地 球 情 報 局

珍事件・仰天NEWS・世界各国のNEWS・政治・衝撃映像など

無痛分娩を行っていた妊産婦が13人死亡、うち1人が麻酔薬による中毒症状で死んでいた

麻酔使った「無痛分娩」で13人死亡…厚労省、急変対応求める緊急提言

2017/4/17(月) 15:30配信
 
2017-04-17_225804

出産の痛みを麻酔で和らげる「無痛分娩(ぶんべん)」について、厚生労働省研究班(主任研究者・池田智明三重大教授)は16日、医療機関に対し、急変時に対応できる十分な体制を整えた上で実施するよう求める緊急提言を発表した。

研究班は、2010年1月から16年4月までに報告された298人の妊産婦死亡例を分析。無痛分娩を行っていた死亡例が13人(4%)あり、うち1人が麻酔薬による中毒症状で死亡、12人は大量出血や羊水が血液中に入ることで起きる羊水塞栓(そくせん)症などだったという。

池田教授によると、国内の無痛分娩は近年、増加傾向にあり、データ上、無痛分娩で死亡率が明らかに高まるとは言えないという。ただし、「陣痛促進剤の使用や(赤ちゃんの頭を引っ張る)吸引分娩も増えるため、緊急時に対応できる技術と体制を整えることが必要だ」と話している。

参照元 : 読売新聞(ヨミドクター)



【女性ひき逃げ死亡事件】おでん研究家のフリーライター新井由己容疑者(51)を逮捕

「おでん研究家」を逮捕=女性ひき逃げ死亡―神奈川県警

2017/4/17(月) 0:49配信

2017-04-17_224358

神奈川県湯河原町で3月、88歳の女性がひき逃げされ死亡した事件があり、県警小田原署は16日、女性をはねて逃走したとして、自動車運転処罰法違反(過失運転致死)容疑などで、山梨県富士河口湖町小立、フリーライター新井由己容疑者(51)を逮捕した。

新井容疑者は、おでんを中心に食物関連の著作が多数あり、「おでん研究家」などと自称。本人のホームページによると、新聞や雑誌にたびたび登場していた。同署によると、「人らしい物体にぶつかった認識はあったが、動揺していて事故を申告できなかった」と容疑を認めているという。

逮捕容疑は、3月26日午後7時15分ごろ、湯河原町吉浜の国道を横断中の同町中央、無職森田としさん(88)をはねて死亡させ、そのまま逃げた疑い。

参照元 : 時事通信



科学者や予言者たちが7つの警告!今年12月に西日本大震災が発生!?

【熊本地震1年】今年12月に「西日本大震災」が迫っている!? 科学者や予言者たちの“7つの警告”が完全一致!

2017.04.13

2017-04-17_184010

あの熊本地震からまもなく1年を迎える。2016年4月14日以降、2度発生した震度7の地震などにより、200名以上が命を落とす大災害となった。地震大国である日本に暮らす私たちが今、真剣に考えなければならないのは、熊本地震の次に日本で起きる大地震は、一体どこになるのかという点だろう。筆者のもとに集まってきた情報を総合すると、それはどうやら「九州」あるいは「西日本」になる可能性がありそうだ。

■警告1:神社の歴史的神事が呼びかける「地震に注意」

まず、今年発生するかもしれない大地震ということで最大限の注意を払いたいのが、九州の大地震だ。というのも、3月の記事で書いたように、九州にある3つの神社の今年の粥占祭で、「地震に注意」との結果が出ているのだ。

2月12日、大学稲荷神社(福岡県久留米市)の「初午祭(はつうまさい)」では、「大風(台風)、地震、陥没などの災害に注意」と出た。さらに3月15日、河童神社(佐賀県佐賀市)の「お粥開き」(3/15)では、30年間で最悪の「災害に注意」と出た。そして同じく3月15日、千栗(ちりく)八幡宮(佐賀県三養基郡みやき町)の「御粥試(おかゆだめし)」でも、地震と火災について「大いに見ゆ」、つまり“大いに兆しが見られる”と出ているのだ。

このように、九州北西部に位置する3つの神社で同一の結果が出た事態は、これまで粥占のデータを数多く収集してきた筆者の経験からしても初めてのことで、尋常ではない。このこと一つとってみても、今年はこの地域でどんな大災害が起こるのかと末恐ろしくなるのだ。

■警告2:超能力主婦が九州の破滅を危惧

次に、これまで数多くの災害の夢や予感が現実になってきた東京在住の主婦、スズ氏のこと。2015年8月、スズ氏は夢の中で、誰かに「噴火はもちろんのこと、大分県北部地震、慶長地震がそのままに起こる」と耳元で囁かれた。この夢の一部は、熊本地震や阿蘇山噴火として現実となった。過去の記事でも紹介したように、慶長時代に起きた一連の災害の中で、対応するものが起きていない地震といえば、京阪神の大地震と南海トラフ巨大地震だけだ。

そのスズ氏が最近もっとも気になっている場所は、3月の記事でも書いたように、九州なのだという。筆者の質問に、「以前から“もう1つの原発事故”を危惧していた」と答えているが、それこそ九州にある2箇所の原発とのこと。もしも九州の原発で事故が起きるとすれば、場合によっては九州全滅、あるいは日本全滅という事態も有り得るだろう。

2017-04-17_184140

■警告3&4サイキックが次々と「西日本&九州がヤバい」と断言

続いて、スズ氏以外の女性2人が見た最新の予知夢とヴィジョンも紹介したい。

まず、東日本大震災の津波や福島原発事故など、多くの予知夢が現実になってきた茨城県在住の郁代(仮名)氏だ。彼女によると、3月17日の朝、「夢ではなく幻聴というかテレパシー的な声を聞いた」という。しかもその内容は、「次は西日本大震災だ」というものだった。直感的には、今年の12月あたりが危ないのではないかとのこと。また、筆者宛の最新メールには、「福岡県の警固断層はいつ動いてもおかしくない状況のようで気になっている」とある。やはりここでも九州なのだ。

2017-04-17_184221

もう1人、東京都在住で霊的コンサルティングの仕事をしている友美氏からも、数日前に最新のヴィジョンを報告してもらった。友美氏は、東日本大震災の2日前から自分が逃げ惑う姿と、原発事故が起きる光景を夢で見ていた女性だ。そんな彼女は4月、とある広島の医師に対してカウンセリングのセッションを施したが、未来のヴィジョンとして、後に転勤する大病院が災害で大騒ぎになっている光景が見えたという。

また、友美氏のメールには、現在もっとも気になっている場所として「大分を出てすぐ、山口に向かうの間の海底に大きく圧力がかかっていること」と記されていた。大分県の国頭半島と山口県南部の間にある周防灘の海底には、「周防灘断層群」という活断層郡があるが、筆者が質問すると「その場所で間違いない」との回答を得た。

■警告5:日向灘と南海トラフが連動、スーパー巨大地震も!?

次に、東日本大震災を的中させた世見者(予言者)の松原照子氏だが、九州で起きる災害については、過去に何度も「日向灘」について言及している。直近では、今年2月7日の「地震大国・日本の断層」と題した世見で、「私の地図には断層が載っていないので、どこに断層があるのかわかりませんが、日向灘の何かの間が動きそうに思っています」(ブログ「幸福への近道」より)と書いている。

さらに同日のブログ記事には、「東南海・南海の辺りは大きな地震がいつ来るのか気掛かりです。もしかすると5年以内、長くても12年以内と書きたくなりますが、いつ大きく揺れてもおかしくない思いがしています」とある。この文脈から解釈すると、前述の「日向灘の何かの間」という表現は、日向灘と東の南海トラフが連動して、さらなる巨大地震が発生する可能性まで示唆しているのかもしれない。

2017-04-17_184311

■警告6&7:科学界からも警告の嵐!

さて、これまでは主に予知能力者の夢やヴィジョンを中心に、熊本地震の次なる巨大地震の発生について考察してきた。それでは、九州周辺を大地震が襲うことは、科学的にも可能性があるものなのだろうか。それが――大いにあるのだ。

2017-04-17_184357

まず、名古屋大学の山岡耕春教授(地震学)は、「昨年の熊本地震の発生が“引き金”となって、日向灘で大地震が発生する可能性を否定できない」と、昨年5月の地震予知連絡会で警戒を呼びかけている。その山岡氏は、2001年の「日向灘の地震に先立つ九州内陸の地震」と題した論文で、10〜20年に一度起きる日向灘地震の前には、主として九州の西半分、あるいは北部内陸で大地震が起きる傾向にあることを示唆している。

また、これまで阪神・淡路大震災など数多くの大地震を予測し、的中させてきた木村政昭・琉球大学名誉教授は、自身のホームページ上で、次なる日向灘地震の発生タイミングを「2014±5(M7.5)」と予測している。

これまで見てきたように、多くのサイキックや科学者たちが一様に九州に注目していることを考えると、やはり今後もっとも警戒が必要となる地域であることは間違いないだろう。「九州大震災」あるいは、「西日本大震災」と呼ばれるような未曾有の大災害が、2017年中に起きてしまうのだろうか――。今はただ、これが現実にならないように祈ることしかできない。

百瀬直也(ももせ・なおや)
超常現象研究家、地震前兆研究家、ライター。25年のソフトウエア開発歴を生かしIT技術やデータ重視の調査研究が得意。ブログ:『探求三昧』、『防災三昧』、Web:『沙龍家』、Twitter:@noya_momose

参照元 : TOCANA

【関連記事】
●熊本地震の発生直後に「ライオンが逃げた」と、ツイッターに嘘の情報を書き込んだ男を逮捕

●熊本県八代市役所本庁舎の外壁に落書きした会社員(47)を建造物侵入と建造物損壊の容疑で再逮捕

●熊本地震は南海トラフ地震の前触れ?発生条件は完全に整っている!400年前の大地震連発期と類似!伊勢志摩サミットに南海トラフ地震が直撃する!?

●熊本地震が起きる前日、巨大電磁波!?HAARP攻撃か!

●【熊本大地震】南阿蘇村の地熱発電事業「怪しい掘削事業」 地震の影響で水前寺公園の池が干上がる

●2062年から来た未来人が南海トラフ地震を予言?次は5月17日

●気象庁「現在も活発な地震活動が続いている。今後、1週間程度は強い揺れを伴う地震に警戒を」 熊本地震の死者48人、地震影響の死者11人

●【熊本地震】TBS生放送中に被災者から「見せ物でない!邪魔だ!どっかいけコラ!」と怒号を浴び中継断念

●【火事場泥棒】熊本地震で避難した住民から空き巣被害を訴える通報が相次ぐ

●【熊本大地震】42人死亡、行方不明者11人、熊本県内では11万人以上が避難し、37万3000世帯で今も断水が続く「今回も謎の発光現象」

●【平成28熊本地震】最大震度7の巨大地震 9人死亡、998人けが 地震の2時間前に中国・九州地方に一本線の雲が観測

最新記事
Amazon




楽天トラベル


人気ブログランキングへ

【注目記事】
★裏天皇とは一体誰なのか?「前田ゴロウ(ユダヤ名:オクラディッシュ・ハーマン)、小野寺 直、伏見博明」明治以降の皇室を牛耳ってきた傍流勢力

★3.11東日本大震災は人工地震だった!元アメリカ国家安全保証局が内部告発 「米国とイスラエルの裏権力が核兵器を使った」

★【神道の闇】天皇一族は悪魔崇拝者 神道=日本版キリスト教・ユダヤ教

★日本や世界各地にある「鳥居」の謎 宇宙人との関連性

★【日航機123便墜落テロ事件】事後処理の為の特殊部隊の編成、情報撹乱、毒ガス攻撃、火炎放射器で焼き殺す!まさに地獄以下の有様

★日航機123便墜落テロ事件の不可解な点!米軍は事故後20分で墜落地点を特定!助かるべき多くの生存者が殺された

★自民党・安倍政権は民主党を上回るスピードで売国(公約違反)を進めている

★関東連合OBで元暴力団の石元太一被告と海老蔵事件の伊藤リオンがセキュリティの黒人とガチ喧嘩してる映像が流出

★シリアの化学兵器攻撃は911やボストンテロ同様、アメリカの自作自演 【決定的証拠 まとめ】

★1%の人間が企む世界支配の計画を暴く『これは架空の物語ではありません』

★チャンネル桜事務局の壁に十字架 そして新興宗教『キリストの幕屋』『統一教会』との関係とは?

★911同時多発テロ 世界貿易センタービルの嘘を暴く

★【閲覧注意】VIEWER WARNING テロリストがアサド政権に協力した2人の男を処刑!生きたまま首を切断(R15指定)

★【閲覧注意】<シリア>SAFヘリコプターによる空爆の余波 首が吹き飛んだ死体

★【閲覧注意】<シリア>カメラの目の前で兵士の頭が吹っ飛ぶ瞬間映像(グロ注意)R18指定

★【閲覧注意】シリアにて戦車の砲撃を受けた反体制派メンバーが粉々にふっ飛ぶ瞬間映像

★【閲覧注意】タリバンのメンバーが、断頭した男性の生首でサッカー(R18指定)
記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ