で た ら め 情 報 局

珍事件・仰天NEWS・世界各国のNEWS・政治・衝撃映像など

米軍人が衝撃告発「アフガニスタンで身長4.5メートルの人喰い巨人と戦闘し、射殺した」

「アフガニスタンで4mの巨人を射殺した」米軍人が告発!人喰い巨人との戦闘を赤裸々暴露

2016.08.22

2016-08-26_224411

『旧約聖書』に登場する3メートルの巨人兵士「ゴリアテ」の子孫は現代まで生き残っているかもしれない。UFO研究家L .A.マルズーリ氏が制作したドキュメンタリーによると、なんと、アフガニスタンで身長4mを超える巨人が発見され、射殺されていたというのだ。

■身長4.5メートルの巨人

Mr. Kと名乗る元アメリカ軍兵士は、2002年、アフガニスタンの砂漠地帯カルダハールで部隊とともに偵察任務についていた。大きな開口部の洞窟を発見したのは、小高い山の麓にさしかかったときだったという。洞窟の入り口付近には動物の骨らしきものが散乱していたため、部隊は洞窟内に肉食動物か敵兵士が潜んでいると判断。さらに洞窟の方へ近づくと、突如として“それ”が現れた。

「それは12~15フィート(3.6~4.5m)ほどの身長でした」(K氏)
「怪物です。肩にかかる長い髪は真っ赤でした」(K氏)

2016-08-26_224443

あまりに非現実的な光景に部隊全員が呆気にとられ身動きが出来なかったそうだが、1人の隊員が巨人に発砲。それに応じてK氏や他の隊員も巨人に銃撃を開始した。しかし巨人は、弾丸を全身に浴びても進撃を止めず、最初に発砲した隊員を持っていた槍で貫いたそうだ。隊員らは目の前の光景に半狂乱になりながらも、とにかく「顔を打て」「顔を狙え」と死に物狂いで銃を乱射したという。何発もの弾丸が巨人の頭部をとらえたが、それでも巨人は倒れず、なんと完全に殺しきるまで30秒もかかったそうだ。

K氏によると、その時用いた銃は、アサルトカービン「M4」、スナイパーライフル「Recon Carbine 308」、大型ライフル「Barret 50BMG」など当時のアメリカ軍の標準装備。ちなみに、「Barret 50BMG」の威力は動画を参照してもらいたい。身長2.5メートルを超えるグリズリーでも、これをくらって立っていることは不可能だろう。



2016-08-26_224602

■巨人は人間を食べていた

2016-08-26_224636

その後、K氏はすぐに救援部隊を要請。しかし残念なことに、巨人の槍が貫通した隊員はすでに亡くなっていたそうだ。救援ヘリが到着すると、それに続いて大型の別機も現場へ到着。隊員らは、巨人の遺体をヘリから降ろしたネットで包むよう指示されたという。その時の様子をK氏は次のように語っている。

「それの臭いは強烈でした。スカンク臭を最悪にしたような感じです」
「指は6本ありました。爪も変でした。なにかカビのようなものが付着していたような……」

2016-08-26_224708

さらに、K氏は「作戦の事後レポート」に当時の状況をありのままに書き記したところ、上層部から書き直しを命じられたという。この巨人がどこに運ばれたかは不明だが、おそらくアメリカ本土の米軍基地で秘密裏に解剖調査されただろうとK氏は推測している。

また、K氏が地元住民に聞いたところ、この巨人は「人を食う」そうだ。もしかしたら、K氏らを殺して食べるつもりだったのかもしれないが、これ以上の情報がないため詳しいことは分からない。

一体この生物は何だったのだろうか? UMA研究家からは「巨人には妻や子どもがいるだろう」との意見も出ている。つまり、通常の人間と同じように家族生活を営んでいた可能性があるというのだ。そうであるなら、まだ複数の巨人がカルダハールに潜んでいるかもしれない。アフガニスタンに大規模な調査団を派遣することは当面難しいかもしれないが、この機を逃すのはあまりにもったいない……。

(編集部)



参考:「YouTube」、ほか

参照元 : TOCANA


人類は食料だった?!世界中で発見されたとされる「巨人・ネフィリム」発掘画像たち

94c224ab1d02089905a07c18832b5844762d3e0e1381231060

「進撃の巨人」のラストついにネタバレか

この様子を見ると、人類は勝ったんだね・・・

旧約聖書の「創世記」「民数記」旧約聖書外典の「ヨベル書」「エノク書」に記されている神と人類の間に生まれた「巨人・ネフィリム」

ダーウィンの進化論に相容れないこの存在が発掘されたとされるたびに、考古学者たちが苦悩すると、まことしやかにオンラインにアップされてきた発掘資料たち

旧約聖書のネフィリム、オグやゴリアテをはじめ、太古に巨人が存在したとされる伝説は世界各地にあり、ノルウェーの神話のユミール、ドイツのリューベンツァール、ランフェル、アメリカ・インディアンの人喰い巨人、ギリシャ神話のキュクロプス、伝説のレムリア大陸に存在したとされるレムリア、中国の盤古、日本の大太法師(ダイダラボッチ) など枚挙に暇がないですが

なぜ大昔から人々が同じような幻想(?) を抱き、現代でもこのような画像や映像が流れるのか。壮大な歴史を跨いだ人類の巨大なアート活動と考えると、それはそれでものすごいね

6f1ba00eaece39c01b79eae8facd79b67137c3b81381231060

7e6bec05b01e1e34e9c1b51b5cc0f586a635569e1381231089

8f7a2bbb466cc7ab9065a47c22b66b1c984677de1381231089

9b39d479ca799b3d55c333596a65f545163b32261381231060

54debf38e6ffdc5f6b2c43496f25582ca81e6b4a1381231060

85dfcf99178705c1620604f476f5d6fdf008a2901381231060

96f81f10ed6a45bbfa7ee33e40935abd81be6b051381231060

120aa55ff590eaa3dcd29c0b578c1e7eb4f1d13c1381231060

05036064c9fc198a49d9c2fe2c9eee0f5dd250881381231060

772dafd30f387075c4a2516a791c77f84bf742031381231089

b283378fb29eb14b7c7c5935660df886fe56d0ab1381231089

c8e39a8269fbdfa256dcf5ea3f96779f1c4eff101381231089

c191c21bbc29a41b1c915da319762d798d80ee271381231060

f5b12188bf908cef8e58a880189d4a9ea42749f81381231060

参照元 : DON JAPAN


進撃の巨人の元ネタバレた!?実在した人食い集団とは!?|都市伝説

3000111i

空前のブームとなった漫画「進撃の巨人」。

巨人が人間を食べて行くという衝撃の作品として未だ人気を誇っている漫画だが、この漫画に、ある都市伝説が存在する。それが、進撃の巨人の元ネタだ。

進撃の巨人の全体のあらすじを紹介しておこう。

知能が低いとされている巨人。普段は塀の外で暮らしているが、人間の居住区に侵入してきて、人間を次々と食べて行く。

ざっくりと言えばこんなあらすじだ。

正直、現実離れしているようにも感じる内容だが、実は、これに近いことが事実として歴史上に存在していたことを知っているだろうか。

それが、「人食い集団ソニービーン一族」。

この一族はイギリスとフランスが100年戦争の時代、イギリスの森に生息していた。その森から人里に下りてきて、人間を襲い、その人間を持ち帰り、一族で食べていたのだ。

現実世界の話とは思えないような話だが、歴史的事実として知られている。その内容はかなり”アレ”なので、ここでは詳細を書かないが、興味がある人は、下記動画を見てみて欲しい。

かなり衝撃的なので注意してください…



話を戻そう。

彼らは、人間を襲って食べるという特徴とは別に、もう一つの特徴を持っていた。それが、知能に障害を持っている人間が多かったという点。

その理由は、彼ら一族は、ソニービーンという長とその妻の二人だけで始まった一族だったからである。ソニービーンとその妻から生まれた子供同士によって生まれた人間たちだったのだ。

近い関係の肉親同士の子供というのは、知能に障害を持つ可能性が高くなると言われている。そして、その一族は、全部で50人近くいた。

だからと言って、進撃の巨人の元ネタというのはあまりにも無理があるのだが、進撃の巨人と関連付けられている理由はそれだけではない。

進撃の巨人には、作中のキャラに、ソニーとビーンという二人がいる。偶然の可能性も十分あるが、作者が何かしらこの事件にインスピレーションを受けたことは可能性としてあるのではないかと思われる。

そして、それに関連して、進撃の巨人では、別のことも話題になっていた。上でも言ったように、進撃の巨人に出てくる巨人は知能が低い傾向にある。

その行動や雰囲気からそれは感じるのだが、その表現が差別的だとして、某団体から苦情が届いたのだ。

それ以外にも、この漫画には色々と都市伝説が存在する。

その中で最も衝撃的なのが…

と、これはあまりにもアレ過ぎて、ここで口に出すのを躊躇ってしまうので、こちらの記事で見てみて欲しいと思う。

進撃の巨人がやらかした!?作中に込めた衝撃の○○とは!?

参照元 : 都市伝説まとめBiz

東京の超高層ビル群の上空に超高速UFOが出現!瞬間移動で消える

【リアル衝撃映像】マジ!? 東京の空に超高速UFO出現!突然現れ、突然消える!!

2016.08.15

■驚愕の映像! 超高層ビル群上空の謎の物体

宇宙現象観測所センター所長である筆者が、昼夜を問わず上空や宇宙のさまざまな不思議な現象を自動で記録したデータの中に凄いものを見つけた! リアルなUFOが宇宙現象観測所センター(SPOC)の「自動観測撮影装置ロボットSID-1」に、まさにオドロキの瞬間が画像として記録されていたのだ。

画像には青空を背景にポッカリとその未確認飛行物体=UFOが浮かんでいた。それは何もなかった空間に突然出現し、そしてまた一瞬で消滅していくという異様な姿を残していたのだ。

まずは画像を見ていただこう。

2016-08-24_094116

2015年11月5日12時3分 東京。晴れ。超高層ビル群上空に出現した驚愕のUFO!

青空を背景に東京の超高層ビル群の上空に出現した丸い形の物体が写っている。まったく光を反射していない真っ黒な円形の底部が不気味だ。上部にはピラミッド型のドームのような白く光るものがある。また、両端にはアンテナにも似たアームのようなものが伸びているようにも見える。

■それは突然出現した!

時間経過とともに動画から切り出した画像を見ていこう。

2016-08-24_094217

2015年11月5日12時3分51.16秒、出現直前の画像がこれだ。UFO出現画像より1フレーム前だ。高層ビル群と雲以外、鳥、ヘリコプター、航空機、あるいはUFOなど不思議なものはなにも写っていない。

2016-08-24_094346

これがUFO出現の瞬間だ。12時3分51.20秒。100分の4秒という瞬間に、なにもなかった空間にUFOは忽然と出現したのだ。

2016-08-24_094424

そして12時3分51.23秒。出現から100分の3秒後の画像がこれだ。再びなにもない空間だけが残された。

UFOは一瞬で消滅したように見える。UFOはいずれかの方向に超高速で移動したのか、あるいはテレポーテーションしたのだろうか。

■UFOの詳細

2016-08-24_094625

UFOの部分だけを拡大して水平にしてみると、この物体がきれいな対称図形であることが確認できる。またほぼ円形の物体を斜め下から見た状態であることもわかる、その黒色の底部は異様なほどまったく光を反射していないが、上部ピラミッド状の左側部分が太陽の光を反射しているのか、または自ら白く光っているのがわかる。

丸い底部とその上部が四角錐か三角錐のピラミッド型のドームになっている形状ではないかと思われる。

このような三角錐の形状の上部構造を持ったものは、唯一米軍のF-117 ナイトホークが似ているが底部は丸ではない上そもそも2008年4月22日にすでに退役し、現在は飛行していない過去のものになっている。東京上空を飛んでいたという話もない。現在このような人工の航空機は存在しないと考えられる。よって、これこそが、正真正銘のUFOであると考えられる。

後編では、さらにこの動画が本物であることを説明するとともに、フェイク動画と本物の見分け方を解説しよう。

(文=北島弘:宇宙現象観測所センター所長)

宇宙現象観測所センター(SPOC)

宇宙現象観測所センター(SPOC)は、地球の大気圏内の宇宙や空中で発生しているさまざまな不思議な現象や物体、なかでもUFOを積極的に補足して記録していくという意図のもとで設立された世界でも類を見ない初の試みである。(MUFONもその威力の凄さを認めている)

宇宙現象観測所センター(SPOC)で構築した自動観測撮影装置ロボットSID-1は観測を開始して以来UFO以外にも流星、不思議な光、UFC、カミナリあるいはIFO等、宇宙や空中を移動するものを自動で検知し録画記録している。

このSID-1は移動設置可能なので世界中どこでも観測可能だ。SID-1が撮影した画像データの画像解析・分析も専用ソフトで実施している。SID-1が撮影した画像の一部は宇宙現象観測所センター(SPOC)で公開している。

Space Phenomena Observatory Center (SPOC) で随時アップデートしている。一部YouTubeでも公開している。

また、SID-1はUFO以外にUFC、鳥の編隊飛行、様々な自然現象や天文現象も記録することが可能だ。ご希望の方には同等のシステムを有償にて構築させていただく。

Space Phenomena Observatory Center(SPOC) 宇宙現象観測所センター(SPOC)

参照元 : TOCANA






【動画追加】UFO?隕石?サンタクロース?東京上空に謎の白い物体現れネット騒然

2013/12/25

2月25日16時40分頃、東京上空に不思議な白い物体が5体出現し、目撃者が続出、その写真をネット上に投稿するなどして、一部で騒がれる事態があった。

偶然にもその瞬間情報をキャッチできた編集部では、ベランダから急いで東京方面を確認してみた。すると確かに、情報どおり目視で5体が確認できた。

【関連:科学VSオカルトの「紅白オカルト合戦」対戦曲発表】

379e5e31615f716324877ba0ab87b3cc

1体は東京湾上空から東京方面に向かうもの、そしてスカイツリー上空あたりに隊列を組んだ3体が、さらに1体は埼玉方面から現れ3体を追いかけているようにも見えた。

埼玉方面から現れた1体はカメラの反応が悪く、うまく撮影することはできなかったが、隊列を組んだ3体、そして東京湾上空を飛んでいた1体は写真撮影に成功した。

2016-08-24_105047

また、後で写真で確認してみたところ、肉眼では気がつかなかったもう1体を富士山左手上空に確認できた。つまり計6体がその時間、東京上空あたりにいたことになる。

この白い物体だが、筆者は最初隕石か、雲の変形かと眺めていた。もしくは飛行機か。





ただ、移動速度がやけに遅いことと、スカイツリー上空あたりにあった3体は約10分ほどの時間をかけ、綺麗な一列の隊列を作り、その後山梨方面へ消えていったことなどから、どうも飛行機やヘリコプターなどの類ではなさそう。

そして、雲にしてはこの白い流線状を維持したまま、長距離移動しつづけているというのもなんだか不思議な気もする。

とはいえ、結果、これがなんなのかは全くわからない。もしかするとUFOかもしれないし、フィンランドへ帰る「サンタクロース」が寄り道したのかもしれない。それに、たまたま飛んでいた飛行機という可能性もやはり否定できない。

ないないづくしで申し訳ないが、この不思議な白い物体。一体なんなのだろうか?お心あたりのある方は、ぜひコメント欄で教えて欲しい。

参照元 : おたくま経済新聞


東京上空にUFO飛来??観測:2012.8.14 18:37

昨日、夕方の雲の方から放射状に光が見れ、大変きれいなので注視しました。右の方に白く光るものが見れたので、併せて見ていました。多分、羽田に向かう飛行機かもしれませんが飛行ルートはこの方向ではないと思います。奥から手前に飛行するのかもしれませんがいっこうに大きくなりません。

東京上空にUFO飛来?? 夏の夜の話として見てください。



こちらは2010年に、日本の東京上空で飛行機から撮影のUFO(未確認飛行物体)映像。



【衝撃映像】スイスとフランスの国境地帯にある世界最大の研究施設CERNで悪魔の儀式が行われた!女が生贄になる映像流出

【衝撃】CERN(欧州原子核研究機構)で行われた「悪魔の儀式」映像が流出! 黒マントの男たちが女を生贄にして刺殺!?

2016.08.20

2016-08-24_065844

欧州原子核研究機構、またの名をCERN――トカナ読者にはお馴染み、スイスとフランスの国境地帯にある世界最大の素粒子物理学の研究施設である。地下には全周 27km という巨大な円形加速器・大型ハドロン衝突型加速器 (LHC) が設置されており、これまで不可能だった陽子同士の正面衝突などを次々と成功させたり、「神の粒子」ことヒッグス粒子の存在を発見したりと、物理学に飛躍的な進歩をもたらしてきた。また、各国の研究者が瞬時に情報へとアクセスできる画期的なシステムを初めて考案した、「インターネット発祥の地」としても知られる。

そんな科学の最先端をひた走るCERNだが、実はこれまで世界中の識者からさまざまな懸念が表明されてきた“いわくつき”の研究施設でもある。たとえば世界最高峰の頭脳の1人である理論物理学者ホーキング博士は、粒子に膨大なエネルギーを与えることができるLHCが、地球を飲み込むほど強力なブラックホールを生み出し、やがて宇宙を崩壊させてしまう可能性に言及していた。また、陰謀論者の間ではCERNの本当の姿について巨大地震発生装置ではないかと疑う向きもある。少なくとも、謎と危険に満ちた施設であることはおわかりいただけるだろう。

■CERNで女を生贄にする儀式が行われていた!

そして今、このCERNの“恐ろしい正体”を暗示するかのような光景がまたひとつ確認されたとして、世界に戦慄が走っている。まずは、問題の光景を捉えた映像をご覧いただこう。



静まり返った深夜のCERN、研究棟の中庭――。ヒンドゥー教で“宇宙の破壊を司る神”である「シヴァ神」の像が設置されていることは有名だが、その正面で黒いマントを着けた人物たちが集まり、何やら不気味な儀式を繰り広げている。そして彼らの中央には、白い服を着た長い髪の女性の姿が。すると黒いマントの1人が、地面に横たわった女性の胸に刃物を突き刺した! 「生贄の儀式」としか喩えようのない恐ろしい光景だ。

■CERN側は火消しに躍起、これは怪しい……!

今月に入り公開された動画は、海外ニュースメディアやSNSを通して瞬く間に拡散。大騒動へと発展し、CERN側も公式見解を発表せざるを得ない状況に追い込まれた。17日、AFP通信の取材にCERNの女性広報担当者は次のように語っている。

「たしかに、この映像はCERNの施設内で撮影されたようです。しかし、こちらは事前に何の連絡も受けていなければ、撮影を許可したこともありません」

「CERNの仕事の科学的性質を歪めようとするこのようなペテンを、私たちは断じて許しません」

2016-08-24_070007

現在CERNでは、内部で調査を開始することを決定したという。また、防犯体制の不備を指摘する声が上がっていることについては、それを真っ向から否定した。

「CERNでは昼夜を問わず、出入りする人々全員のIDをチェックする体制が整っています」

「とはいえ、世界中からやって来る科学関係者に門戸を開いていますから、時に来訪者のユーモアが行き過ぎてしまうことがあるのかもしれません。恐らく真相はそんなところではないでしょうか?」

要するに世界中からやって来る研究者の一部が、悪ふざけで行ったことであり、深刻に捉えないでほしいと火消しに躍起になっているわけだ。しかし、女性が刺されているような光景が映っている以上、これを見過ごしてよいものか? 黒いマント、そして神に生け贄を捧げる「悪魔の儀式」と聞いて、あの秘密結社の名を思い浮かべる読者も多いのではないか?

■CERNはイルミナティの最終兵器か?

オカルト好きの読者は、すでにお気づきだろう。そう、動画が捉えている光景は、世界を影で操る秘密結社フリーメイソンの極秘最高組織「イルミナティ」による悪魔崇拝の儀式と極めてよく似ているのだ。

ヒンドゥー教で“宇宙の破壊を司る神”である「シヴァ神」をイルミナティがどのように位置づけているかは不明だが、もしもCERN内部にイルミナティが紛れ込んでいる、もしくはCERNそのものがイルミナティの実質的支配下にあるとしたら……これはただならぬ事態である。

2016-08-24_070148

一部のエリート層が支配する世界を理想に掲げるイルミナティは、人類総奴隷化計画や人口削減計画を推し進めていると考えられている。計り知れないほど強力なエネルギーを生み出す施設が彼らの手に渡れば、それを“だし”にして世界の指導者層に“ゆすりをかける”可能性も十分に考えられる。



現在、ジュネーブ警察が事態に並々ならぬ関心を寄せているものの、捜査に二の足を踏んでいるとの情報もある。CERN側が火消しに躍起になっている点も含めて、何かがおかしい。果たして今回の動画は、CERNにイルミナティが紛れ込んでいる、いや、まさかもうイルミナティの手に堕ちてしまっている証拠なのだろうか? 今後の展開が注目されるところだ。

(編集部)

参考:「The Daily Mail」、ほか

参照元 : TOCANA

375B1A1800000578-3746669-image-a-16_1471508555296

375B1A0100000578-3746669-image-a-19_1471508595910

375B1A0C00000578-3746669-image-a-20_1471508600007

375B3D4700000578-3746669-image-a-23_1471508785113

最新記事
Amazon




楽天トラベル


人気ブログランキングへ

【注目記事】
★裏天皇とは一体誰なのか?「前田ゴロウ(ユダヤ名:オクラディッシュ・ハーマン)、小野寺 直、伏見博明」明治以降の皇室を牛耳ってきた傍流勢力

★3.11東日本大震災は人工地震だった!元アメリカ国家安全保証局が内部告発 「米国とイスラエルの裏権力が核兵器を使った」

★【神道の闇】天皇一族は悪魔崇拝者 神道=日本版キリスト教・ユダヤ教

★日本や世界各地にある「鳥居」の謎 宇宙人との関連性

★【日航機123便墜落テロ事件】事後処理の為の特殊部隊の編成、情報撹乱、毒ガス攻撃、火炎放射器で焼き殺す!まさに地獄以下の有様

★日航機123便墜落テロ事件の不可解な点!米軍は事故後20分で墜落地点を特定!助かるべき多くの生存者が殺された

★自民党・安倍政権は民主党を上回るスピードで売国(公約違反)を進めている

★関東連合OBで元暴力団の石元太一被告と海老蔵事件の伊藤リオンがセキュリティの黒人とガチ喧嘩してる映像が流出

★シリアの化学兵器攻撃は911やボストンテロ同様、アメリカの自作自演 【決定的証拠 まとめ】

★1%の人間が企む世界支配の計画を暴く『これは架空の物語ではありません』

★チャンネル桜事務局の壁に十字架 そして新興宗教『キリストの幕屋』『統一教会』との関係とは?

★911同時多発テロ 世界貿易センタービルの嘘を暴く

★【閲覧注意】VIEWER WARNING テロリストがアサド政権に協力した2人の男を処刑!生きたまま首を切断(R15指定)

★【閲覧注意】<シリア>SAFヘリコプターによる空爆の余波 首が吹き飛んだ死体

★【閲覧注意】<シリア>カメラの目の前で兵士の頭が吹っ飛ぶ瞬間映像(グロ注意)R18指定

★【閲覧注意】シリアにて戦車の砲撃を受けた反体制派メンバーが粉々にふっ飛ぶ瞬間映像

★【閲覧注意】タリバンのメンバーが、断頭した男性の生首でサッカー(R18指定)
記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ