地 球 情 報 局

珍事件・仰天NEWS・世界各国のNEWS・政治・衝撃映像など

ビットコイン、派手に駆け上がったぶん、落ちるのもあっという間!他の仮想通貨も軒並み値を下げる

仮想通貨のBitConnectが取引業務を停止--BCCは暴落

2018/1/18(木) 11:32配信

2018-01-17_030538

BitConnectが米国時間1月16日、暗号通貨の貸付および取引用プラットフォームを閉鎖した。このプラットフォームに関しては、かねてから単なるネズミ講ではないかとの疑惑が持たれており、米国の規制当局から警告を受けていた。

匿名で運営されていたBitConnectは声明を発表し、自社の貸付事業をただちに停止し、既存の貸付金を全額返却すると述べた。

貸し付け中のユーザーの資金は、「BitConnect Coin」(BCC)に換算され、ウォレットに送金される。その際の換算レートには、直近15日の平均レートである1BCC=363.62ドルが適用される。

BCCはBitConnectプラットフォームで扱われていた仮想通貨で、現在は価格が暴落している。

BCCは、2017年12月には463ドルという最高値を付けたが、1月17日の取引終了時点で22.48ドルにまで暴落している。

価格の下落により、上述のレートのBCCで払い戻しを受けることになった投資家は損失を被っている。

BitConnectでは、取引事業も21日までに正式に停止する予定だ。

「簡単に言えば、われわれは貸付サービスと取引サービスを終了し、BitConnect.coサイトは、ウォレットサービス、ニュースの提供、および啓発のために運営されることになる」と同社は述べている。

BitConnectは「さまざまな理由」で今回の事業停止に至ったと述べ、否定的な報道、度重なる分散型DoS攻撃、米規制当局からの停止通告を挙げている。

ただし、同社はBCCのサポートを終了するわけではないとしている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

参照元 : CNET Japan


ビットコインは大丈夫? 中国の採掘に対する規制

2018/1/18(木) 7:11配信

2018-01-19_165149

派手に駆け上がったぶん、落ちるのもあっという間。

急な価格の暴落、高額な手数料、ライバルの台頭、そして複数の国で規制機関が動き出したことなど、いまビットコインは悪いニュースで持ち切りです。さらに泣きっ面に蜂と言わんばかりに、先日また1つ大きな出来事がありました。中国がビットコインの採掘企業を排除しようとしているのです。

以下はBloombergからです。

中国政府は今週、ビットコインの採掘−暗号通貨での取引を可能にするプロセス−を止めるための案の概要を発表しました。計画では企業の電力利用を制限し、各地域の政府が企業に「速やかな廃業」を促すよう指示しました。事情に詳しい人々によれば、採掘者達は中国の安価な電気や、地元の電子チップ生産工場、安い人件費などを理由に中国に集まりましたが、こうなっては他を当たるしかないそうです。

採掘とは、ビットコインの取引(ブロック)が検証され、ブロックチェーンの元帳に記載されるプロセスのことです。この検証を行うにはパワフルなコンピューターで複雑な計算を行う必要があり、解くことができれば報酬としてビットコインを貰えるわけです。

当初は個人のラップトップPCでも採掘できましたが、膨大な計算を無休で行えるハードウェアの登場で、ビットコインの誕生から9年の間に、採掘のトレンドは個人から、特化したハードウェア(ASICsと呼ばれる)を電気代の安い国でブン回す企業連合へと変化していきました。これらの企業のニーズを満たしているのは主に中国です。

もうひとつの問題は、ビットコインの仕組みそのものと関係しています。ビットコインが誕生した直後は、ブロック1つを採掘すると50 BTCがもらえました。しかし、2012年の11月に50%ダウンし、2016年の6月にまた半分減ったことで、現在は12.5 BTCとなっており、2020年の6月には6.25 BTCになると予想されています。

更に、ビットコインのもう一つの機能によって問題はより複雑になります。何千台というASICsが軽々とこなしている計算も、2016ブロック毎に難解になっていくのです。

5年前あたりから、個人のビットコイン採掘愛好家にとって、採掘への投資は割に合わなくなりました。採掘に最低限必要な、火事になってもおかしくないパワーのハードウェアを購入、運用するコストが、ブロック1つを計算できる確率と釣り合わなくなってしまったのです。中国が採掘から手を引く以上、プロが使っているハードウェアによって消費される膨大な電力(ビットコインのネットワークだけでデンマーク一国分の電力を消費しているとも言われています)と、どんどん少なくなっていく利益を考えると、これらの企業が運営できるマージンは非常に小さく、このまま行けば消失するでしょう。

そしてビットコインの取引を検証できる採掘者がいなくなれば、「お金の未来」は終わったも同然です。

source: Bloomberg
Photo: Getty Images
Bryan Menegus - Gizmodo US[原文]

(scheme_a)

参照元 : GIZMODO


ビットコインは投機、「米国債」は投資

2018/1/18(木) 12:00配信

2018-01-19_165638

1月16日〜17日、ビットコインが急落した。韓国、中国での規制報道があり、市場の不安感が売りにつながった。一夜にして資産を3000万円減らしたという者も。ビットコインに限らず仮想通貨はその激しい値動きに踊らされやすい。本業を持つビジネスマンならば、ほったからしができ、計算しやすい商品を選びたい。それが「米国債」だ。『証券会社がひた隠す米国債投資法』を上梓した、元ゴールドマン・サックスのマネ―ジング・ディレクターはこう説明している。

■米国債を買うのは毎年1回のみでOK

投資や資産運用と聞くと、「手間がかかりそう」「いつも気にしていなければならない」と考える人も多いかと思います。しかし、米国債の場合には、ほとんど手間がかかりません。必要なのは、毎年一回の購入作業だけです。

つまり、米国債は基本的に“ほったらかし”で資産運用ができてしまう投資法なのです。株や投資信託、あるいはFXのように、投資対象の変化を気にしたり、売買のタイミングを模索したりする必要はありません。

とくに本業がある人にとって、つねに気にしなければならない投資法は負担になります。仕事をしていても「株の値段はどうなったか」「為替に変化はあったのか」と考えてしまうと、集中することはできません。

だからこそ、多くの方は「負担がない投資法」を選ぶべきなのです。ほったらかしで資産運用ができるのなら、きちんと本業に集中することができます。

たとえば米国債において、私が勧めている購入方法をご紹介しましょう。まず、一年のうちである特定の日を決めます。それが米国債の購入日です。その日に、証券会社に電話して、決まった金額の米国債を買う。それだけです。

あとは、満期日が訪れるまで放っておく。20年なら20年、25年なら25年まで毎年、その作業をひたすらくり返すだけです。一年に一回だけでいいので、ほとんど負担にはなりません。

また、購入した米国債の値動きについても、気にすることはないのです。

■手数料は基本的にかからない

株や投資信託のように、証券会社から取られる手数料が気になる人もいるでしょう。しかし、とくにゼロクーポン債を償還日まで保有するのであれば、手数料はかからない場合がほとんどです。

通常、株を購入したり、あるいは売却したりすると、「売買手数料」がかかります。また投資信託の場合であれば、「販売手数料」や「信託報酬」も気にしなければなりません。その点、ゼロクーポン債は相当に有利と言えるでしょう。

たとえば、額面金額1万ドルの米国ゼロクーポン債(28年4カ月物)を購入するとき、購入単価は45.52、つまり4552ドルで購入できます(2017年10月時点)。償還日までの利息が支払われない分、購入価格は額面金額を大きく下回る仕組みです。

ちなみにこの場合の利回りを計算すると2・790%です(為替変動は考慮せず)。世界屈指の安全性を保持しつつ、購入時にほぼ3%近い利回りを確定できる商品を私は他に知りません。私が米国債をお勧めする最大の理由はそこにあると言えます。

■計算がしやすいのも米国債の利点

購入した米国債は、満期日まで証券会社が管理することになります。いわゆる「保護預り」と呼ばれる制度です。証券会社が責任をもって預かってくれるため、自ら管理する手間は一切ありません。

長い期間のことですから、「もし証券会社が倒産したらどうなるの?」と思う方もいるかもしれません。しかし、そのような心配も無用です。保護預かりによって、取引先の証券会社が万一倒産したとしても、債券自体はきちんと保全されます。

とくに、大手証券会社の多くは上場会社ですし、信頼して任せてしまって問題ありません。米国債を購入した人は、満期日までひたすら待つだけでいいのです。それこそがまさに、米国債投資の醍醐味と言えるでしょう。

35歳から毎年額面1万ドルの30年物米国ゼロクーポン債をはじめた人は、約30年後に償還日を迎えます。36歳、37歳、38歳と、毎年のように米国債投資を続けていれば、66歳、67歳、68歳というように、毎年きちんと1万ドルがもらえるのです(税金は考慮せず)。

老後に安定した収入を得られるというのは、それだけで将来不安の解消につながります。年金だけに頼るのではなく、米国債投資によって老後の収入を補完し、ライフプランを立てていきましょう。

〈『証券会社がひた隠す米国債投資法』より構成〉

参照元 : BEST TIMES


一時100万円割れ…ビットコイン、一転大暴落のウラ

2018/1/18(木) 16:56配信

インターネット上の仮想通貨「ビットコイン(単位BTC)」が大暴落している。17日朝には一時、1BTC=99万7000円と100万円を割り込んだほか、ほかの仮想通貨も同日朝までの24時間で20〜40%台の下落に見舞われる場面があった。

昨年12月には227万円まで急騰していたビットコイン。16日朝には170万円近辺だったが、17日朝には一時、100万円を割り込んだ。その後は120万円台まで戻すなど大荒れだった。

対ドルでも昨年12月に過去最高となる1万9783ドルを付けたものの、この日は1万ドル近辺まで下落。ビットコインキャッシュやリップル、イーサリアムなどの主要仮想通貨も大幅に下落した。

暴落の火を付けたのは韓国だった。11日に朴相基(パク・サンギ)法相が仮想通貨取引所での取引を禁じる法案を準備していると明らかにしたことで、市場が動揺した。

大統領府は正式決定ではないと説明したが、取引禁止は依然として選択肢だとする韓国企画財政相の発言も伝わり、規制を巡る懸念が高まった。

中国で、取引データを記録した報酬としてコインを得る「採掘」の規制が強化されるとの見方も売りを誘った。

麻生太郎財務相が「何もかも規制すればいいというものではない」との見方を示している。

派手なテレビCMも流れ、初心者の参入も増えている仮想通貨だが、リスクを理解せずに投資すると大ヤケドをしかねない。

ネット上では、2006年1月16日にライブドア(当時)に強制捜査が入り、新興市場株ブームが崩壊したライブドア・ショックと重ね合わせる向きもあった。

参照元 : 夕刊フジ









ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

フォーブスが香港の富豪50人の最新の保有資産ランキングを発表

香港の富豪50人、保有資産の総額が過去最多34.1兆円に

2018/1/18(木) 15:30配信

2018-01-19_164307

フォーブスは1月17日、香港の富豪50人の最新の保有資産ランキングを発表した。リストに入った富豪たちが保有する資産は昨年から約600億ドル(約6兆6800億円)増え、3070億ドルとなった。フォーブスが同リストの作成を開始して以来、最も多い増額となる。

富豪らの資産が増えた背景には、香港株式市場でハンセン指数が37%上昇したことのほか、活況を呈した同地の不動産市場、好調を維持した世界経済などがある。

今回も長者番付1位の座を維持したのは、香港最大の企業グループ、長江実業集団の李嘉誠(リ・カセイ)会長(89)だった。保有資産は前年から57億ドル増え、360億ドルとなった。

一方、最も資産を増やしたのは、2位につけた不動産開発大手の恒基兆業地産(ヘンダーソン・ランド・デベロップメント)を率いる李兆基(リー・シャウキー)会長だった。保有資産は、前年比39%増の329億ドル。自社の株価が上昇したことに加え、保有する中国の銀行・企業の株価が値上がりしたことが、大きく貢献した。株式を保有する企業には、中国平安保険、デベロッパー大手の碧桂園控股(カントリー・ガーデン・ホールディングス)などがある。

マカオでカジノを運営する銀河娯楽集団(ギャラクシー・エンターテインメント・グループ)の創業者、呂志和(リュー・ジーホー、3位)の資産は、同70%増の190億ドルとなった。最多を記録した2014年の210億ドルには及ばないものの、同年から2016年までに大きく減らした資産を再び大幅に増やした。

リストに名前が挙がった女性のトップは、金利豊金融集団(キングストン・フィナンシャル)の朱李月華(ポリアンナ・チウ、7位)だった。また、今回初めてリスト入りした富豪には、中国最大の電子取引会社アリババ・グループの蔡崇信(ジョゼフ・ツァイ)副会長(9位)、インターネットサービス大手テンセントの劉熾平(マーティン・ラウ)社長(33位)などがいる。

ランキング

以下、香港の富豪50人ランキングに入った上位10人の氏名と保有資産を紹介する。

1位:李 嘉誠(Li Ka-shing、89)/360億ドル(約4兆45億円)/複合企業
2位:李兆基(Lee Shau Kee、89)/329億ドル/不動産
3位:呂志和(Lui Che Woo、88)/190億ドル/カジノ
4位:郭炳江・郭炳联(Thomas & Raymond Kwok)/178億ドル/不動産
5位:劉鑾雄(Joseph Lau、66)/170億ドル/不動産
6位:呉光正(Peter Woo、71)/130億ドル/不動産
7位:朱李月華(Pollyanna Chu、59)/120億ドル/金融サービス
8位:楊建文・林惠英(Yeung Kin-Man & Lam Wai Ying)/111億ドル/伯恩光学(Biel Crystal)創業
9位:蔡崇信(Joseph Tsai、53)/104億ドル/電子商取引
10位:郭炳湘(Walter Kwok、67)/87億ドル/不動産

ランキングは、証券取引所や民間で作成された複数のデータベース、アナリストやその他の情報源から得た情報に基づき作成した。推計にあたっては、1月5日の株価(終値)と為替レートを採用している。非公開会社の経営者などについては、類似した業務を行う同規模の公開会社の財務状況などとの比較によって推計した。

参照元 : Forbes JAPAN






ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

無免許で飲酒運転し、煽り運転から殴る蹴るの暴行 → 逃走後、ひき逃げ!解体作業員の男ら2人逮捕

あおり運転からの殴る蹴る…男子学生を襲った恐怖の2キロ

2018/1/18 09:26

2018-01-19_152943

男子大学生はあまりの恐怖におののいたという。

鹿児島市内で軽自動車を強引に停車させ、運転手の大学生(19)に暴行を加え、全治10日間のケガを負わせたとして、鹿児島県警は15日、傷害などの疑いでいずれも解体作業員の宮薗一真(28)、山元尚吾(28)両容疑者を逮捕した。

昨年12月15日の夜、宮薗容疑者と山元容疑者の2人は市内の繁華街「天文館」で酒を飲み、コインパーキングに止めていた車に乗り込んで自宅へ向かった。車は山元容疑者の父親が車検に出した代車で、宮薗容疑者が運転し、山元容疑者は助手席に座っていた。宮薗容疑者は無免許だった。

2人の自宅は市内南部にあり、片側3車線の国道225号を南下。大学生のAさんは2人の車の前を走行していた。交差点に差しかかったところで、信号が変わったため、Aさんはブレーキを踏んで減速。そこへ2人の車が割り込むように前に入ってきた。すでに日付は変わり、他の車線も空いているというのに、なぜわざわざ前につけるのか、Aさんは不思議に思ったという。

100メートルほど走ったところで、Aさんは助手席の友人を降ろした。その間、2人の車は先行しているはずだったが、次の交差点で停車していた。「あっ、さっきの車」だと思ったAさんは、注意を促すつもりでパッシングした。

その瞬間、2人は激高したようで、Aさんの進路妨害をして行く手を阻もうとした。そのまま幹線道路を走行し続けたが、幅寄せ、減速、進路妨害が繰り返され、抜くに抜けなかったため、不安になったAさんは進路を変え、急に右折した。それに気づいた2人は「右折したぞ。逃げた、逃げた。Uターン、Uターン」と叫びながら、猛スピードで追いかけてきた。慌てて逃げ惑うAさん。2人の車はピタッとAさんの後ろにつけ、あおりまくってきた。

執拗なまでに追いかけられ、いよいよ怖くなったAさんは、無我夢中で集合住宅の駐車場に逃げ込んだ。およそ2キロにわたって追いかけ回されたという。

「車から降りてきた宮薗容疑者は大きな声を出しながら、手と足で運転席のガラスを叩き割ろうとした。しかし素手では割れなかったため、いったん車に戻った。Aさんはすぐに携帯電話で『ヤンキーに絡まれています』と110番。再び目の前に姿を現した宮薗容疑者は手にしたレンチを振り上げ、窓ガラスを叩き割った。割れた窓から体を突っ込んでAさんを殴り、ドアロックを解除して車から引きずり降ろした。アスファルトの駐車場で頭を踏みつけ、もうボッコボコに殴る蹴るの暴行を加えたのです。Aさんは頭からダラダラと血を流し、着衣には血痕が付着していたそうです」(捜査事情通)

捜査員が駆け付けたころには2人は現場から逃走し、再び宮薗容疑者がハンドルを握って帰宅。山元容疑者が運転を代わり、自宅に向かって県道を走行中、横断していた42歳の会社員をひき逃げし、逃走したという。通報から約30分後のことだった。

2人は「パッシングされて腹が立った」と供述しているそうだが、一歩間違えたら大事故につながっていたかもしれない。

「あおり運転が社会問題になっているとか、そんなことを気にするような連中ではない。相当なワルで、宮薗容疑者は首や体に入れ墨が入っている。前科モノですよ」(地元関係者)

パッシングしただけでこんな目に遭わされたらたまらない。

参照元 : 日刊ゲンダイ

2018-01-19_153326

2018-01-19_153353

2018-01-19_153238






ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

最新記事






楽天トラベル



bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で


人気ブログランキング

【注目記事】
★裏天皇とは一体誰なのか?「前田ゴロウ(ユダヤ名:オクラディッシュ・ハーマン)、小野寺 直、伏見博明」明治以降の皇室を牛耳ってきた傍流勢力

★3.11東日本大震災は人工地震だった!元アメリカ国家安全保証局が内部告発 「米国とイスラエルの裏権力が核兵器を使った」

★【神道の闇】天皇一族は悪魔崇拝者 神道=日本版キリスト教・ユダヤ教

★日本や世界各地にある「鳥居」の謎 宇宙人との関連性

★【日航機123便墜落テロ事件】事後処理の為の特殊部隊の編成、情報撹乱、毒ガス攻撃、火炎放射器で焼き殺す!まさに地獄以下の有様

★日航機123便墜落テロ事件の不可解な点!米軍は事故後20分で墜落地点を特定!助かるべき多くの生存者が殺された

★自民党・安倍政権は民主党を上回るスピードで売国(公約違反)を進めている

★関東連合OBで元暴力団の石元太一被告と海老蔵事件の伊藤リオンがセキュリティの黒人とガチ喧嘩してる映像が流出

★シリアの化学兵器攻撃は911やボストンテロ同様、アメリカの自作自演 【決定的証拠 まとめ】

★1%の人間が企む世界支配の計画を暴く『これは架空の物語ではありません』

★チャンネル桜事務局の壁に十字架 そして新興宗教『キリストの幕屋』『統一教会』との関係とは?

★911同時多発テロ 世界貿易センタービルの嘘を暴く

★【閲覧注意】VIEWER WARNING テロリストがアサド政権に協力した2人の男を処刑!生きたまま首を切断(R15指定)

★【閲覧注意】<シリア>SAFヘリコプターによる空爆の余波 首が吹き飛んだ死体

★【閲覧注意】<シリア>カメラの目の前で兵士の頭が吹っ飛ぶ瞬間映像(グロ注意)R18指定

★【閲覧注意】シリアにて戦車の砲撃を受けた反体制派メンバーが粉々にふっ飛ぶ瞬間映像

★【閲覧注意】タリバンのメンバーが、断頭した男性の生首でサッカー(R18指定)
記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ