明

2016/01/28 17:58

2016-01-29_152446

甘利経済再生担当大臣の辞意表明ですが、安倍政権への影響について国会記者会館から報告です。

(政治部・吉野真太郎記者報告)
安倍総理大臣にとって、甘利大臣は政権発足以来の盟友です。アベノミクスの担当閣僚と言っても過言ではありません。まさに屋台骨が抜かれるということは、政権としてもダメージであることは間違いありません。安倍総理も当初、周辺には「何とか守りきれるんじゃないか」というふうに語っていました。

そのうえで、今回辞任させたということは、政権として、辞任した時のダメージと辞任しなかった時のダメージ、これを比較して最終的には辞任という判断に至ったのだと思います。この判断のポイントですが、最大のポイントは世論でした。

安倍政権は「政治とカネ」の問題についての対処方針として、これまで小渕氏や松島氏の時もそうでしたが、「徹底的に調べて説明させる。説明できなければ辞めさせる」というものでした。つまり、今回の会見を聞いて国民が甘利大臣の説明で納得できたかどうか、ということがポイントになります。

今回、辞任に至ったということは、判断として「もしかしたら甘利大臣の説明はきついんじゃないか」「納得させられない部分が拭いきれないんじゃないか」「会見をもってけりをつけられない」ということで、これまでのセオリーに従った判断をして、ダメージを最小限にしたということだろうと思います。

参照元 : テレ朝ニュース



2016-01-29_151654

2016-01-29_151716

2016-01-29_151724

2016-01-29_151809

2016-01-29_151749

2016-01-29_151902

2016-01-29_151911

2016-01-29_151920

2016-01-29_151944

2016-01-29_151954

2016-01-29_152003

2016-01-29_152040

2016-01-29_152049


野党は引き続き追及へ 甘利大臣が辞意表明

2016/01/28 18:00

2016-01-29_142517

甘利経済再生担当大臣が辞意を表明。野党側の反応です。

(政治部・小池直子記者報告)
民主党は「辞めて幕引きは許されない」としていて、今後も予算委員会などに甘利大臣を呼び、国会でさらに追及していく構えです。28日午後の会見での説明について、野党側は「逃げられないと思ったんだろう」「違法性がないと説明しているのに辞めるのはおかしい」などと批判しています。

また、「政治資金規正法違反だけではなく、あっせん利得罪は十分に立証できる」としています。そのうえで、「辞任をしても全容解明を続けていく」として、今後、事務所関係者などを国会に参考人として招致するなど、さらに攻勢を強める考えです。来月1日から始まる予算委員会では、野党はこの問題に絞って徹底追及していく方針です。

参照元 : テレ朝ニュース



2016-01-29_142526

2016-01-29_142536


甘利氏辞任の余波続く 予算審議の日程決まらず

2016/01/29 11:46

2016-01-29_153205

甘利前経済再生担当大臣は辞任したものの、安倍政権への影響は収まっていません。政府・与党が年度内の成立を目指す2016年度予算案は、いまだ審議入りの日程が決まらず、調整が続いています。

(政治部・白川昌見記者報告)
29日午前11時から行われる予定だった本予算を巡る与野党の話し合いは今も行われていません。野党側は甘利氏の辞任を受け、政府・与党の側から、きちんと謝罪があるべきだとしています。

民主党・枝野幹事長:「経済演説をしたことになっている大臣が急にお辞めになったんですから、しかるべきけじめをして頂かないと」

与党側は2月1日からの本予算の審議入りを目指していますが、野党側は甘利事務所とURの接触の履歴や国土交通省の局長の発言内容などが提出されなければ、予算の審議には応じない構えです。ある野党幹部は「甘利大臣が辞任したからといって幕引きにはさせない。

これで予算の年度内成立も難しくなった」と語っています。一方の自民党側は「甘利氏が覚悟を決めて辞任したのだから、これ以上、追及する必要はない」と擁護する構えです。幹事長会談を開いて野党側と調整する案も浮上しています。スキャンダルで閣僚が辞任した直後だけに、あまり強引な国会運営はできないというのが本音で、野党の出方を見極めながら頭を悩ませて対応することになりそうです。

参照元 : テレ朝ニュース




甘利氏が辞任表明 後任は石原元環境大

2016/01/29 05:50

2016-01-29_153519

安倍総理大臣は辞任を表明した甘利経済再生担当大臣の後任として、石原伸晃元環境大臣を起用しました。

安倍総理大臣:「デフレ脱却を確かなものとして、しっかりとした成長を続けていく。その軌道に乗せていくために、その能力を発揮してもらいたいと期待しています」

石原氏は石原慎太郎元東京都知事の長男で、自民党幹事長や環境大臣などを歴任しています。

石原新経済再生担当大臣:「アベノミクスの光が、地方あるいは中小企業に広がってきた。この流れをしっかりと確固たるものにしていく」

大臣の交代を受け、与野党で合意していた29日の衆議院予算委員会での2016年度予算案の審議は来週以降に先送りされる見通しです。一方、野党は甘利氏の参考人招致も視野に、引き続き追及していく方針です。

民主党・枝野幹事長:「本当に大臣辞任ということで終わらせていい事案なのか、相当な疑問がある。甘利さんの今後の国会での参考人招致なども含めて、ゼロベースで与野党で話していく」

また、共産党の山下書記局長は安倍総理に任命責任があるとして、真相解明に主導的な役割を果たすよう求めました。

参照元 : テレ朝ニュース

2016-01-29_153527

2016-01-29_153536

2016-01-29_153544

2016-01-29_153552

2016-01-29_153600

2016-01-29_153620

2016-01-29_153631

2016-01-29_153647


甘利大臣辞任は「厄介なつまずき」 NYタイムズ

2016/01/29 08:52

000067204_640

アメリカのニューヨーク・タイムズは、甘利経済再生担当大臣の辞任について「安倍総理にとって厄介なつまずきだ」と報じています。

28日付のニューヨーク・タイムズ電子版は、甘利大臣の辞任について「アベノミクスを進める安倍総理大臣にとって衝撃的であり、厄介なつまずきとなった」と指摘しました。甘利氏については「安倍総理を支え、日本のTPP(環太平洋経済連携協定)交渉をリードした。安倍政権のなかで最も影響力がある大臣だった」と伝えています。

一方、ウォール・ストリート・ジャーナルは「日本経済は、中国発の世界的な景気悪化の懸念で、逆風下にある。辞任はそれほど深刻ではないが、安倍総理には打撃だ」と論じました。さらに、「この問題が広がれば、参院選に向けて安倍政権にダメージになる恐れがある」としています。

参照元 : テレ朝ニュース


米政府「TPP影響ない」 一方、フロマン代表は…

2016/01/29 11:48

2016-01-30_152718

アメリカの国務省は、甘利前経済再生担当大臣の辞任がTPP(環太平洋経済連携協定)の今後の手続きには影響しないという見方を示しました。

アメリカ国務省・トナー副報道官:「(TPPは)一個人によるものではない。署名が遅れるとは想定していない」

トナー副報道官は、来月4日のTPPの署名式は予定通り行われ、手続きに影響はないという見方を示しました。

記者:「通商代表!」
アメリカ、フロマン通商代表:「…」

甘利氏とTPP交渉を進めてきたフロマン通商代表は、記者の問い掛けに一切、応じませんでした。一方、アメリカメディアは「アベノミクスを進める安倍総理大臣にとって衝撃的であり、厄介なつまずきとなった」などと分析しています。

参照元 : テレ朝ニュース



2016-01-30_152728

2016-01-30_152739

2016-01-30_152748

2016-01-30_152801



男性客から現金20万円を盗んだとして、中国人の女ら3人逮捕

他人のATM、突然横から「ゼロ」連続押し20万円奪取

2016/01/29 11:58

2016-01-29_141056

東京・新橋の路上で、男性客の現金を盗んだとして、中国人の女ら3人が逮捕されました。

スナック店客引きの林小云容疑者(43)ら3人は去年10月、JR新橋駅近くの路上で、会社員の男性(47)の背広のポケットから現金20万円を盗んだ疑いが持たれています。警視庁によりますと、男性は、林容疑者らの店で飲食した代金1万5000円を請求され、不足分を近くのATMで引き出そうとしました。

その時、後ろで待ち構えていた林容疑者が突然、手を伸ばして割り込み、「0」のボタンを連続して押して桁を上げ、男性の口座から20万円を無理やり引き出させたということです。その後、林容疑者ら3人が男性を取り囲んで、背広から現金を盗んだとみられています。林容疑者は「覚えていない」と容疑を否認しています。

参照元 : テレ朝ニュース



2016-01-29_141106

2016-01-29_141116

2016-01-29_141125

2016-01-29_141133

2016-01-29_141147

2016-01-29_141156

【STAP細胞騒動】小保方晴子「何者かがES細胞を混入させた。私は罠にハメられた」

【速報】小保方晴子が告白本を出版「何者かがES細胞を混入して私はハメられた」

2016年1月27日

and_553169

STAP細胞捏造疑惑で世間を騒がせ、結局その存在を証明することができないまま理研を退職した小保方晴子さんが本を出版することが分かった。現在amazonで予約受付中になっているのは「あの日」という本。執筆者は「小保方晴子」となっている。

書籍は講談社より発売で、電子書籍として読めるKindle本となっている。長さは紙の本に換算すると258ページで量は少なめ。気になる内容はというと、研究者を志すところからSTAP細胞騒動について小保方さんの視点で綴られた貴重な一冊となっている。本は現在予約受付中で中身は見られないが、紹介文を見ると、「罠にはめられた」という前提で書かれているようだ。

STAP騒動の真相、生命科学界の内幕、業火に焼かれる人間の内面を綴った衝撃の手記。
1研究者への夢 2ボストンのポプラ並木 3スフェア細胞 4アニ マル カルス 5思いとかけ離れていく研究 6論文著者間の衝突 7想像をはるかに超える反響 8ハシゴは外された 9私の心は正しくなかったのか 10 メディアスクラム 11論文撤回 12仕組まれたES細胞混入ストーリー 13業火etc.



注目すべきは12章の「仕組まれたES細胞混入ストーリー」だ。研究者の間ではその後の調査で小保方晴子さんがSTAP細胞と名付けたものはES細胞であることが明らかになった。12章はその事実を踏まえて、改めて誰がES細胞を混入させたのか犯人を推察するものであろう。

なおnetgeekでは以前、「同じ研究室のA子が手違いからES細胞を混入させてしまい、怒られるのが怖くて黙っていた。そして、その後はほくそ笑みながら勘違いした小保方さんを嘲笑っていた」というストーリーで論を展開していた。これはあながち間違いではない見立てだったのではないだろうか。

参考:小保方晴子を陥れたA子の裏ストーリー〜STAP細胞は私のミスから生まれた幻想なんです〜

小保方晴子さんは最後までSTAP細胞はあると言い続けてきた。しかし、今回の書籍ではES細胞だったということを認めている。

stap_obokata4

監視カメラを設置したうえでの最後の再現実験が失敗に終わっても小保方晴子さんは「それでもSTAP細胞はある。私の生き別れた息子のような存在なのでいつか必ず見つけてみせる」と主張していた。STAP細胞の実験に何度も成功したという証言も撤回しなかった。にもかかわらず、ここにきて「ハメられた」と言い出したのは何か心当たりがあるからなのだろう。

人は時間が経つと様々な感情が薄れ、客観的に自分をみることができるようになるという。

obokataharuko_ura

出版にあたって小保方さんはまずはじめに世間に迷惑をかけたことを謝罪した。世界中を騒がせた偉業の正体は何だったのか。本の帯には「真実を歪めたのは誰だ?」という文字が大きな文字で載せられている。

参照元 : netgeek


小保方さん手記出版 STAP騒動「真実を書こうと決めた」

2016年1月28日 05:30

2016-01-28_155538

STAP細胞論文の著者だった理化学研究所の元研究員、小保方晴子氏(32)の手記が28日、講談社から出版される。小保方氏が退職後、まとまった主張をするのは初めて。「あの日」と題した同書で、一連の騒動について「真実を書こうと決めた」と執筆の動機を説明。理研によって存在が否定されたSTAP細胞が、本当に実在するかどうかについては触れていない。

小保方氏らが理研で会見し「STAP細胞」を発表したのが14年1月28日。「リケジョの星」として一躍時の人になった日からちょうど2年の節目に合わせ、ついに沈黙を破った。

前書きでは執筆の動機を「このまま口をつぐみ、世間が忘れていくのを待つことは、さらなるひきょうな逃げと思い、真実を書こうと決めました」と説明。講談社によれば、昨夏、小保方氏へ手記を提案。同社広報室は「当事者の見解を公表することは、STAP細胞をめぐる混乱の原因究明の上で意義があると考えています」とした。

担当者によれば、メールや電話、面談で打ち合わせを重ねて約4カ月かけて昨年末に書き上げた。小保方氏の代理人を務める三木秀夫弁護士は「本人が体調が悪い中で、あった事実を書いた本です」とコメントした。

手記はSTAP細胞問題について「不勉強であったことを、心から反省し恥じています」と謝罪。小保方氏が研究者を志したころから始まり、一連の騒動を全253ページ、15章構成でつづっている。

12章「仕組まれたES細胞混入ストーリー」は、14年6月に「私を混入犯に仕立てる」動きがあったと指摘。共著者で元理研の若山照彦山梨大教授や、理研統合生命医科学研究センターが相次いで会見を開き、小保方氏がES細胞を使ってSTAP細胞を捏造(ねつぞう)したように画策したと主張している。

騒動の渦中にあった14年8月に自殺した上司の笹井芳樹氏については、13章「業火」で「笹井先生がお隠れになった。金星が消えた。私は業火に焼かれ続ける無機物になった」とショックの大きさを表現。検証実験中には、体重が30キロ台まで落ちこんだことを明かした。

「STAP細胞はあります」と断言した同年4月9日の会見の裏側も告白。会見3日前に体調不良で入院。会見に備えて、病院の美容院で髪を切ってもらっている最中、美容師が気遣いから週刊誌を渡してくれたが、精神的にも衰弱していた小保方氏は自身の写真が載った表紙を見て気絶したという。

同書ではSTAP細胞が本当にあるのかどうかという核心には触れていない。9000万円が投じられた理研の調査でSTAP細胞の存在は否定されたが、著書の反響次第では問題が再燃する可能性もある。

≪出版記念会見開かず≫講談社によると、「あの日」は初版5万部で1部1400円(税別)。出版に関して小保方氏が記者会見を開く予定はないという。一般的に著者への印税は約10%とみられ、それで計算した場合、小保方氏の手元に入るのは約700万円になる。

参照元 : スポニチ




日本年金機構に実在しない人物を雇ったように装い、嘘の届け出をして、健康保険証をだまし取った韓国籍の男ら2人逮捕

うその届け出で健康保険証だまし取った疑いで逮捕

2016年1月26日 11時51分
 
2016-01-28_145733

日本年金機構に、実在しない人物を雇ったように装う、うその届け出をして、健康保険証をだまし取ったとして、韓国籍の男ら2人が詐欺などの疑いで警視庁に逮捕されました。調べに対し2人は黙秘したり容疑を否認したりしているということです。

逮捕されたのは、韓国籍で無職の李虎稔容疑者(53)と、福岡県田川市の職業不詳、河野誠容疑者(42)です。警視庁の調べによりますと、2人は去年8月ごろ、日本年金機構に、実在しない男性を雇ったとうその届け出をして、全国健康保険協会から男性と家族名義の合わせて4通の健康保険証をだまし取ったとして、詐欺などの疑いが持たれています。

これまでの調べで、李容疑者の自宅からおよそ360通の健康保険証が押収され、警視庁は、複数の実体のない会社に人を雇ったように装い、健康保険証を入手していたとみています。

だまし取った健康保険証の一部は、不正な口座の開設などに使われていたということです。健康保険証は、事業主が日本年金機構に基礎年金番号などを申請し、機構が審査をしたうえで全国健康保険協会などに送り、発行される仕組みです。

警視庁は、李容疑者らが日本年金機構から基礎年金番号を不正に取得したうえで保険証を入手していたとみて調べています。警視庁によりますと、調べに対し李容疑者は黙秘し、河野容疑者は「保険証をだまし取るつもりはなかった」と容疑を否認しているということです。。

日本年金機構は「事実関係を確認中で、今はコメントできない」としています。

参照元 : NHKニュース



2016-01-28_145745

2016-01-28_145753

2016-01-28_145803

2016-01-28_145812

2016-01-28_145830

2016-01-28_145840

2016-01-28_145848



米CIA「我々のXファイルを覗いて見てくれ」 かつて極秘扱いだったUFO調査に関する資料の一部をHP上に掲載

CIA 極秘扱いのUFO調査に関する“Xファイル”公開

2016/01/27 16:29

2016-01-27_211749

CIA(米中央情報局)が公式ホームページで、あのXファイルを公開です。

アメリカのCIAは「我々のXファイルをのぞいて見てくれ」として、かつて極秘扱いだったUFO(未確認飛行物体)の調査に関する資料の一部をホームページ上に掲載しました。UFOとされた写真も含まれていますが、資料自体は1978年にはおおやけになっていました。

CIAはUFOなどの謎を追う捜査官の活躍を描いた人気ドラマ「Xファイル」の登場人物にも触れ、「モルダー捜査官も喜んで使うだろう」などと資料を紹介しています。そのうえで、「疑う人にも信じる人にも興味を持ってもらえると思う」とコメントしました。

参照元 : テレ朝ニュース



2016-01-27_211800

2016-01-27_211815

2016-01-27_211833

2016-01-27_211843


CIA UFOに関するアーカイブの一部を公開

2016年01月26日 23:40

2016-01-28_154227

米中央情報局(CIA)は、UFOに関する数百の文書や写真を機密解除し、公開した。

CIAは、「宇宙人を保護している」、「地球外知的生命体の証拠を隠蔽している」などとしてよく非難されるが、今回サイトに1978年の調査のアーカイブを掲載した。

陰謀論の支持者たちにとっては思いがけないことだったが、CIAはUFO目撃の歴史的事実だけでなく、異常現象の分類を記したたくさんの書類も公開した。

CIAは、その任務と同時に、1947年から、世界中で起こった空飛ぶ円盤と関連した出来事も追ってきた。掲載された写真の大多数は、1940年から1950年代のもので、CIAの電子図書館「電子閲覧室」が提供したもの。これらの文書は、現役諜報員本人から直接入手したものや、謎の出来事に関する様々な国のマスコミ報道から集めたもの。

1978年末、CIAは地方裁判所の決定にしたがい、UFOに関する文書の存在を認め、原告にUFOに関する文書900ページ以上を渡すことを余儀なくされた。

なおCIAは、ページ数不明の57の文書については、国家安全上の理由から引渡しを拒否した。裁判所は、非公開会議でCIA代表者らの論拠に同意した。

参照元 : sputnik


【イギリス】猛スピードで男性を”ひき逃げ”する車を防犯カメラが捉えた

衝撃映像!イギリスで、猛スピード、ひき逃げの瞬間

2016/01/27 11:56

2016-01-27_205057

イギリスで、防犯カメラが男性がひき逃げされる瞬間を捉えました。

道を渡ろうとする男性に白い車がスピードも落とさずに突っ込みます。男性は宙を舞い、数メートル先の地面にたたき付けられます。イギリス南部ブライトンの防犯カメラが捉えた映像で、男性を放置して白い車は現場から逃げていきました。

地元のメディアによりますと、警察が男性をはねた車を突き止め、運転していた31歳の男らを逮捕しました。事故に遭った53歳の男性は頭に重傷を負い、病院で治療を受けましたが、今は自宅に戻って回復に向かっているということです。

参照元 : テレ朝ニュース




2016-01-27_205113

2016-01-27_205126

2016-01-27_205156

2016-01-27_205225


【中国】慢性感染症、喫煙、大気汚染などの原因で、中国人の癌患者数急増 1日7500人と推計

中国のがん死者、1日7500人と推計 最新調査

2016年1月27日(水)11時10分配信
 
2016-01-27_201744

【AFP=時事】中国では、慢性感染症、喫煙、大気汚染などが原因で、がん患者数が急増しているとの調査結果が26日、発表された。2015年のがんの新規診断例は430万例、死者数は280万人に上ると推計されるという。

中国・北京(Beijing)にある国立がんセンター(National Cancer Center)の陳万青(Wanqing Chen)氏率いる研究チームが、米国がん協会(ACS)発行の学術誌「CA: A Cancer Journal for Clinicians」に発表した研究報告書によると、中国のがんによる死因の第1位は肺がんだという。

報告書によると、約13億7000万人の人口を有する中国では、がんが公衆衛生上の重大な問題になっているという。今回発表された最新報告書は、国内に72か所ある地域のがん登録所で2009年〜11年の期間に収集された、全人口の6.5%にあたるデータに基づくものだ。

研究チームはこのデータを用いて、2015年の中国における浸潤性がんの新規診断例を429万2000例と推計した。

これは、がんによる新規診断例が毎日1万2000例近くに上り、7500人が日々命を落としていることに相当すると考えられる。

報告書によると、男性に最も多くみられたがんは、肺がん、胃がん、食道がん、肝臓がん、大腸がんなどだった。女性では乳がんが最も多く、中国人女性の新規患者全体の約15%を構成していた。乳がんに次いで多かったのは、肺がん、胃がん、大腸がん、食道がんなどで、これらが女性がん患者の大半を占めていた。

中国人男性のがん死亡率は女性より高く、人口10万人当たり166人で、女性の死亡率の約2倍だった。

がん死亡率は2006年以降、男性と女性の両方で著しく低下している。だが報告書によると、人口の高齢化と急激な増加が原因で、がんによる全体的な死者数は、同時期に74%増と大幅に増えているという。

がんによる全死亡の3分の1近くが、胃、肝臓、頸部(けいぶ)などの慢性感染症を原因とするものだった。喫煙は、がんによる全死亡の約4分の1の原因とされた。

「世界最悪レベルと考えられている屋外大気汚染、石炭や他のバイオマス燃料を使用した暖房や調理による屋内大気汚染、土壌や飲料水の汚染などは、中国の住民が多くの環境発がん物質にさらされていることを意味する」と報告書は指摘している。【翻訳編集】 AFPBB News

参照元 : AFP=時事ニュース


中国の喫煙に起因する死者、30年までに年200万人 研究

2015年10月09日 11:57

img_1bf54251cbb4207c3fb06c4268059df7177243

【10月9日 AFP】中国では喫煙に起因する死者の数が、2030年までに年間約200万人に達する見込みとの研究報告書が9日、発表された。この数字は2010年時点の約2倍となる。世界最多の人口を抱える同国では、早死にする人が急増していると、研究チームは懸念を示している。

英医学誌ランセット(The Lancet)に掲載された論文によると、現在の傾向から判断すると、若い中国人男性の3人に1人は、将来喫煙が原因で死亡する可能性があるという。ただ、女性の間では喫煙者が減少しており、それに伴う死者も減少しているという。

中国では、世界全体のたばこ生産量のうちの3分の1以上が消費されており、喫煙に起因する死者の数は、世界全体の6分の1を占める。

研究チームは、「中国で禁煙が広がらなければ、喫煙に起因する年間死者数は、2010年の約100万人から2030年には約200万人に、2050年には約300万人に増加するだろう」と指摘している。人口約14億人を抱える中国での2010年の喫煙関連の死者数は、男性が約84万人、女性が約13万人だった。

喫煙者の死亡率は、喫煙経験が一度もない人に比べて約2倍となっており、肺がんや脳卒中、心臓発作などのリスクが高まる。

研究チームは、40〜79歳の中国人男性のうち、喫煙が原因で死亡した人の割合は、1990年代前半の約10%から現在の20%へと2倍に増加したとしている。

また同誌に掲載された、米アトランタ(Atlanta)エモリー国際保健研究所(Emory Global Health Institute)のジェフリー・コプラン(Jeffrey Koplan)氏とマイケル・エリクソン(Michael Eriksen)氏のコメントによると、中国は世界最大のたばこ消費国であるだけでなく、原料となるタバコ栽培やその後の製造においても世界最大であるという。

「国営たばこ企業『中国国家煙草公司(Chinese National Tobacco Corporation)』は、たばこの販売から得た利益と税金を通じて、中央政府の歳入7%以上を提供している」と両氏は説明している。(c)AFP/Mariette LE ROUX

参照元 : AFP BB NEWS



女子高生にわいせつ行為させたビジュアル系バンドの男逮捕

ビジュアル系バンドの男、女子高生にわいせつ行為させたか

2016年1月27日(水) 13時0分

2016-01-27_193014

「バンド関係者と会わせる」などと誘い、当時17歳の女子高校生にわいせつな行為をさせたとして、ビジュアル系バンドのメンバーの男が警視庁に逮捕されました。

逮捕されたのはビジュアル系バンドのメンバー・高田信太朗容疑者(34)で、去年4月、東京・新宿区のインターネットカフェで、当時17歳の女子高校生に、18歳に満たないと知りながら、別のバンドのメンバー(30)らとわいせつな行為をさせたなどの疑いが持たれています。

高田容疑者はビジュアル系バンドとファンのインターネット上の交流サイトで女子高校生と知り合ったということで、「自分の言うことを聞けば、アイドルの面接を受けられるし、バンド関係者とも会わせる」などと言って、乱交パーティーに誘っていたということです。

取り調べに対し、高田容疑者は容疑を否認しています。

参照元 : TBSニュース

2016-01-27_193107


2016-01-27_193025

2016-01-27_193046

2016-01-27_193035

2016-01-27_193139



フリーメーソンの関連施設「メーソニック寺院」を襲い、自動小銃で無差別に殺害することを計画していた男逮捕

銃で大量殺人計画の男逮捕=フリーメーソン標的「世界を恐怖に」―米

2016年1月27日(水)9時6分配信

src_12670329

【ニューヨーク時事】米中西部ウィスコンシン州の連邦地検は26日、同州ミルウォーキーの団体施設を標的に大量殺人を行う目的で自動小銃を購入したとして、武器の不法所持でミルウォーキー在住のサミ・モハメド・ハムゼ容疑者(23)を逮捕、訴追したと発表した。
 
発表によれば、容疑者は国際的な博愛主義団体フリーメーソンの関連施設「メーソニック寺院」を襲い、中にいる人々を自動小銃で無差別に殺害することを計画。おとり捜査を始めた連邦捜査局(FBI)の関係者2人に協力を求めた。25日、おとり捜査官から自動小銃と消音器を買ったところを逮捕された。

容疑者は2015年10月にイスラエル占領下のヨルダン川西岸に入ってイスラエル兵らを殺害する計画だったが、その後、米国内での襲撃に変更した。FBIは15年9月からおとり捜査を開始。容疑者はFBI協力者2人に「30人殺したら素晴らしい。世界が恐怖に陥るだろう」などと話したとされる。 

参照元 : 時事通信


奇妙な大聖堂

さてはてメモ帳 Imagine & Think!というサイトの7月号にニューヨークのセント・ジョン大聖堂の奇妙な話が載っている。私はこのサイトを、今回ある方から紹介されて初めて知ったのだが、非常に内容が濃いので驚いた。こういう人がいたのだ! 少し翻訳が読みにくいが恐るべき内容である。この他にも多くの写真や絵とかなり適切な論評が書かれているので、ぜひアクセスされたい。注意していただきたい点は2つである。

セント・ジョン大聖堂はキリスト教の教会ではなくフリーメーソンの会堂であること。いつも私が書いているように、ニューヨークが黙示録のバビロンで、その崩壊が大聖堂の柱に彫刻されていると言う奇妙な事実である。これは不思議だ。私もびっくりである。

やはり彼らはアメリカが崩壊するのを知っているのだ!

邪悪な場所−セント・ジョン大聖堂

2016-01-27_143625

本日からは、セント・ジョン大聖堂の奇異な点について検証している記事を何回かに分けてご紹介します。 ただ、原文の英文が非常に難解で解読するのにかなり手こずっている事と、誤訳の可能性が高い事をご了承のうえ、ご覧頂けると幸いです。 また、私自身も記事の内容には非常に興味を持っているのですが、あまりにも原文が難解になった際には掲載を断念する可能性がある事もご了承下さい。

Sinister Sites ? St. John The Divine Cathedral   Feb 13th, 2009 | By Vigilant http://vigilantcitizen.com/?p=241邪悪な場所−セント・ジョン大聖堂 2009年2月13日  By Vigilant ニューヨーク市(ツインタワービルを含む)の破壊の模様が建物に彫られ、床には奇妙なオカルト・シンボル、不可思議な儀式が聖壇でとりおこなわれている、理解の寺院の家(Home of the Temple of understanding)は、明らかに新世界宗教の座に就こうとしている。

この大聖堂は決定的な何かが「違う」とある人々は話す。しかし、その「違い」は大聖堂が、環境が人間の生命よりも重要だと信じている、新たな異教徒の悪魔的境界の寺院 (temple of Neo-Pagan-Bordeline-Satanic-the-Environment-is-more-important-than-human-life=原文のBordelineは恐らくBorderlineなのではないかと推測して訳しています)という事実の中に埋もれている。個人的には私は、各個の信条には無頓着であるが、疑うことを知らない信者達を、卑怯な方法でオカルト崇拝の修道院へと導き入れるのは、悪と言わざるを得ない。

「異教徒の知識人は、キリスト教用語の衣服によって自らの創案を包みこんだが、シンボリズムの重要な部分に関しては、正式に入会の手ほどきを受け、守秘義務を科せられた者達のみに与えられた」- Manly P. Hall, The Secret Teachings of All Ages

大聖堂の背景と歴史

この未完成の建造物は、世界一巨大な聖堂だとの主張がなされている。それは、JPモルガン(JP Morgan)のような大物や、ニューヨーク州のグランド・マスター・オブ・ザ・メーソンズのような著名人を含む、資金源の高潔な大志を留めておくには現実的な方法である。フリーメーソンの受賞を実現させた大聖堂の竣工の模様は、「メーソニック・ワールド(Masonic World)」1925年3月号の表紙に掲載されている。

記事には、 「大聖堂建築最盛期における大聖堂と教会の主たる建築者のメーソンたちが、今やアメリカの最大の聖堂を建てる運動に傑出した役割を担わねばならぬことはとりわけふさわしいことである。(・・・)その大聖堂建設期間中にフリーメーソン団の物語に付け加えるべきことはほとんどない;その才能、その信仰、そしてその表象と同様に、その記念碑となる不朽の業績がその最良の歴史である。」 (引用注:ここは訳を差し替えました)と書かれている。

記事は、フリーメーソンの大聖堂が組合(Brotherhood:兄弟団)の最良の遺産の象徴であり、またシンボリズムの展示が傑出している事を公然と容認している。しかし、作品の意味する所を見極めるには、大衆は余りにも無知であるが故に、彼らはそれらを単に「素晴らしい」という思いと共に、ただ眺めるだけなのである。

フリーメーソン団とオカルト

ご承知かもしれないが、フリーメーソンは入会者のみに伝えられるオカルトや深遠な教義である、「太古のミステリー」の守護者の地位を代々受け継いできている。ここでは、それを理解するのに数年は要するため、そのミステリー信仰について説明する予定はない。しかし、オカルト主義者はその教義を、何世紀にも渡るキリスト教期以前に遡る太古のエジプト文明、バビロン文明、カバラやグノーシス主義から得ていると言う事はできる。

秘密結社は、教会による迫害を逃れるため、その理念について実際の本質を、キリスト教のヴェールに覆い隠すことを余儀なくされた。フリーメーソンや、それに従う薔薇十字会(Rosicrucian Order)、テンプル騎士団(The Knights Templer)などの全ての団体は、欧州では悪魔崇拝や偶像崇拝とのそしりを受け続けてきた。

組合の中でより高位を目指すため、ミステリー信仰の種類と理念を学ぶ必要がある、下位のフリーメーソンの多くは、キリスト教を実践していた可能性がある。実のところ、フリーメーソンは厳密に入会者に限定されている、霊性の印を取り入れるための世界を必ずしも探し求める必要はなかったのである。しかし、異教信仰の「平易」版によって頻繁に集団を導くメーソンの高位の者達については、後ほど書くことにしたい。

シンボル(The Symbols)

大聖堂の印象的な外観は、それを眺める者の謙虚な感覚を刺激する。しかし、あなた自身の何が刺激されるのだろうか?作品の細部を検証してみよう。

1-世界の終末を思わせるような柱 (黙示的柱)


建物正面西側の壁面に、石工達は非常に多くの奇妙な大聖堂に似つかわしくない場面を彫刻している。中でも最も目立つのは、ニューヨーク市とそのランドマークの崩壊という恐ろしい描写である。 ツインタワーが崩壊している 上の場面は、ツインタワーが崩壊する4年前の1997年に彫刻された。他にもクライスラー・ビルディング(Chrysler Building)やシティグループ・センター(Citigroup center)などの摩天楼が確認できる。

破滅的なニューヨークの光景

上の場面は、ニューヨークに住む人々を不安にさせるかもしれない。ブルックリン橋(Brooklyn bridge)が崩壊し、車やバスが波立つ水の中へと落下する様を我々は見ている。右側の自由の女神(Statue of Liberty)は、水没しているかのように見える。この恐ろしい予言の真下には、人々が財貨を取引しているニューヨーク証券取引所(New York Stock Exchange)がある。

この奇妙な彫刻の目的とは一体何であろうか?第一に説明の必要があるのは、世界の終末の出来事を象徴的比喩によって述べている、聖書のヨハネの黙示録(the Book of Revelation)のセント・ジョン・ディバイン(St. John the Divine)に関する実際の記述だろう。オカルティストは、ヨハネの黙示録には、深遠な教義を実践するための、本当の意味を明かす暗号が密封されていると考えている。ニューヨークをあたかも、神の怒りによって完膚無きまでに破壊された、「大バビロン(Babylon the Great)」であるかのように表現したこの光景は、大聖堂入り口の西側に彫られている。ヨハネの黙示録にはこのように書かれている。

ヨハネの黙示録 18章 2〜3節
天使は力強い声で叫んだ。「倒れた。大バビロンが倒れた。そして、そこは悪霊どもの住みか、あらゆる汚れた霊の巣窟、あらゆる汚れた鳥の巣窟、あらゆる汚れた忌まわしい獣の巣窟となった。すべての国の民は、怒りを招く彼女のみだらな行いのぶどう酒を飲み、地上の王たちは、彼女とみだらなことをし、地上の商人たちは、彼女の豪勢なぜいたくによって富を築いたからである。」


実際のニューヨーク市と聖書に記されている大バビロンの記述の間に、実に多くの類似点が存在しており、制作者は何らかの知識に通じていた可能性がある。ヨハネの黙示録にはこう記されている。

人々、群衆、国家や言語など、大量の水上に座し、金の杯を持つ「淫売」。彼女は地上の王達を統御する。= 自由の女神

彼女の「豪勢な贅沢」によって富を築いた地上の商人達は、彼女のために泣き悲しむ。もはやだれも彼らの商品を買う者がないからである。= ニューヨーク証券取引所

ヨハネの黙示録 / 18章 15~17節
このような商品を扱って、彼女から富を得ていた商人たちは、彼女の苦しみを見て恐れ、遠くに立って、泣き悲しんで、こう言う。「不幸だ、不幸だ、大いなる都、麻の布、また、紫の布や赤い布をまとい、金と宝石と真珠の飾りを着けた都。あれほどの富が、ひとときの間に、みな荒れ果ててしまうとは。」


今日も未だに、世界中の資本の70%以上がニューヨーク証券取引所で取引されている事を知っている我々には、なぜその建物が、世界の終末を思わせるような支柱に描写されているのか理解できる。それは、裕福な商人達とその商品に関して、ヨハネの黙示録で繰り返し触れられている「金融」の状況を象徴している。

結果、ニューヨーク市のランドマークであるセント・ジョン大聖堂は、その所在地が崩壊する生々しい様子を予言しているのだ。本当に奇妙だ。ニューヨーク証券取引所の下には、死と破壊を象徴していると思われる、骸骨や奇妙な生き物を見ることができる。これも何らかの予言だろうか?

聖書の改竄説を証明せよ

世界の陰謀に目覚めている人々の間でも「聖書は改竄されている」と言う説がまるで真理のように語られている。さも、知識人であるかのように何の裏づけも無いのに気軽に話す。では、聞くが、聖書のどの箇所が、どう改竄されたのか。誰が何の目的でいつ改竄したのか。これを権威ある著書または研究者の論文から証明してもらいたい。

聖書は2000年間論争の対象だった。だからありとあらゆる誹謗中傷が成されてきた。ということはとりもなおさず研究者の厳密な検証が常に成されてきたと言うことである。軽々しく、聞きかじりのデマ情報をまるで知識あるもののように語るならそこまでの裏づけを提示されたい。よく言っておく。天地が滅び行くまでは、律法の一点、一画もすたることはなく、ことごとく全うされるのである。マタイ5:18

参照元 : 荒野の声

今月から役所の手続きで使われ始めた「マイナンバー」で、全国的なシステム障害が再発

マイナンバー、またシステム障害 自治体への影響深刻化

2016年1月25日21時07分
 
iroha_char03

今月から役所の手続きで使われ始めたマイナンバー(社会保障・税番号)で、全国的なシステム障害が再発した。総務省の外郭団体で、システムを運営する地方公共団体情報システム機構の25日の発表によると、21、22、25日に一時的に通信がつながりにくくなり、個人番号カードを市区町村の窓口に来た申請者に手渡せなかったり、市区町村から機構に住民情報を送れなくなったりした。3日間で約100の市区町村から問い合わせがあったという。希望者に無料で配る「個人番号カード」の発行を見合わせる自治体も出ており、影響が深刻化しつつある。

13、18、19日にも同様のトラブルが起きており、同じ装置の不具合が原因とみられる。24日に装置を増設し、25日午後からトラブルはなくなったという。原因は調査中だが、カードの発行業務が集中してシステムに過大な負荷がかかった可能性があるとみている。「外部からのサイバー攻撃の可能性はない」としている。

参照元 : 朝日新聞



【関連記事】
TSUTAYAが、マイナンバー制度の個人番号が記載された「通知カード」を新規会員登録の際、本人確認に利用していた事が発覚

安倍政権の恐ろしい統制社会!愛知県稲沢市が掲げた強権手法に住民が戦々恐々「マイナンバー拒否で住民票を消除?」

マイナンバー通知カードの簡易書留、受取人不在などで約10万通が返送

【朗報】マイナンバー制度は「憲法の保障するプライバシー権を侵害する」として、全国で一斉提訴

マイナンバー制度はどれぐらい危険なのか?構築を担当した人物に11の疑問をぶつける

茨城県や栃木県で、マイナンバーの番号通知カードが相次いで誤配達 これまでに16件確認

自分のマイナンバーをブログで公開した”さゆふらっとまうんど氏” マイナンバー法違反の疑いがあるとして、国の第三者機関が削除要請

専門家「マイナンバーカードは紛失や成り済ましなどデメリットも大きい。必要だと感じた時に申請すればいいので慌てて作る必要なし」

マイナンバー制度に関連する入札巡り、厚労省職員の男が便宜を図った見返りに100万円の賄賂受け取り逮捕

マイナンバー制度スタート早々「詐欺被害」70代女性が現金を騙し取られる

米政府版マイナンバー、約2150万人の個人情報流出!その中の560万人については指紋データも流出していたことが判明

多くの会社でマイナンバーを正しく利用するための体制が整っていない!この状態のままスタートすれば漏えいの可能性大

【マイナンバー制度】主権者である国民の全情報を国が監視、政府の秘密は特定秘密保護法で隠す。民主主義に反する異常な管理社会

マイナンバー制度で風俗や水商売のおねえさん達に問題が発生 → 夜の店がバッタバッタと倒産する

http://blog.livedoor.jp/charosuke0127/archives/52011788.html

【監視社会】マイナンバー制度の準備が完了している企業や自治体は僅か4%

【監視社会】マイナンバーで医療情報まで管理!利用範囲を戸籍やパスポート、証券分野などへの拡大目指す

マイナンバー制度で健康保険証も一元化へ ネット上の電子情報を本人の同意なくても第三者に提供できる個人情報保護法の改正も目指す

【監視社会】個人の銀行口座もマイナンバー(共通番号)で国が管理!プライバシーの侵害

【監視社会】マイナンバー制度を「銀行預金口座」にも適用する改正法案を閣議決定

TSUTAYAが、マイナンバー制度の個人番号が記載された「通知カード」を新規会員登録の際、本人確認に利用していた事が発覚

TSUTAYAが通知カードで本人確認 今後は「利用せず」

2016年1月25日 22:38

logo

レンタル大手TSUTAYA(ツタヤ)が、マイナンバー制度の個人番号が記載された「通知カード」を新規会員登録の際の本人確認に利用していたことが25日、分かった。通知カードは身分証明書代わりに使うことが認められていない。

ツタヤは、26日以降は利用しないよう全国の店舗に通知する予定。

同社によると、昨年10月16日以降、本人確認の際に保険証や光熱費の請求書と合わせて身分証の代わりとし、氏名と住所だけを目視で確認していた。

内閣官房社会保障改革担当室の担当者は「防犯カメラに写ったり、店員が間違えてコピーしたりして個人番号が流出してしまう可能性があるため、こういった利用は適切ではない」としている。

同社広報部は取材に「違法性はないと認識しているが、利用者に不安を与えるかもしれないので今後は利用しない」と回答した。

参照元 : スポニチ


なんの意味もないマイナンバー。

無能な公務員が己の利権の為だけに多額の税金を使って作り出した無用の産物。制度を作って、どうやって活用するか検討するという無計画っぷりに呆れる。

ツタヤの管理レベルが、かなり低いのが分かる。防犯カメラには通知カードが録画されているだろうから、今後、漏えいの可能性がある。




【関連記事】
今月から役所の手続きで使われ始めた「マイナンバー」で、全国的なシステム障害が再発

安倍政権の恐ろしい統制社会!愛知県稲沢市が掲げた強権手法に住民が戦々恐々「マイナンバー拒否で住民票を消除?」

マイナンバー通知カードの簡易書留、受取人不在などで約10万通が返送

【朗報】マイナンバー制度は「憲法の保障するプライバシー権を侵害する」として、全国で一斉提訴

マイナンバー制度はどれぐらい危険なのか?構築を担当した人物に11の疑問をぶつける

茨城県や栃木県で、マイナンバーの番号通知カードが相次いで誤配達 これまでに16件確認

自分のマイナンバーをブログで公開した”さゆふらっとまうんど氏” マイナンバー法違反の疑いがあるとして、国の第三者機関が削除要請

専門家「マイナンバーカードは紛失や成り済ましなどデメリットも大きい。必要だと感じた時に申請すればいいので慌てて作る必要なし」

マイナンバー制度に関連する入札巡り、厚労省職員の男が便宜を図った見返りに100万円の賄賂受け取り逮捕

マイナンバー制度スタート早々「詐欺被害」70代女性が現金を騙し取られる

米政府版マイナンバー、約2150万人の個人情報流出!その中の560万人については指紋データも流出していたことが判明

多くの会社でマイナンバーを正しく利用するための体制が整っていない!この状態のままスタートすれば漏えいの可能性大

【マイナンバー制度】主権者である国民の全情報を国が監視、政府の秘密は特定秘密保護法で隠す。民主主義に反する異常な管理社会

マイナンバー制度で風俗や水商売のおねえさん達に問題が発生 → 夜の店がバッタバッタと倒産する

http://blog.livedoor.jp/charosuke0127/archives/52011788.html

【監視社会】マイナンバー制度の準備が完了している企業や自治体は僅か4%

【監視社会】マイナンバーで医療情報まで管理!利用範囲を戸籍やパスポート、証券分野などへの拡大目指す

マイナンバー制度で健康保険証も一元化へ ネット上の電子情報を本人の同意なくても第三者に提供できる個人情報保護法の改正も目指す

【監視社会】個人の銀行口座もマイナンバー(共通番号)で国が管理!プライバシーの侵害

【監視社会】マイナンバー制度を「銀行預金口座」にも適用する改正法案を閣議決定

日本の自殺率は先進国の中ではダントツ 「失われた20年」で若者の自殺が増加

若者にとって日本は“絶望の国”なのか… 増えていく自殺と「希望格差」

2016.1.24 17:13

「失われた20年」で若者の自殺が増加

年明け早々物騒な話ですが、日本は自殺大国といわれます。2012年の自殺率(人口10万人あたりの自殺者数)は23.1で、172カ国で9位です。社会的な統制が強い旧共産圏の国々ほどではないにせよ、先進国の中ではダントツです。

ecc1601241713002-p1

ecc1601241713002-p2

私は、社会病理学を専攻しています。

簡単にいうと、社会の健全度(逆にいうと病気度)を診断しようという学問です。人間の場合、病気かどうかを判断する指標として体温や血糖値などがありますが、社会の健康診断の指標としては、犯罪率や自殺率などがよく使われます。

犯罪率は警察の取り締まりの姿勢によって大きく左右されますので、私は、後者の自殺率がよいと考えています。自殺の原因は個々人で多様ですが、国民のうち自殺者がどれほどいるかという「自殺率」は、まぎれもなく社会の問題を反映しています。

エミール・デュルケムが名著『自殺論』において、自殺率を指標として、19世紀のヨーロッパ社会の病理をえぐり出したことはよく知られています。

さて日本の自殺率ですが、冒頭で述べたように国際的に高い水準にあります。しかし時系列でみると、2003年の25.5をピークとして減少傾向にあり、2014年では19.5まで下がっています(厚労省『人口動態統計』)。近年の自殺防止施策の効果もあるでしょう。

このように国民全体の自殺率は低下しているのですが、年齢層別にみると、これとは反対に上昇しているグループがあります。

それは若年層です。

15〜24歳の自殺率は、90年代以降ずっと上がり続けています。しかもそれは、日本の特徴のようです。図1をご覧ください。

日本の若者の自殺率は、この20年間でトップにのしあがっています。欧米諸国は減少傾向にあるのに対し、日本はその逆だからです。

お隣の韓国も、似たような傾向を呈しています。「失われた20年」の困難は、若年層に凝縮されてきたといってもよいでしょう。
 
50代の自殺者は景気回復の影響で減少

大学生の就職失敗自殺、雇用の非正規化、果ては若者を使いつぶすブラック企業の増殖など、上記のデータを解釈する材料は数多くあります。

ちなみに2014年の20代の自殺原因上位3位は、うつ病、統合失調症、仕事疲れ、となっています(警察庁『2014年中における自殺の状況』)。いずれも、将来展望閉塞や過重労働の蔓延といった社会状況と無関係ではないと思われます。

それは多かれ少なかれ他の年齢層も同じですが、今世紀になって自殺率が上がっているのは若年層だけです。この点を可視化してみましょう。図2は、各年齢の自殺率を折れ線でつないだ、自殺率の年齢曲線です。1999年と2014年のカーブが描かれています。

前世紀の末では、50代の自殺率がべらぼうに高い水準にありました。

97年から98年にかけてわが国の経済状況は急激に悪化し(98年問題)、年間の自殺者が3万人に達したのですが、その多くがリストラの憂き目に遭った中高年男性でした。近年では景気回復もあってか、この山が低くなっています。高齢者の自殺率が減少しているのは、この層に重点を置いた自殺防止施策の効果だと思います。

しかし、現在は若者の自殺だけは増えています。

今後は、自殺防止対策の重点を若年層にシフトする必要があります。雇用機会の拡充をはじめとした自立支援がメインとなるでしょうが、若者の場合、それとは違った視点も求められます。

想像がつくと思いますが、自殺率は失業率と非常に強く相関しています。過去半世紀の時系列データでみると、40〜50代男性の自殺率は、失業率と+0.9を超える相関関係にあります。

ところが若年層では、「これから先、生活が悪くなっていく」という意識の割合(希望閉塞率)のほうが、自殺率と強く関連しているのです(拙稿「性別・年齢層別にみた自殺率と生活不安指標の関連」『武蔵野大学政治経済学部紀要』2009年)。

「希望」がなければ、自殺はもっと増える

若者は先行きを展望して生きる存在ですが、それが開けていないことは、大きな苦悩の源泉となるでしょう。このような事実を踏まえるなら、彼らが希望を持てる社会を構築することが重要となります。

凍てつく冬の時期ですが、あと3カ月もすれば桜が咲き、各地で入社式が行われます。そこに出席する新入社員は、さぞ希望に満ち溢れることでしょう。

しかし、そうでない若者もいます(不幸にして就職活動に失敗した者、既卒の非正規雇用者など)。まさに「希望格差」です。自殺に傾きやすいのは、後者であることは言うまでもありません。この層が「やり直し」を図れるようにするのも、重要なことです。

少子高齢化による人材不足もあり、新卒だけでなく第二新卒にも目を向ける企業が増えていると聞きます。新卒だろうが、既卒だろうが、われわれのようなロスジェネだろうが、同じ人間。何も違うところはありません。22歳で全てが決まる「新卒至上主義」のような慣行は、まずもって是正していただきたいものです。

今後、自殺防止対策を打ち出すに際しては、「希望」がキーワードとなるでしょう。2016年が始まりましたが、若者にとって展望が開けた年になることを願います。

(武蔵野大学、杏林大学兼任講師 舞田敏彦=文)(PRESIDENT Online)

参照元 : sankeibiz


日本の年間自殺者は3万ではなく本当は10万を超えている。そんな過酷な世の中でも生きる意味を見い出すために

3425735_169

日本の自殺者に関して、気になる記事を見付けましたので、この場を借りて皆さんにご紹介したいと思います。先ずは以下の記事をご覧下さい。
 
(以下、にせかもの気になる日常ニュースより転載)
 
先進国で若者の死因トップが自殺の日本。異常な日本社会の現状 
 
2014年版の自殺対策白書が先日発表され、日本だけが先進国の中で若者の死因トップが自殺であるという統計が発表されています。
 
2014年版の自殺対策白書によりますと、日本の自殺者数は2年連続で3万人を切り、減少傾向が続いています。しかし、15歳から34歳の若い世代では、男女ともに死因のトップが自殺となっています。若い世代で死因のトップが自殺なのは、アメリカやドイツなど先進7カ国のなかで日本だけです。人口10万人あたり20人に上り、2番目に多いカナダの12.2人を大きく上回っています。政府は今年度も、約360億円を自殺回避の対策に充てています。
 
日本人の自殺が、非常に多いのは前から有名でしたが今回の調査・発表で改めて裏付けられた形になります。10万人中20人ほどが、自殺で亡くなるということで非常に問題のある数字です。
 
上記記事については、日本の自殺件数は3万件を切り、減少傾向にあるといいますが、そもそもこの自殺の統計の取り方が問題視されているのは、有名な話です。
 
古い記事にはなりますが、↓のサイトにその数字のからくりが記載されています。
 
————————-
 
本当の自殺者数は、年間18万人!!
 
投稿者:禅の和尚 投稿日:2009年12月 6日(日)23時34分44秒
 
久々に投稿させて頂きます。自殺者数について、ここ10年、連続3万人超とマスコミでも報じられ問題になっています。
 
日本には年間15万人ほどの変死者がいてWHOではその半分を自殺者としてカウントするので、公表すべき自殺者数は本当は11万人ということで、これは実に他の先進諸国の10倍です。
 
警視庁で調べたという民主党の山田正彦議員によると、1997年に変死者9万人、2003年に15万人だそうです。
 
2003年というと、ご存知のように小泉竹中政権による株価下落誘導政策、ジャパン叩き売り、りそなインサイダー事件のあった年ですね。
 
ところで15万人の半分を自殺者だとすると、では残りの半分は他殺か病死かを考察してみましょう。
 
病死は大体病院で死ぬか自宅で家族に看取られ死ぬので、死因は病死と特定されるので変死者の数に入れるとしても、非常に少ないでしょう。
 
とすると、残り半分はほとんど他殺か?ということになりますが、死んだ人たちの大半が暴力団員というのならともかく、日本で15万人の半分7万人が他殺で殺されているとは、とても思えません。
 
私は、この変死者のほとんどが自殺だと思っています。
 
ですから本当の自殺者数は、年間18万人!!遺書がないだけで自殺なのです。
 
————————-
 
もちろん、上述の話全てを完全に鵜呑みにするわけではないのですが、ただ、日本で変死として扱われている人はかなり居るようで、上記投稿には頷けることが多いのは事実です。
 
ちなみに、日本での変死の定義とは、刑事訴訟法第229条第1項や検視規則第1条でいう「変死者又は変死の疑いのある死体」を指しますが、これではなんら具体的ではないので「変死体の定義」を調べてみました。
 
法医学書によると変死体は異状死体の一部であって、狭義には犯罪死体か非犯罪死体かが判断できない死体、広義には犯罪死体と犯罪死体か非犯罪死体かが判断できない死体の両者を併せたものをいうとのことです・・・
 
ザクッと説明すれば日本で呼ばれている「変死体」は、医師の管理下でない死亡のことらしい。
 
少なくとも、自殺ではなく変死として扱われているものについても、やはり、ある程度は自殺が含まれていると考えていいのではないかと思われます。
 
となれば、実際の変死者のうち自殺がどれだけあるかは誰にも分からない以上、事実を矮小化するための、変死扱いと考えられてもしょうがないという気が個人的には上述の記事の通りします。
 
自殺が減らないのは、日本人の民族性というのもあるのかもしれませんがそもそも、この社会が生きていて希望が見えない状況であるということが一番多いでしょう。
 
ブラック企業の話題が、一般化していたり、税金がどんどん重くなるのに、収入は減る。正規雇用は激減し、非正規雇用の人間がいつ体調を崩して生活が出来なくなるかもしれないという不安を抱えながら仕事をして生活している現状の異常さを、直視しなければなりません。
 
自殺対策ネットワークや、相談窓口というものが各自治体に設置され、自殺予防に力を挙げているようですが、まず、この根本の問題をどうにかしないことには自殺率を減らすことは難しいでしょう。
 
360億円を自殺回避の対策費用として政府は充てているとのことですが、どうせその費用は関連窓口などの費用でしょうから、根本的な対策には何一つ貢献していないというムダな費用を使っていると私的には感じています。
 
将来の見通しが見えず、少子化もどんどん進む現状でこの先の国の姿に、希望が見いだせず、暗い未来しか見えない現状では、若者が自殺に走る気持ちは分からなくはないのです。
 
福島の放射能処理などを見ていると思いますが、今のこの国は破滅に向かって進んでいるようにしか、私には見えません。自殺を減らしたいのであれば、まずこの国にもっと希望が持てるような政策などを実施して、そのヴィジョンを示していくべきだと常日頃思っています。
 
(転載ここまで)
 
この方も仰っている通り、小泉・竹中のひどい政治改革、経済改革によって、日本人の多くが地獄のどん底に突き落とされてしまいました。
 
しかも、その片割れである竹中が未だに政府の中枢にいて、偉そうな顔をしながら日々あれこれと能書きを垂れているわけですから、我々国民からしてみればシャレになりません。
 
ここ最近は、ネトウヨの皆さんに人気の三橋ナントカさんがやたらとテレビなどで竹中平蔵をバッシングしておられますが、恐らくあれも自分の怒りと不満を代弁してくれたという安堵感を国民に与えるためのガス抜きにしか過ぎず、三橋さんの言ったことが実際の政策に反映されるわけでもありません。
 
というより、三橋さんもまた(ご自分で自覚されているのかどうか知りませんが)竹中平蔵と同様、金融ユダヤの傀儡でしかないでしょうから、彼なんかに期待する方が愚というものです。
 
いつまで現在のいい加減な安倍政権が続くかは分かりませんが、どうせ選挙をしたところで不正選挙が行われて自民党が圧勝するでしょうし、安倍晋三の人気がどんなに落ちたところで、マスコミが内閣支持率をねつ造しつづけるでしょうから、当分はこの体制が続くものと考えた方がいいでしょう。
 
しかも、安倍・竹中は相変わらず金融ユダヤの命令通り、この弱肉強食世界をさらに加速させていくでしょうから、今後、ますます自殺者が増えていく可能性は高いです。
 
本当に恐ろしい時代になってしまいました。安倍や竹中の背後にいる金融ユダヤ人、悪魔崇拝を行う気違いたちが、この日本民族の精神をどんどん破壊しています。
 
もっとも、上のブロガーさんも仰られている通り、日本人に自殺者が多いのは、日本人のもともとの性格にも一因があると思います。他国の人に比べて、日本人は自分の中にある不満や怒りを表に出したがらず、自分の内に閉じ込めてしまう傾向にあるからです。
 
その理由は、恥ずかしくて人に悩みを打ち明けられないというのもあるでしょうし、自分の心の内をきちんと表現できないというのもあるでしょう。そのため、不満や怒り、悩みや心配のはけ口がなく、結局、一人でくよくよ悩んで自殺してしまうわけです。
 
しかし、もしこのブログを読んでいる方で、誰にも自分の悩みを打ち明けられずに悩んでいる人がいるなら、私はその人にこう言いたいです。
 
辛いのはあなた一人じゃない、と。
 
あなた一人だけが特別弱くて、特別不幸な星の下に生まれたわけではない。あなただけが特別この世から踏みにじられているわけでもありません。
 
あなたにも生きる意味があるし、今はそれが見付からないだけです。あなたがこの世に生まれてきた意味は、もう少し長く生きてみなければ分かりません。いえ、もしかしたら一生見付からないかも知れません。しかし、それを見付ける努力をもうしばらく続けてみましょう。その努力をしない限り、生きる意味なんて見付かりっこないのですから。
 
人によっては、お金こそが生きる意味だと思っているかもしれません。名誉こそそれだと思っているのかも知れません。あるいは恋人、あるいは幸せな結婚、あるいは幸せな人間関係だと思っているかも知れません。
 
しかし、あなたはその全てに価値を見いだせなかったか、あるいはそれらを手に入れることはできないと思って諦めてしまったか、あるいは手に入れようとして失敗し、挫折してしまったか、そのうちのどれかでしょう。しかし、それが何であるにしろ、あなたにとって最も値打ちのあるものはそんなに簡単に手に入るものではありません。
 
いいや。他の人はみんな簡単にそれを手に入れているではないか、と思う人もいるかも知れません。確かにそういう人もいるでしょう。しかし、簡単に手に入れたものほど、簡単に失われていきます。簡単に奪われていきます。
 
その反面、数え切れないほど努力と苦労を繰り返し、その結果、手に入れたものは、簡単に失われることはなく、簡単に奪われることもありません。そもそも、あなた自身がその宝物を絶対に手放そうとはしないでしょう。厳重に管理しながら、その宝物を一生大事に抱えて生きていくはずです。
 
もしかしたら、あなたがその宝物を見付けるまで、誰もその努力を分かってくれないかも知れません。逆にそんなあなたを誹謗中傷する人すら現れるかも知れません。見下し、嘲笑う人すら出てくるかも知れません。
 
しかし、他人がどう思おうと、そんなことはどうでもいいことです。あなたはただあなたにとっての宝物を見付けさえすればいいのです。その瞬間が来るまでひたすら努力しつづければいいのです。
 
確かにそれは苦痛の道です。茨の道です。
 
しかし、誰がそれを簡単に手に入れられると言いましたか。神様ですか。あなたの親ですか。友達ですか。恋人ですか。いいえ。誰がなんと言おうと、あなたにとって本当の宝物はそんなに簡単には見付かりっこありません。だからこそ、この世の多くの人たちが悩んでいるのです。
 
幸せそうに見える人も、その実、心の中には深い闇を抱えています。実際、テレビで笑って楽しそうにしているタレントたちも、次から次へと自殺しているではありませんか。それがこの世の現実なのです。
 
本当のところこの世の中は地獄です。私のブログを読んでくださっているなら、この世の中が悪魔によって支配された地獄の世界だとお分かりいただけているはずです。しかし、私がそんな現実をこのブログに書いてきたのは、皆さんを悩ませるためではありません。
 
むしろ、この世の現実をしっかりと知らしめることによって、その地獄からどう這い出していくか、そのヒントを少しでも与えたいと思って書いているのです。果たして私がどれだけ皆さんのお役に立てているかは疑問ですが……。
 
いずれにせよ、敵の手口が分かれば、その分、敵を攻撃しやすくなります。攻撃は最大の防御と言います。あなたの敵があなたをどのように苦しめようとしているのか、その手口を分かれば、その攻撃をうまくかわしながら、いずれはその敵を滅ぼすことができるはずです。
 
敵はあなたをこれまでずっと狙い撃ちしてきました。別にあなた一人を狙ってきたわけではありませんが、あなたもその標的の一人でした。ですから、あなたが辛い思いをするのは当然のことだったのです。
 
しかし、大丈夫です。敵とて万能ではありません。あなたが敵の攻撃の手口をはっきりと分かれば、いずれその攻撃をかわしながら悠々と生きていけるようになります。
 
もちろん、どんなに努力しても努力しても報われないと感じることもあるでしょう。そういう辛い日々が長く続くかも知れません。しかしそれは何もあなただけが通る道ではないのです。この世を生きている限り、誰もが通らなければならない道なのです。
 
いつまで経っても求める答えに辿り着けなかったらどうするんだ、などと心配しないでください。大丈夫。仮にそれが見付からなかったとしても、それを見付けようと努力をするだけで、あなたは十分にこの世の人生を楽しむことができます。結果だけが重要なのではありません。むしろ、その結果にいたる過程の中にこそ楽しみがあり、喜びがあり、希望があるのです。
 
私の言っていることを単なるきれい事だと思わないでください。やってみれば分かります。すぐに分かります。
 
参照元 : rapt


【殺人の隠ぺい大国、日本】 

『 自殺の90%は他殺 』

警察が発表する自殺者数というのは、警察のさじ加減でいくらでも、どうとでもなるという事

「自殺者数3万」実はこの数字、全く当てにならない ということがわかった。非常に有名な話ですが、警視庁の変死者数の統計で、変死者数が平成9年に9万人、平成15年に15万人となっています。

死亡理由が曖昧な判定をする国

警察が扱う異状死のうち、9割は警察官や立ち会いの医師が死体の表面検査だけで死因を決めていると指摘。ここに犯罪見逃しの危険があるとしている。一方、解剖医は全国で約120人しかおらず(略)

実はこの記事をめぐり、相当なバッシングが国に寄せられた。

2009年3月24日(火)内閣委員会議事録(抜粋)

現在、異状死体の9割というのは専門知識の不十分な警察官とか、立会いのお医者さんも殆ど経験がない方が見るだけで判断する。それが解剖に回るとかいうルールもない中で、16万体を超える処理がされる。

1480光年先にある連星「KIC 9462852」は高度な宇宙人による巨大建造物説が有力?

NASAの仮説覆り、再び「宇宙人による建造物説」有力に? 連星「KIC 9462852」の謎の減光現象とは?

2016.01.21

やはり宇宙人による巨大建造物が存在するのではないか? 去年9月、不自然とまでいえる極めて不規則な減光現象が確認された1480光年先にある連星「KIC 9462852」 が、またも物議をかもしている。

当初、NASAはこの現象に対し「彗星や惑星によって光が遮られたのでは?」とする予測をたて一旦落ち着いたようにみえたが、新たな発見によって「宇宙人建造物説」の可能性は無視できないとSETI(地球外知的生命体探査プロジェクト)が発表、その根拠について科学系メディア「NEW SCIENTIST」が15日に伝えている。

■高度な宇宙人による巨大建造物がもたらす減光現象?

2016-01-25_213611

「KIC 9462852」は2009年、NASAのケプラー宇宙望遠鏡によってはくちょう座と琴座の間観測された太陽よりも明るく巨大なエネルギーを持つ連星だ。

依然として謎多き天体であるが、2015年9月、タバサ・ボヤジアン氏率いるイェール大学の研究チームによって「KIC 9462852」に普通では見られない不規則な減光現象が観測された。文頭に記したように、NASAは複数の惑星や彗星によって光が遮られた可能性が高いとする見解を発表するも、そこには疑問が残った。NASAの見解が正しいならば一定の周期にもどづいて減光現象は観測されるはずなのだ。この異様な現象に物理界は一時騒然となった。

ボヤジアン氏は過去2009年から2013年までの4年間のデータを観察すると、減光現象は不規則に5〜80日の間隔で、最大20パーセント強のレベルまで急激に落ち込むことがわかった。

「このような現象をみせる星は今までみたことがありません。データの不備を疑いましたがそれもないし、具体的な説明ができない」

とボヤジアン氏は語っている。

2016-01-25_214015

たとえ太陽に木星級の惑星が通過したとしても、遮られる光はせいぜい数パーセント。今回のように最大で22パーセントも減光する科学的説明がつかないでいるのだ。

そんな中、ペンシルバニア州立大学の天文学者ジェイソン・ライト氏によって「ダイソン球」のような高度な文明を持つ宇宙人によって作られた建造物のせいではないかという説がだされた。

「ダイソン球」とは、1960年にアメリカの物理学者フリーマン・ダイソンによって提唱された、恒星が出す光熱エネルギーを最大限利用するために、恒星の周囲に巨大な構造物をめぐらせ利用するという「スタートレック」をはじめSF作品にもとりあげられるものだ。
 
2016-01-25_213711

もし「KIC 9462852」の減光現象が、高度な文明を持つ宇宙人が建設した巨大建造物によって遮蔽されているとしたらと胸をときめかせていた人もいる中、SETIによる調査が進められた。しかし、「宇宙人建造物説」を示す証拠は見つからなかった。そこで科学者たちは「彗星遮蔽説」に収束しようとしていた矢先、新たな発見がなされ、事態は急変しているのだ……。

■再び蘇る「宇宙人建造物説」
 
2016-01-25_213745

今年に入って、宇宙物理や天文学を専門とするルイジアナ州立大学のブラッドリー・シェイファー教授がこの謎の解明に挑み、意外な発見にたどり着いた。

ハーバード大学に保管されている1世紀前の写真乾板からのデジタルデータまで遡ってみると、「KIC 9462852」からだと考えられる光が1890年から1989年の間に何回も不定期に暗くなっていることを突き止めたのだ。この100年の間に一定の間隔で減光現象が確認されたことは、NASAによる「彗星遮蔽説」を否定するに十分な成果だ。

なぜなら、彗星群によって遮蔽されたとしても、それが長期間に渡って一定周期のもとに観測されることはありえないからだ。一体これはどういうことなのだろう?

ブラッドリー・シェイファー教授は、

「概算するに20パーセントの光が遮蔽されるためには少なくともその星の5分の1の大きさを持つ物体が手前にあることになります。さらに、一瞬で通り過ぎる彗星や惑星によってそこまで減光されるということは非常に考えにくいです。仮に宇宙人による巨大建造物であったとしても、もう少し調査・解析をすすめていく必要があります」と語っている。

NASAが示した「彗星遮蔽説」が否定されると、今のところ考えつくことはもう「宇宙人建造物説」しか残っていないのが現状だ。今後どのような見解に落ち着くのか楽しみではあるが、「KIC 9462852」の減光現象が確認された当初は「宇宙人の建造物説」など、非科学的な意見に捉えられて誰も相手にしていなかったが、今のところそちらの説の方が「彗星」よりも優勢のようだ。本当にこの宇宙のどこかにそんな巨大建造物が存在するのかもしれない。

参照元 : TOCANA


あの奇妙な星がさらに奇妙に ― そしてエイリアンの可能性も

2016年1月25日

That bizarre-looking star just got a lot weirder — and yes, it could be aliens

fzhi95e2vfo8yit2zlzd9sn2mhyfbfcqssljeptohce

Three months ago, news broke that a giant "alien megastructure" could exist around a bizarre-looking star 1,500 light-years away.

3ヶ月前、1500光年彼方の奇妙な見た目の星の周囲に、「エイリアンの巨大建造物」が存在する可能性があるというニュースが出ました。

bizarre - 奇妙な
weirder - 奇妙

While the prospect of aliens was first launched by Penn State astronomer Jason Wright, almost everyone in the astronomy community agreed that the chances that this was the case were "very low."

このエイリアンの見通しはペンシルバニア州立大学のJason Wrightによって初めて出されたものであり、 天文学コミュニティのほぼ全員が、その可能性は「とても低い」としていました。

Now, the latest investigations into this strange star by Louisiana State University astronomer Bradley Schaefer have reignited the alien theory, New Scientist reported.

しかし今、ルイジアナ州立大学の天文学者Bradley Schaeferによる、この妙な星についての最新調査で、エイリアン説を再浮上させました。 New Scientistが報告します。

reignited - 再燃

What makes this star, KIC8462852, so bizarre is the drastic changes in light we see from it over time. Many stars experience temporary fluctuations in brightness, increasing and decreasing in luminosity over time, but KIC8462852's changes are severe by comparison.
Between 2009 and 2013, astronomers using the Kepler space telescope discovered that it would sometimes lose up to 20% of its brightness. What's more, the changes didn't follow any obvious pattern.
That would suggest something gigantic must be blocking the light at random times, meaning that it couldn't be a planet or other regular orbiting object because that would generate a distinct pattern of dimming light. It must be something that changes shape over time, thereby blocking different levels of light at random intervals.

輝度が最大20パーセントも落ちることがあり、その明滅パターンにまったく規則性がないため、 巨大な構造物が光をランダムに遮っていると示唆されうる。 それは惑星や他の通常の軌道上の物体ではありえない、独特の光の落ち方を作り出しているのです。

Surprise: It's probably not comets

サプライズ:おそらく彗星群ではない

An alien megastructure, called a Dyson swarm, was suggested as one explanation for what scientists have observed, but the most likely reason astronomers came up with was comets — a giant family of them.
But Shaefer says not so fast.

天文学者は彗星の大群による説明が妥当だとしました。しかし、Shaeferはそんなに速くはないと言います。

comets

"The comet-family idea was reasonably put forth as the best of the proposals, even while acknowledging that they all were a poor lot," Schaefer told New Scientist. "But now we have a refutation of the idea, and indeed, of all published ideas."

「彗星の大群と考えるのは、それらが酷くたくさんあったということを認めさえすれば、最高の提案として薦められる合理的なものでした。 しかし、いま、私たちは、反論、そう、公開されている全てに反する考えを持っています。」

acknowledging - 認める
refutation - 反論

To make his discovery, Schaefer had to dig deep down into the astronomy archives at Harvard. It turns out, astronomers have data on KIC8462852 dating back as far as 1890.
By analyzing over 1,200 measurements of this star's brightness taken from 1890 through 1989, Schaefer found that the irregular dimming of KIC8462852 has been going on for over 100 years. Schaefer published his findings in the online preprint server arXiv.org.
What's more, he explains in his paper that this "century-long dimming trend requires an estimated 648,000 giant comets (each with 200 km diameter) all orchestrated to pass in front of the star within the last century," which he said is "completely implausible."

百年の長さの光の明滅には、648000個の巨大彗星(直径200キロメートル)が、百年以内に、いっせいに星の正面を横切らないといけない。 これは、完全に信じがたい。

So what is it?

では、それはなんでしょうか?

By killing the comet theory, Schaefer has brought us one step closer to finding out what is really happening around KIC8462852.

spitzer20141110

At the same time, he's also reignited the possibility that the source could be an alien megastructure that an advanced alien civilization has been slowly building over time. One thing's certain for Schaefer: The bizarre dimmings are probably caused by a single, physical mechanism that's undergoing some type of ongoing change.
"The century-long dimming and the day-long dips are both just extreme ends of a spectrum of timescales for unique dimming events, so by Ockham's Razor, all this is produced by one physical mechanism," Shaefer said in his paper. "This one mechanism does not appear as any isolated catastrophic event in the last century, but rather must be some ongoing process with continuous effects."
Schaefer isn't the only one interested in learning more about KIC8462852. Late last year, astronomer Doug Vakoch and his team at the new organization called SETI (Search for Extraterrestrial Intelligence) International — not to be confused with the SETI Institute — went hunting for aliens around KIC8462852.
They searched for signals that an alien civilization might be beaming toward Earth either in radio or visible wavelengths, but ultimately they came up empty handed. So, if it is aliens, then they're being awfully quiet.

businessinsider



ヤバすぎる一族「ボルジア家」 秘伝の毒殺で政敵を次々と始末!1455年に史上最悪のローマ教皇が誕生

秘伝の毒殺技術、乱交パーティー…! ヤバすぎる一族「ボルジア家」の血塗られた歴史

2016.01.04

歴史を紐解けば、権力の掌握と維持・拡大のためには手段を選ばなかった残虐非道な暴君や独裁者は決して少なくない。その多くは政治や軍事の世界、あるいは実業界から登場してくるが、宗教界から出現してくる場合もある。15、16世紀にイタリアで繁栄し2人のローマ教皇を輩出した貴族の家系「ボルジア家」はまさに宗教的指導者の立場を最大限に利用して謀略と強欲の限りを尽くした一族であった。

■最も世俗化した史上最悪のローマ教皇が誕生

スペインのバレンシア地方を地盤とする貴族「ボルジア家」から待望のローマ教皇・カリストゥス3世が輩出されたのは1455年4月のことであった。

13世紀半ばからはじまった神聖ローマ帝国の弱体化により、当時のイタリアではローマ教皇庁領をはじめ、ナポリ王国、フィレンツェ共和国、ミラノ公国、ヴェネツィア共和国などが帝国の支配から抜け出して分離独立の構えを見せていた。ローマ教皇庁はまた、神聖ローマ皇帝との宗教対立にも直面しており、カトリックの最高位であるローマ教皇であっても群雄割拠のこの時代にあってはじゅうぶんな影響力を持つことはなかったと考えられる。

それでもボルジア家にとっては快挙といえるローマ教皇・カリストゥス3世の就任であったが、その時点で66歳とすでに高齢で、病気がちでもあったため、さしたる活躍を遂げることもなく在任期間3年で没してしまう。功績といえるものもなく人々の印象に残らない教皇であったが、ボルジア家に対しては手柄をあげていた。在任中にカリストゥス3世は甥のロドリーゴを教皇に次ぐ聖職階位である枢機卿に登用することに成功していたのだ。
 
2016-01-25_210009

この当時のローマ教皇庁は、その歴史上最も“世俗化”していたとも言われ、ロドリーゴもまた例に漏れず金儲けと色欲に堕していたといわれており、一説では数人の私生児を愛人たちに産ませていたということだ。そして1492年7月、インノケンティウス8世が亡くなったことで、“七光り”の枢機卿・ロドリーゴとボルジア家に再びチャンスが到来する。

次の教皇の座は、ロドリーゴを含む3人の有力な枢機卿によって争われることになったのだが、ここでロドリーゴは他の2人の枢機卿に対して一族の財産を投じたなりふり構わぬ大盤振る舞いの買収工作に出たのだ。事前の大方の予想では、ロドリーゴが教皇になる可能性は極めて低いと見られていたが、多かれ少なかれこの時代の他の枢機卿も堕落しており買収工作は成功。こうして“暴君”ロドリーゴの時代が幕を開けたのだ。

■ボルジア家秘伝の毒殺で政敵を次々と始末

歴史上の英傑・アレキサンダー大王にちなんで自ら「アレクサンデル6世」と名を改め、教皇として“治世”に乗り出したロドリーゴだが、就任後、何はなくとも優先させたのはようやく手に入れた権力の基盤を強固にすることだった。
 
2016-01-25_210115

まずロドリーゴは愛人に産ませた息子である16歳のチェーザレを大司教に任命し、今後の大仕事を前に片腕として起用した。そしてまた、同じ愛人に産ませた美貌の娘・ルクレチアを政略結婚の道具にすることで、ロドリーゴが思う存分暴れ回る舞台が整ったのだ。ちなみにこのチェーザレとルクレチアは同じ愛人から生まれた実の兄妹であるのだが、お互いに愛し合う関係であったといわれている。

そしてアレクサンデル6世ならぬ、暴君ロドリーゴの世が到来する。教皇庁内で気に入らない者や利用価値のない者などを次々罠にかけて毒殺したのだ。いうまでもなく毒殺の実行犯はチェーザレである。犯行に用いられたのは「カンタリス」と呼ばれる白い粉状の毒薬であるといわれ、詳しい成分はわかっていないがボルジア家で代々伝えられている毒薬であるという。ボルジア家は毒殺のプロでもあったのだ。また、こうして“始末”した教皇庁内の人物の残された財産をことごとく没収し、ロドリーゴの資産は膨れ上がっていったのだった。

一方、ルクレチアの最初の政略結婚はミラノ公国の名家の息子であったが、その後ミラノ公国との同盟が解消されて利用価値がなくなると、ロドリーゴはすぐさま娘の夫の毒殺を命じたという。しかしこの毒殺は実行直前に逃げられてしまい未遂に終わった。

独り身になったルクレチアに、軽率にも侍従の若者が近づき身体の関係を持ったのだが、それを知ったチェーザレは激怒し、剣を抜いて若者を追いまわして刺し殺したという。

ルクレチアの2番目の夫はナポリ王国の貴族の息子だったが、これもまた途中でナポリ王国との関係が重要なものでなくなり、この夫はその後チェーザレたちに殺されることになった。また、一時期ローマ教皇庁でかくまっていたオスマン帝国のバヤジット2世の弟であるジェム王子がフランスへ身柄を引き渡された後に謎の死を遂げたのも、チェーザレの仕業であると考えられている。ボルジア家の人間にとって、遅効性のある毒薬の扱いもお手の物であったようだ。
 
2016-01-25_210128

■聖なる宮殿で何度も催された乱交パーティー

ローマ教皇という立場でありながら毒殺を何とも思わないロドリーゴは、一方で性に関するモラルも“タガが外れて”いた。生涯独身を貫き禁欲を旨としなければならない聖職者という立場を全く意に介さず、宮殿に愛人や売春婦を呼ぶことが常態化していたという。記録されている中で最も悪名高いのが1501年10月30日に宮殿で開かれた「栗拾いの宴(Banquet of Chestnuts)」と呼ばれる乱交パーティーだ。

チェーザレが主催したといわれているこの栗拾いの宴には、教皇庁内の枢機卿たちが招かれ、50人にも及ぶ全裸の売春婦たちが参加者を“楽しませた”ということだ。この宴の目的は、アレクサンデル6世を非難する教皇庁内の声をなだめるためともいわれ、また枢機卿たちに無礼講をさせることで“弱みを握る”ためともいわれている。

■“自業自得”の最期

神をも恐れぬモラルハザードぶり、人非人ぶりでまさに“やりたい放題”のロドリーゴだったが、その最期は自業自得ともいえる呆気ないものだった。

その時もまた、大富豪の枢機卿の財産を狙ってロドリーゴとチェーザレが暗殺を目論んだ案件であった。枢機卿は自らの邸宅でパーティーを開くとして教皇一行を招待したのだが、願ってもないチャンスとばかりにロドリーゴとチェーザレは枢機卿に毒を盛る計画を立てたのだ。
 
2016-01-25_205810

しかし文字通り、ここでロドリーゴの運は尽きた。ロドリーゴたちが手土産として差し出した毒入りのワインを、何かの手違いで給仕がロドリーゴとチェーザレのグラスに注いで提供したのだ。

こうなることを全く予想していなかった2人は、どちらも毒入りワインに口をつけてしまう。ロドリーゴの様子が急変したことで、チェーザレは今飲んだワインが自分たちが持ってきた毒入りワインであることに気づく。医者を呼び急遽宮殿へと帰った2人だったが、ほどなくしてロドリーゴは死去。72歳であった。

一命を取り留めたチェーザレだったが、中毒の後遺症で皮膚がただれ、かつての美貌は失われてしまう。奇しくも亡きロドリーゴの後に教皇となったのは、毒入りワインで暗殺されるはずであった枢機卿であった。今やすべてを知った新教皇のユリウス2世はロドリーゴのこれまでの悪行を厳しく断罪。生き残ったチェーザレを逮捕する。

それでもチェーザレは残された悪運の限りを尽くし監禁された独房から脱走する。ローマ教皇領を離れて外国の知人を訪ね歩くが、その過程で当時の反スペイン勢力に保護されることになる。そして一戦士としてスペイン軍と戦い、1507年に戦闘中に敵の攻撃に遭い戦死。31歳であった。

アレクサンデル6世ことロドリーゴは史上最悪の教皇と呼ばれ、ユリウス2世によってその悪行が世に暴かれたボルジア家はその後急速に没落していくのだが、意外なことに最近はその評価にこれまでにない解釈がもたらされているようだ。この時代の堕落した指導者層はおしなべてアンモラルで残虐非道であり、ことさらボルジア家とアレクサンデル6世をあげつらうこともないのではないか、という指摘だ。

1500年前後といえば、日本では戦国時代の真っ只中だ。血で血を洗う生き馬の目を抜く時代の波の中では、物事はキレイごとばかりでは済まされないこともあるだろう。ひるがえって今日、時代は明らかに大きなうねりを見せているともいえるが、今の時代にあってこのロドリーゴとボルジア家から何を感じ取るのかは、人それぞれということになるのかもしれない。

(文=仲田しんじ)

参考:「History Extra」、「Wikipedia」、ほか

参照元 : TOCANA


ボルジア家

2016-01-25_210532

ボルジア家(イタリア語: Borgia イタリア語発音: [ˈbɔrdʒa]、バレンシア語: Borja [ˈbɔɾdʒa]、スペイン語: Borja [ˈborxa])は、スペイン・アラゴン王国のボルハ(スペイン語版、英語版)(現アラゴン州サラゴサ県の町)に由来する家名を持ち、バレンシアを発祥とする、15・16世紀にイタリアで繁栄した貴族の家系である。

その一族にはローマ教皇カリストゥス3世、アレクサンデル6世、ロマーニャ公爵にして教会軍総司令官チェーザレ・ボルジア、フェラーラ公妃ルクレツィア・ボルジア、スクイッラーチェ領主ホフレ・ボルジアらがいる。

アレクサンデル6世の息子フアン・ボルジアの系統にあたるガンディア公家は1748年に断絶した。ガンディア公家からはイエズス会の第3代総長フランシスコ・ボルハが出ている。スクイッラーチェ侯家はボルジア家の子孫である。今日、ボルジア家を名乗る家系には、ボルジア・デ・ミラ家、ボルジア=ランソル家、ボルジア=マトゥッティ家があり、これらはボルジア家の女系にあたる。

なお、日本では慣習的に「ボルジア」の表記が用いられているが、実際には「ボルジャ」の表記の方がよりイタリア語の原音に近い。

ボルジア家のイメージ
アレクサンデル6世は世俗化した教皇の代表的存在であり、(本来なら持つべきではない)息子のチェーザレや娘のルクレツィアを使って政治的な辣腕を振るい、一族の繁栄と教皇領の軍事的自立に精力を注いだ。これによって、ボルジアの名前は好色さ、強欲さ、残忍さ、冷酷さなどを代表するものとなった。カンタレラと呼ばれるボルジア家独特の猛毒を用いて政敵を次々に毒殺した、チェーザレとルクレツィアは近親姦の関係であったなどの噂が付きまとっている。

このような悪いイメージはヨーロッパでは根強く、文学作品や映画等でしばしば言及されている。例えば、映画「第三の男」では、「ボルジア家の悪政はルネッサンスを生んだが、スイスの平和は鳩時計を産んだだけだ」との台詞が登場するし、『ゴッドファーザー Part III』ではバチカンの老獪なやり方に苛立った主人公が「ボルジャめ!」と吐き捨てるシーンがあったり、『モンテ・クリスト伯』の宝物は、ボルジア家に暗殺されたローマの枢機卿が隠したものとされている。

参照元 : wiki/ボルジア家

【衝撃映像】イスラム国による自爆テロ失敗 自爆トラックが近づく前に爆破される

イラクにて、イスラム国による自爆テロ失敗。

爆弾を積んだ自爆トラックが近づく前に爆破される映像。イラクのキルクークで撮影されたイスラム国による自爆テロ失敗の映像。爆弾を積んでるので、物凄い爆発を起こす。

2016-01-25_204442

Iraqi PMU Forces shoots wheel of an approaching ISIS car bomb and fails

Date: 24-01-2016



人間が重力を自由自在にコントロールできるようになる画期的なコンセプトが発表される

【驚愕】ついに人間が重力をコントロールできるようになる? アインシュタインへの挑戦状が公開される

2016.01.15

よくアニメや映画で見かける空飛ぶヒーロー、重力を無視してスイスイ空を飛び回る姿は誰もが憧れたことがあるハズ。「DailyMail」が報じるところによれば、現代の最新技術によって人間が重力を自由自在にコントロールできるようになる画期的なコンセプトが発表されたという。長年、超能力のように言われてきた重力操作が実現する時がついにやってきたのだ!

■一般相対性理論をも脅かす型破りな理論
 
2016-01-25_195507

人間の意図によってコントロールできる人工の重力場を作るなんて科学者が真面目な顔していえば、SF小説を読みすぎたのかとまともに取り合ってもらえなかっただろう、少なくとも今までの常識で言えば。ところが、今一人の研究者がそれを現実のものにしようとしているのだ。
 
ベルギー、ナミュール大学のアンドレ・フースファ教授は、科学誌「Physical Review D」において論文を掲載し、人工的に重力を制御することができる画期的な方法を提案し、それが現在の技術によって十分可能だという事を数学的に証明してみせた。現地時間の1月8日、フースファ教授は同大学のニュースページにて、より積極的にこの研究に参加してくれる新しい人材の募集を発表している。

■アインシュタインへの挑戦状!?

しかし、もし型破りともいえるこの提案が発展を続ければ、物理学を一変させ、さらにはアインシュタインの一般相対性理論をも揺るがす事態となりうる。現在科学者たちは一般相対性理論を踏まえ、フースファ教授の提案とは逆に、重力場は惑星、彗星、小惑星などといった巨大な質量を持つ物体によって作られるものであり、我々は重力に対して「受動的」な存在だと捉えている。ゆえにその重力場を我々の力によって変化させることは理論的にできないとしているのだ。

2016-01-25_195553

フースファ教授はこの「受動的」な立ち位置に疑問を感じ、十分に制御された磁場から重力場を自由自在に操り、この磁場がどのようにして時空を曲げるのか観察してみようと思い立ったのだという。これはいわばアインシュタインへの挑戦状でもある。

フースファ教授は、「もし家のガレージに重力場を作れたら、わざわざ宇宙まで行って研究しなくてすむんだ。今までそれを誰もしなかったというというだけの話さ」と意気揚々。フースファ教授は、このデバイスによって磁場や時空の研究は飛躍的な進歩を遂げ、今まで多くの部分が謎に包まれていた「なぜ重力が光を曲げるのか」といった課題も解明できると語っている。さらには今までアインシュタインの一般相対性理論が正しかったのかどうか、理論上だけでなく実際の実験によってその真偽が判明することになるのだ。

■超電導体コイルの磁場で重力場をコントロール
 
2016-01-25_195631

論文によれば、このデバイスを現実に作るにあたって、CERN(欧州原子核研究機構)やITER(国際熱核融合実験炉)で使用されているのと同等の能力を持つ装置が必要になるとしている。それだけにこの実験には大規模な資源と費用を要することになる。フースファ教授が証明したのはあくまで数式上のはなしだが、任意の大きな定常電流を持つ電流ループと円筒形に線を螺旋状に巻いたコイルであるソレノイドの周囲に存在する湾曲した時空から、数式的に重力操作の可能性を示している。つまるところ教授の論文を簡単にいえば、非常に強力な超電導体コイルを用いて自由自在に操れる重力場を生み出すことができるというわけだ。

仮にもしこの実験が成功すれば、確実に物理学の大きな前進となるのは間違いない。他の三つの基本相互作用(電磁場、強い力、弱い力)と同様に「重力相互作用」を人工的に作り出すことができるようになり、それは重力を新たな時代へと導くことを意味する。そしてゆくゆくは、重力が新しい産業や工業とリンクしていくことだろう。

いまだ人類が夢にもみなかったことが次々と実現されることになる。これまでこのような科学の進歩はSFの夢物語だったが、例えば重力波を使った通信分野が確立されれば未だ予知できない技術が次々とうまれるかもしれない。世界の反対側に衛星や地上の中継を通すことなく重力波を用いた「電話」で話せるようになるかもしれない。

「最近の研究者の多くは、その概念を理解することに専念し、どういうわけかその概念自体を疑問視することに疎かになっている」とフースファ教授が語るとおり、今はまだ夢物語のような理論でも科学の進歩はいつの時代でも疑うこととともに発展してきた。現在では科学に欠かせない特殊相対理論も発表当時はその斬新かつ難解すぎる理論に、受け入れらなかった。アインシュタインの発見とてたかが1世紀前の話である。今後どのような未来を見ることが出来るのか非常に楽しみだ。

参照元 : TOCANA




イルミナティとフリーメイソンの元構成員が暴露する秘密結社の真実

【閲覧注意】読んだら死ぬ? イルミナティの頂点を極めた女が語る「秘密結社の真実」

2016.01.24

2016-01-25_191815

魔女である筆者は、これまでも秘密結社の真実について可能な範囲で読者に伝えようと注力してきた。それはすべて、いま世界で起きているさまざまな事件の背景を、“表向きの真実”に惑わされることなく、より深く理解するための力になりたいという思いからにほかならない。そして、ついに秘密結社の代表格である「フリーメイソン」と、その極秘最高組織である「イルミナティ」がひた隠す、衝撃の事実に踏み込む時がやって来た。

今回は、イルミナティとフリーメイソンの元構成員であり、「夜の妖精」と呼ばれる高位にあったシスター・マリ・エメリー(本名:クロチルド・ベルソン)という女性が、1928年にパリで出版した『悪魔に愛された女』(成甲書房)という自伝を紹介しよう。

■組織の頂点に上り詰めた女が暴露する秘密結社

1857年、クロチルドはイタリア貴族の家に生まれた。才色兼備に育った彼女は、17歳で数カ国語をマスター。将来を嘱望された女性だったが、イルミナティとフリーメイソンの構成員だった父の謀略により、1874年12月にイスタンブールで無理矢理ロッジ(組織)に入会することに。やがてクロチルドは女性としてイルミナティとフリーメイソンの頂点を極めるが、表向きは結社に従いながらも、いつの日かその秘密を世間に暴露し、復讐することを誓うようになったとされる。
 
2016-01-25_191804

彼女の自伝である『悪魔に愛された女』には、イルミナティとフリーメイソンが国際政治の舞台で暗躍していたこと、邪魔になった各国要人を暗殺していたこと、さらには組織の頂点に「獣」がいることなどが次々と暴露されている(この「獣」という表現には、『ヨハネの黙示録』に出現する「666の印を持つ獣」が含意されているものと思われる)。

そして本書でクロチルドは、イルミナティとフリーメメイソンの秘密を外部に漏らした者は「獣」によって処刑される、と述べている。従って、読者の身の安全のためにも、本書に書かれている内容をここで微に入り細に入り明かすことはできない。しかし、彼らの恐ろしさだけでもご理解いただけるよう、以下に秘密を漏らしてしまったある女性が処刑されるシーンを紹介しよう。

2016-01-25_191752

「ついに、彼女が大会議で裁かれるときがきた。

(中略)

七つの球が、彼女に有罪を宣告した。だが、判決がくだる直前に、獣自らが現れて処刑を行なったのだ。

その出現は輝く閃光に始まり、大きな雷鳴がそれに続いた。悲しい葬送曲が流れるなか、獣は哀れな犠牲者に飛びかかった。獣は女をわしづかみにすると、一方の力強い前足で宙に投げ飛ばした。女は戦慄の叫びとともに床に落ちた。獣の邪眼を見まいとしたが、獣はふたたびつかみかかり、鋭い爪で女を倒した。

まもなく、この美しい女性は血だらけのただの肉塊に成り果てた。衣類は引き裂かれ、抜けた毛髪が散乱した。獣が彼女のはだけた胸を一撃するや、口から血が吹き出た。最後に、獣はどとめを刺した。女を壁に叩きつけ、身体は見分けがつかぬほど変形した。獣は、それでも飽き足らずに女の髪をつかみ、ホール中に死体を引きずった。それから、死肉に跨がり、鋭い角を何度も刺して切り刻んだ。この惨劇がまる一日続いたのだ。」 (『悪魔に愛された女』、203頁目)

なんと、まるで恐ろしいホラー映画のワンシーンが浮かぶようではないか――! 現実は小説よりも奇なり、ということなのだろうか。なお、クロチルド自身もイルミナティ内部で裏切りの疑惑を持たれ立場が危うくなり、組織から決死の覚悟で逃亡の末、教会に保護されたという。そして後年、この自伝を著したとのことだ。

たしかに、本書が「ただのオカルト小説ではないか?」との指摘もある。しかし、本書は20世紀のヨーロッパ社会を騒然とさせ、事態を重く見たナチスによって発禁・焚書処分となった“いわくつき”の1冊である。ただのオカルト小説であるならば、催眠術や占星術、神秘主義などに傾倒していたヒトラーが発禁処分にするだろうか? 陰謀論者の中には、ナチスがイルミナティやフリーメイソンの支配下にある組織だったと囁く者もいるが、彼らにとって不利な情報が含まれているからこそ、発禁・焚書処分を受けたのではないだろうか? 真相は不明であるが、さらに真相へと迫りたい読者は、意を決してから本書を手にとってみるのもよいだろう。

深月ユリア

2016-01-25_192210

ポーランドの魔女とアイヌのシャーマンの血をひき、魔女占い師・魔女優・オカルトライター・ホラー映画プロデューサーとして国内外で活動。深月事務所代表、TR総合探偵事務所で心霊捜査担当。

参照元 : TOCANA



【関連記事】
【フリーメイソン】アメリカ極秘文書の謎 日本との関わり 「11」「46」「666」という数について

イルミナティ・メンバーリスト2013年

日本で国際銀行家(ユダヤ金融資本)やフリーメイソン・イルミナティが話題になるワケ

フリーメイソンが都市伝説だって?日本支部は東京のど真ん中にあります

イルミナティとフリーメーソンは世界を牛耳る秘密結社なのか?活動が盛んなドイツの実情を探る

世界の悪魔崇拝者たち『悪魔教・フリーメイソン・イルミナティ』まとめ

秘密結社フリーメイソンの190年分、200万人の名簿がインターネット上で公開された

水木しげるは、フリーメイソンの広告塔だったから売れた?

【閲覧注意】ブラジル・サンパウロに住む皮膚が恐竜やトカゲのようで、鼻を持たない男が人気者

【閲覧注意】性格が奇形を凌駕する ― 鼻がなく、皮膚もただれた人気者=ブラジル

2016.01.23

2016-01-25_183008

未成熟なところだと、小学生が同級生に対して「太っているから」「貧乏だから」「親がシングルだから」といった理由で、一歩引いた状態で接し、場合によってはいじめにつながることすらある。恐らくは、対象者が自分とは違うから、特異だから、平均的でないから、特別な対応をしてしまうのだろう。大人になれば頭脳やコミュニケーション能力も発達し、自然と「いじめはいけませんよ」「平等に接しましょう」という言葉が出てくるようにもなるが、それでもすべての人と平等に接することは難しい。とかく、病人に対しては顕著だ。

特に奇病、難病などの大病を患う人に対しては、直感的に強く拒否反応を示してしまうのが正直なところだろう。「同じ人間だから」と頭では理解していても、握手、会話など、ふだん当たり前にできることができなくなってしまう。無論、慈愛の精神が強く、何ごともないかのように接することができる人もいるが、多くの人はそうではない。それは日本のみならず、世界各地で見られることであり、酷いところだと迫害するケースまである。そんな世の中である以上、自然と奇病、難病などを患う人は肩身の狭い思いをしており、性格も閉鎖的になりがちだ。しかし、そんなことがまるで当てはまらない妙に明るい人も存在する。

ブラジル・サンパウロに住むMarcio Jardelさんは、いくつもの奇形を持って生まれてきた。皮膚は恐竜やトカゲのようであり、顔はSF映画の特殊メイクのよう。さらに、鼻を持たないのか、皮膚のただれにより呼吸困難となってしまっているのか、顔の中心部にはプラスチック製の管のようなものが……。その見てくれは、あまりに完璧ないびつさゆえ、ネットでは「偽物」「作り物」「マスク」など、疑惑の声も上がっている。

ただ、Marcio Jardelさんは自身のFacebookにさまざまな写真をアップしており、決して負い目を感じているようには見えない。それどころか、老若男女、多くの人と写真を撮り、Marcio Jardelさんも、一緒に写る人もみな、一様に笑顔だったりする。サンパウロの街でも、普通に受け入れられている様子。Marcio Jardelさんは、日本でいうところのリア充だ。

性格が奇形を凌駕し、愛される存在となっているMarcio Jardelさん。8月に開催されるリオデジャネイロ五輪に彼が登場するようなことがあれば、健常者とそうでない人の間に作られてしまっている壁に、何かしらの変化をもたらすかもしれない。

(文=平正雄)

■ブラジルのリア充、Marcio Jardelさん

2016-01-25_182638

2016-01-25_182656

2016-01-25_182711

2016-01-25_182723

参考:「Bam Margera」ほか

参照元 : TOCANA


神の使いとして生まれてきた奇形人間の不思議。世界の奇病。病名と名前とか病気の説明。

0:06「ラバ女」と呼ばれた女性
0:51バブルマン―全身を無数のいぼで覆われた男
1:36全身を長毛で覆われた「獅子面男」
2:06単眼症
2:31ハサミのような指を持つザリガニ男
3:06人魚症候群の少女
3:51二重関節少女
4:16 4本足の少女
4:56腹部に双子を持つ女性
6:11ベンガルの双頭児
6:41チンパンジー・ガール



2017年までに全アメリカ人にマイクロチップが埋め込まれる!遠隔殺人機能も備わっている!?

米大手放送局「2017年までに全アメリカ人にマイクロチップが埋め込まれる」 “遠隔殺人機能”も!?

2016.01.25

2010年3月、アメリカ国民の皆保険を目指すいわゆる“オバマケア法案”と呼ばれる医療保険制度改革法案と、その修正法が議会を通過。大統領の署名を受けて承認され、2014年度から施行されることになった。2,309ページにも及ぶというこの法案だが、その1,014ページの16行目に、患者に対してFDA(アメリカ食品医薬品局)が定める「クラス2デバイスのインプラント」が可能になる条項が記されている。法案の施行後、アメリカ国民に対して何らかのインプラントが可能になるという意味だが、この“クラス2デバイス”とはいったい何なのか? その背景に、世界統一政府による壮大な“人類管理システム”の実現に向けた方策があるのではないかと物議を醸しているようだ。

■2017年の人々にはマイクロチップが埋め込まれている!?

過去に放送され大反響を呼んだ“2017年の社会生活を予見する”「NBC」ニュースの特集に、今また注目が集まっている。



特集は、救急搬送された患者の立場ではじまる。どのような状況で救急車に乗せられ病院に担ぎ込まれたのか、詳しい説明はないが、とにかく免許証など身分を証明するものを一切身につけていない状態のまま救急医療を受けることになったのだ。例えば、公共交通機関で移動中に事故や事件に巻き込まれ、手荷物などを手放してしまった状態で救助された場合などには、じゅうぶんあり得るケースだろう。

ここで本人に意識があれば、血液型などを直接本人から聞き出すこともできるが、意識を失っていればそれすらできず、担当した医師の判断ですべての処置が施されていくことになる。この救急患者がもし持病などを抱えていて、特定の薬剤などを受けつけない状態にあれば、場合によっては深刻な事態を招きかねないだろう。

しかしここで想定されている時代は、2017年だ。身ひとつで運び込まれた急患の皮膚の下には、「マイクロチップ」が埋め込まれているのである。このマイクロチップを専用のスキャナで読み取ることで、本人の名前や血液型、年齢、住所などはもちろん、過去の医療診察歴もすぐに判明し、的確な処置を素早く行うことができるのだ。身元不明で運ばれても、すぐに親族や保護者に連絡することも可能になる。このようなケースでは、マイクロチップは確かに有益であるだろう。

2016-01-25_165547

医療制度改革法案とその修正法(H.R.4872)1014ページ 「H.R.4872」より

番組ではマイクロチップのほかにも、指紋認証や顔認証、網膜(あるいは虹彩)認証などの「生体認証技術」を紹介し、個人認証システム導入を前提とした近未来の暮らしを描いている。指紋認証などは、すでにiPhoneなどに採用されてすっかり身近になった感もあるが、果たしてマイクロチップを埋め込む未来とは、いったい何を意味するのか。実は極めて恐ろしい事態も考えられるという。

■マイクロチップには“遠隔殺人機能”も備わっている!?

番組で紹介されている、米粒を2〜3粒つなげたほどの長さのマイクロチップが、FDAが定める「クラス2デバイス」だ。確かに身体に埋め込めるサイズではありそうだが、“マイクロ”というにはやや大きいような気もする。では、この中に一体何が入っているというのだろうか。

複数の海外メディアによれば、このマイクロチップは、ある程度離れた場所からでも情報を読み取ることができるRFID(radio frequency identifier)端末であり、設備が整っていればどこにいても当人の位置を特定でき、プリペイドカードやクレジットカード機能を持たせることによってショッピングの決済にも使えるという。もちろん、JR東日本のスイカなどのように公共交通機関の支払いに使うことも技術的には可能なのだろう。そして、こうした行動の記録やショッピングの履歴はネット上のどこかに記録され続け、いつでも当人の生活を追跡・把握することが可能となる。

このように便利な機能を数多く持つたせたところで、それでもこのマイクロチップはやや大き過ぎやしないかとも思えるのだが、そのわけは、遠隔操作によって埋め込んだ人間を殺害できる機能が備わっているためではないかと疑う人々もいるようだ。マイクロチップ内に、例えば青酸カリなどが仕込まれており、何らかの判定が下され、遠隔操作で青酸カリを放出させて“母体”の当人を殺害することができるというのだ。致死量の毒物を封入しているがゆえに、このくらいのサイズになってしまうのだ。

環境問題を専門とするジャーナリスト、評論家の船瀬俊介氏もこの件に警鐘を鳴らしており、自著の『死のマイクロチップ 明日はあなたに埋められる?』(イースト・プレス)の中で、このマイクロチップの機能にはGPSによる位置情報の特定、個人情報(収入と支出、病気の診断履歴、マイナンバーなど)の管理に加えて、やはりボタンひとつで処刑が可能になる遠隔殺人機能も備わっていると主張している。そしてアメリカ人だけでなく、日本での実施も計画中であるというのだ。

2016-01-25_171534

果たして、その目的とするところは何なのか? 海外の陰謀論者によれば、マイクロチップを埋め込んだ人々を厳重に監視することで、国境を越えた世界統一政府が「新世界秩序(New World Order)」の名のもとに世界中の人々を管理し、場合によっては人口調整を行うことを視野に入れた壮大な支配・統治計画があるということだが、実態はよくわかっていないのが現状だ。

話を戻し、NBCニュースの特集では、2017年にはマイクロチップの埋め込みがスタンダードになっているという論調なのだが、もうそれは来年の話である。今年の末には新たな米大統領が登場することになるが、これから2017年までの間に、アメリカ社会がいったいどんな様相を呈してくるのか、“くしゃみをすれば風邪を引く”日本としてもその動向の把握は怠れない。

(文=仲田しんじ)

参考:「Before It's News」、ほか

参照元 : TOCANA




NBC Reports: All Americans Will Receive an RFID Microchip Implant in 2017 (Video)!

Tuesday, January 19, 2016 12:51

The Mystery of the Apocalypse and the Number 666
NBC has recently predicted that in 2017, all of America will be tagged with microchips. They will be implanted to help identify individuals immediately. According to the report, the technology is used to answer one question, “Am I who I say I am?”

micro_chip_rh65u5

An Exclusive You Have To See: The Last Frontier of Free Press Is Here! No More Censorship, Unlike YouTube and Others!

Some worry, however, that the RFID Microchip will give the government too much power, allowing them to track every move. In some states, like Virginia, legislation is in process to stop this from happening. The report also reveals an RFID Brain Chip that has been developed and is currently being tested on several humans.

It was reported that the use of Micro-Chips in Bill H.R. 4872 was located on Page 1014 under “National Medical Device Registry” it tells about a “Class II Device That is Implantable” and yes, they passed the bill. Read Page “1014″ In The H.R. 4872 Read Class II Special Controls Guidance For FDA Staff.



With the RFID Microchip they can track the movement of the people that are implanted. They can also control the money and food of the people. It is also reported to be possible to even kill the people that don’t obey. The HR 3962 Bill is an exact copy of the HR 3200 bill in with the exception of just a few words removed concerning the RFID Microchip but the ability to Chip Every Citizen of the United States is still in the bill. Open Bill and Read Pages 1501 through 1510 Read Class II Special Controls Guidance For FDA Staff Read And Do The Research For Yourself …

The mystery of the Apocalypse and the number 666



Apocalyptic sound was heard in Slovakia 2015



Mysterious sounds appearing all around the planet !



“And he did what he did to everyone – small and great, rich and poor, free and slave – the character to the right hand or to the fronts, so no one can buy or sell who does not have a character name of the beast or the number of his currency. That’s wisdom: who has understanding, let him count the number of the beast, for it is the number of a man and his number is 666 “(Revelation of St. John 13, 16-18)



An Exclusive You Have To See: The Last Frontier of Free Press Is Here! No More Censorship, Unlike YouTube and Others!

参照元 : beforeitsnews






最新記事
Amazon




楽天トラベル


人気ブログランキングへ

【注目記事】
★裏天皇とは一体誰なのか?「前田ゴロウ(ユダヤ名:オクラディッシュ・ハーマン)、小野寺 直、伏見博明」明治以降の皇室を牛耳ってきた傍流勢力

★3.11東日本大震災は人工地震だった!元アメリカ国家安全保証局が内部告発 「米国とイスラエルの裏権力が核兵器を使った」

★【神道の闇】天皇一族は悪魔崇拝者 神道=日本版キリスト教・ユダヤ教

★日本や世界各地にある「鳥居」の謎 宇宙人との関連性

★【日航機123便墜落テロ事件】事後処理の為の特殊部隊の編成、情報撹乱、毒ガス攻撃、火炎放射器で焼き殺す!まさに地獄以下の有様

★日航機123便墜落テロ事件の不可解な点!米軍は事故後20分で墜落地点を特定!助かるべき多くの生存者が殺された

★自民党・安倍政権は民主党を上回るスピードで売国(公約違反)を進めている

★関東連合OBで元暴力団の石元太一被告と海老蔵事件の伊藤リオンがセキュリティの黒人とガチ喧嘩してる映像が流出

★シリアの化学兵器攻撃は911やボストンテロ同様、アメリカの自作自演 【決定的証拠 まとめ】

★1%の人間が企む世界支配の計画を暴く『これは架空の物語ではありません』

★チャンネル桜事務局の壁に十字架 そして新興宗教『キリストの幕屋』『統一教会』との関係とは?

★911同時多発テロ 世界貿易センタービルの嘘を暴く

★【閲覧注意】VIEWER WARNING テロリストがアサド政権に協力した2人の男を処刑!生きたまま首を切断(R15指定)

★【閲覧注意】<シリア>SAFヘリコプターによる空爆の余波 首が吹き飛んだ死体

★【閲覧注意】<シリア>カメラの目の前で兵士の頭が吹っ飛ぶ瞬間映像(グロ注意)R18指定

★【閲覧注意】シリアにて戦車の砲撃を受けた反体制派メンバーが粉々にふっ飛ぶ瞬間映像

★【閲覧注意】タリバンのメンバーが、断頭した男性の生首でサッカー(R18指定)
記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ