地 球 情 報 局

珍事件・仰天NEWS・世界各国のNEWS・政治・衝撃映像など

猛暑で自殺者が急増する?「地球の季節」に異常が現れたことが発覚、HAARPも関係か?

【悲報】スーパー猛暑で自殺者が急増することが研究で判明! 暑さで生きる意欲低下、脳も壊れて孤独感が増長!

2018.07.25

東京都内で40.3度を記録するなど、気象庁も災害レベルと表現する猛暑が続くさ中、アメリカで恐ろしい研究が発表された。気温が急上昇すると、その月は自殺率も高くなるというのである。米「CNN」をはじめ、世界中の大手マスメディアが取り上げ、大きな話題となっている。

2018-08-16_074043

北極圏で30度を越えるなど、日本のみならず世界中で猛威をふるう今年の猛暑。ある研究によれば、2050年までに地球の平均気温は2度上昇するといい、夏場の暑さは今後もひどくなる一方の可能性が高いといわれている。夏の暑さは時には死を招くほど身体に堪えるが、今月学術誌「Nature Climate Change」に発表された論文によると、その影響は精神にも及ぶという。米国とメキシコで月の平均気温が1度上昇するごとに精神的な幸福感が減少し、自殺率も上昇するというのである。

研究を行ったのは米・スタンフォード大学などの共同チームで、米国やメキシコ各地の気温と自殺率のデータを解析したほか、2014〜2015年にSNSに米国から書き込まれた約6億件もの投稿についても調査した。すると、平均気温が1度上昇すると、月間の自殺率が米国で0.68%、メキシコで2.1%上昇したことが分かった。また、月平均気温の上昇とともにSNS上では抑圧的な言葉が増えていたという。

2018-08-16_074205

メンタルヘルスと季節の関連はかねてより指摘されており、例えば冬には世界中の人々のおよそ5%に情動の変化がみられるという。今回の研究で明らかになったのは、暑い夏とメンタルの関連であり、研究者らによると、猛暑は人々に社会への参加の意欲を低下させて“閉じ込められているような感覚”や“孤独感”を生じさせ、その結果、時には自殺まで考えさせるという。暑さが脳へ与えるダメージの影響もあると考えられている。また、この傾向は居住する土地や経済状態に関わらず見られたという。

著者の一人マーシャル・バーク氏は英紙「Daily Mail」の取材に対し、気温上昇が自殺率に与える影響は不景気が与えるのとほぼ同等だと話す。地球温暖化の悪影響は水不足や農作物へのダメージなどが語られることが多いが、自殺というもっと身近な悲劇を引き起こす可能性が高いこともバーク氏は加えて指摘している。

2018-08-16_074309

唐突な自殺を描いたサリンジャーの短編『バナナフィッシュにうってつけの日』が猛暑の日だったのかは分からないが、暑さで精神を病み、衝動的に自殺を図ってしまう可能性は分からなくもない。地球温暖化対策は世界的な自殺予防策でもなりうるのだろう。

(編集部)

参考:「CNN」「Daily Mail」「Nature Climate Change」ほか

参照元 : TOCANA


【緊急】スーパー猛暑は人間の自業自得だった! ついに「地球の季節」に異常が現れたことが発覚、HAARPも関係か?

2018.07.23

2018-08-16_074835

今年の夏は暑すぎる。全国で35℃以上の猛暑日が連日続き、23日には埼玉県熊谷市で国内の観測史上最高となる41.1度が観測された。日本から遠く離れたイギリスも42年ぶりの記録的な猛暑に襲われるなど、世界のあらゆる場所で最高気温が記録されている。地球の気候に一体なにがあったのか? そのヒントとなるかもしれない研究がこの度、科学誌「Science」に発表された。

「多くの人が気候の変化に気付いています。そこで我々は人工衛星のデータを見てみることにしました。そこで発見したのは、気候に対する人間の影響を示す証拠でした。毎年の気温だけではなく、気候サイクルにも影響を及ぼしていたのです」

そう語るのは、論文の筆頭執筆者で米カリフォルニア州にあるローレンス・リバモア国立研究所のベンジャミン・サンター博士だ。科学誌「nature」のオンラインニュース(7月19日付)によると、サンター博士率いる研究チームは、温室効果ガスが存在しない場合の世界的な気候変化をシミュレーションできるコンピュータモデルを使用。これにより大気への人間の影響を示す“指紋”を予測することができるようになったという。

2018-08-16_074919

今年の夏は暑すぎる。全国で35℃以上の猛暑日が連日続き、23日には埼玉県熊谷市で国内の観測史上最高となる41.1度が観測された。日本から遠く離れたイギリスも42年ぶりの記録的な猛暑に襲われるなど、世界のあらゆる場所で最高気温が記録されている。地球の気候に一体なにがあったのか? そのヒントとなるかもしれない研究がこの度、科学誌「Science」に発表された。

「多くの人が気候の変化に気付いています。そこで我々は人工衛星のデータを見てみることにしました。そこで発見したのは、気候に対する人間の影響を示す証拠でした。毎年の気温だけではなく、気候サイクルにも影響を及ぼしていたのです」

そう語るのは、論文の筆頭執筆者で米カリフォルニア州にあるローレンス・リバモア国立研究所のベンジャミン・サンター博士だ。科学誌「nature」のオンラインニュース(7月19日付)によると、サンター博士率いる研究チームは、温室効果ガスが存在しない場合の世界的な気候変化をシミュレーションできるコンピュータモデルを使用。これにより大気への人間の影響を示す“指紋”を予測することができるようになったという。

2018-08-16_074919

そして、人工衛星が記録した1979年〜2016年の世界的な気候データをこのモデルと比較したところ、自然要因だけではこれまで観測されてきた全ての気候サイクルを説明できないことが判明した。言い換えれば、温室効果ガスの影響を考慮しなければ、生じることのない気候パターンが存在することが分かったということだ。

2018-08-16_075111

その影響が最も強く表れていたのは、北半球の気候だという。サンター博士らが作成した地図を見てみると、日本も含め北半球が真っ赤に染まっている。これは急激な夏の気温上昇により冬と夏の気温差が大きくなってきている地域を指しているという。この現象が自然に起こる確率は100万分の5程度だそうだ。

やはりこの夏の猛暑の原因は人間にあった……対策を打たない限り、今後もさらに夏の気温は上昇し続けるかもしれない。だが、本当に猛暑の原因は温室効果ガスだけだろうか?

2018-08-16_075158

興味深い陰謀論が巷で囁かれ始めている。2015年に一度は閉鎖し、その後アラスカ大学フェアバンクス校が管理運営している「HAARP(高周波活性オーロラ調査プログラム)」が、今夏のリサーチキャンペーンで一時的に稼動を再開するが、その主目的は気象操作にあるのではないかと言われており、もしかしたら世界的な猛暑の原因はHAARPがこれまでに行ってきた実験の影響かもしれないというウワサもSNSで散見される。今回のサンター博士らの研究ではHAARPの影響は考慮されていない。最終的な判断は読者にお任せするが、いずれにしろ、これ以上気温が上がらないことを願わずにはいられない。

(編集部)

参考:「Nature」、ほか

参照元 : TOCANA


猛暑 熱中症、救急搬送「屋内」最多 死者最高の65人

2018年7月24日 18時13分

2018-08-16_081155

消防庁、16〜22日 65歳以上が全体の46.5%
総務省消防庁は24日、熱中症の症状で16〜22日の1週間に救急搬送された人数と死者数が、集計を始めた2008年以降で最多となったと発表した。搬送者数の速報値は全国で2万2647人で、うち65人が死亡した。発生場所別でみると、庭などを含む「住居」からの搬送が最多の9462人で41.8%を占めた。不特定多数が出入りする「屋内」からの搬送は2095人(9.3%)で、屋内外を分けない「教育機関」からの2011人(8.9%)と合わせると、相当数が屋内からの救急搬送者だとみられる。

4月30日から7月15日までの搬送者では「住居」が35%、「屋内」が8.1%で、7月16日以降はその割合が増加。猛烈な暑さで屋内でも熱中症が発生しやすくなっているのがうかがえる。消防庁はクーラー使用や、屋内での水分補給にも注意するよう呼びかける。

16〜22日の搬送者数は昨年同時期の7196人の約3倍、7月9〜15日の9956人の2倍以上に急増。今年4月30日から2カ月半の2万1166人を、16日以降の1週間分だけで上回る規模となっている。

16日以降の搬送者のうち、年齢は65歳以上が1万525人と全体の46.5%。18〜65歳未満が36.1%の8169人。7〜18歳未満が16.2%の3665人。7歳未満の乳幼児は1.3%の288人だった。

都道府県別の最多は東京都の1979人。西日本豪雨の被災地は広島576人、岡山573人、愛媛247人と、昨年同時期の2〜4倍弱になった。死者は愛知、三重各7人、埼玉6人などとなっている。

野田聖子総務相は記者会見で「猛暑が続く見通しで健康管理に十分注意してほしい」と呼びかけた。

【浜中慎哉】

参照元 : 毎日新聞



ビルダーバーグ会議2018に、ヘンリー・キッシンジャーが出席

世界を操る闇のサミット「ビルダーバーグ会議2018」にあのキッシンジャーが出席した3つ目の理由が怖すぎる!

2018.07.14

2018-07-18_103532

2018年6月7日から4日間、イタリアのトリノでビルダーバーグ会議が開催された。世界を実質的に操る白人リーダーたちの年1回の秘密会議である。そのビルダーバーグ会議の131人の出席メンバーの中に、今年95歳になるヘンリー・キッシンジャーの名前があったことがさまざまな憶測を呼んでいる。

ヘンリー・キッシンジャーはもともとロックフェラー家おかかえの政治学者で、ホワイトハウスに送り込まれアメリカ合衆国のニクソン政権とフォード政権を実質的に操った黒幕である。ベトナム戦争の拡大、米ソ冷戦を利用した軍拡、中東戦争を利用したオイルショックなどを裏から糸をひいていたとされる。

すでに一線を退きオイルビジネスや武器ビジネスの顧問として悠々自適の生活を送っているはずのキッシンジャーがなぜ「影のサミット」と呼ばれるビルダーバーグ会議の表舞台に登場したのか?

ビルダーバーグ会議はそもそも「白人の支配層」に限定した秘密会議であり、その情報は容易には外には漏れてこない。とはいえオイルビジネス、金融ビジネス、政治や国防に関する研究所などビルダーバーグ会議傘下にある機関の中枢で働いている幹部には部分的にその内容がおりてくる。

「まだわからないところは多いが、過去の例からみるとこういうことではないか?」とあるイギリスの機関に勤める知人がビルダーバーグ会議の概要を話してくれた。彼によるとビルダーバーグ会議2018は公開されている12のアジェンダ(議題)とは別のくくりで、3種類の集まりに分けられるらしい。

2018-07-18_103613

その3種類の集まりとはブリーフィング(情報の共有)、ディスカッション(方針にまつわる議論)、オーダー(世界新秩序としての方針の伝達)に分けられるという。

たとえばアジェンダの中の「人工知能」や「量子コンピュータ」に関連してイギリスのディープマインド社のCEOデミス・ハサビスが招へいされていることが注目されているが、彼は基本的にブリーフィング要員である。他に米カリフォルニア州から招かれているコンピューティング、ロボティクス、遺伝子工学、胚細胞の権威も同様の位置づけだそうだ。

同じく「中間選挙前のアメリカ」「ロシア」「サウジアラビアとイラン」「ヨーロッパのポピュリズム」といったアジェンダに関しても、政治学者や宗教学者、政府系シンクタンクの研究員などはブリーフィングの位置づけで参加を求められる。

2018-07-18_103652

一方でディスカッションの中心となるのは保守派としてのオイルビジネスやマネービジネスの大物たちである。「不平等への取り組み」「労働の未来」「自由貿易」「ポスト真実の世界」などのアジェンダについて、大人数が参加するカンファレンスとは別に、少人数でのディスカッションが開催される。

そのアジェンダはそれぞれ「影のサミット」にふさわしく論じられる。ご存知のように「不平等をどのように維持・拡大していくか?」「人工知能時代にどのように労働者から搾取を行うべきか?」「貿易をどうコントロールしていくか?」がディスカッションの論点になるのだ。

そして会議の終盤では巧妙に抽出された「招待客の中の招待客」だけが招かれる秘密会議の中の秘密会議が開催される。これが新世界秩序からのオーダー(命令)が下される場所である。残念ながら「その招待客には選ばれなかったブリーフィング要員」である多くのビルダーバーグ会議の過去の出席者にはその詳細はわからない。

さて今回の問題はキッシンジャー博士がどの役割で招へいされたかである。可能性は3つあるという。

●1、ひとつは「ヨーロッパのポピュリズム」「サウジアラビアとイラン」「ロシア」といったやや混迷した政治問題に関して、歴史的な観点からブリーフィングを行うと言う役割である。表面で起こっている紛争や争いを裏の文脈で整理するキッシンジャーの手腕に期待した役割である。

●2、ふたつ目は、ディスカッションの方向性をコントロールする重石としての役割である。技術進化や政治、宗教の問題が混迷する中でビルダーバーグ会議の議論がねじれることが危惧される。どのような変化があったとしても新世界秩序の中枢にとっての方向性がぶれないようにするためには重鎮の役割が重要なのである。

●3、そしてみっつ目にキッシンジャーからの「最後のオーダー」が行われたのではないかという見方がある。実はキッシンジャーは死の直前に自らを人工凍結することを決めているという。今後、生命維持状態になった段階で24時間以内に血液を特殊なアルコール成分の人工血液に入れ替えて冷凍人間として保存されるのだ。

新世界秩序の中心人物の何人かはこのようにいったん凍結された後に、未来の技術でよみがえり若返ったうえでさらに世界のコントロールに関わることを想定している。そのために自分が凍結されている五十年から百年ほどの期間の世界の統治方針を伝えておく必要があった。だからこのタイミングでビルダーバーグ会議という表舞台にキッシンジャーが登場する必要があったのではないかというのが一番大きな可能性だというのである。

(文/須垣泰樹)

参照元 : TOCANA








熊本大地震や北海道大地震を予言し的中させたゲリー・ボーネルが「2018年7月22日、富士山が噴火する」と予言!

【緊急警告】「7月22日富士山噴火の予言」発覚! 東京は7つに分割し… 最強予言者ゲリー・ボーネルが断言!

2018.07.12

2018-07-18_101416

6月18日7時58分頃、大阪府北部を震源地とするマグニチュード6.1、震度6弱の地震が起きた。この地震で3人が死亡、けが人は240人以上にのぼった。この地震は、大阪では観測史上初となる巨大地震だったこともあり、ネット上では東海大地震・南海トラフ巨大地震の前触れでは……? といった憶測も流れている。

巨大地震も気になるが、これまでの歴史を振り返ると、巨大地震が起きた後、富士山が連動して噴火するというパターンが多い。来るべき巨大地震に備えることも大事だが、我々は富士山噴火に対しても大きな警戒をすべき時が来たのだ! ここで、予言研究家である筆者・白神じゅりこが富士山噴火を予言している予言者の情報をお伝えしよう。

■「世紀のアカシックリーダー」予言者ゲリー・ボーネル

「アカシックレコード」とは、宇宙の創生から終わりまでの全ての記録が収められている巨大な図書館のようなもの。その「アカシックレコード」にアクセスすることができるアカシックリーディングの第一人者こそゲリー・ボーネルである。

ゲリー・ボーネルは、1948年アメリカ・カリフォルニア州に生まれた。幼少の頃から体外離脱ができた彼は、やがて「アカシックレコード」にアクセスできるようになる。1974年に家具の会社を起業し大成功を収めた彼は、その後、起業コンサルティングや、広告・マーケティングの分野で活躍。そのかたわら、欧米を中心にスピリチュアルセミナーや講演会を行っている。心理学者、哲学博士、催眠療法家の肩書がある。

多才な能力を持つゲリー・ボーネルだが、過去から未来の全記録が収められている「アカシックレコード」にアクセスして読み取ることで未来に起きることが予言できるのだという。ゲリー・ボーネルはこれまで「9.11同時多発テロ」、「阪神淡路大震災」「東日本大震災」などといった大事件や天変地異を予言、的中させてきた。

そのような優れた予言者とされるゲリー・ボーネルの予言を、筆者が読み解いていこうと思う。

■コインチェック不正流出事件を予言か?

2018-07-18_101540

ゲリー・ボーネルが昨年末に「YouTube」で発表した2018年の予言では、動画の7分頃からこのようなことを語っている。

「日本の大きな銀行の2つがハッキングされてデータが流出したということが発覚する。犯人は北朝鮮である。北朝鮮は世界を敵に回して戦争をしようとしており、その道具のひとつがハッキングである」

2018年1月26日、日本の仮想通貨取引所のコインチェックから580億円分のNEMがハッキング被害で流出するという事件が起こった。コインチェックをハッキングした犯人は諸説あったが、「北朝鮮のサイバー部隊が関与している可能性が有力」と言われている。

580億円分のNEMは、ダークウェブ上の闇サイトで別の仮想通貨に換金され、マネーロンダリングが完了した後、札束に囲まれてニッコリした金正恩が「Thank you!!!」と言っているコラージュ画像が貼られていたのである……。だが、わざわざ金正恩氏の画像が使用されていることから北朝鮮関与説の可能性は低いとも言われているのだが、真相は不明だ。

6月12日、 歴史上初の米朝首脳会談が行われた。友好ムードのなかで終わったものの、また北朝鮮がどんでん返しの裏切りをしてトランプ大統領を激怒させるかもしれない。そうなれば世界を敵に回して戦争をしかねない。

仮想通貨取引所は、仮想通貨を預けておくこともできることから、銀行のようなものと考えることができる。なので、ゲリー・ボーネルは、コインチェックの流出事件を予言していたと言えるだろう。そして、今年中にあともう1つ、どこかの銀行から不正流出が起きると予言しているから要注意だ。

■2018年7月22日、富士山が噴火する!

2018-07-18_101722

ゲリー・ボーネルは著書『[2014〜2018]アカシックリーディング 日本人が知って変えていくべき重大な未来』(ヒカルランド)のなかでこう予言している。

「2018年には富士山の形が変わってしまいます。以前は東海大地震の影響で富士山の形が変わるだろうと思っていましたが、理由はわかりませんが、東海大地震は富士山には影響を与えません。米国ワシントン州でセント・ヘレンズ山が爆発した時のような感じで、大気に悪影響を及ぼします」

これは紛れもなく大噴火により富士山の形状が変わることを言いたいのだろう。だが、その時期はいつなのか? 実は、ゲリー・ボーネルは富士山の噴火時期をセミナーで語っていた。

「2018年7月22日に富士山が噴火する。その後、地方に人が流れ、地方を再興するという流れができる」(ブログ「黄金の金玉を知らないか?」2015年3/6付記事より)

つまり、富士山が噴火することにより、東京はいよいよ首都機能を失うのだろう。それにより、地方に人々が流出してしまうのだ。これは筆者が何度も示して来た「聖徳太子の予言」とぴったり一致する。

「クハンダが来るため、その東の都は親と七人の子供のように分かれるだろう……」

「クハンダ」とは仏教用語で「末世に現れる悪鬼」のことである。その来襲により、東の都すなわち東京は壊滅状態に陥るため、首都機能を親と7人の子どもに分ける――つまり、東京の首都機能が7カ所に分割・解体されると解釈できるのだ。すると、「クハンダ」の正体はやはり巨大地震なのだろうか?

■熊本大地震や北海道大地震を予言し的中!

2018-07-18_101759

ゲリー・ボーネルは、著書『[2014〜2018]アカシックリーディング 日本人が知って変えていくべき重大な未来』(ヒカルランド)のなかで、2016年半ば本州北部沖から北海道にかけての大地震が起きるとも予言している。

そして、2016年6月16日、北海道函館市で震度6弱、M5.3の大地震が発生した。彼の予言は見事に的中したのである! さらに、ゲリー・ボーネルは、セミナーのなかで熊本大地震も予言していたとされる。

また、2018年まで地球は活発期となるとも語っているため、今年はこれまで以上に大規模な災害が引き起こされるかもしれない。ゲリー・ボーネルの予言は恐ろしいものであるが、このような予言をするのはある理由があるからだという。彼によると、地震の予言をすれば、皆の集合意識で未来を変えることができるかもしれない、悪い未来も人類の意識次第でより良く変えることができるかもしれないというのだ。だからこそ、ゲリー・ボーネルは予言が当たらなくても平気とのことだ。

未来への希望を忘れてはいけない。

(文=白神じゅりこ)

参照元 : TOCANA





最新記事






楽天トラベル



bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で


人気ブログランキング

【注目記事】
★裏天皇とは一体誰なのか?「前田ゴロウ(ユダヤ名:オクラディッシュ・ハーマン)、小野寺 直、伏見博明」明治以降の皇室を牛耳ってきた傍流勢力

★3.11東日本大震災は人工地震だった!元アメリカ国家安全保証局が内部告発 「米国とイスラエルの裏権力が核兵器を使った」

★【神道の闇】天皇一族は悪魔崇拝者 神道=日本版キリスト教・ユダヤ教

★日本や世界各地にある「鳥居」の謎 宇宙人との関連性

★【日航機123便墜落テロ事件】事後処理の為の特殊部隊の編成、情報撹乱、毒ガス攻撃、火炎放射器で焼き殺す!まさに地獄以下の有様

★日航機123便墜落テロ事件の不可解な点!米軍は事故後20分で墜落地点を特定!助かるべき多くの生存者が殺された

★自民党・安倍政権は民主党を上回るスピードで売国(公約違反)を進めている

★関東連合OBで元暴力団の石元太一被告と海老蔵事件の伊藤リオンがセキュリティの黒人とガチ喧嘩してる映像が流出

★シリアの化学兵器攻撃は911やボストンテロ同様、アメリカの自作自演 【決定的証拠 まとめ】

★1%の人間が企む世界支配の計画を暴く『これは架空の物語ではありません』

★チャンネル桜事務局の壁に十字架 そして新興宗教『キリストの幕屋』『統一教会』との関係とは?

★911同時多発テロ 世界貿易センタービルの嘘を暴く

★【閲覧注意】VIEWER WARNING テロリストがアサド政権に協力した2人の男を処刑!生きたまま首を切断(R15指定)

★【閲覧注意】<シリア>SAFヘリコプターによる空爆の余波 首が吹き飛んだ死体

★【閲覧注意】<シリア>カメラの目の前で兵士の頭が吹っ飛ぶ瞬間映像(グロ注意)R18指定

★【閲覧注意】シリアにて戦車の砲撃を受けた反体制派メンバーが粉々にふっ飛ぶ瞬間映像

★【閲覧注意】タリバンのメンバーが、断頭した男性の生首でサッカー(R18指定)
記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ