地 球 情 報 局

珍事件・仰天NEWS・世界各国のNEWS・政治・衝撃映像など

【映像あり】米・サンディエゴで大規模な花火大会開催→2万発の花火を17分間かけて打ち上げる予定が、コンピュータの誤作動で花火が “15秒” で全て打ち上がるw

【大迫力映像】2万発の花火を間違えて “15秒” で全て打ち上げちゃました!

2012年7月16日

アメリカのサンディエゴで、2012年7月4日の独立記念日に「Big Bay Boom」というイベントが開催された。総費用約2800万円とされるこの「Big Bay Boom」は、アメリカ最大規模の花火大会として知られており、当日50万人もの人が花火を楽しみに会場に押しかけた。

当初の予定では愛国的な音楽にシンクロさせながら、2万発の花火を17分間かけて打ち上げる予定であった。しかし花火大会が始まる午後9時の5分前に、事件は起こった。

なんとコンピュータの誤作動により、2万発の花火が “15秒” で全て打ち上がってしまったのだ! これには観客もビックリ!

その様子が「San Diego Fireworks 2012, LOUD and up close」という動画に映されているのだが、またたく間に打ち上げられる2万発の花火の迫力がハンパない! 恐らくこれほど迫力のある花火は見たことがないだろうというくらい、その花火の光の強さ・音の大きさには目を見張るものがある。

ということで、みなさんにもぜひご覧になって頂きたい。ちなみに現地のニュースでは、この事故に多くの人が肩を落としたと報じられているが、動画を見ると「ウォーー!」と歓声を上げている人も見受けられる。どうやら今回の花火に対する満足度は、人それぞれだったようだ。
(文=田代大一朗)

ソース : ロケットニュース24
http://rocketnews24.com/2012/07/16/230973/ 





人気ブログランキングへ

海で魚釣りしてたら獲物をサメに横取りされ「ワーオ!」「サメだ!」「サメ!」「サメよ!サメ!でっかいサメよっ!」「オウ、ジーザス!」などと大興奮する動画が話題に

【衝撃動画】魚釣りしてたら獲物をサメに横取りされて大興奮する動画が話題に

2012年7月12日

本格的な海釣りから、キャンプついでの川釣りに、釣り堀での遊び釣りなど、おそらく誰しもが一度はしたことのあるであろう「魚釣り」。想像以上の大物が釣れた時の感動といったら……まさに釣りの醍醐味である。

そんな釣りの真っ最中、大物が釣れたと思ったら「超」が付くほどの大物に獲物を横取りされたという動画が現在話題になっている。動画のタイトルは「The one that got away! / shark bait」である。

動画の内容は単純ながら衝撃的だ。雨のなか川釣りをする黄色いフードを着た女性。何か獲物がかかったようで、リールを巻き巻きたぐりよせている。やがて獲物の姿が見えた。そこそこのデカイ獲物である。

そして同伴者が獲物を「たも網」に入れようとしたその瞬間――なんと突然サメが出現し、獲物をパクリと横取りしたのである!

この思わぬ超大物に、釣り人一行は「ワーオ!」、「サメだ!」、「サメ!」、「サメよ! サメ! でっかいサメよっ!」、「オウ、ジーザス!」などと大興奮。獲物は横取りされてしまったが、偶然撮影していたこの動画の価値は、逃した魚以上の大物である。

執筆:GO
参照元:Youtube Sarah Brame
http://www.youtube.com/watch?v=ZcuYjDR2tSg 
ソース : ロケットニュース
http://rocketnews24.com/2012/07/12/230243/ 

うひぁぁぁーーー。でかい鮫が食いついてますwww

そりゃテンション上がるよね。よく竿が折れなかったよね。



人気ブログランキングへ

中国で2人の子供の喧嘩が原因で数万人規模の衝突に発展!

【中国】子どもふたりのケンカが数万人規模の衝突に発展! 市民が市政府を包囲する騒ぎに!?

2012年6月29日

中国で数万人規模の暴動が発生ッ! 集まった群集は暴徒と化し、バス停や商店、駐車してあった車などを次々に破壊しているという。一部情報では、暴徒は市政府を取り囲み、現地は一時一触即発の雰囲気に。武装警察も出動する事態になった。実はその背景には、意外な出来事が関係した。それはたったふたりの子どものケンカである。いったいどうして、数万人規模に暴動に膨れ上がったのだろうか。
 
暴動が起きたとされるのは、広東省・中山市の行政区、沙溪鎮(さけいちん)だ。現地時間6月25日に地元の小学生と、内陸部出身の出稼ぎ少年のがケンカを始めた。どうやら出稼ぎ少年が路上で売っていたマンゴーを、小学生が盗もうとしたらしい。すぐに警備員が止めに入ったのだが、出稼ぎ少年はケガをして病院に運ばれたとのこと。

ここでケンカは終わらなかった。翌日、出稼ぎ少年の仲間たちが小学生への報復のために、街に大勢集まってきたのである。そして付近の店やなどを破壊し始めたのだ。報復はいつしか暴動の様相を呈していき、手のつけられない状況になった。実のところ、暴動に関する情報は錯綜しており、一説によると「出稼ぎの少年が警備員数人がかりに袋叩きにされて死んだ」という噂も立っている(真相不明)。この噂が労働者たちの怒りに火をつけた。

労働者たちはさらに集結し、数百人から数万人へと拡大。香港や海外の華僑系メディアでは、「出稼ぎ労働者数万人が市政府を取り囲んだ」という情報や、「暴動により100人あまりが負傷、死者も出た」、さらに「数百人が逮捕された」などと報じられている。

これらの情報に対して、現地公安は報道内容を否定している。なお事件では、1人の死者も出ていないと発表した。そして、「出稼ぎ少年が殺された」という のは “デマ” であり、これを広めた人物を逮捕。「事件は収束した」とアピールしているのだ。「現地はすでに秩序を取り戻した」と公表している。

とにかく温度差のある情報が、各所から広まっているため、実態の把握は容易ではない。実際はどうなのだろうか? 中国版Twitterの「Weibo」で事件について検索したところ、「法律と政策に基づき、検索結果は表示されません」と表示される。また第一報を報じたとされるニュースサイトでも、当該記事にはたどり着けない。したがって、ストレートに中国からの情報を得るのは難しく、何が正しくて何が間違っているのかさえもわからない。「殺された」とされる少年の安否不明。

現地公安は火消しにかかったと見てよいだろう。中国の内部格差は深刻だ。特に貧しい「内陸」と経済発展を遂げた「沿岸部」との間で、激しい確執を生みだしている。出稼ぎ労働者への差別も少なからず存在している。今回の事件は出稼ぎ労働者たちのうっぷんが、子どものケンカをきっかけに爆発したというのが多くの海外メディアの見方である。
 
参照元:看中国(中国語)
http://www.kanzhongguo.com/news/12/06/26/457031.html 
ソース : ロケットニュース
http://rocketnews24.com/2012/06/29/225680/ 



 















人気ブログランキングへ

最新記事






楽天トラベル




人気ブログランキング

【注目記事】
★裏天皇とは一体誰なのか?「前田ゴロウ(ユダヤ名:オクラディッシュ・ハーマン)、小野寺 直、伏見博明」明治以降の皇室を牛耳ってきた傍流勢力

★3.11東日本大震災は人工地震だった!元アメリカ国家安全保証局が内部告発 「米国とイスラエルの裏権力が核兵器を使った」

★【神道の闇】天皇一族は悪魔崇拝者 神道=日本版キリスト教・ユダヤ教

★日本や世界各地にある「鳥居」の謎 宇宙人との関連性

★【日航機123便墜落テロ事件】事後処理の為の特殊部隊の編成、情報撹乱、毒ガス攻撃、火炎放射器で焼き殺す!まさに地獄以下の有様

★日航機123便墜落テロ事件の不可解な点!米軍は事故後20分で墜落地点を特定!助かるべき多くの生存者が殺された

★自民党・安倍政権は民主党を上回るスピードで売国(公約違反)を進めている

★関東連合OBで元暴力団の石元太一被告と海老蔵事件の伊藤リオンがセキュリティの黒人とガチ喧嘩してる映像が流出

★シリアの化学兵器攻撃は911やボストンテロ同様、アメリカの自作自演 【決定的証拠 まとめ】

★1%の人間が企む世界支配の計画を暴く『これは架空の物語ではありません』

★チャンネル桜事務局の壁に十字架 そして新興宗教『キリストの幕屋』『統一教会』との関係とは?

★911同時多発テロ 世界貿易センタービルの嘘を暴く

★【閲覧注意】VIEWER WARNING テロリストがアサド政権に協力した2人の男を処刑!生きたまま首を切断(R15指定)

★【閲覧注意】<シリア>SAFヘリコプターによる空爆の余波 首が吹き飛んだ死体

★【閲覧注意】<シリア>カメラの目の前で兵士の頭が吹っ飛ぶ瞬間映像(グロ注意)R18指定

★【閲覧注意】シリアにて戦車の砲撃を受けた反体制派メンバーが粉々にふっ飛ぶ瞬間映像

★【閲覧注意】タリバンのメンバーが、断頭した男性の生首でサッカー(R18指定)
記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ