地 球 情 報 局

珍事件・仰天NEWS・世界各国のNEWS・政治・衝撃映像など

マイイーサウォレット」を利用している複数のユーザーがハッキング被害に遭い、約1672万円相当の被害

マイイーサウォレット(MyEtherWallet)がDNSサーバーのハッキングで約1672万円を盗まれる

2018/04/25

2018-04-25_122619

火曜日、イーサリアムやERC20トークンを管理するウェブアプリケーション「マイイーサウォレット」を利用している複数のユーザーがハッキング被害に遭い、約152,000ドル(約1672万円)相当のイーサリアムが盗まれたと報じられています。

ハックの経緯
同社はハッキングが始まって15分以内の2018年4月24日23:29にツイッターでユーザーに注意喚起しました。


その後、複数のユーザーがソーシャルメディアで資金の盗難を報告しました。ユーザー名rotistainは25日の0時過ぎにマイイーサウォレットのフォーラムに以下のように投稿しています:「マイイーサウォレットへアクセスすると、不当な接続が起こりました。ログインするとすぐに約10秒間のカウントダウンが始まり、トランザクションが作成されて、ウォレット内の資金が別のウォレットアドレスに送付されました。該当アドレス;'0x1d50588C0aa11959A5c28831ce3DC5F1D3120d29 ' 何が起きたかわからない。」

BlockBits.ioのリード開発者Micky Socaci氏はソーシャルメディア「ethereum subreddit」への投稿で、攻撃について説明しました。

「現時点でグーグルパブリックDNS(8.8.8.8 / 8.8.4.4)を使用している人は、マイイーサウォレットを使用しないでください。これらのDNSサーバは、ドメインを変換して不当なサーバーへ送り、あなたの秘密鍵を盗みます!」

Socaci氏の説明はマイイーサウォレットの主張と一致します。ドメインネームシステム(DNS)サーバーは、WebサイトURLを適切なIPアドレスに変換します。

移動中の資金
記事作成時点(日本時間4月25日01:37)で、ブロックチェーン情報提供サイト「イーサスキャン」のデータによると、影響を受けた資金はシャッフルされ、少額ずつ大量のアドレスに分割送金されています。

イーサスキャンのブロック検索によると、当初、以下のアドレスに午前7:17から現在までに179回のトランザクションが行われ、合計216.06 ETH (約152,000ドル相当)を送金されています。
該当アドレス;0x1d50588C0aa11959A5c28831ce3DC5F1D3120d29

その後、ハッカーは215 ETHを別のアドレス0x68ca85dbf8eba69fb70ecdb78e0895f7cd94da83に送りました。以降、資金は分割されてそれぞれ複数のウォレットアドレスに送金されています。

マイイーサウォレットCEOのKosala Hemachandra氏によると、「すべてのDNSサーバーは正しいアドレスに変換していますが、あと1時間くらい待ちたい。」とコインデスク社のスカイプの取材で語りました。

Hemachandra氏によれば、ハッカーについて「グーグルパブリックDNSサーバでDNSポイズニング攻撃を行い、マイイーサウォレットに不正なIPアドレスのキャッシュを組み込めるほど、大規模なのは明白です。」と述べています。さらにグーグルはこの問題を「非常に短時間に解決しました。」と続けました。

Hemachandra氏は、「今回の件は本当に不幸なことですが、最も安全とされるウェブサイトでも同様の攻撃を受ける可能性のある世界を我々は利用しています。残念に思いますが、MEWチームがユーザーを教育し、MEWのハードウォレットやローカルバージョンのMEWを使用するように説得できれば幸いです。」

グーグルの広報は、コメントの要求にこれまで反応していません。

参考:coindesk.com

参照元 : coin tokyo

2018-04-25_123038



【仮想通貨】リップルは第二のビットコイン?世界の100社以上の金融機関が導入

仮想通貨市場の今後を率いるのはリップル、金融機関の導入進む

2018/04/24 07:30

2018-04-09_215511

仮想通貨への投資を検討している人は、ビットコインだけではなくその他のアルトコインにも目を向けているかもしれない。仮想通貨の中には、相場が一時のような高値水準に戻れば、ビットコイン以上の投資利益率が期待できるものがいくつもある。

そして、投資家の中には米リップルが発行する仮想通貨「XRP」について、もっと詳しく知りたいと考えている人もいるだろう。XRPは現在の銀行システムを革命的に変化させる潜在力を持つブロックチェーン・ソリューションだ。

リップルは、ブロックチェーン技術が支える数多くの製品を生み出すことができ、同社の顧客には、大手銀行や知名度の高い決済サービス各社が名を連ねる。リップルが目指すのは、日々何十億ドルもの送金を行っているこれら各社の国境を越えた決済を、より効率的にすることだ。

リップルによれば、XRPは複数の不換紙幣の間の「ブリッジ通貨」として考えられるべきだという。例えば米国で誰かが米ドルで購入して送金したXRPを、受取人は自ら選択した通貨に交換して受け取ることができる。これにより、貨幣が複数の銀行口座の間を複数の通貨で行き来するのにかかる時間とコストを、大幅に削減することができる。

リップルの製品の導入は、業界の主要なプレーヤーの間で急速に拡大している。XRPが今後に必要とする推進力は、価格が再び過去最高に達することだ。

リップルはすでに、スペイン最大手のサンタンデール銀行やSBIホールディングス、中国の送金サービス大手、連連(LianLian International)と提携している。これら各社とのパートナーシップによってリップルは、より幅広く導入され、より多くの一般消費者にも利用されるようになっていくだろう。中国では中間層の増加に伴い、支払いサービスの利用増加が予想されている。

ただ、リップルと連連の提携は、リップルが持つ非常に大きな可能性を示す1つの例に過ぎない。リップルが提供する製品については、マネーグラム(MoneyGram)やマーキュリーFX(Mercure FX)、IDTコーポレーション(IDT Corporation)など、世界的な国際送サービス各社によるテストが行われている。金融機関のうち、リップルのブロックチェーンベースのソリューションに関心を持っている企業は100社以上とされている。

仮想通貨の今後の展望に関しては、特にリップルについて強気な見方をする向きが多いようだ。だが、リップルが目指す各業界による同社製品の導入が失敗した場合、またはリップルの概念実証が失敗した場合には、仮想通貨市場に関する多くの否定的な報道がなされることになる。その点を覚えておくことが重要だ。

とはいうものの、世界は向こう数年間のうちに、ブロックチェーン技術によって今とは大きく異なって見えるものとなるだろう。かつてインターネットがそうであったように、この技術は世界の状況や全体像を変えようとしている。

ビットコインとイーサリアム、そしてリップルは起業家たちに、より破壊的な製品を作り出すことを可能にした。仮想通貨市場が拡大し、信頼度が高まり、前向きな見方がさらに広まれば、リップルの価格と仮想通貨市場全体の価値は、ともに上昇していくはずだ。大手金融機関や決済機関がリップルの導入を成功と見れば、業界全体において近い将来、破壊とさらなる前進が見られる可能性がある。

参照元 : forbesjapan

2018-04-24_141622





仮想通貨取引所では主に4種類の手数料が発生する どこの取引所がお得なのか徹底比較

仮想通貨取引所で発生する手数料一覧を種類別に比較!

2018/04/22

2018-04-23_064133

手数料にこんなに種類があったなんて...

ここでは日本国内の主要な仮想通貨取引所で発生する手数料を種類別にご紹介します。手数料はトレード成績に関わらず必ず発生するものですので、できれば安い方がいいですよね。各取引所によって手数料が異なりますので、ぜひ本記事でご紹介している手数料比較情報をご参考に取引所の登録をすすめてみてください。

仮想通貨取引所では主に4種類の手数料が発生する
仮想通貨取引所を選ぶ際に参考にしたいポイントの1つが手数料についてです。初めて仮想通貨取引を始める方であれば、まずは少額からスタートされるかと思います。

段々と慣れてくると取引の回数も増えてくると思います。その取引ごとには手数料が発生します。少額で仮想通貨を運用される方なら、この手数料が以外とネックになってきます。

ですので、仮想通貨取引所を選ぶ際には手数料の安さについても予め比較しておくようにしましょう。

では、仮想通貨取引所ではどのような手数料が発生するのか。仮想通貨取引所では、主に以下のような4種類の手数料が発生します。

(1)入出金手数料
(2)預入・払出手数料
(3)現物取引手数料
(4)FX取引(レバレッジ取引)手数料


以下では、「各種の手数料がどのような時に発生するのか」の説明と「国内の主要な仮想通貨取引所での各種手数料の比較」をご紹介します。

2018-04-23_064245

仮想通貨取引所の手数料(1):入出金手数料
仮想通貨取引所で発生する入出金手数料とは、仮想通貨取引所に「日本円を入金する」、「日本円で出金する」時に発生する手数料です。

仮想通貨取引所に登録し口座を開設したら、その取引所で仮想通貨を購入するために日本円を入金します。この仮想通貨取引所へ日本円を入金する時に発生するのが「入金手数料」です。

また、仮想通貨取引所で保有している仮想通貨を現金化したい場合には、日本円にして銀行口座へと出金します。この仮想通貨取引所から銀行口座へと出金する際に発生するのが「出金手数料」です。

仮想通貨取引所の手数料(2):預入・払出手数料
仮想通貨取引所で発生する預入・払出手数料とは、「異なる取引所へ仮想通貨を預入・払出する」、「ウォレットに預入・払出する」時などに発生する手数料です。

預入・払出手数料については仮想通貨取引所によって異なります。無料のところもあれば、0.001BTCで有料、ユーザー自身が決定できるなど様々です。また、預入・払出手数料はマイナーの報酬となります。よって、手数料が高いほど送金時間が短い(早く送金される)ことが一般的です。

仮想通貨取引所の手数料(3):現物取引手数料
仮想通貨取引所で発生する現物取引手数料とは、取引所や販売所で仮想通貨を売買(取引)する時に発生する手数料です。

仮想通貨の取引(売買)方法は主に2つ。1つは取引所でユーザーと注文を出し合い取引する方法。もう1つは販売所(企業)と直接取引(売買)する方法です。

取引所でユーザーと取引する場合には手数料が安く済み、販売所(企業)と取引する場合には手数料が高くなります。安い手数料で仮想通貨を取引(売買)したい場合には、販売所ではなく取引所を利用するようにしましょう。

仮想通貨取引所の手数料(4):FX取引(レバレッジ取引)手数料
仮想通貨取引所で発生するFX取引(レバレッジ取引)手数料とは、その名のとおりFX取引(レバレッジ取引)をする時に発生する手数料です。

たとえば、手元に5万円しかないとします。FX取引(レバレッジ取引)で5倍のレバレッジ(てこ)を効かせれば25万円分の取引が可能となります。小さな資金でも大きな利益を得ることができるのがFX取引(レバレッジ取引)のメリットです。

一方、その逆で損失にもレバレッジがかかります。たとえば、今回のケースのように5倍のレバレッジをかけていている場合、通常5万円の損失だった場合でも25万円分の損失が発生するということです。

通常はロスカット注文を入れておきますが、売買が成立しない限り値段はつきません。これがFX取引(レバレッジ取引)のデメリットです。

仮想通貨取引所の「入出金手数料」を比較
仮想通貨取引所への入金は、主に銀行振込とクイック入金(ネットバンクからの振込、コンビニ決済、Pay-easy(ペイジー)など)から行えます。銀行振込の場合には、各金融機関によって定められている手数料が異なります。

日本国内の主要な仮想通貨取引所の入出金手数料の比較は以下のとおりです。

2018-04-23_064328

上記のように、入出金手数料を比較した場合にはDMM Bitcoin とGMO コインがオススメです。ただし、日本円の入出金はそれほど頻繁に行うものではありませんので、取引所の選定基準としてはそれほど重視しなくてもよいでしょう。

仮想通貨取引所の「預入・払出手数料」を比較
仮想通貨の預入・払出手数料については通貨によっても異なります。ここではビットコインでの預入・払出手数料をご紹介します。

日本国内の主要な仮想通貨取引所の預入・払出手数料の比較は以下のとおりです。

2018-04-23_064435

上記のように、預入・払出手数料で比較した場合には全て無料のGMO コインとBITPoint がオススメです。

預入・払出手数料については有料だとしても少額ですので、取引所の選定基準としてはそれほど重視しなくてもよいでしょう。

仮想通貨取引所の「現物取引手数料」を比較
仮想通貨取引所には「取引所と販売所を運営」、「取引所のみ運営」、「販売所のみ運営」の3 種類があります。また、現物手数料については取引所によってビットコイン/アルトコインで異なる場合があります。

まず、日本国内の主要な仮想通貨取引所の現物取引手数料の比較は以下のとおりです。

2018-04-23_064534

上記のように、現物取引手数料で比較した場合にはbitbank とZaif がオススメです。手数料がマイナスということで、取引をすればするほど手数料がもらえるということになります。

続いて日本国内の主要な仮想通貨販売所の現物取引手数料の比較は以下のとおりです。

2018-04-23_064625

販売所の現物取引手数料は全て無料となっていますが、スプレッド幅(買値と売値の差)が大きい場合があります。少ない手数料で取引したい場合には「取引所」を利用しましょう。

仮想通貨取引所の「FX 取引(レバレッジ取引)手数料」を比較
日本国内の主要な仮想通貨取引所のFX 取引(レバレッジ取引)手数料の比較は以下のとおりです。

2018-04-23_064716

上記のように、FX 取引(レバレッジ取引)手数料で比較した場合には手数料が無料のDMM Bitcoin、GMO コイン、bitFlyer がオススメです。また、FX 取引(レバレッジ取引)の場合にはスワップポイントの支払いが発生します。

DMM Bitcoin、GMO コイン、bitFlyer の場合には以下の条件でスワップポイントなしで取引が可能です。

・DMM Bitcoin…午前7 時までに決済
・GMO コイン…ニューヨーククローズまでに決済
・bitFlyer…レバレッジ取引開始当日の0:00 までに決済


BITPoint では取引開始日の手数料(スワップポイント相当)、Zaif では借入手数料(0.039%)が発生します。

以上の点からもFX 取引(レバレッジ取引)手数料で選ぶならDMM Bitcoin、GMOコイン、bitFlyer がオススメといえます。

仮想通貨取引所の手数料一覧の比較まとめ
ここまでは日本国内の主要な仮想通貨取引所で発生する手数料一覧を種類別にご紹介してきました。

前述したように頻繁に取引するようになると、その分仮想通貨の移動にともなう手数料が発生します。これから初めて仮想通貨取引所を利用する方、もしくは2 つ目、3 つ目の取引所に登録される方は今回ご紹介した手数料の比較情報をご参考ください。

参照元 : coin tokyo


売買手数料無料を謡っているGMOコインだが、買値と売値の差をご覧ください。

スプレッド=手数料ですよね?これで売買手数料無料を謡うのは、明らかにおかしい。

▼リップル(XRP)

2018-04-24_143810

▼ビットコイン(BTC)

2018-04-24_143837

▼イーサリアム(ETH)

2018-04-24_144303

▼ビットコインキャシュ(BTH)

2018-04-24_144314

▼ライトコイン(LTC)

2018-04-24_144323



最新記事






楽天トラベル



bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で


人気ブログランキング

【注目記事】
★裏天皇とは一体誰なのか?「前田ゴロウ(ユダヤ名:オクラディッシュ・ハーマン)、小野寺 直、伏見博明」明治以降の皇室を牛耳ってきた傍流勢力

★3.11東日本大震災は人工地震だった!元アメリカ国家安全保証局が内部告発 「米国とイスラエルの裏権力が核兵器を使った」

★【神道の闇】天皇一族は悪魔崇拝者 神道=日本版キリスト教・ユダヤ教

★日本や世界各地にある「鳥居」の謎 宇宙人との関連性

★【日航機123便墜落テロ事件】事後処理の為の特殊部隊の編成、情報撹乱、毒ガス攻撃、火炎放射器で焼き殺す!まさに地獄以下の有様

★日航機123便墜落テロ事件の不可解な点!米軍は事故後20分で墜落地点を特定!助かるべき多くの生存者が殺された

★自民党・安倍政権は民主党を上回るスピードで売国(公約違反)を進めている

★関東連合OBで元暴力団の石元太一被告と海老蔵事件の伊藤リオンがセキュリティの黒人とガチ喧嘩してる映像が流出

★シリアの化学兵器攻撃は911やボストンテロ同様、アメリカの自作自演 【決定的証拠 まとめ】

★1%の人間が企む世界支配の計画を暴く『これは架空の物語ではありません』

★チャンネル桜事務局の壁に十字架 そして新興宗教『キリストの幕屋』『統一教会』との関係とは?

★911同時多発テロ 世界貿易センタービルの嘘を暴く

★【閲覧注意】VIEWER WARNING テロリストがアサド政権に協力した2人の男を処刑!生きたまま首を切断(R15指定)

★【閲覧注意】<シリア>SAFヘリコプターによる空爆の余波 首が吹き飛んだ死体

★【閲覧注意】<シリア>カメラの目の前で兵士の頭が吹っ飛ぶ瞬間映像(グロ注意)R18指定

★【閲覧注意】シリアにて戦車の砲撃を受けた反体制派メンバーが粉々にふっ飛ぶ瞬間映像

★【閲覧注意】タリバンのメンバーが、断頭した男性の生首でサッカー(R18指定)
記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ