地 球 情 報 局

珍事件・仰天NEWS・世界各国のNEWS・政治・衝撃映像など

ピラミッドの3つの部屋に電磁波エネルギーが集中!原因は不明

【速報】ギザのピラミッド3つの部屋に「電磁波エネルギー」が集中していた! 原因は一切不明、科学者が新たな謎発見!

2018.08.01

2018-08-25_160027

エジプト第4王朝のクフ王が建造したと言われる「ギザの大ピラミッド」にまた1つ謎が加わった。この度、学術誌「Journal of Applied Physics」に掲載された論文で、ピラミッド内部に電磁波エネルギーが集中していたことが判明したというのだ!

■ピラミッドの3つの部屋に電磁波エネルギーが集中

オンライン科学ニュース「Science Alert」(7月31日付)によると、同論文を執筆したロシア・サンクトペテルブルク情報技術・機械・光学大学の研究者らは、ピラミッドの物理的性質を調べるため、「ピラミッドに未知の部屋は存在しない」、「石灰岩が均等に積み上げられている」という前提の下、対象(ここではピラミッド)に反射され、吸収される電磁波を計測する減衰断面積と呼ばれる手法や、多重極解析という分析法を駆使し、極めて科学的な調査を行った。

その結果、電磁波のエネルギーは、ピラミッド内部の3つの部屋に集中することが明らかになったという。これらの部屋は、ピラミッド中心のやや下に位置する王の間と女王の間、そしてその下にある地下室だ。

2018-08-25_160131

ピラミッド内部の最も重要な場所に高レベルの電磁波エネルギーが集まっている。まさか古代エジプト人は電磁波の性質を熟知していたとでも言うのだろうか……謎は深まる。しかし研究者らは、ピラミッドの謎にはあまり関心がないようで、今回の発見がより効率的なセンサーや太陽電池を開発するヒントになれば良いと考えているそうだ。ならば、こちらはこちらで、独自の考察を加えておこう。

■ピラミッド建造の謎

2018-08-25_160232

これまでトカナでもお伝えしてきたように、ピラミッド建造の謎はまだ完全には解明されておらず、そもそも人間ではなく“宇宙人”が建造したと主張する人もいるほどだ。たとえば、ギザのピラミッドが位置する場所は、「真っ直ぐに北極点に面している」、「隣接するピラミッドとの間に太陽が昇る」、「真上にオリオンのベルト(オリオン座の3つの星、アルニタク・アルニラム、ミンタカ)が昇る」上、ピラミッドの座標が光速度と一致しており、現代物理学も顔負けの知識と計算のもとに決定された可能性がある。建造年代についても、一般的には紀元前2560年頃だと言われているが、1万2500年前とする説もある。

このように、高度な知識を持った宇宙人によって建造されたと考えてしかるべき理由はいくつもある。王の間、女王の間、地下室に電磁波のエネルギーが集中することも、何か彼らなりの理由があってのことかもしれない。少なくとも、これらの事実が全て偶然の産物だというのは、理性的な判断とは言えないだろう。

調べれば調べるほど謎が深まるピラミッド。今後さらなる驚きの事実が飛び出してくることに期待したい。

(編集部)

参考:「Science Alert」、ほか

参照元 : TOCANA

2018-08-25_160958



ベネズエラ北部沖でマグニチュード(M)7.3の大規模な地震が発生

ベネズエラ北部沖でM7.3の地震=米地質調査所

2018年8月22日 / 08:17

[カラカス 21日 ロイター] - 米地質調査所(USGS)によると、ベネズエラ北部沖で21日、マグニチュード(M)7.3の大規模な地震が発生した。当初はM6.7と報じられていた。

2018-08-22_090838

同国内務省によると、現時点で住民や建物への被害は報告されていない。

米太平洋津波警報センターによると、震源に近い沿岸部で小規模な津波が発生する可能性がある。

USGSは、震源は海底123.11キロメートル地点との見方を示した。

参照元 : ロイター





Google「位置情報オフにしてもユーザーを追跡」報道後→ロケーション履歴の管理、削除の英語版をこっそり更新

【恐怖】グーグルは“ロケーション履歴をオフにしても”位置情報を集めていることが判明! 全行動が丸裸、一体何を企んでいるのか!?

2018.09.08

2018-09-15_092822

グーグルにまたもや疑惑が浮上した。ロケーション履歴をオフにしたところでユーザーの位置は追跡されているというのだ。

■ロケーション履歴をオフにしても追跡は続いている?

「あの店に行ったのはいつだったか?」や逆に「あの時の旅行の2日目にどこ行ったっけ?」などというふうにふと気になることがあるが、グーグルのロケーション履歴をオンにしておけば、後から簡単に振り返ることができる。

便利である一方、まさに自分の行動が筒抜けになっているともいえ、家族内でたまにスマホを貸し借りするような場合には持ち主の行動が丸わかりになってしまう可能性もある。そして家族ならともかく、グーグルにも知られるとなるとやはり不気味だ。

あまり良い気持ちがしないということであれば、このロケーション履歴をオフにして移動の追跡と記録をしないように設定し直せばよいのだが、驚いたことに話はそう簡単ではないらしい。ロケーション履歴をオフにしてもユーザーの位置情報は追跡されているというのだ。いったいどういうことなのか。

先日、AP通信が公開した記事では米プリンストン大学の研究員の協力を得て、アンドロイド端末とiPhone端末でグーグルが提供するアプリを検証した。その結果としてロケーション履歴をオフにしてもユーザーの位置情報の取得が行われていることを報告している。

2018-09-15_092911

プリンストン大学のポスドクであるギネス・エイカー氏がロケーション履歴をオフにして数日間スマホを普通に使ったところ、位置情報が追跡されていたという。

グーグルのアプリはそれぞれが連携しているケースも多く、例えば天気予報をチェックしようとアプリを開ければ、自動的に位置情報が特定されるのである。もちろんグーグルマップで位置情報をオンにしていれば現在地は特定される。

ロケーション履歴のサポートページに記されているのが下記の文言だ。

「ロケーション履歴はアカウントレベルでいつでもオフにできます。ロケーション履歴をオフにしても、お持ちの端末でご利用の他の位置情報サービス(Google位置情報サービスや「端末を探す」など)には影響しません。Google検索やGoogleマップのような他のサービスでのアクティビティの一部として、位置情報データが保存されることもあります」

つまりロケーション履歴をオフにすれば履歴が表示されなくなるだけで、位置情報の取得は続いているということなのだろうか。どうやらグーグルに現在地や移動経路を知られたくないと思えば、ロケーション履歴はもちろん、連動する位置情報サービスやウェブ&アプリ利用履歴などすべての位置情報に関する設定をオフにしなければならないということのようだ。

■消費行動の一連の流れが機械学習によって丸裸に

では、グーグルはユーザーの位置情報を集めて何をしようとしているのか。その大きな理由のひとつが位置認識追跡(location-aware tracking)技術による広告収入である。すでに各デバイスの画面は追跡型のウェブ広告で溢れかえっているが、購入履歴だけでなくそこに位置情報を活用して、よりタイムリーで居場所に即した広告を表示させる技術が今もブラッシュアップを続けているのである。

昨年、グーグルは「Googleアトリビューション」のベータ版を発表した。このGoogleアトリビューションとはユーザーの消費行動と、購入に至らせた決定要因を浮き彫りにするツールである。

2018-09-15_093018

日本でのサービス導入は未定のようだが、このツールを使うことでオンラインショッピングだけでなく、クレジットカードとデビットカードを使った実店舗での購入履歴のおよそ70%を追跡できるというから驚きだ。そして、ユーザーの位置情報からどこで広告を目にし、どの店舗で購入したのかもわかるようになり、消費行動の一連の流れが機械学習によって解き明かされる可能性も広がっている。

AIによって「この時期のこの時間、ここにいる人は、こんなものを欲しがる」というようなことがかなりの精度で予測できるようになるかもしれない。欲しくなったモノやサービスが実はAIによって動機づけられ、購入へと誘導されたものであったというのはあまり気持ちのよい話ではないが、こうした市場社会がやってくる日は案外早いのかもしれない。

(文=仲田しんじ)

参考:「Futurism」、「TechCrunch」、ほか

参照元 : TOCANA


Google、「位置情報オフにしてもユーザーを追跡」報道後、サポートページをひっそり更新

2018年08月17日 12時02分 公開

米Googleは8月16日(現地時間)、Googleアカウントのヘルプページ「ロケーション履歴の管理、削除」の英語版をひっそり更新した。本稿執筆現在、日本語版はまだ更新されていない。

2018-08-19_164252

日本語版では、「ロケーション履歴はいつでもオフにできます。ロケーション履歴をオフにすると、ユーザーが訪れる場所は保存されなくなります。Googleアカウントでロケーション履歴をオフにすると、そのGoogleアカウントに関連付けられているすべての端末でロケーション履歴がオフになります」となっている。

これが更新後は「アカウントレベルのロケーション履歴はいつでもオフにできます。この設定は、『Google位置情報サービス』や『端末を探す』などの端末上の他の位置情報サービスには影響しません。幾つかの位置情報データは、Google検索やGoogleマップなどの他のサービスのあなたのアクティビティの一部として保存されます。Googleアカウントでロケーション履歴をオフにすると、そのGoogleアカウントに関連付けられているすべての端末でロケーション履歴がオフになります」になる(翻訳は筆者によるもの。表現は異なる可能性があります)。

2018-08-19_164546

これは、米Assosicated Pressが14日、Googleが位置情報をオフにしてもユーザー情報を保存していると報じたことを受けたものだ。この報道については米プリンストン大学の研究者も調査内容を確認しており、米議会から批判の声が上がっている。

GoogleはAssosicated Pressに対し、「ユーザー体験の促進のため、Googleの位置情報利用には幾つかの異なる方法がある。われわれはこれらの方法の明確な説明を提供しているので、ユーザーは位置情報サービスを無効にしたり、履歴を削除したりできる」と語っていた。

だが、当該サポートページの以前の説明は「明確な説明」とは言いがたい。Googleは今回のサポートページの更新について、特に発表はしていない。

Googleはユーザーが自分のプライバシーを管理するための「マイアクティビティ」ページを提供しており、「アクティビティ管理」でGoogleに提供する個人情報の設定を行えるようにしている。

参照元 : itmedia NEWS



最新記事






楽天トラベル



bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で


人気ブログランキング

【注目記事】
★裏天皇とは一体誰なのか?「前田ゴロウ(ユダヤ名:オクラディッシュ・ハーマン)、小野寺 直、伏見博明」明治以降の皇室を牛耳ってきた傍流勢力

★3.11東日本大震災は人工地震だった!元アメリカ国家安全保証局が内部告発 「米国とイスラエルの裏権力が核兵器を使った」

★【神道の闇】天皇一族は悪魔崇拝者 神道=日本版キリスト教・ユダヤ教

★日本や世界各地にある「鳥居」の謎 宇宙人との関連性

★【日航機123便墜落テロ事件】事後処理の為の特殊部隊の編成、情報撹乱、毒ガス攻撃、火炎放射器で焼き殺す!まさに地獄以下の有様

★日航機123便墜落テロ事件の不可解な点!米軍は事故後20分で墜落地点を特定!助かるべき多くの生存者が殺された

★自民党・安倍政権は民主党を上回るスピードで売国(公約違反)を進めている

★関東連合OBで元暴力団の石元太一被告と海老蔵事件の伊藤リオンがセキュリティの黒人とガチ喧嘩してる映像が流出

★シリアの化学兵器攻撃は911やボストンテロ同様、アメリカの自作自演 【決定的証拠 まとめ】

★1%の人間が企む世界支配の計画を暴く『これは架空の物語ではありません』

★チャンネル桜事務局の壁に十字架 そして新興宗教『キリストの幕屋』『統一教会』との関係とは?

★911同時多発テロ 世界貿易センタービルの嘘を暴く

★【閲覧注意】VIEWER WARNING テロリストがアサド政権に協力した2人の男を処刑!生きたまま首を切断(R15指定)

★【閲覧注意】<シリア>SAFヘリコプターによる空爆の余波 首が吹き飛んだ死体

★【閲覧注意】<シリア>カメラの目の前で兵士の頭が吹っ飛ぶ瞬間映像(グロ注意)R18指定

★【閲覧注意】シリアにて戦車の砲撃を受けた反体制派メンバーが粉々にふっ飛ぶ瞬間映像

★【閲覧注意】タリバンのメンバーが、断頭した男性の生首でサッカー(R18指定)
記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ