地 球 情 報 局

珍事件・仰天NEWS・世界各国のNEWS・政治・衝撃映像など

東日本大震災から6年半経っても未だに仮設住宅で暮らす被災者2万人

東日本大震災6年半 仮設住宅に今も2万人余

2017年9月11日 4時09分

2017-09-11_184553

東日本大震災の発生から11日で6年半となりますが、岩手、宮城、福島の被災3県では今もおよそ2万人余りが仮設住宅での暮らしを余儀なくされています。仮設住宅を集約するため別の仮設住宅への転居を迫られるケースも相次いでいて、住民の支援が課題となっています。

岩手、宮城、福島の各県のまとめによりますと、仮設住宅で暮らす人はことし7月末の時点で岩手県で8142人、宮城県で7148人、福島県で6210人と3県で合わせて2万1500人に上っています。これは3万人を超えていたことし3月末時点と比べおよそ30%減少しています。

入居者が減った仮設住宅では、別の仮設住宅に転居させる集約が進められていて、NHKが各自治体に取材したところ、転居を迫られた人は合わせて828世帯に上っています。

復興が進むにつれて仮設住宅が建つ用地の返却を求められるケースも増えていて、今後も転居を迫られる人はさらに増える見通しです。

また3県の20を超える市町村の住民は、集団移転先となる高台の宅地などの造成が続いていたり、原発事故による避難指示が続いたりしているため、来年以降も仮設住宅での生活が続く見通しです。

入居者の減った仮設住宅では自治会の解散が続き、コミュニティーの維持が難しくなるいっぽう、別の仮設への転居を迫られる人は大きな心身の負担を強いられることになり、住民の支援が課題となっています。

参照元 : NHKニュース



2017-09-11_184606

2017-09-11_184621

2017-09-11_184630

2017-09-11_184659

2017-09-11_184716




【太陽フレア】2017年9月11日、1時に再びXクラス(X8.2)の非常に大きなフレアが発生!地球周辺の宇宙空間で高エネルギー粒子が増加

NICT 宇宙天気予報センター @NICT_SWC
国立研究開発法人 情報通信研究機構(NICT)宇宙天気予報センターの公式アカウントです。このアカウントでは、宇宙天気の概況や臨時情報等について情報発信します。

先日から非常に活発な太陽表面の活動領域12673で、昨晩、9月11日1時(日本時間)再びXクラス(X8.2)の非常に大きなフレアが発生しました。このフレアの影響で、地球周辺の宇宙空間では高エネルギー粒子が増加しています。

2017-09-11_182713


昨夜発生した大規模(X8.2)な太陽フレアに伴い、地球周辺の宇宙空間では高エネルギープロトン粒子が増大しています。GOES衛星の観測データによるとエネルギーが100 MeV以上のプロトン粒子は、9月6日に発生したX9.3の太陽フレアに比べ、桁違いに大きく上昇しています。

2017-09-11_182946





北朝鮮の電磁パルス攻撃 高度100km以上での爆発で日本列島のほとんどが影響下に

2017/9/11(月) 14:19配信

2017-09-11_183702

北朝鮮の朝鮮中央テレビは3日、「我々の水爆は、広大な地域に超強力電磁パルス攻撃まで加えられる、多機能化された核弾頭である」と発表した。すでに北朝鮮の労働新聞も、「核兵器の威力は一般的に衝撃波や放射能汚染だが、電磁パルス攻撃はそれらを凌駕する威力を示すだろう」と報じている。

「電磁パルス攻撃」とは、迎撃の難しい高度100km以上の大気圏外で水爆を爆発させ、それによって生じるガンマ線と空気中の分子が衝突することで生じる電磁パルスによって、地上の通信機器や流通システムに壊滅的なダメージを与えるというものだ。この高度でミサイルを迎撃することは難しく、米国上空で実施された場合、被害は米国本土全域に及ぶとされている。

共和党のギングリッジ・元下院議長は「電磁パルス攻撃は破壊的で、復旧にはおそらく何年もかかるだろう。議会は電磁パルス攻撃を、存続にかかわる最悪な攻撃のひとつを見なすべきだ」と訴えている。実際に、米シンクタンクの分析では、電磁パルス攻撃を受けた場合、車や鉄道、航空機などの輸送網、電気・水道などのインフラ、軍の通信能力など全てのシステムが破壊され、影響が1年間続くと、米国民の9割が飢餓や病気などによって死亡するという推計もある。

9日放送のAbemaTV『みのもんたのよるバズ!』に出演した元自衛艦隊司令官の香田洋二氏は「1962年に行われた大気圏外の核実験でたまたまわかった現象。ただ、地上の医療機関などもやられてしまう可能性があるので、大気圏外での核実験はやめようということになった。1983年、アメリカのレーガン政権のSDI(スターウォーズ計画)でも、宇宙空間に核弾頭を上げておいて、任意の時にソビエト上空で爆発させ電気系統をダメにするという構想があった」と説明。

元財務官僚の山口真由氏が「1976年、日本に緊急着陸をしたソ連のMiG-25(ミグ25)を解析したところ、一昔前の技術である真空管を使っていることがわかった。これは電磁パルス攻撃を受けても影響を受けないようにしていたという説がある」と質問すると、香田氏は「その可能性は高い。アメリカでも、重要な部分については、いまだに集積回路ではなく、わざと真空管を使用しているとも言われている」と回答した。

もし仮に日本上空で電磁パルス攻撃を行った場合、北朝鮮にもその影響が及ぶ可能性がある。元防衛大臣の中谷元・衆議院議員は「携帯電話やパソコンなどの電子機器がまったく使用できなくなる状況を引き起こすと言われている。実は防衛省でも10年くらい前の平成15〜18年に電磁パルスについて研究をしていた。機材を守れるようなシールドの設置など、対応については効果を得ている」と明らかにした。

また、香田氏は「大気圏外での爆発のデータを持っているのはアメリカとロシアだけ。我々は研究結果、シミュレーションに基づいて考えるしかないが、高度100〜200kmで電磁パルスを発生させた場合、日本列島のほとんどがその範囲内に入ってしまう」と指摘。その上で「北朝鮮と日本では、電子化のレベルが違う。電子機器の数も、ネットワーク、電力網についても北朝鮮はまだ少ないので、受ける影響は日本ほどは大きくないはず」とし、「北朝鮮はICBMに水爆を積むと言っている。。もちろん我々も安心してはいけないが、やはり主たる対象は米国で、そのインフラを無力化することが主眼だろう」と推測した。

元駐韓国特命全権大使の武藤正敏氏は、「もしアメリカに手出ししたら自分たちも壊滅する可能性がある。北朝鮮はすでに“道連れ“という考え方になっているのではないか」とした。(AbemaTV/『みのもんたのよるバズ!』より)

参照元 : Abema Times

【関連記事】メキシコM8.1大地震の死者90人に!地震直後に謎の光を観測

メキシコ地震、死者90人に 歴史的建造物も被害

2017年9月10日 15時19分

2017-09-10_172139

【フチタン共同】メキシコ南部沖で7日起きた地震で、ロイター通信は10日、地元当局者の話として、死者が少なくとも90人に達したと報じた。震源地に近く最大の被害を出した南部オアハカ州フチタンでは大勢の人々が自宅前などで救援物資を待った。歴史的建造物として知られる市役所も屋根などが崩れ落ちた。

オアハカ州当局者によると、同州ではこれまでに71人の死亡を確認した。フチタンでは約5千の住宅が崩壊した。教会や学校も壁などが崩れ、街の至る所が通行止めになった。政府の緊急事態宣言を受け、軍や警察が警備に当たっている。30代女性は「寝る所、食べる物がない」と訴えた。

参照元 : 東京新聞




メキシコでM8.1 死者30人超、多数生き埋めの情報

2017/9/8(金) 18:58配信

2017-09-10_171021

メキシコで7日午後11時49分(日本時間8日午後1時49分)ごろ、同国南部沖の太平洋を震源とする強い地震があった。米地質調査所(USGS)によると、地震の規模を示すマグニチュード(M)は8・1、震源の深さは約70キロ。ロイター通信は少なくとも32人が死亡したと伝えた。建物が倒れて多数が生き埋めになっているとの情報もある。

同国のペニャニエト大統領は「(同国では)この100年で最も大きな地震だ」と語った。地元メディアは、震源に近いオアハカ州フチタン中心部の広場周辺で、市庁舎を含む半数ほどの建物が倒壊していると伝えている。現地は停電し、携帯電話も通じにくい模様だ。

気象庁によると、北海道から沖縄の太平洋側に津波の到達が予想されるが、被害の恐れはないという。

(ボゴタ=田村剛)

参照元 : 朝日新聞




〔海外地震〕メキシコ・チアパス州沖でM8.1 日本への津波の有無については現在調査中(9/8)

2017/9/8(金) 14:15配信

米国地質調査所(USGS)によると、日本時間9月8日13:49頃、メキシコ・チアパス州沖を震源とするM8.1の地震が発生しました。日本への津波の有無については気象庁が調査しています。【9月8日15:00現在、レスキューナウまとめ】

【発生事象】(USGS)
震源地:メキシコ・チアパス州沖(北緯15.0度 西経93.7度)
近隣都市からの方角・距離:
メキシコ・El Palmarcitoの南西71.8 km
メキシコ・Pijijiapanの南西87.3 km
メキシコ・Mapastepecの西南西96.4 km
メキシコ・Tonalaの南南西113.1km
メキシコ・Tuxtla Gutierrezの南南西198.0km

発生日時(日本時間):9月8日13:49頃
震源の深さ:69.7km
地震の規模:M8.1
日本への津波の有無について現在調査中(気象庁発表)

■基礎データ
人口:約1億2701万人
首都:メキシコシティ
在留邦人数:11390名(2016年10月現在 外務省発表)

参照元 : レスキューナウ




メキシコM8.1大地震の直前に観測された謎の光

2017-09-09_003028


メキシコは北朝鮮大使を追い出しました。その後、M8.1の地震が発生。タイミング良すぎですね。そして、311や熊本地震の時にも観測された青く光る発光体がメキシコでも観測された。

HAARP攻撃なのでしょうか?



▼311東日本大震災・発生時の謎の発光体

2017-09-09_003530


最新記事
Amazon




楽天トラベル


人気ブログランキングへ

【注目記事】
★裏天皇とは一体誰なのか?「前田ゴロウ(ユダヤ名:オクラディッシュ・ハーマン)、小野寺 直、伏見博明」明治以降の皇室を牛耳ってきた傍流勢力

★3.11東日本大震災は人工地震だった!元アメリカ国家安全保証局が内部告発 「米国とイスラエルの裏権力が核兵器を使った」

★【神道の闇】天皇一族は悪魔崇拝者 神道=日本版キリスト教・ユダヤ教

★日本や世界各地にある「鳥居」の謎 宇宙人との関連性

★【日航機123便墜落テロ事件】事後処理の為の特殊部隊の編成、情報撹乱、毒ガス攻撃、火炎放射器で焼き殺す!まさに地獄以下の有様

★日航機123便墜落テロ事件の不可解な点!米軍は事故後20分で墜落地点を特定!助かるべき多くの生存者が殺された

★自民党・安倍政権は民主党を上回るスピードで売国(公約違反)を進めている

★関東連合OBで元暴力団の石元太一被告と海老蔵事件の伊藤リオンがセキュリティの黒人とガチ喧嘩してる映像が流出

★シリアの化学兵器攻撃は911やボストンテロ同様、アメリカの自作自演 【決定的証拠 まとめ】

★1%の人間が企む世界支配の計画を暴く『これは架空の物語ではありません』

★チャンネル桜事務局の壁に十字架 そして新興宗教『キリストの幕屋』『統一教会』との関係とは?

★911同時多発テロ 世界貿易センタービルの嘘を暴く

★【閲覧注意】VIEWER WARNING テロリストがアサド政権に協力した2人の男を処刑!生きたまま首を切断(R15指定)

★【閲覧注意】<シリア>SAFヘリコプターによる空爆の余波 首が吹き飛んだ死体

★【閲覧注意】<シリア>カメラの目の前で兵士の頭が吹っ飛ぶ瞬間映像(グロ注意)R18指定

★【閲覧注意】シリアにて戦車の砲撃を受けた反体制派メンバーが粉々にふっ飛ぶ瞬間映像

★【閲覧注意】タリバンのメンバーが、断頭した男性の生首でサッカー(R18指定)
記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ